サミュエル・L・ジャクソン映画一覧

「キングスマン(2014年)」のネタバレあらすじ結末

キングスマンの紹介:2014年イギリス映画。どの国にも属さない世界最強のスパイ機関「キングスマン」の活躍と、任務中に亡くなった父の後を継ぐ羽目になった平凡な青年が、状況に流されながらも、一端のスパイに成長する過程を、ユーモアを交えながら描いた作品である。
監督 :マシュー・ヴォーン 出演:コリン・ファース(ハリー・ハート)、マイケル・ケイン(アーサー)、タロン・エガートン(ゲイリー・“エグジー”・アンウィン)、マーク・ストロング(マーリン)、ソフィア・ブテラ(ガゼル)、サミュエル・L・ジャクソン(リッチモンド・ヴァレンタイン)ほか

「ロング・キス・グッドナイト」のネタバレあらすじ結末

ロング・キス・グッドナイトの紹介:1996年アメリカ映画。過去の記憶を失ったまま新たな生活を送っていた女性が、命を狙われたことをきっかけに失った過去を取り戻す旅に出て死闘を繰り広げるスーパーアクションムービー。
監督:レニー・ハーリン 出演:ジーナ・デイヴィス、サミュエル・L・ジャクソン、クレイグ・ビアーコ、パトリック・マラハイドほか

「キングスマン」のネタバレあらすじ結末

キングスマンの紹介:2014年イギリス映画。キングスマンは表向きはイギリスの高級テーラー、本当の姿はどこの国の機関にも属さないスパイ組織。スーツを着た英国紳士が様々な難問・テロに立ち向かう。ある日、ちょっとしたチンピラだったエグジーが1人の英国紳士スパイに出会ったことからエグジーとテロとの戦いが始まる。格好良さと爽快さが1つになった史上最高のスパイ映画。007ともMi;5とも違う新しい形のスパイ映画であるキングスマン、観た後にあなたも高級テーラーに行きたくなる。そんな映画です。
監督:マシュー・ヴォーン 出演:エグジー(タロン・エガートン)、ハリー・ハート(コリン・ファース)、リッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)、マーリン(マーク・ストロング)、アーサー(マイケル・ケイン)、ロキシー(ソフィ・クックソン)、ガゼル(ソフィア・ブテラ)、ミシェル・アンウィン(サマンサ・ウオマック)ほか

「ディープブルー」のネタバレあらすじ結末

ディープブルーの紹介:1999年アメリカ映画。ディープ・ブルーの紹介:パニック映画ではおなじみとなった「サメ」に襲われる映画。金字塔となったジョーズから一歩新しいサメ映画へと進んでいくこととなる作品。今度のサメは遺伝子操作で脳が肥大している。そう、獰猛で俊敏な上に知能も高いサメになっているのである。嵐で海の真ん中の実験場に取り残された主人公たちは無事に朝を迎えることが出来るのか。名優サミュエル・L・ジャクソンが脇を固める。
監督:レニー・ハーリン 出演:スーザン(サフロン・バロウズ)、カーター(トーマス・ジェーン)、ラッセル(サミュエル・L・ジャクソン)、ジャニス(ジャクリーン・マッケンジー)、ブリーチャー(LL・クール・J)ほか

「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンの紹介:2015年アメリカ映画。愛を知る全人類に捧ぐ――。マーベル・コミックが誇るスーパーヒーローたちが一同に集結した夢のクロスオーバー・SFアクション巨編“アベンジャーズ”シリーズ第2作であり、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”第11作です。今回はこれまでのシリーズで共闘してきた仲間たちに加えて新たなヒーローもアベンジャーズに合流、人類絶滅を目論む究極の機械生命体ウルトロンとの壮絶な戦争に挑んでいきます。
監督:ジョス・ウェドン 出演者:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン/ハルクバスター)、クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、ポール・ベタニー(ヴィジョン/J.A.R.V.I.S.の声)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー)、コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)、リンダ・カーデリーニ(ローラ・バートン)、ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ)、キム・スヒョン(ヘレン・チョ)、トーマス・クレッチマン(バロン・ストラッカー)、アンディ・サーキス(ユリシーズ・クロウ)、スタン・リー(本人役)、ジェームズ・スペイダー(ウルトロン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「オールド・ボーイ(2013年アメリカ)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(2013年アメリカ)の紹介:2013年アメリカ映画。韓国で大ヒットを記録した映画オールド・ボーイを、ハリウッドがリメイクした本作では、日本のオリジナルの原作から逸脱しないよう作り上げ、1級のスリラーが誕生しました。
監督:スパイク・リー 出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソンほか

「ディープ・ブルー」のネタバレあらすじ結末

ディープ・ブルーの紹介:1999年アメリカ映画。アルツハイマー病を直す研究を、サメを使って太平洋の海上で行っていた。そこで飼育されているサメたちは脳を大きくする為に、みな巨大サメに成長させられていた。遺伝子操作を行ったせいで、サメは賢くなり自らの考えを持つようになったのである。
監督:レニー・ハーリン 出演:トーマス・ジェーン(カーター・ブレイク)、サフロン・バロウズ(スーザン・マカリスター博士)、サミュエル・L・ジャクソン(ラッセル・フランクリン)、LL・クール・J(シャーマン・ダドリー / プリーチャー)、ジャクリーン・マッケンジー(ジャニス・ヒギンズ / ジャン)、マイケル・ラパポート(トム・スコギンズ / スコッグズ)、ステラン・スカルスガルド(ジム・ウィットロック)、ほか

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の紹介:2005年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第6作(第3話)です。前作「エピソード2/クローンの攻撃」から始まった銀河を二分する“クローン大戦”の最中、ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーはフォースの暗黒面に堕ち、シスの暗黒卿ダース・ベイダーとしての道を歩んでいきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ(声))、ジミー・スミッツ(ベイル・オーガナ)、クリストファー・リー(ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の紹介:2002年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの第5作(第2話)です。前作「エピソード1/ファントム・メナス」から約10年後、ジェダイとして成長したアナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)は初恋の人パドメ・アミダラと禁断の恋に落ちていき、やがて銀河を二分する“クローン大戦”に巻き込まれていきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ)、テムエラ・モリソン(ジャンゴ・フェット)、クリストファー・リー(ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「スターウォーズ エピソード1/ファントムメナス」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード1/ファントムメナスの紹介:1999年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第4作にして全ての物語の第1話となるアナキン三部作の第1弾です。後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を、銀河共和国の衰退とシス暗黒卿の暗躍と共に描きます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ジェイク・ロイド(アナキン・スカイウォーカー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、リーアム・ニーソン(クワイ=ガン・ジン)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ)、レイ・パーク(ダース・モール)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「ジュラシック・パーク」のネタバレあらすじ結末

ジュラシック・パークの紹介:1993年アメリカ映画。スピルバーグ監督作品で恐竜映画の金字塔。クローン技術によって古代の恐竜を生き返らせたテーマパークが舞台。そのテーマパーク「ジュラシック・パーク」のオープン前に考古学者と創設者がパークを体験するのだがそこではティラノサウルスなどの野生を取り戻した恐竜たちが襲い掛かるのだった。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:リチャード・アッテンボロー(ジョン・ハモンド)、サム・ニール(アラン・グラント博士)、ローラ・ダーン(エリー・サトラー博士)、ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム博士)、サミュエル・L・ジャクソン(レイ・アーノルド)、ほか

「アイアンマン」のネタバレあらすじ結末

アイアンマンの紹介:2008年アメリカ映画。マーベルコミックス原作の人気ヒーロー「アイアンマン」の実写化映画で、現在も続くマーベル・シネマティック・ユニバース初期の名作。軍需産業の社長トニースタークはアフガニスタンで囚われの身となり、自らパワードスーツ「マーク1」を作り出し脱出。その後パワードスーツを改良し世の中のヒーロー、アイアンマンとして行動していく。主人公のトニー・スタークは、本作以降もさまざまな作品に登場し、シリーズ全体に原作同様の強い影響力を発揮している。
監督:ジョン・ファヴロー キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク)、ジェフ・ブリッジス(オバディア・ステイン)、テレンス・ハワード(ローディ)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ショーン・トーブ(インセン)、レスリー・ビブ(クリスティン)、クラーク・グレッグ(コールソン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ファラン・タヒール(ラザ)、ほか

1 2 3 4

キーワードから探す

TOP↑