スペイン映画一覧

「やるなら今しかない!」のネタバレあらすじ結末

やるなら今しかない!の紹介:2015年スペイン映画。アレックスは学生時代から好きだったエヴァとの結婚式のためスペインからイギリスへ家族と出発しようとしていたが、突然の空港ストライキを皮切りに想定外のトラブルに巻き込まれなかなかイギリスへ辿り着けない。すでにイギリスで式の準備を始めていたエヴァはアレックスの到着を待つが、エヴァにも想定外のトラブルが発生。2人は無事式を挙げることができるのか。
監督:クリスティーナ・コメンチーニ 出演者:ダニ・ロヴィラ(アレックス)、マリア・ヴァルヴェルデ(エヴァ)、ホーキン・ヌニェス(サンティアゴ)、アリシア・ルビオ(ベレン)、クララ・ラーゴ(タティアーナ(エヴァのいとこ))他

「エヴォリューション」のネタバレあらすじ結末

エヴォリューションの紹介:2015年フランス,スペイン,ベルギー映画。少年と女性しか住んでいない謎めいた小さな島。ひとりの少年が島に隠された驚愕の秘密を知ってしまい…。装飾や説明を省き、観る者に解釈を委ねた芸術志向のシンプルなフレンチホラーです。
監督:ルシール・アザリロヴィック 出演者:マックス・ブレバン(ニコラ)、ロクサーヌ・デュラン(ステラ)、ジュリー=マリー・パルマンティエ(ニコラの母親)、ニッシム・レナード(フランク)、マシュー・ゴールドフェルド(ヴィクトル)ほか

「エンド・オブ・トンネル」のネタバレあらすじ結末

エンド・オブ・トンネルの紹介:2016年アルゼンチン,スペイン映画。シニカルで不条理な展開が度胆を抜いたオムニバス映画「人生スイッチ」(2014)で知られる、アルゼンチンの名優レオナルド・スバラグリア。今作では、車椅子生活でありながら、頭脳戦で強盗団と渡り合おうとするインテリ男を熱演している。奇抜な発想と緻密なストーリーが話題を呼んだ、クライム・サスペンス。
監督:ロドリゴ・グランデ 出演者:レオナルド・スバラグリア(ホアキン)、クララ・ラゴ(ベルタ)、パブロ・エチャリ(ガリレト)、フェデリコ・ルッピ(グッドマン)、ワルテル・ドナード(カナリオ)、ローラ・フェエンザ(レネ)ほか

「ペインレス」のネタバレあらすじ結末

ペインレスの紹介:2012年フランス,スペイン,ポルトガル映画。スペイン、フランス、ポルトガルによるホラー映画。生まれつき痛覚を持たないという、特殊な生まれの子供達。社会にとって危険な存在とみなされた彼らは、その生涯を監禁下で暮らす運命だった。しかし、戦争により多くの命が失われた時、たった1人生き残った少年は、ドイツ軍による恐ろしい陰謀に巻き込まれていく。ファン・カルロス・メディナ監督の劇場長編デビュー作。
監督:ファン・カルロス・メディナ 出演者:アレックス・ブレンデミュール(ダビッド・マルテル)、フェリックス・ゴメス(アダン・マルテル)、トーマス・レマルキス(ベルカノ)、デレク・デ・リント(ホルツマン)、ラモン・フォンセレ(カルセド)、ベア・セグラ(マグダレーナ)、ジュディス(シルビア・ベル)ほか

「麦の穂をゆらす風」のネタバレあらすじ結末

麦の穂をゆらす風の紹介:2006年イギリス,アイルランド,ドイツ,イタリア,スペイン映画。1920年代のアイルランドを舞台に、英国からの独立戦争とその後の内戦によって敵味方に分かれることになった兄弟の姿を描いた戦争映画です。カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞しています。
監督:ケン・ローチ 出演者:キリアン・マーフィー(デミアン・オドノヴァン)、ポードリック・ディレーニー(テディ・オドノヴァン)、リアム・カニンガム(ダン)、オーラ・フィッツジェラルド(シネード・ニ・スーラウォーン)、メアリー・リオドン(ペギー)ほか

「ナインスゲート」のネタバレあらすじ結末

ナインスゲートの紹介:1999年フランス,スペイン映画。スペインの人気作家アルトゥーロ・ペレス=レベルテの小説「呪のデュマ倶楽部」をアレンジして映像化したもの。ポランスキーとしては名作「ローズマリーの赤ちゃん」以来のオカルティックな題材となった。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジョニー・デップ(ディーン・コルソ)、フランク・ランジェラ(ボリス・バルカン)、ウィリー・ホルト(アンドリュー・テルファー)、レナ・オリン(リアナ・テルファー)、ほか

「オートマタ」のネタバレあらすじ結末

オートマタの紹介:2014年ブルガリア,アメリカ,スペイン,カナダ映画。近年、科学の世界で話題になっている、「シンギュラリティ(技術的特異点)」。人口知能が今の勢いで進化すると、確実に予測不可能な未来になるとされる分岐点が2045年であるという。このシンギュラリティ問題をテーマに、2044年の世界を描いたというSFサスペンス。荒廃した未来世界。人類は、オートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットを開発していた。オートマタの保険会社で働くジャック・ヴォ―ガンは、謎の進化を遂げた一体のオートマタを発見する。その修理に関わった技師の正体を暴くため、危険な調査を開始するヴォ―ガンだったが…。
監督:ガベ・イバニェス 出演:アントニオ・バンデラス(ジャック・ヴォ―カン)、ビアギッテ・ヨート・ソレンセン(レイチェル・ヴォ―カン)、ディラン・マクダーモット(ウォレス)、メラニー・グリフィス(スーザン・デュプレ)ほか

「夕陽のガンマン」のネタバレあらすじ結末

夕陽のガンマンの紹介:1965年イタリア,スペイン映画。「荒野の用心棒」に続くレオーネ監督のマカロニ・ウェスタン。前作と違ってオリジナル脚本によるもので、構成の整った見事な出来栄えとなった。後にスターとなったクラウス・キンスキーが端役で出演。
監督:セルジオ・レオーネ 出演:クリント・イーストウッド(モンコ)、リー・ヴァン・クリーフ(ダグラス・モーティマー)、ジャン・マリア・ヴォロンテ(エル・インディオ)、クラウス・キンスキー(ワイルド)

「本物の家族になれるまで」のネタバレあらすじ結末

本物の家族になれるまで(We Are Pregnant)の紹介:2016年スペイン映画。アリーナとフランは仲良しカップル。しかし二人にはまだ子供がいませんでした。そろそろ子供が欲しいアリーナでしたが、フランはまだまだ父親になる覚悟ができていませんでした。
監督:フアナ・マシアス 出演:アイノーア・アイルべ(アルマ)、アルベルト・アマリージャ(ギレルモ)、アレクサンドラ・ヒメネス(アリーナ)、イニャキ・フォント(コルド)、パコ・レオン(フラン)、ほか

「スリーピングタイト」のネタバレあらすじ結末

スリーピングタイト 白肌の美女の異常な夜の紹介:2011年スペイン映画。アパートの管理人をしているセサルは住人の女性に好意を持ち、夜な夜な合鍵で女性の部屋に侵入しベッドの下で息を潜め薬で眠らせた後同じベッドで朝を迎えていた。日に日にその行動はエスカレートしていく。
監督: ジャウマ・バラゲロ 出演:ルイス・トサル(セサル)、マルタ・エトゥラ(クララ)、アルベルト・サン・フアン(マルコス)、ペトラ・マルティネス(ベロニカ)、ほか

「シルビアのいる街で」のネタバレあらすじ結末

シルビアのいる街での紹介:2007年スペイン,フランス映画。淡々と忘れられない女性を探す、とある青年の物語。最低限のセリフで、美しい街並みの中で繰り広げられる二人の姿はため息が出るほど美しい。
監督:ホセ・ルイス・ゲリン 出演: グザヴィエ・ラフィット(青年)、ピラール・ロペス・デ・アジャラ(女性)、ターニア・ツィシー(ターニャ)

「私が、生きる肌」のネタバレあらすじ結末

私が、生きる肌の紹介:2011年スペイン映画。皮膚の研究をしているロベルは学会で研究中の人工皮膚を発表する。その人工皮膚を使えばこれからの医学の発展の大きな進歩となる、しかし彼の研究には大きな秘密があった。それは彼の住む大きな屋敷の一室にある。ベラという美しい女性。彼女はロベルの屋敷に監禁されていた。彼女がその屋敷へと来たのは遡ること6年前。あるパーティの日に事件は起こった。「蜘蛛の微笑」を原作にしたスペイン製作のサスペンス。
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:アントニオ・バンデラス(ロベル・レガル)、エレナ・アナヤ(ベラ・クルス)、マリサ・パレデス(マリリア)、ジャン・コルネット(ビセンテ)、ロベルト・アラモ(セカ)、ほか

「マシニスト」のネタバレあらすじ結末

マシニストの紹介:2004年スペイン,アメリカ映画。深刻な不眠症を抱えた機械工のトレバーは1年もの間眠ることができずにいました。ある日同僚のアイバンに気をとられ、職場で事故を起こしてしまいます。彼にしつこくつきまとうアイバンを探し始めるトレバーでしたが、彼について調べるうちになぜトレバーが不眠症になってしまったのかが明らかになっていくのでした。
監督:ブラッド・アンダーソン 出演者:クリスチャン・ベール(トレバー・レズニック)、ジェニファー・ジェイソン・リー(スティービー)、アイタナ・サンチェス=ギヨン(マリア)、ジョン・シャリアン(アイバン)ほか

「サルバドールの朝」のネタバレあらすじ結末

サルバドールの朝の紹介:2006年スペイン,イギリス映画。スペインのフランコによる独裁政治時代末期に、反政府運動グループに参加していたサルバドールは、警官殺しの罪で死刑判決をうけます。実際に実在した人物サルバドール・プッチ・アンティックをモデルにしたスペインのドラマ作品です。
監督:マヌエル・ウエルガ 出演者:ダニエル・ブリュール(サルバドール・プッチ・アンティック)、トリスタン・ウヨア(アラウ)、レオナルド・スパラグリア(ヘスス)、レオノール・ワトリング(クカ)、イングリット・ルビオ(マルガリータ)ほか

「暴走車 ランナウェイ・カー」のネタバレあらすじ結末

暴走車 ランナウェイ・カーの紹介:2015年スペイン映画。ある朝、銀行支店長のカルロスは子供達を車に乗せて出勤しますが、その車には座席から離れると作動する爆弾が仕掛けられていて・・。犯人からの執拗な脅迫を受けながら家族を守る男を描いたサスペンス・アクション。
監督:ダニ・デ・ラ・トレ 出演者: ルイス・トサル(カルロス)、エルビラ・ミンゲス(ベレン)、ポーラ・デリ・リオ(サラ)、マルコ・サンズ(マルコス)ほか

1 2 3 4 5
TOP↑