ロシア映画一覧

ロシア映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめロシア映画から、最新映画まで様々なジャンルのロシア映画を紹介しています。

「ホワイトアウト フローズンリベンジ」のネタバレあらすじ結末

ホワイトアウト フローズン・リベンジの紹介:2010年ロシア,ドイツ,イギリス映画。ロシア、極寒の山奥にある観測所でSOS信号が発せられました。刑事のアンドレイとスラバが観測所に向かうと人影はありません。調べるうち、観測所にいた3人以外に立ち寄った夫婦も行方不明になっていました。アンドレイとスラバは観測所に残って捜査を進めますが…という内容のロシアのサスペンス映画です。捜査する現在と、一日前の状況が交互に描かれ、最後には時間軸が一致するという、面白い発想の作品です。
監督:ジョニー・オライリー 出演者:ピョートル・ロガチェフ(ロマシュ)、ウラジーミル・グーセフ(イワノフ)、セルゲイ・ガルマッシュ(ドロゾフ)、アレクセイ・グシュコフ(アンドレイ)、アントン・シャギン(スラバ)、セルゲイ・ユシュケヴィッチ(パディム)、マリーナ・アレクサンドロワ(イリーナ)ほか

「ストレイ 悲しみの化身」のネタバレあらすじ結末

ストレイ 悲しみの化身の紹介:2019年ロシア映画。最愛の一人息子が行方不明となり、悲しみに暮れる夫妻は養子を迎え入れましたが、やがて養子は次第に実子に似てきて夫妻を恐怖に陥れることに…。人の悲しみにつけ入る悪魔的存在を描いたロシア発のゴシック・ホラー作品です。
監督:オルガ・ゴルデツカヤ 出演者:エレナ・リャードフ(ポリーナ・ベロワ)、ウラディーミル・ウドヴィチェンコフ(イゴール・ベロワ)、セバスチャン・ブガーエフ(ヴァーニャ(“それ”))、イェン・ラノフ(ヴァーニャ・ベロワ)、エフゲニー・ツィガノフ(セリョージャ・ワシリー)、ローザ・カイルリーナ(シスター・イシドラ)ほか

「アンチグラビティ」のネタバレあらすじ結末

アンチグラビティの紹介:2019年ロシア映画。戦場は、頭の中――。『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』のプロデュースチームが手掛け、本国ロシア映画のみならずハリウッド大作にも参加しているVFXチームが総力を挙げて制作したロシア発のSFアクションです。昏睡状態に陥り、現実世界よりも遥かに時間の流れが遅い世界に閉じ込められた者たちが元の世界に戻るべく脳内での壮絶なミッションに挑んでいきます。
監督:ニキータ・アルグノフ 出演者:ライナル・ムハメトフ(建築家)、アントン・パンプーシュニー(ファントム)、ルボフ・アクショノーヴァ(フライ)、ミロシュ・ビコヴィッチ(アストロノマ)、コンスタンチン・ラヴロネンコ(ヤン)、ポリーナ・クジミンスカヤ(スプリット)、ロスチスラフ・ガルビス(ノーム)、ヴィレン・バビチェフ(タンク)ほか

「ナイト・アベンジャー」のネタバレあらすじ結末

ナイト・アベンジャーの紹介:2011年ロシア映画。ロシアの古代神話である悪魔カスチェイの話を妹オレーシャに読んで聞かせていたサーシャは、カスチェイの倒し方の書いているページが破られているのに気づく。翌朝倒し方の破られていないカスチェイの本を見つけたオレーシャが何者かに誘拐されます。オレーシャを誘拐したのがカスチェイだと知ったサーシャは、妹を助けるためにカスチェイを探し始めますが、妹はカスチェイの魔法でバラの花にされ…という内容のロシア神話が現代に飛び出してきたストーリーで展開するファンタジー映画です。
監督:アンドレイ・マーモントフ 出演:セルゲイ・べズルコフ(イワン)、レオ二ード・ヤーモル二ク(カスチェイ)、マクシム・シバエフ(サーシャ)、アナスタシヤ・ドブルィニナ(オレーシャ)、リュドミラ・ポリャコヴァ(バーバ・ヤーガ)、ポポヴィチ…アントン・パムプシヌィ(ワシリーシャ)ほか

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

T-34 レジェンド・オブ・ウォーの紹介:2018年ロシア映画。第二次世界大戦中、ナチスドイツ軍の捕虜になったソ連の戦車兵が、たった4人の仲間と1台の戦車で脱走を試みる姿を描いた戦争アクション映画です。ロシア本国では驚異的な大ヒットを記録、ロシアの二大映画賞のひとつゴールデン・イーグル賞で監督賞・脚本賞・視覚効果賞の3冠を達成、日本でも興行収入が6500万円を超えてこれまでのロシア作品の興収記録を更新しました。
監督:アレクセイ・シドロフ 出演者:アレクサンドル・ペトロフ(ニコライ・イヴシュキン)、ヴィンツェンツ・キーファー(クラウス・イェーガー)、イリーナ・ストラシェンバウム(アーニャ・ヤルツェヴァ)、ヴィクトル・ドブロヌラボフ(ステパン・サヴェリエヴィチ・ヴァシリョノク)、アントン・ボグダノフ(ディミヤン・ヴォルチョク)、ユーリイ・ボリソフ(セラフィム・イオノフ)、ウヴォルフガング・チェルニー(ヴォルフ・ハイン)、ジョシュア・グロース(ティーリケ)、ディルク・シンプソン(グリム)、ロビンソン・レイチェル(ハインリヒ・ヒムラー)ほか

「ヒートオーバー!」のネタバレあらすじ結末

ヒートオーバー!の紹介:2006年ロシア映画。うだるような暑さのモスクワで再会した男4人の親友同士が、カフェで楽しんだ後、金を支払おうとした時にドルでは払えず、一人を残して両替に行ったものの、それぞれ騒動に巻き込まれてしまうというロシアのコメディ作品です。登場人物全てがどこかで繋がるという、趣向も凝らされた作品です。
監督:レゾ・ギギネイシュヴィリ 出演:アレクセイ・チャドフ(リョーシャ)、アルトゥル・スモリヤニノフ(アルトゥル)、コンスタンティン・クリュコフ(コーシャ)、ティマティ(本人)、アナスタシヤ・コチェットコヴァ(大佐の娘/カメラマンの女)、アグニヤ・ディトコヴスキート(ナーシャ)、デニ・ダダエフ(デニ)ほか

「ヴァンプス/VAMPS」のネタバレあらすじ結末

ヴァンプス/VAMPSの紹介:2017年ロシア映画。ロシアの小説家A・K・トルストイの原作を映画化した作品で、18世紀のロシアの辺境の村を舞台に、ひとりの女性を巡って人間とヴァンパイアが壮絶な戦いを最新の映像技術を駆使して描きあげたたロシア発のアクションスリラーです。
監督:セルゲイ・ギンズバーグ 出演者:ミハイル・ポレチェンコフ(ラヴル)、コンスタンチン・ワルコフ(アンドレイ)、アグラヤ・シロフスカヤ(ミリェーナ)、ミハイル・ジガロフ(ビシュテフィ)ほか

「ホステージ 戦慄のテロ計画」のネタバレあらすじ結末

ホステージ 戦慄のテロ計画の紹介:2017年ジョージア,ロシア,ポーランド
映画。1983年、まだソビエト連邦が存在していた頃、その内の一つだったグルジア(今のジョージア)で実際に起こったハイジャック。この事件の顛末を映像化したのが本作です。一体何が起こったのか?語られなかった史実が今語られます。
監督:レゾ・ギジナイッシュビリ 出演:イラクリ・クヴィリカーゼ(ニカ)、メラーブ・ニニッゼ(レヴァン)、ティナ・ダラキシュヴィリ(アンナ)、ナージャ・ミハルコワ(マヤ)ほか

「トラップ・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

トラップ・ゲームの紹介:2018年ロシア映画。一流の詐欺師である主人公が、勝ちを確信したと思いきや、超能力のような力で勝ちを奪われ、多額の借金を背負わされてしまいます。返済リミットはわずか。主人公は特殊能力を持つ者達を集め、リベンジを開始するのでした。ハリウッドでも有名なアントニオ・バンデラスが主演を演じています。
監督:アレクサンドル・ボグスラフスキー 出演:アントニオ・バンデラス、ミロシュ・ビコビッチ、ルボフ・アクショノーバ、ビレン・バビシェフ、イヴジェニー・スティシュキン、ほか

「ガガーリン 世界を変えた108分」のネタバレあらすじ結末

ガガーリン 世界を変えた108分の紹介:2013年ロシア映画。1961年に世界初の有人宇宙飛行を成し遂げたソ連の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンの生誕80周年を記念して製作された伝記ドラマです。1961年4月12日、宇宙飛行船“ボストーク1号”で108分間の宇宙飛行に出発する前後のガガーリンの足跡を過去のエピソードも交えて描いていきます。
監督:パヴェル・パルホメンコ 出演者:ヤロスラフ・ザルニン(ユーリイ・ガガーリン)、ミハイル・フィリポフ(セルゲイ・コロリョフ)、オルガ・イヴァノヴァ(ヴァレンチナ)、ナジェジダ・マルキナ(母親)、ヴィクトル・プロスクーリン(父親)ほか

「シャッター 写ると最期」のネタバレあらすじ結末

シャッター 写ると最期の紹介:2018年ロシア映画。若い男女7人が見つけたポラロイドカメラによって絶望の淵に追い込まれていくストーリーです。日常的にありふれたカメラというアイテムが死を呼び寄せるという恐怖を引っ張ってくるロシア製作のホラーです。
監督:アントン・ゼンコヴィッチ 出演:ステパン・ユラノフ(イリヤ)、アナスタシヤ・ゼンコヴィッチ(アリョーナ)、イリーナ・テミチャバ(イラ)、イゴール・ハルラモフ(ユラ)、ほか

「12人の怒れる男」のネタバレあらすじ結末

12人の怒れる男の紹介:2007年ロシア映画。1954年にアメリカのテレビドラマで放送されて以降、世界中で映画化、舞台化されている密室サスペンスの代表格を現代のロシアを舞台にリメイクした作品。陪審員となった12人の男たちが少年の犯した犯罪を評議していく物語である。ヴェネツィア国際映画祭に出品され生涯功労賞として特別銀獅子賞を受賞するなど、世界的な評価も高い。なお、本作を監督、脚本、製作したニキータ・ミハルコフは12人の陪審員のうち「陪審員2番」役で出演している。
監督: ニキータ・ミハルコフ 出演者:セルゲイ・マコヴェツキイ(陪審員1番)、ニキータ・ミハルコフ (陪審員2番)、セルゲイ・ガルマッシュ (陪審員3番)、ミハイル・イェフレモフ(陪審員8番)、ヴィクトル・ヴェルジビツキイ(陪審員11番)、アプティ・マガマイェフ (ウマル) ほか

「希望の樹」のネタバレあらすじ結末

希望の樹の紹介:1976年ソ連映画。旧ソ連のグルジア(現ジョージア) が生んだ世界的巨匠テンギズ・アブラゼの「祈り三部作」の二作目。作家ギオルギ・レオニゼが1962年に発表した短編集に基づく。20世紀初頭、ロシア革命前の農村を四季折々の美しい自然と共に描く群像劇だが、因習によって打ち砕かれる、美しい娘と貧しい青年の純愛がストーリーの中核を成す。
監督:テンギズ・アブラゼ 出演者:リカ・カヴジャラゼ(マリタ)、ソソ・ジャチヴリアニ(ゲディア)、ザザ・コレリシュヴィリ(シェテ)、コテ・ダウシヴィリ(ツィツィコレ)、ソフィコ・チアウレリ(プパラ)、カヒ・カフサゼ(イオラム)、ほか

「マチルダ 禁断の恋」のネタバレあらすじ結末

マチルダ 禁断の恋の紹介:2017年ロシア映画。19世紀末、革命直前のロシアを舞台に、帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世と美しき世界的バレリーナとの身分違いの禁断の恋を、実話を基に描いた衝撃の歴史ドラマです。本国ロシアでは上映妨害まで起こるなど賛否両論を巻き起こしました。
監督:アレクセイ・ウチーチェリ 出演:ラース・アイディンガー(ニコライ2世)、ミハリナ・オルシャンスカ(マチルダ・クシェシンスカヤ)、ダニーラ・コズロフスキー(ヴォロンツォフ)、ルイーゼ・ボルフラム(ヘッセン大公女アリックス)、トーマス・オスターマイアー(フィシェル医師)、インゲボルガ・ダプクナイテ(ロシア皇后マリア・フョードロヴナ)、ほか

「パーフェクトワールド 世界の謎を解け」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ワールド 世界の謎を解けの紹介:2018年ロシア映画。ロシア国内でベストセラーとなり、映画化もされたファンタジー小説『ナイト・ウォッチ』の原作者セルゲイ・ルキヤネンコのSF小説を映画化したSFアクション・ファンタジー作品です。ある日突然、人々の記憶から自分の存在が消えてしまった主人公がパラレルワールドに迷い込んだのを機に、あらゆる世界を繋ぐ“ゲートキーパー”として活動しながら元の世界に戻るべく行動を開始します。
監督:セルゲイ・モクリツキー 出演者:ニキータ・ボルコフ(キリル・マクシモフ)、エフゲニー・トゥカチュク(コーチャ・チャギン)、オルガ・ボロフスカヤ(アンナ)、ユリア・ペレシルド(ローズ・ホワイト)、セヴィリヤ・ヤノシャウスカイテ(レナータ・イワノワ)、エフゲニー・ツィガノフ(アントン)、アンドレイ・マーズリキン(フェリックス)ほか

1 2 3 4

キーワードから探す

TOP↑