スポーツ映画一覧

スポーツ映画のネタバレあらすじ一覧です。野球、ボクシング、サッカー、ダンスをはじめとする青春や情熱をテーマとする映画から感動作品まで、さまざまなジャンルのスポーツ映画を紹介しています。海外や日本のスポーツ映画の人気作品から、おすすめ映画まで、スポーツ作品のネタバレあらすじを紹介しています。

「ガールズ・アタック」のネタバレあらすじ結末

ガールズ・アタックの紹介:2006年アメリカ映画。マドンナ高校にて大火災が発生しバレーチームに所属するローレンたちはカセドラル高校に転入する。マドンナ高校と同様バレーチームへと入るローレンたちだったが、カセドラル高校のバレー部のギャビーたちとは因縁の中だった。はじめは衝突しあうもチームのため、勝利のために協力し奮闘する。
監督:ニーマ・バーネット 出演:シアラ(ベッカ)、エイドリアン・ベイロン(ギャビー)、サラ・メイソン(ローレン)、エフレン・ラミレス、フェイゾン・ラヴ、レニー・ヴィクター、マイケル・コポン、テイラー・コール、ほか

「映画 ハイ☆スピード! Free ! Starting Days」のネタバレあらすじ結末

映画 ハイ☆スピード! -Free ! Starting Days-の紹介:2015年日本映画。TVアニメ「Free!」の劇場版。Free!の前日譚として、遙や真琴の中学時代を描いています。中学校に入学した遙と真琴は、なりゆきで水泳部に入部することになりました。一緒に入部した同級生の旭と郁弥とともに、メドレーリレーを行うことになりましたが、全員がなにかしら問題を抱えていて、なかなかうまくいきません。しかし、それぞれが問題に向き合い、そして仲間同士で励まし合い、助け合うことで問題を克服し、目標としていた記録会を迎えることになります。
監督:武本康弘 声優:七瀬遙(島﨑信長)、橘真琴(鈴木達央)、椎名旭(豊永利行)、桐嶋郁弥(内山昂輝)、桐嶋夏也(野島健児)、芹沢尚(日野聡)、山崎宗介(細谷佳正)

「赦しのちから」のネタバレあらすじ結末

赦しのちからの紹介:2019年アメリカ映画。人口減少に悩む町でジョンはクロスカントリー部の監督を渋々引き受けます。そこで出会った女子生徒ハンナは複雑な家庭環境で育ち、物を盗む悪い癖があります。ハンナはクロスカントリーで鍛えられ、キリスト教徒になることにより成長していきます。『赦しのちから』は、スポーツを通じた夫婦愛、親子愛、子供の成長を描いた映画です。主演で監督のアレックス・ケンドリックはキリスト教の素晴らしさを描く映画を作り続けています。
監督:アレックス・ケンドリック 出演:アレックス・ケンドリック(ジョン・ハリソン)、プリシラ・シャイラー(校長)、アリン・ライト=トンプソン(ハンナ)、シャリ・リグビー(キャメロン・アーネット)、キャメロン・アーネット(トーマス・ヒル)、ほか

「罠」のネタバレあらすじ結末

罠の紹介:1949年アメリカ映画。ボクシング映画の古典で、上映時間と劇中の経過時間を一致させるという実験を行なった名作。時計が何度も映し出され、リアルタイムであることを強調している。後の巨匠・ロバート・ワイズ監督にとっても代表作のひとつ。
監督:ロバート・ワイズ 出演:ロバート・ライアン(ストーカー・トンプソン)、オードリー・トッター(ジュリー)、ジョージ・トビアス(タイニー)、アラン・バクスター(リトル・ボーイ)、ハル・フィーバーリング(タイガー・ネルソン)、デイヴィッド・クラーク(ガンボート)、ウォーレス・フォード(ガス)、パーシー・ヘルトン(レッド)、ダリル・ヒックマン(シャンリー)、ほか

「イカロス」のネタバレあらすじ結末

イカロスの紹介:2017年アメリカ映画。ドーピング検査の有効性を否定するために、自らドーピングを試みたブライアン。しかし彼の企画はロシアの組織ぐるみのドーピング疑惑へ切り込んでいく事となる。
監督:ブライアン・フォーゲル 出演者:ブライアン・フォーゲル、グリゴリー・ロドチェンコフ、ほか

「タッチ3 君が通り過ぎたあとに」のネタバレあらすじ結末

タッチ3 君が通り過ぎたあとに -DON’T PASS ME BY-の紹介:1987年日本映画。TVアニメ「タッチ」の劇場版3部作の完結編となります。入院した西尾監督の代理の監督として明青学園に来た柏葉英二郎は、就任早々から部員に猛練習を課します。柏葉英二郎の目的は、かつて汚名を着せられ退部させられた明青学園野球部への復讐でしたが、達也達は、その猛練習に耐えてレベルアップし、夏の甲子園予選を順調に勝ち進んでいきます。そして、昨年敗れた新田明男擁する強豪須見工との決勝戦が始まります。
監督:永丘昭典 出演:上杉達也(三ツ矢雄二)、浅倉南(日高のり子)、柏葉英二郎(田中秀幸)、新田明男(井上和彦)、柏葉英一郎(内海賢二)、原田正平(銀河万丈)、柏葉 令子(高島雅羅)

「タッチ2 さよならの贈り物」のネタバレあらすじ結末

タッチ2 さよならの贈り物の紹介:1986年日本映画。TVアニメ「タッチ」の劇場版で劇場版「タッチ 背番号のないエース」の続編となります。上杉達也は、交通事故で死んだ双子の弟和也の墓参りに行ったときに、須見工の新田明男に出会い、それをきっかけに野球を続ける決意をします。達也、和也の幼馴染である浅倉南は、野球部のマネージャーと兼任で新体操を始め、大会で優勝するなど大活躍します。そして迎えた夏の高校野球県予選、決勝まで進んだ達也を擁する明青学園は、新田の須見工と甲子園出場をかけて激突します。
監督:はしもとなおと 声優:上杉達也(三ツ矢雄二)、浅倉南(日高のり子)、新田明男(井上和彦)、松平孝太郎(林家こぶ平)、原田正平(銀河万丈)、西村勇(中尾隆聖)、ほか

「弱虫ペダル Re:GENERATION」のネタバレあらすじ結末

弱虫ペダル Re:GENERATIONの紹介:2017年日本映画。TVアニメ「弱虫ペダル」の劇場版で、2017年1月~6月にかけて放映された「弱虫ペダル NEW GENERATION」の総集編となります。インターハイが終わり、3年生が引退、卒業し、インターハイで激闘を繰り広げた各校は、新主将の元、新たな体制の自転車部がスタートします。そして、新世代の戦力も加え、総北高校、箱根学園、そして京都伏見は、インターハイで再び熱い戦いを繰り広げることになります。
監督:鍋島修 声優:小野田坂道(山下大輝)、今泉俊輔(鳥海浩輔)、鳴子章吉(福島潤)、手嶋純太(岸尾だいすけ)、青八木一(松岡禎丞)、鏑木一差(下野紘)、真波山岳(代永翼)、泉田塔一郎(阿部敦)、葦木場拓斗(宮野真守)、御堂筋翔(遊佐浩二)、銅橋正清(小野大輔)、ほか

「弱虫ペダル SPARE BIKE」のネタバレあらすじ結末

弱虫ペダル SPARE BIKEの紹介:2016年日本映画。主人公小野田坂道の自転車ロードレースでの活躍を描いた「弱虫ペダル」のスピンオフで、弱虫ペダルに登場する様々な人物の過去のエピソードなどを描いた「弱虫ペダル SPARE BIKE」の劇場版。本作では、坂道の先輩で登りのスペシャリストである「ピークスパイダー」巻島裕介と、巻島裕介のライバルで同じく登りのスペシャリストである「(自称)眠れる森の美形」東堂尽八の物語をオムニバス形式で描いています。
監督:鍋島修 声優:巻島裕介(森久保祥太郎)、東堂尽八(柿原徹也)、寒咲通司(諏訪部順一)、 糸川修作(阪口大助)、金城真護(安元洋貴)荒北靖友(吉野裕行)、ほか

「弱虫ペダル Re:ROAD」のネタバレあらすじ結末

弱虫ペダル Re:ROADの紹介:2015年日本映画。TVアニメ「弱虫ペダル」の劇場版。TVシリーズ2期「弱虫ペダル GRANDE ROAD」の総集編で、2014年公開の劇場版「弱虫ペダル Re:RIDE」の続編になります。3日間行われるインターハイも後半となり、主人公小野田坂道が所属する総北、王者箱根学園、曲者の御堂筋率いる京都伏見の3校の激闘は続きます。さらに、呉南の待宮など伏兵の登場で勝負の行方がわからなくなる中、坂道は、頂上のゴール目指してひたすらペダルを回します。
監督:鍋島修 声優:小野田坂道(山下大輝)、今泉俊輔(鳥海浩輔)、鳴子章吉(福島潤)、金城真護(安元洋貴)、巻島裕介(森久保祥太郎)、田所迅(伊藤健太郎)、福富寿一(前野智昭)、真波山岳(代永翼)、東堂尽八(柿原徹也)、御堂筋翔(遊佐浩二)、ほか

「弱虫ペダル Re:RIDE」のネタバレあらすじ結末

弱虫ペダル Re:RIDEの紹介:2014年日本映画。TVアニメ「弱虫ペダル」の劇場版。 TVアニメの第1期よりインターハイの部分を編集した内容となっています。総北高校に入学した小野田坂道は、ひょんなことから自転車部に入部し、そこで、同級生や先輩たちと切磋琢磨することで成長し、ついにはインターハイ出場に果たします。そして、インターハイでは、インターハイ常勝の名門箱根学園や曲者の御堂筋率いる京都伏見など全国の強豪たちと激闘を繰り広げることになります。
監督:鍋島修 声優:小野田坂道(山下大輝)、今泉俊輔(鳥海浩輔)、鳴子章吉(福島潤)、金城真護(安元洋貴)、巻島裕介(森久保祥太郎)、田所迅(伊藤健太郎)、福富寿一(前野智昭)、真波山岳(代永翼)、東堂尽八(柿原徹也)、御堂筋翔(遊佐浩二)、ほか

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」のネタバレあらすじ結末

劇場版 黒子のバスケ LAST GAMEの紹介:2017年日本映画。TVアニメ「黒子のバスケ」の劇場版。TVアニメのその後を描いています。アメリカからストリートバスケットボールチーム「Jabberwock」が来日し、日本のチームと親善試合を行いましたが、Jabberwockのレベルの高さに日本のチームは為す術もなく惨敗してしまいます。その上、日本のバスケットを見下す発言をしたことで、再度日本のチームと試合を行うことになりました。そして、集められたのは、ウインターカップを制した誠凛高校の黒子と火神、そして「キセキの世代」の面々でした。
監督:多田俊介 出演:黒子テツヤ(小野賢章)、火神大我(小野友樹)、黄瀬涼太(木村良平)、緑間真太郎(小野大輔)、青峰大輝(諏訪部順一)、紫原敦(鈴村健一)、赤司征十郎(神谷浩史)、ナッシュ・ゴールド・Jr(緑川光)、ジェイソン・シルバー(稲田徹)

「劇場版 Free!Timeless Medley 約束」のネタバレあらすじ結末

劇場版 Free!-Timeless Medley-約束の紹介:2017年日本映画。本作は、TVアニメ「Free!」の2014年7月から9月にかけて放送された第2期を再構成した劇場版第2弾で、主人公七瀬遙のライバルである松岡凛を中心とした物語となります。松岡凛が部長を務める鮫柄学園水泳部に凛の幼馴染の山崎宗介が転校してきました。宗介は、バタフライで全国有数の選手でしたが、故障のため泳ぐのを辞める決意を固めており、宗介の望みは、凛と一緒にメドレーリレーを泳ぐことで、凛と本当の仲間となることでした。そして、念願かなって凛とメドレーリレーを泳ぐこととなった宗介の最後のレースがスタートします…。
監督:河浪栄作 出演:松岡凛(宮野真守)、山崎宗介(細谷佳正)、似鳥愛一郎(宮田幸季)、御子柴百太郎(鈴村健一)、七瀬遙(島﨑信長)、橘真琴(鈴木達央)、ほか

「劇場版 Free! Timeless Medley 絆」のネタバレあらすじ結末

劇場版 Free!-Timeless Medley-絆の紹介:2017年日本映画。本作は、TVアニメ「Free!」の2014年7月から9月にかけて放送された第2期を再構成した劇場版第1弾で、主人公である七瀬遙を中心とした物語となります。3年生となった岩鳶高校水泳部の遙は、県大会を順調に突破しましたが、卒業後の進路などでプレッシャーを感じ、地方大会では途中で泳ぐのを止めてしまいました。将来への不安から苦悩する遥。そんな遙を凛は、オーストラリアへ連れていきます。そこで、遙は、泳ぐことの楽しさを再認識し、泳ぎ続けたいと思うようになりました。帰国した遥は、仲間たちと共に高校最後の全国大会に挑むことになります。
監督:河浪栄作 出演:七瀬遙(島﨑信長)、橘真琴(鈴木達央)、葉月渚(代永 翼)、竜ヶ崎怜(平川大輔)、松岡凛(宮野真守)、ほか

「ダイブ!!」のネタバレあらすじ結末

ダイブ!!の紹介:2008年日本映画。森絵都のベストセラー小説を映画化。弱小ダイビングクラブの少年たちが、クラブの存続をかけて、飛び込みでオリンピック出場を目指す青春映画。それぞれ悩みを抱え、葛藤や挫折しながらも、飛び込みを続ける中で何かを掴もうとする三人の少年。彼らはクラブの危機を救えるのか?
監督:熊澤尚人 出演:林遣都(坂井 知季)、池松壮亮(富士谷 要一)、溝端淳平(沖津 飛沫)、瀬戸朝香(麻木 夏陽子)、蓮佛美沙子(西川 恭子)、山崎将平(丸山 レイジ)、福田雄也(大広 陵)、村瀬継太(吉田 幸也)、椎名鯛造(井上 大介)、小野賢章(鈴木 英雄)、池田純(坂井 弘也)、瓜生美咲(野村 未羽)、寺内健(寺本 健太郎)、光石研(富士谷 敬介)、江守徹(前原 一朗)、ほか

1 2 3 4 5 8

キーワードから探す

TOP↑