Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リメイク映画一覧

リメイク映画のネタバレあらすじ一覧です。過去に製作されたオリジナル映画が原案となった同じ設定やストーリーになっている映画や、リブート映画などの、原作は同じでも設定やストーリーに変更が加えられている映画もあります。

「ヘルボーイ(2019年)」のネタバレあらすじ結末

ヘルボーイの紹介:2019年アメリカ映画。地獄生まれ地球育ちの悪魔の子、ヘルボーイは超常現象調査防衛局(B.P.R.D.)の最強エージェントとして活躍していたが、暗黒時代にアーサー王によって封印されたブラッドクイーンが、1500年の眠りから覚めたことにより強大なパワーを手にしてしまう。「ゲーム・オブ・スローンズ」のニール・マーシャル監督、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のデヴィッド・ハーバーが主演を務める。
監督:ニール・マーシャル 出演:デヴィッド・ハーバー(ヘルボーイ)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(ニムエ / ブラッドクイーン)、イアン・マクシェーン(ブルーム教授)、マーク・スタンリー(アーサー)、ダニエル・デイ・キム(ベン・ダイミョウ少佐)、サッシャ・レイン(アリス・モナハン)ほか

「シンデレラ 後編」のネタバレあらすじ結末

シンデレラ 後編の紹介:2011年イタリア映画。シンデレラを現代風にアレンジした物語の後編。オーロラとセバスチャンは仮面舞踏会でお互いに惹かれ合うようになる。オーロラに仮面を取るよう頼むセバスチャンだったが、時刻は12時を過ぎてオーロラはその場を去って行く。オーロラにまた会いたいと願うセバスチャンは、残されたオーロラの靴を頼りに彼女を探すものの手掛かりは見つからず…。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:ヴァネッサ・ヘスラー(オーロラ)、フラヴィオ・パレンティ(セバスチャン)、ルート=マリア・クビシェック(クーパー)、ナタリア・ヴォルナー(イレーネ)、ロザベル・ラウレンティ・セラーズ、イラリア・スパーダ

「シンデレラ 前編」のネタバレあらすじ結末

シンデレラ 前編の紹介:2011年イタリア映画。シンデレラを現代風にアレンジした物語の前編。幼くして母親を亡くしたオーロラは、音楽家の父と暮らしています。オーロラは母親に似ていて、ピアノが得意な女の子です。父が再婚した義母と義姉はオーロラが嫌いで意地悪をしてきます。そして、大切な父を亡くしてしまい…。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:ヴァネッサ・ヘスラー(オーロラ)、フラヴィオ・パレンティ(セバスチャン)、ルート=マリア・クビシェック(クーパー)、ナタリア・ヴォルナー(イレーネ)、ロザベル・ラウレンティ・セラーズ、イラリア・スパーダ

「ゴールデンスランバー(韓国版)」のネタバレあらすじ結末

ゴールデンスランバーの紹介:2018年韓国映画。2010年に日本で堺雅人主演で大ヒットした同名映画「ゴールデンスランバー」を韓国でリメイク。国家の陰謀に巻き込まれた主人公の逃走劇を描いています。韓国の人気スター、カン・ドンウォンが主人公のゴヌを演じているのも話題になりました。
監督:ノ・ドンソク 原作:伊坂幸太郎 出演:カン・ドンウォン(キム・ゴヌ)、キム・ウィソン(ミン)、キム・ソンギュン(グムチョル)、キム・デミョン(ドンギュ)、ハン・ヒョジュ(ソニョン)、ユン・ゲサン(ムヨル)、ほか

「修羅雪姫(2001年)」のネタバレあらすじ結末

修羅雪姫の紹介:2001年日本映画。500年以上鎖国が続く国で、暗殺集団として暗躍する建御雷家のメンバーとして殺しを行う、建御雷家の血筋を引く雪でしたが、自分の母が暗殺集団のリーダーの白雷に殺されたことを知り、復讐のために建御雷家を抜ける覚悟をしました・・という内容の釈由美子主演のアクション映画です。オリジナルは1973年の梶芽衣子主演作品ですが、本作はリメイクではなく、視点を変え、現代風にアレンジされた別物といっていい内容です。
監督:佐藤信介 出演者:釈由美子(雪)、伊藤英明(隆)、佐野史郎(城所)、真木よう子(彩)、長曾我部蓉子(双磨)、六平直政(檮)、松重豊(蓮去)、園岡新太郎(安嘉)、沼田曜一(空暇)、嶋田久作(白雷)ほか

「あの頃、君を追いかけた(2018年)」のネタバレあらすじ結末

あの頃、君を追いかけたの紹介:2018年日本映画。2011年に公開された台湾の同名映画を舞台を2000年代の日本に置き換え、『海賊戦隊ゴーカイジャー』『HiGH&LOW』などの山田裕貴とアイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥のダブル主演でリメイクした青春ラブストーリーです。不真面目な生徒だった主人公は学校一の秀才であるヒロインと出会い、勉強を教えてもらううちにやがて恋に落ちていくのですが・・・。
監督:長谷川康夫 出演者:山田裕貴(水島浩介)、齋藤飛鳥(早瀬真愛)、松本穂香(小松原詩子)、佐久本宝(大野陽平)、國島直希(町田健人)、中田圭祐(秋山寿音)、遊佐亮介(杉山一樹)ほか

「チャイルド・プレイ(2019年)」のネタバレあらすじ結末

チャイルド・プレイの紹介:2019年アメリカ映画。殺人人形チャッキーの恐怖が再び描かれるリブート版チャイルドプレイ。引っ越したばかりの少年に誕生日プレゼントとして母から贈られたバディ人形チャッキー。そんなチャッキーと友人になるアンディだったが、異常な行動を起こすチャッキーに恐怖を感じるようになっていく。一線を越えたチャッキーを廃棄するも、彼はアンディの元に帰ってくる。ネットワーク制御機能などの人工知能を搭載したハイテクなバディ人形チャッキーは、殺害の手法を人間の言動やホラー映画から学習するなど、狂気を帯びていく。今回のチャッキーは、技術が発達した世界で、自我を持ち暴走してしまったAI(人工知能)の恐怖を描く。
監督:ラース・クレブバーグ 出演:オーブリー・プラザ(カレン)、ガブリエル・ベイトマン(アンディ)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(マイク・ノリス刑事)、マーク・ハミル(チャッキー)、ビアトリス・キットソス(ファリン)、タイ・コンシーリョ(パグ)、デヴィッド・ルイス(シェーン)、カーリース・バーク(ドリーン)、マーロン・カザーディ(オマール)、ほか

「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」のネタバレあらすじ結末

ザ・ギャンブラー/熱い賭けの紹介:2014年アメリカ映画。カジノの負けがかさみ、借金が20万ドル以上に膨れ上がった大学教授のジムは、借りた相手から7日以内に返さないとお前も家族も殺すと言われ、最後の大勝負にでます…という内容のクライムサスペンス映画です。1974年のアメリカ映画『熱い賭け』のリメイク作品です。
監督:ルパート・ワイアット 出演者:マーク・ウォールバーグ(ジム・ベネット)、ジョン・グッドマン(フランク)、ブリー・ラーソン(エイミー・フィリップス)、マイケル・ケネス・ウィリアムス(ネヴィル・バラカ)、ジェシカ・ラング(ロベルタ)、アンソニー・ケリー(ラマー・アレン)、アルヴィン・イン(ミスター・リー)ほか

「5シリングの真実」のネタバレあらすじ結末

5シリングの真実の紹介:1999年アメリカ映画。実際の事件を基に描かれた戯曲を原作とする作品。名家の末息子ロニーが英国海軍士官学校オズボーン校で無実の罪を着せられ、退学処分を受けた事から、有能な弁護士モートン卿に弁護を依頼。裁判を起こした事で家計は苦しくなり、世間からも批判され、家族は犠牲を生みながらロニーを守る様子を描いた作品です。1948年「ウィンスロー少年」のリメイク作品。
監督:デヴィッド・マメット 出演:ガイ・エドワーズ(ロニー)、レベッカ・ピジョン(キャサリン)、マシュー・ピジョン(ディッキー)、ジェンマ・ジョーンズ(グレース)、ナイジェル・ホーソーン(アーサー・ウィンズロー)、ジェレミー・ノーサム(ロバート・モートン弁護士)、サラ・フリンド(バイオレット)、コリン・スティントン(デズモンド弁護士)、エイデン・ギレット(ジョン)、ほか

「あるメイドの密かな欲望」のネタバレあらすじ結末

あるメイドの密かな欲望の紹介:2015年フランス,ベルギー映画。『小間使の日記』(1964年)を『マリー・アントワネットに別れをつげて』の監督・主演コンビがリメイク。メイド・セレスティーヌは片田舎にあるランレール家で働くようになり、ランレールがら身体を求められ拒み続けます。一方でセレスティーヌは庭師・ジョゼフに惹かれていき、犯罪に手を染めながらもやっと安らぎをてにいれるという物語でメイドという境遇から主からずっと虐待を受け続ける寂しい女の人生をシビアに描いた作品です。
監督:ブノワ・ジャコー 出演:レア・セドゥ(セレスティーヌ)、ヴァンサン・ランドン(ジョゼフ)、クロティルド・モレ(ランレール夫人)、エルヴェ・ピエール(ランレール)、ほか

「戦国自衛隊1549」のネタバレあらすじ結末

戦国自衛隊1549の紹介:2005年日本映画。陸上自衛隊の人口磁場発生装置の実験中に戦国時代に飛ばされた、的場率いる第3特別実験中隊を救出するという名目で、戦国時代にタイムスリップするという内容の、1979年「戦国自衛隊」のリメイク作品です。オリジナルと内容は大きく違い、別物とも言っていいくらいです。
監督:手塚昌明 出演:江口洋介(鹿島勇祐 元2尉)、鈴木京香(神崎怜 2尉)、鹿賀丈史(的場毅 1佐/織田信長)、北村一輝(飯沼七兵衛)、綾瀬はるか(濃姫)、生瀬勝久(森彰彦 3佐)、嶋大輔(三國陸曹長)、的場浩司(与田 2尉)、宅麻伸(蜂須賀小六)、中尾明慶(藤介)、伊武雅刀(斉藤道三)、ほか

「ザ・リング」のネタバレあらすじ結末

ザ・リングの紹介:2002年アメリカ映画。鈴木光司の小説を映画化し大ヒットした日本映画『リング』(1998年)をハリウッドでリメイクしたホラー作品です。見ると7日後に死ぬという呪いのビデオ見てしまったシングルマザーの記者は真相を突き止めようとしますが、今度は息子がそのビデオを見てしまい・・・。本作のヒットを受け、2005年には続編『ザ・リング2』が公開されています。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演者:ナオミ・ワッツ(レイチェル・ケラー)、マーティン・ヘンダーソン(ノア)、デヴィッド・ドーフマン(エイダン・ケラー)、ブライアン・コックス(リチャード・モーガン)、ダヴェイ・チェイス(サマラ・モーガン)、リンゼイ・フロスト(ルース)ほか

「レッド・ドーン」のネタバレあらすじ結末

レッド・ドーンの紹介:2012年アメリカ映画。1984年のアメリカ映画『若き勇者たち』のリメイク作品で、前作がソ連やキューバによるアメリカ侵攻だったのに対し、今作は時代背景から、北朝鮮による侵攻に置き換えられています。北朝鮮に占領されたアメリカを取り返そうと、若者たちがテロ行為を続けるという、アメリカ軍の中東侵攻に対する皮肉のような内容にもなっています。
監督:ダン・ブラッドリー 出演者:クリス・ヘムズワース(ジェド・エッカート)、ジョシュ・ペック(マット・エッカート)、ジョシュ・ハッチャーソン(ロバート・キットナー)、エイドリアンヌ・パリッキ(トニ・ウォルシュ)、イザベル・ルーカス(エリカ・マーティン)、コナー・クルーズ(ダリル・ジェンキンス)、ジェフリー・ディーン・モーガン(ターナー)ほか

「アラモ」のネタバレあらすじ結末

アラモの紹介:2004年アメリカ映画。ジョン・ウェインの主演・監督作『アラモ』(1960年)のリメイクとなる歴史ドラマです。1836年を舞台に、メキシコからの独立を求めて全面戦争に突入したテキサス軍の13日間に渡る死闘“アラモの戦い”を描きます。
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:デニス・クエイド(サム・ヒューストン)、ビリー・ボブ・ソーントン(デイヴィ・クロケット)、ジェイソン・パトリック(ジム・ボウイ)、パトリック・ウィルソン(ウィリアム・トラヴィス)、エミリオ・エチェバリア(サンタアナ将軍)、ジョルディ・モリャ(ホアン・セギン)、レオン・リッピー(ウィリアム・ワード)、トム・デイヴィッドソン(グリーン・ジェームソン)、マーク・ブルカス(ジェームス・ボーナム)ほか

「パピヨン」のネタバレあらすじ結末

パピヨンの紹介:2017年アメリカ映画。1930年代のパリ、金庫破りで大金を手にして彼女と遊ぶパピヨンは身に覚えのない罪で逮捕され、南米のフランス領ギアナ(ブラジルの北側、当時はフランス植民地、現在はフランスの県)の刑務所に送られます。そこでの地獄のような日々、脱獄、独房に入れられることの繰り返し。この映画は、孤島に送られた終身刑囚パピヨンの波乱の運命と脱獄劇を描く『パピヨン』は1973年に当時のスター、スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンの共演で大ヒットした映画のリメイク。ホフマンが演じたドガ役を『ボヘミアン・ラブソティー』でアカデミー主演男優賞を受賞したラミ・マレックが演じています。この映画は1969年に発表されベストセラーになったパピヨンことアンリ・シャリエールの自伝を元にしています。フランス領ギアナは19~20世紀半ば頃まで政治犯を中心とした囚人が送られた地で「呪われた土地」「緑の地獄」と呼ばれることもあった。
監督:マイケル・ノアー 出演:チャーリー・ハナム(パピヨン)、ラミ・マレック(ルイ・ドガ)、イヴ・ヒューソン(ネネット)、ローランド・ムーラー(セリエ)、トミー・フラナガン(刺青の男)、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(刑務所長)、ほか

1 2 3 4 5 15
TOP↑