スティーヴ・ブシェミ映画一覧

スティーヴ・ブシェミが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「デッド・ドント・ダイ」のネタバレあらすじ結末

デッド・ドント・ダイの紹介:2019年アメリカ映画。アメリカの田舎町センターヴィル。警察署で働くクリフとロニーは、この平和な町に不穏な気配を感じていた。すると、突如ゾンビが出現。住民たちを次々と襲っていく。生前の欲望に囚われた生ける屍たちを相手にクリフとロニー、そして日本刀を振り回す謎の葬儀屋ゼルダは立ち向かう。カンヌの常連ジム・ジャームッシュが描くゾンビはジョージ・A・ロメロ監督の古典的名作『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』にオマージュを捧げ、恐怖よりも滑稽さを表現。また、全編に流れるテーマソング「デッド・ドント・ダイ」はカントリー界のスーパースター、スタージル・シンプソンがこの映画のために書き下ろした。豪華なキャストと共に観どころ満載の作品。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ(クリフ・ロバートソン)、アダム・ドライバー(ロニー・ピーターソン)、ティルダ・スウィントン(ゼルダ・ウィンストン)、クロエ・セヴィニー(ミンディ・モリソン)、スティーヴ・ブシェミ(フランク・ミラー)、ダニー・グローヴァー(ハンク・トンプソン)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ボビー・ウィギンズ)、ロージー・ペレス(ホージー・フアレス)、イギー・ポップ(コーヒー・ゾンビ)、サラ・ドライバー(コーヒー・ゾンビ)、RZA(ディーン)、キャロル・ケイン(マロリー・オブライエン)、オースティン・バトラー(ジャック)、ルカ・サバト(ザック)、セレーナ・ゴメス(ゾーイ)、トム・ウェイツ(ボブ)ほか

「俺たちスーパーマジシャン」のネタバレあらすじ結末

俺たちスーパーマジシャンの紹介:2013年アメリカ映画。子供の頃“ランス・ホロウェイのマジックセット”で遊ぶバートとアントンは、いまや大人気のマジシャンに。ところがマジックのマンネリからか客席には空席が出るようになり、アントンとも離れ離れになってしまいます。その頃、ストリートマジシャンのスティーブの自虐ネタが評判になっていましたが、バートは“ランス・ホロウェイのマジックセット”のランスに出会い、初心に戻る事ができます。バートとアントンは友情を取り戻し、再び大きな舞台で活躍する事ができるのか…。笑いあり涙ありのコメディ作品です。デイビッド・カッパーフィールド、ランス・バートン等が協力しています。
監督:ドン・スカーディノ 出演:スティーヴ・カレル(バート・ワンダーストーン)、スティーヴ・ブシェミ(アントン・マーベルトン)、ジム・キャリー(スティーブ・グレイ)、オリヴィア・ワイルド(ジェーン)、アラン・アーキン(ランス・ホロウェイ)、ジェームズ・ガンドルフィーニ(ダグ・マニー)、ほか

「アニマル・ファクトリー」のネタバレあらすじ結末

アニマル・ファクトリーの紹介:2000年アメリカ映画。エドワード・ファーロングを主演に迎えて映画化、暴力や差別が横行するアニマル・ファクトリー(刑務所)が舞台となる。米国の作家エドワード・バンカーが自身の体験も交えて執筆した小説「The Animal Factory」を映画化した犯罪ドラマです。暴力が支配する刑務所に収監された若者が囚人たちを束ねる男と奇妙な友情を育み、やがて一緒に刑務所から脱獄しようと試みますが…。
監督:スティーヴ・ブシェミ 出演者:エドワード・ファーロング(ロン・デッカー)、ウィレム・デフォー(アール・コペン)、ミッキー・ローク(ジャン)、シーモア・カッセル (シーマン)、スティーヴ・ブシェミ(ホスパック)ほか

「荒野にて」のネタバレあらすじ結末

荒野にての紹介:2017年イギリス映画。幼い頃に母に捨てられ、1人で自分を育ててきてくれた父も亡くし、1人ぼっちになった15歳の少年チャーリーは、世話をしていた競走馬のリーン・オン・ピートと一緒に、唯一残された家族である叔母を探す旅に出る。
監督:アンドリュー・ヘイ 出演:チャーリー・プラマー(チャーリー・トンプソン)、クロエ・セヴィニー(ボニー)、トラヴィス・フィメル(レイ)、スティーヴ・ザーン(シルバー)、スティーヴ・ブシェミ(デル・モンゴメリー)、ほか

「嘘はフィクサーのはじまり」のネタバレあらすじ結末

嘘はフィクサーのはじまりの紹介:2016年イスラエル,アメリカ映画。ノーマンはニューヨークの自称ビジネスコンサルタント、フィクサーとしてユダヤ社会とイスラエルのために働く男です。多くの人は彼を嘘つき、詐欺師とみなしますが、人助けと世話焼きが好きで朝から夜までがんばって働く彼に好意を持つものもいます。イスラエル首相もノーマンに好意を持ちましたが、そのためトラブルに巻き込まれることになります。ノーマンは首相を助けようと悪戦苦闘、迷惑電話を繰り返し、嘘を重ねますが結果はどうなるのでしょうか?『嘘はフィクサーのはじまり』は名優リチャード・ギアがコミカルなフィクサー、ノーマンを好演しています。
監督:ヨセフ・シダー 出演:リチャード・ギア(ノーマン・オッペンハイマー)、リオル・アシュケナージ(ミカ・エシェル)、ハンク・アザリア(スルール・カッツ)、スティーヴ・ブシェミ(ラビ・ブルメンソール)、シャルロット・ゲンズブール(アレックス・グリーン)、マイケル・シーン(フィリップ)、ダン・スティーヴンス(ビル・カヴィシュ)、ほか

「モンスター・ハウス」のネタバレあらすじ結末

モンスター・ハウスの紹介:2006年アメリカ映画。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのスティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが制作総指揮を務めたCGアニメ。近づく者を飲み込む訳ありハウスに立ち向かう少年達のアドベンチャーホラーなストーリーはドキドキハラハラの連続です。
監督:ギル・キーナン 声の出演:ミッチェル・ムッソ(DJ)、サム・ラーナー(チャウダー)、スペンサー・ロック(ジェニー)、スティーヴ・ブシェミ(ネバークラッカー)、マギー・ギレンホール(ジー)、ジェイソン・リー(ボーンズ)、ほか

「スターリンの葬送狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

スターリンの葬送狂騒曲の紹介:2017年フランス,イギリス,ベルギー,カナダ映画。ソビエト連邦の最高権力者スターリンは”粛清”という名の大量虐殺による恐怖で、国民や側近を支配してきた。その独裁者が脳出血で危篤に陥り、後継者を指名することなく息を引き取った。表向きは厳粛な国葬の準備を進めるが、スターリンの腹心だったマレンコフ、モスクワ党第一書記フルシチョフ、秘密警察警備隊最高責任者のベリヤが3大トップとなり、そこへソビエト軍最高司令官ジェーコフ元帥まで参戦し、権力バトルが始まった。嘘と裏切り、仕掛け合う罠など国を担うはずの男たちの”なんでもあり”、”やったもの勝ち”のゲスな本性が暴かれていく。ロシアでは政府が上映を禁止したが、ヨーロッパ全土、さらにはアメリカやオーストラリアまでスマッシュヒットを記録した。
監督:アーマンド・イアヌッチ 出演:スティーヴ・ブシェミ(フルシチョフ)、サイモン・ラッセル・ビール(ベリヤ)、パディ・コンシダイン(アンドレーエフ)、ルパート・フレンド(ワシーリー)、ジェイソン・アイザックス(ジェーコフ)、オルガ・キュリレンコ(マリヤ)、マイケル・ベイリン(モロトフ)、アンドレア・ライズブロー(ヴェトラーナ)、ポール・チャヒディ(ブルガーニン)、ダーモット・クロウリー(カガノーヴィチ)、アドリアン・マクローリン(スターリン)、ジェフリー・タンバー(マレンコフ)ほか

「ボディ・クッキング/母体蘇生」のネタバレあらすじ結末

ボディ・クッキング/母体蘇生の紹介:1993年アメリカ映画。死亡した母親を蘇生させてしまった男性が、トラブルの中成長していく姿を描いたホラーコメディ。工具店を営むエドは、母を亡くして以来ずっと塞ぎ込んでいた。そんな彼の元に怪しげなセールスマンが現れる。彼から母を蘇生するための「生命(ライフ)」を購入したエド。蘇った母にはじめは喜ぶエドだったが、次第に見過ごせない奇行が増えていく。
監督:ジョナサン・ワックス 出演者:スティーヴ・ブシェミ(エドワード・チルトン)、ネッド・ビーティ(ベニーおじさん)、サム・ジェンキンス(ストーム・レイノルズ)、ゲイリー・ファーマー(ラリー)、ミリアム・マーゴリーズ(マーベル・チルトン)ほか

「スパイアニマル Gフォース」のネタバレあらすじ結末

スパイアニマル Gフォースの紹介:2009年アメリカ映画。「それは、FBIが極秘で開発した最終兵器──。」というキャッチコピーで、FBIによって養成された最強スパイの可愛いモルモットたちが、人類の未来をかけたミッションに挑み大活躍する姿を、実写と3DCGとで描いたアニマル・アドベンチャー・コメディ映画です。
監督:ホイト・H・イェットマン・Jr 出演:ザック・ガリフィナーキス(ベン・ケンドール博士)、ウィル・アーネット(キリアン部長)、ビル・ナイ(レナード・セイバー)、ニコラス・ケイジ(スペックルズ)、ジョン・ファヴロー(ハーレー)、トレイシー・モーガン(ブラスター)、ペネロペ・クルス(フアレス)、サム・ロックウェル(ダーウィン)、スティーヴ・ブシェミ(バッキー)、ほか

「コン・エアー」のネタバレあらすじ結末

コン・エアーの紹介:1997年アメリカ映画。実在するアメリカ連邦保安局の空輸隊をモチーフにした映画で、凶悪犯にハイジャックされた護送専用機を舞台に、囚人vs囚人の闘い、乗組員たちの孤立無援の闘いを描きます。
監督:サイモン・ウェスト 出演者:ニコラス・ケイジ(キャメロン・ポー)、ジョン・キューザック(ヴィンス・ラーキン)、ジョン・マルコヴィッチ(サイラス・グリサム)、ヴィング・レイムス(ダイアモンド・ドッグ)、ミケルティ・ウィリアムソン(ベイビー・オー)ほか

「シャーロットのおくりもの(2006年)」のネタバレあらすじ結末

シャーロットのおくりものの紹介:2006年アメリカ映画。1匹の子ブタをめぐって人間の少女と賢くて心優しいクモが奇跡を起こすファンタジー。アニメにもなったロングセラー児童書を実写版で映画化。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演: ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ジュリア・ロバーツ(クモのシャーロット)、スティーヴ・ブシェミ(ネズミのテンプルトン)、ケヴィン・アンダーソン(Mr.エラブル)、エシー・デイヴィス(Mrs.エラブル)、キャシー・ベイツ(牛のビッツィー)、ロバート・レッドフォード(馬のアイク)、ほか

「レザボア・ドッグス」のネタバレあらすじ結末

レザボア・ドッグスの紹介:1991年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノの監督デビュー作。低予算ながら反響を呼び、次作「パルプ・フィクション」でのブレイクにつながった。カルト監督として知られるモンテ・ヘルマンが製作総指揮を担当している。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ハーヴェイ・カイテル(ミスター・ホワイト)、ティム・ロス(ミスター・オレンジ)、マイケル・マドセン(ミスター・ブロンド)、クリス・ペン(エディ・キャボット)、スティーヴ・ブシェミ(ミスター・ピンク)

「ファーゴ」のネタバレあらすじ結末

ファーゴの紹介:1996年アメリカ映画。雪の降り積もるファーゴの街で殺人事件が起きた。担当となった刑事のマージはすぐに捜査に取り掛かる。彼女の見事な推理は犯人の行動だけでなくその周りも様子も読み取った。そしてある車のディーラーの元へと辿り着く。そのディーラーはマージの知らない所で妻を誘拐されていた。さらに新たな殺人事件が発生してしまう。その年のアカデミー賞で2冠を達成したコーエン兄弟製作によるブラックコメディ。
監督:ジョエル・コーエン 出演:フランシス・マクドーマンド(マージ・ガンダーソン)、スティーヴ・ブシェミ(カール)、ウィリアム・H・メイシー(ジェリー・ランディガード)、ピーター・ストーメア(グリムスラッド)、ほか

「エスケープ・フロム・L.A.」のネタバレあらすじ結末

エスケープ・フロム・L.A.の紹介:1996年アメリカ映画。反政府勢力の力が増した事で国家警察を編成したアメリカの大統領に宗教家が選出される。彼は巨大地震で孤島化し、廃墟となったL.A.をニューヨーク同様の巨大刑務所にする。酒も、タバコも、配偶者以外の性的関係も禁止されたアメリカで、国家機密兵器を盗み出し転覆を図る大統領令嬢が逃げ込み、それを回収する為にあの男が選ばれた。ファン待望のカルトSFアクション映画のセルフリメイクにして続編でもある。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:カート・ラッセル(スネーク・プリスキン)、ステイシー・キーチ(マロイ)、スティーヴ・ブシェミ(エディ)、ピーター・フォンダ(パイプライン)、ジョージ・コラフェイス(クレボ・ジョーンズ)、ブルース・キャンベル(ビバリーヒルズの外科医)、ほか

「デスペラード」のネタバレあらすじ結末

デスペラードの紹介:1995年アメリカ映画。その男ギターケースを片手にはある男を探していた。探している男は犯罪組織のボスで、その先々で大立ち回りが演じられ、多大な損失でそのボスは頭を抱えていた。ギターケースの男は過去に、恋人をそのボスに殺された恨みを晴らそうとしていた。しかしこの二人には、もっと深刻な因縁があった。マリアッチシリーズの2作目。前作を遥かに超えるガンアクションが全編に渡るアクション映画。
監督:ロバート・ロドリゲス 出演者:エル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)、カロリーナ(サルマ・ハエック)、ブチョ(ジョアキム・デ・アルメイダ)、バーテンダー(チーチ・マリン)、ブシェミ(スティーヴ・ブシェミ)、カンパ(カルロス・ガラルドー)、キーノ(アルバート・ミッシェル・Jr)、ナバハス(ダニー・トレホ)、集金人(クエンティン・タランティーノ)

1 2

キーワードから探す

TOP↑