Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リドリー・スコット監督映画一覧

リドリー・スコット監督映画のネタバレあらすじ一覧です。リドリー・スコット監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、リドリー・スコット監督作品の一覧です。

「デュエリスト/決闘者」のネタバレあらすじ結末

デュエリスト/決闘者の紹介:1977年イギリス映画。ジョセフ・コンラッドの短編『決闘』を原作に、これがデビュー作となるリドリー・スコット監督が映画化した異色の歴史ドラマです。フランス皇帝ナポレオン1世の時代の19世紀初頭のヨーロッパを舞台に、ある事件をきっかけに決闘に取り憑かれた男と追われる男との奇妙な関係を描きます。
監督:リドリー・スコット 出演者:キース・キャラダイン(アルモン・デュベール)、ハーヴェイ・カイテル(ガブリエル・フェロー)、クリスティナ・レインズ(アデル)、エドワード・フォックス(大佐)、ロバート・スティーヴンス(トレアール)ほか

「ゲティ家の身代金」のネタバレあらすじ結末

ゲティ家の身代金の紹介:2017年アメリカ映画。1973年当時世界一の資産家といわれていた男の孫が誘拐されました。多額の身代金を要求する犯人グループに対し、世界一の資産家は支払いを渋ります。母は息子の即時釈放のため身代金の支払いを義父に要求しますが、息子の命に危険が迫りつつありました。世界一の大富豪は身代金を払うのでしょうか?母と息子の運命は?『ゲティ家の身代金』は当時大きな話題になった実際に起きた事件を元にした話です。
監督:リドリー・スコット 出演:ミシェル・ウィリアムズ(アビゲイル・ハリス)、クリストファー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ)、マーク・ウォールバーグ(フレッチャー・チェイス)、チャーリー・プラマー(ジャン・ポール・ゲティ三世)、ロマン・デュリス(チンクアンタ)、ティモシー・ハットン(オズワルド・ヒンジ)、ほか

「キングダム・オブ・ヘブン」のネタバレあらすじ結末

キングダム・オブ・ヘブンの紹介:2005年アメリカ映画。聖地エルサレムを巡ってエルサレム王・イスラム王・十字軍が抗争を繰り広げた中世、鍛冶屋となっていた騎士の子が立ち上がり、たった一人でエルサレムの防衛に成功した史実を忠実に描いた歴史スペクタクル巨編です。
監督:リドリー・スコット 出演者:オーランド・ブルーム(バリアン・オブ・イベリン)、エヴァ・グリーン(シビラ)、リーアム・ニーソン(ゴッドフリー・オブ・イベリン)、ジェレミー・アイアンズ(ティベリウス卿)、マートン・チョーカシュ(ギー・ド・リュジニャン)、エドワード・ノートン(ボードゥアン4世)、ハッサン・マスード(サラディン)ほか

「デンジャラスデイズ(ブレードランナー)」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナーの紹介:2007年アメリカ映画。1982年に公開されたSF映画の金字塔『ブレードランナー』。公開25周年を記念して、80名以上にも及ぶ関係者の証言や当時の貴重なメイキング映像などを基に『ブレードランナー』制作の舞台裏を追ったドキュメンタリーです。
監督:チャールズ・デ・ロージリカ 出演者:リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ショーン・ヤング、ルトガー・ハウアー、マイケル・ディーリー、ハンプトン・ファンチャー、ダグラス・トランブルほか

「ブレードランナー ファイナルカット」のネタバレあらすじ結末

ブレードランナー ファイナル・カットの紹介:2007年アメリカ映画。フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作としたSF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982年公開)を、リドリー・スコット監督が公開25周年を記念して再編集やデジタルリマスターなどを施して再公開したバージョンです。近未来を舞台に、奴隷として酷使されていた人造人間とその処理を任された捜査官の運命を描いています。
監督:リドリー・スコット 出演者:ハリソン・フォード(リック・デッカード)、ルトガー・ハウアー(ロイ・バッティ)、ショーン・ヤング(レイチェル)、ジョー・ターケル(エルドン・タイレル)、ダリル・ハンナ(プリス)ほか

「白い嵐」のネタバレあらすじ結末

白い嵐の紹介:1996年アメリカ映画。1961年5月2日、帆船『アルバトロス号』が“白い嵐”によって遭難した実際の海難事故の生存者チャック・ギーグの手記『白い嵐 アルバトロス号最後の航海』を映画化した青春映画です。海洋学校の生徒たちと船長との絆と友情、そして壮絶な困難に立ち向かう姿と葛藤を描きます。
監督:リドリー・スコット 出演者:ジェフ・ブリッジス(クリストファー・シェルダン)、スコット・ウルフ(チャック・ギーグ/ナレーション)、ジェレミー・シスト(フランク・ボーモント)、ライアン・フィリップ(ギル・マーティン)、バルサザール・ゲティ(トッド・ジョンストン)ほか

「ロビン・フッド (2010年)」のネタバレあらすじ結末

ロビン・フッドの紹介:2010年アメリカ,イギリス映画。過去に幾度となく映画化されてきた中世英国の国民的英雄ロビン・フッドの半生を描いた作品の2010年バージョンです。「グラディエーター」で組んだリドリー・スコット監督とラッセル・クロウが再びタッグを組んだ作品です。
監督:リドリー・スコット 出演者:ラッセル・クロウ(ロビン・ロングストライド/ロビン・フッド)、ケイト・ブランシェット(マリアン・ロクスリー)、マーク・ストロング(ゴドフリー)、ウィリアム・ハート(ウィリアム・マーシャル)、マーク・アディ(タック修道士)ほか

「アメリカン・ギャングスター」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ギャングスターの紹介:2007年アメリカ映画。1960年代終盤から70年代にかけてのニューヨークのハーレムを舞台に、ギャングの運転手から麻薬王に登り詰めた男と正義感に燃える警官との駆け引きを、警察内部の汚職などを絡めて描いた実録犯罪ドラマです。
監督:リドリー・スコット 出演者:デンゼル・ワシントン(フランク・ルーカス)、ラッセル・クロウ(リッチー・ロバーツ)、キウェテル・イジョフォー(ヒューイ・ルーカス)、ジョシュ・ブローリン(ニック・トルーポ)、コモン(ターナー・ルーカス)、T.I.(スティーヴ・ルーカス)、RZA(モーゼス・ジョーンズ)ほか

「プロヴァンスの贈りもの」のネタバレあらすじ結末

プロヴァンスの贈りものの紹介:2006年アメリカ映画。ロンドンの敏腕金融トレーダー、マックスは仕事も順調、多忙な生活を送っており休暇を取る機会もありません。ある日、幼い頃毎年夏休みを共に過ごしたヘンリーおじさんの訃報を受け、彼から相続されたフランス、プロヴァンスの住居とワイン園を売却しに現地へ向かいます。すぐ売却するつもりが、家の手入れをするうちに、優しいおじさんとの楽しかった思い出や、ワイン園を守りたい醸造職人家族との交流、そしてカフェオーナーの美しい女性、ファニーとの出会いによって徐々に彼の気持ちは変化して行きます。
監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ(マックス・スキナー)、マリオン・コティヤール(ファニー・シュナル)、フレディ・ハイモア(少年時代のマックス)、アルバート・フィニー(ヘンリーおじさん)、アビー・コーニッシュ(クリスティ・ロバーツ)、ほか

「モーガン プロトタイプ L-9」のネタバレあらすじ結末

モーガン プロトタイプ L-9の紹介:2016年アメリカ映画。「エイリアン」「ブレードランナー」のリドリー・スコットが製作、その息子ルーク・スコットが監督を務めたSFアクションスリラーです。近未来を舞台に、極秘裏に開発された人工生命体の試作品が突如暴走して研究者らを襲い、開発会社の危機管理コンサルタントが対処に向かうのですが…。
監督:ルーク・スコット 出演者:ケイト・マーラ(リー・ウェザーズ)、アニャ・テイラー=ジョイ(モーガン)、トビー・ジョーンズ(サイモン・ジーグラー博士)、ローズ・レスリー(エイミー・メンサー博士)、ボイド・ホルブルック(スキップ・ヴロンスキー)ほか

「エイリアン:コヴェナント」のネタバレあらすじ結末

エイリアン:コヴェナントの紹介:2017年アメリカ映画。人類移住計画の中、ある星へと向かう一隻の宇宙船コヴェナント号。アンドロイドのウォルターを1人船内に残し他乗組員を含む多数の人間は冷凍睡眠の中にあった。そんな時、船はある惑星の存在を捕らえた。本来の目的地よりも近く人類が生存可能な環境の星。希望を乗せ乗組員達はその星に降り立つもそこには謎の存在が蠢いていた。2012年公開「プロメテウス」から5年ぶりの続編となる本作。監督は前作に引き続きリドリー・スコット、キャッチコピーは「絶望の、産声」。
監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ファスベンダー(デヴィッド/ウォルター)、キャサリン・ウォーターストン(ダニエルズ)、ビリー・クラダップ(オラム)、ダニー・マクブライド(テネシー)、デミアン・ビチル(ロープ)、カーメン・イジョゴ(カリン)、ほか

「G.I.ジェーン」のネタバレあらすじ結末

G.I.ジェーンの紹介:1997年アメリカ映画。米軍における男尊女卑を完全撤廃しようと、女性活動家にして上院議員のデヘイヴンはある極秘プランを実行することにした。男でも志願者の4割しか耐えられないという海軍部隊SEALに女性兵士を1人送り込むというものだった。選ばれた海軍兵士ジョーダン・オニールは自らのプライドをかけて、SEALの参加を受け入れる。
監督:リドリー・スコット 出演:デミ・ムーア(ジョーダン・オニール大尉)、ヴィゴ・モーテンセン(ウルゲイル曹長(マスター・チーフ))、アン・バンクロフト(デヘイヴン上院議員)、スコット・ウィルソン(セーラム指令官)、ほか

「ワールド・オブ・ライズ」のネタバレあらすじ結末

ワールド・オブ・ライズの紹介:2008年アメリカ映画。デヴィッド・イグネイシャスの小説をレオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウの二大スターのW主演で映画化したサスペンス作品です。生き方の違う二人のCIAエージェント、ヨルダン情報局、そしてテロリストによる嘘で塗り固められた頭脳戦が展開されます。
監督:リドリー・スコット 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)、ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)、マーク・ストロング(ハニ・サラーム)、ゴルシフテ・ファラハニ(アイシャ)、オスカー・アイザック(バッサーム)ほか

「プロメテウス」のネタバレあらすじ結末

プロメテウスの紹介:2012年アメリカ映画。近未来、宇宙を旅して人類の起源に関係しているとするエンジニアである宇宙人の存在を探りに科学者たちはある惑星を訪れます。エイリアンシリーズのエイリアンの起源が描かれる作品です。続編はエイリアン:コヴェナントとして2017年公開。
監督:リドリー・スコット 出演者:ノオミ・ラパス(エリザベス・ショウ)、シャーリーズ・セロン(メレディス・ヴィッカーズ)、マイケル・ファスベンダー(デイビッド)ほか

「ブラック・レイン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・レインの紹介:1989年アメリカ映画。大阪を舞台に日米の刑事たちが、文化的思想やスタイルの違いから対立しながらも互いに理解・協力し、ヤクザと戦う活躍と友情の絆を描くポリス・アクション映画。キャッチコピーは、「男達の深い悲しみと怒りが、激しく心をうつ。大都会の夜を降りしきる冷たい雨のように…」で、豪華な日米の出演陣でも話題になりました。また、惜しくも劇場映画作品としては、ブラック・レインは松田優作の遺作となった映画でもあります。
監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ダグラス(ニック・コンクリン)、高倉健(松本正博)、アンディ・ガルシア(チャーリー・ヴィンセント)、松田優作(佐藤浩史)、ケイト・キャプショー(ジョイス)、若山富三郎(菅井)、内田裕也(梨田)、ほか

1 2
TOP↑