リメイク映画一覧

リメイク映画のネタバレあらすじ一覧です。過去に製作されたオリジナル映画が原案となった同じ設定やストーリーになっている映画や、リブート映画などの、原作は同じでも設定やストーリーに変更が加えられている映画もあります。

「盗られてたまるか」のネタバレあらすじ結末

盗られてたまるかの紹介:2002年韓国映画。趣味が泥棒のゲームプログラマーと、家族にないがしろにされながらも、泥棒から家を必死で守る父親との戦いを描いた、武田鉄矢、明石家さんま主演の日本映画『とられてたまるか!?』の韓国版リメイク映画です。
監督:イム・ギョンス 出演者:ソ・ジソブ(チェ・ガンジョ)、パク・サンミョン(コ・サンテ)、ソン・ソンミ(ファン・マリ)、パク・クァンジョン(武術館長)、チェ・スルギ(コ・スア)、キム・ソク(コ・スミン)ほか

「シスターズ(2006年)」のネタバレあらすじ結末

シスターズの紹介:2006年アメリカ映画。診療所で起きた謎の犯罪を追及する女性記者が殺人事件を目撃してしまう。彼女は事件現場にいた女性の秘められた過去を知ることになるが…。本作は『悪魔のシスター』(ブライアン・デ・パルマ監督)のリメイク。驚きの結末が待っていますが、血が嫌いな人はご注意。診療所の名称、「ズルワン」はゾロアスター教に由来すると思われます。
監督:ダグラス・バック 出演者:ルー・ドワイヨン(アンジェリーク/アナベラ)、スティーヴン・レイ(フィリップ・ラカン医師)、クロエ・セヴィニー(グレース・コリエ)、ダラス・ロバーツ(ディラン・ウォレス医師)、ジェイアール・バワーン(ラリー)ほか

「おとなの事情 スマホをのぞいたら」のネタバレあらすじ結末

おとなの事情 スマホをのぞいたらの紹介:2020年日本映画。年代も個性もバラバラの3組の夫婦とひとりの独身男。ある出来事がきっかけで毎年集まってパーティを開く仲に。1年ぶりの再会の夜、メンバーのひとりの問いからはじまった「スマホ公開ゲーム」。それはパーティの間、メールも電話も内容をすべてメンバー全員で共有するというゲーム。それぞれ抱えた誰にも言えないおとなの事情に通知が届くたびに7人を戦々恐々とさせる。世界で最もリメイクされたイタリア映画『おとなの事情』の日本版。
監督:光野道夫 出演:東山紀之(小山三平)、常盤貴子(園山薫)、益岡徹(六甲隆)、田口浩正(園山零士)、木南晴夏(向井杏)、淵上泰史(向井幸治)、鈴木保奈美(六甲絵里)ほか

「椿姫(1921年)」のネタバレあらすじ結末

椿姫の紹介:1921年アメリカ映画。小デュマが創造した『椿姫』が現代を生きたら?パリの高級娼婦と青年の悲恋物語を原作の1840年代から1920年代に時代を移しての映画化。ナジモヴァはロシア帝国に生まれ、ロシアの演劇界やブロードウェイで成功した後、サイレント時代のアメリカ映画で、スターであるのみならず、多分野で映画に関わる。本作でも製作者を兼ねている。マルグリットのアパート等の大胆なセットをデザインしたナターシャ・ランボヴァと結婚することになるヴァレンティノは、この映画の5年後、若すぎる死で女性ファンを悲嘆にくれさせる。
監督:レイ・C・スモールウッド 出演者:アラ・ナジモヴァ(マルグリット・ゴーティエ)、ルドルフ・ヴァレンティノ(アルマン・デュヴァル)、レックス・チェリーマン(ガストン)、アーサー・ホイト(ヴァルヴィル伯爵)、ゼフィ・ティルベリー(プリュダンス)、パッツィ・ルース・ミラー(ニシェット)そのほか

「華麗なるギャツビー(1974年)」のネタバレあらすじ結末

華麗なるギャツビーの紹介:1974年アメリカ映画。1925年に発表されたF・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』を1926年・1949年に続いて三度目の映画化をしたラブストーリーです。脚本をフランシス・フォード・コッポラが手掛け、貧しい兵士だった主人公が謎の大富豪となり、大金持ちに嫁いだかつての恋人の愛を取り戻そうとする姿を隣人の青年の視点から描きます。2000年と2013年にもリメイクされ、日本でもミュージカルとして上演されています。
監督:ジャック・クレイトン 出演者:ロバート・レッドフォード(ジェイ・ギャツビー)、ミア・ファロー(デイジー・ブキャナン)、ブルース・ダーン(トム・ブキャナン)、サム・ウォーターストン(ニック・キャラウェイ)、スコット・ウィルソン(ジョージ・B・ウィルソン)、カレン・ブラック(マートル・ウィルソン)、ロイス・チャイルズ(ジョーダン・ベイカー)、パッツィ・ケンジット(パミー・ブキャナン)、ロバート・ブロッサム(ギャッツ)、ヴィンセント・スキャヴェリ(ブリキ男)ほか

「婦系図(1962年)」のネタバレあらすじ結末

婦系図(おんなけいず)の紹介:1962年日本映画。新派の代表作として広く知られた泉鏡花の名作を映画化。1934年以来、映像化は何度もされているが、劇場用映画としてはこれが最も新しい。主税を市川雷蔵、そしてお蔦を万里昌代が演じている。脚色は溝口作品でお馴染みの依田義賢。
監督:三隅研次 出演:市川雷蔵(早瀬主税)、万里昌代(お蔦)、千田是也(酒井俊蔵)、三条魔子(妙子)、片山明彦(河野英吉)、木暮実千代(小芳)、船越英二(めの惣)、ほか

「レベッカ(2020年)」のネタバレあらすじ結末

レベッカの紹介:2020年イギリス映画。映画界の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の『レベッカ』(1940年)のリメイク版がNetflixオリジナル映画として登場。イギリス人作家ダフネ・デュ・モーリアが原作。お金持ちの使用人として働きながら旅をしていたある女性は、富豪のマキシムと出会い、恋に落ちます。マキシムは妻のレベッカを亡くしており、レベッカという存在がその女性をじわじわと苦しめていきます。『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』と近年数々の話題作に出演するリリー・ジェームズがレベッカを演じ『君の名前で僕を呼んで』でオリバー役を務めたアーミー・ハマーがマキシムを演じます。
監督:ベン・ウィートリー 出演:リリー・ジェームズ(ミセス・ド・ウィンター)、アーミー・ハマー(マキシム・ド・ウィンター)、クリスティン・スコット・トーマス(ダンヴァース夫人)、アン・ダウド(ヴァン・ホッパー)、ブライオニー・ミラー(クラリス)、ほか

「妖怪人間ベラ」のネタバレあらすじ結末

妖怪人間ベラの紹介:2020年日本映画。テレビアニメで放映されて、ドラマや映画化など長い時間をかけて愛されてきた「妖怪人間ベム」のキャラクターであるベラに焦点を当てて本作は製作されました。ベムの時には見られなかった新たな展開も注目すべき所です。
監督:英勉 出演:森崎ウィン(新田康介)、emma(百合ヶ崎ベラ)、堀田茜(新田鮎美)、吉田奏佑(新田陽太)、吉田凜音(綾瀬莉子)、桜田ひより(牧野沙織)、清水尋也(篠原弘樹)、六角精児(霧島拓)、ほか

「怪盗と判官」のネタバレあらすじ結末

怪盗と判官の紹介:1955年日本映画。弥次さんと間違われた後の名奉行遠山金四郎と喜多さんと間違われた鼠小僧が一緒に旅をする。市川雷蔵が遠山の金さんを、勝新太郎が鼠小僧次郎吉を演じる明朗時代劇。1938年のマキノ正博監督『弥次喜多道中記』のリメイク。
監督:加戸敏 出演者:市川雷蔵(遠山金四郎)、勝新太郎(鼠小僧次郎吉)、阿井美千子(おれん)、清水谷薫(お雪)、長谷川裕見子(お蔦)、堺駿二(弥次郎兵衛)、益田キートン(喜多八)、ほか

「アサルト13 要塞警察」のネタバレあらすじ結末

アサルト13 要塞警察の紹介:2005年アメリカ,フランス映画。1976年に公開された映画『ジョン・カーペンターの要塞警察』のリメイクとなるアクション作品です。デトロイトの閉鎖される予定の警察署で働く主人公とその同僚たちが大雪のため緊急避難してきた犯罪者たちと一夜を過ごすことに、そこに突如として署を包囲する武装集団、そして裏切り者の発覚から事態は予想外の方向に…。
監督:ジャン=フランソワ・リシェ 出演者:イーサン・ホーク(ジェイク・ローニック)、ローレンス・フィッシュバーン(マリオン・ビショップ)、ガブリエル・バーン(マーカス・デュヴァル)、マリア・ベロ(アレックス・サビアン)、ドレア・ド・マッテオ(アイリス・フェリー)、ジョン・レグイザモ(ベック)、ブライアン・デネヒー(ジャスパー・オーシェア)、ジェフリー・“ジャ・ルール”・アトキンス(スマイリー)、アイシャ・ハインズ(アンナ)ほか

「ファンハウス」のネタバレあらすじ結末

ファンハウスの紹介:2015年アメリカ映画。1981年に製作された「ファンハウス 惨劇の館」のリメイク作品が本作。若者達がファンハウスに集められた時、惨劇が始まる…。「エルム街の悪夢」のフレディ役であまりにも有名なロバート・イングランドが出演しているのも注目すべき所です。
監督:アンディ・パーマー 出演:ジェレ・バーンズ(マニュエル・ダイアー/知性のマニー)、スコッティー・トンプソン(ケート保安官)、マット・エンジェル(モーガン)、ロバート・イングランド(ケーン院長)、チャスティ・バレステロス(クリスティーナ)、クリント・ハワード(ウォルター・ハリス/剥製師)、キャンディス・デ・ヴィッサー(クイン/ドールフェイス)、ほか

「潮騒(1975年 山口百恵・三浦友和主演)」のネタバレあらすじ結末

潮騒の紹介:1975年日本映画。三島由紀夫の同名小説で、何度も映画化された名作をホリプロダクション創立15周年記念作品として4度目の映画化をした青春ラブストーリーです。ダブル主演に数々の作品で名コンビを組む山口百恵と三浦友和を迎え、三重県鳥羽地方を舞台に若き海女と漁師が困難を乗り越えて愛を育んでいく様を描きます。
監督:西河克己 出演者:山口百恵(宮田初江)、三浦友和(久保新治)、初井言栄(久保とみ)、亀田秀紀(久保広)、中村竹弥(宮田照吉)、有島一郎(灯台長)、津島恵子(灯台長の妻)、中川三穂子(千代子)、花沢徳衛(大山十吉)、青木義朗(日の出丸船長)、中島久之(川本安夫)、川口厚(浜田竜二)、丹下キヨ子(お春婆)、高山千草(うめ)、田中春男(行商人)、森みどり(海女)、石坂浩二(ナレーション)ほか

「悪いことしましョ!」のネタバレあらすじ結末

悪いことしましョ!の紹介:2000年アメリカ映画。1967年に公開された同名イギリス映画を『恋はデジャ・ブ』『アナライズ・ミー』のハロルド・ライミス監督がリメイクしたファンタジー・ラブコメディです。何もかもうまくいかないお人好しなダメ男が、願いを叶えるためにセクシーな女悪魔と契約したことから巻き起こる騒動を描きます。
監督:ハロルド・ライミス 出演:ブレンダン・フレイザー(エリオット・リチャーズ/ジェフ/メアリ/エイブラハム・リンカーン)、エリザベス・ハーレイ(悪魔)、フランセス・オコナー(アリソン・ガードナー/ニコール・デラロッソ)、オーランド・ジョーンズ(ダニエル/ダン/ダニー/エステバン/浜辺の男/ラマール・ギャレット/オインゲゲデゲババ博士)、ミリアム・ショア(キャロル/ペントハウスの婦人)、ポール・アデルスタイン(ボブ/ロベルト/浜辺の男/スポーツキャスター3)、トビー・ハス(ジェリー/アレハンドロ/浜辺の男/スポーツキャスター2/ランス)、ルドルフ・マーティン(ラウール)、ガブリエル・カソーズ(留置場の男)ほか

「8月のクリスマス」のネタバレあらすじ結末

8月のクリスマスの紹介:2005年日本映画。韓国映画「八月のクリスマス」を日本版にリメイクした作品。主人公を演じるのは「月とキャベツ」以来、8年ぶりに映画出演をする歌手の山崎まさよし。彼が、音楽と主題歌も担当している。父から引き継いだ小さな写真館を営む穏やかな一人の男性が、実は病魔に侵されており、そのことを誰にも打ち明けずに生活してた。そんな時に一人の若い女性と出会い…。
監督:長崎俊一 出演:山崎まさよし(鈴木寿俊)、関めぐみ(高橋由紀子)、井川比佐志(雅俊)、西田尚美(純子)、ほか

「透明人間(2020年)」のネタバレあらすじ結末

透明人間の紹介:2020年アメリカ映画。H.G.ウエルズの古典SF「透明人間」を『ソウ』シリーズの脚本で知られるリー・ワネルが新たに映画化。自殺した元恋人が透明人間となって自分に近づいてきたと感じるセシリアに迫る恐怖を描く。これまでの透明人間とは全く違うアプローチで、斬新な傑作に仕上げている。主演はドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』で有名なエリザベス・モス。
監督:リー・ワネル 出演:エリザベス・モス(セシリア・カシュ)、オリヴァー・ジャクソン=コーエン(エイドリアン・グリフィン)、オルディス・ホッジ(ジェームズ・レイニア)、ストーム・リード(シドニー・レイニア)、ハリエット・ダイアー(エミリー・カシュ)、マイケル・ドーマン(トム・グリフィン)、ベネディクト・ハーディ(マーク)、アマリ・ゴールデン(アニー)、ほか

1 2 3 4 5 17

キーワードから探す

TOP↑