スーザン・サランドン映画一覧

スーザン・サランドンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「オーバードライヴ」のネタバレあらすじ結末

オーバードライヴの紹介:2013年アメリカ映画。衝撃の実話をもとに製作された映画。ジョン・マシューズは息子ジェイソンが麻薬密売容疑で逮捕されたことを聞かされ愕然とします。弁護士からは実刑で懲役10年にはなると言われなんとか助ける手段を探すことに。そしてたどり着いたその先で待っていたものは。
監督:リック・ローマン・ウォー 出演:ドウェイン・ジョンソン(ジョン・マシューズ)、バリー・ペッパー(クーパー)、ジョン・バーンサル(ダニエル・ジェームズ)、マイケル・K・ウィリアムズ(マリクマリーク)、メリーナ・カナカレデス(シルヴィー)、ナディーン・ヴェラスケス(アナリッサ)、ラフィ・ガヴロン(ジェイソン)、デヴィッド・ハーバー(ジェイ)、ベンジャミン・ブラット(エル・トポ)、スーザン・サランドン(ジョアン・キーガン)、ほか

「グッドナイト・ムーン」のネタバレあらすじ結末

グッドナイト・ムーンの紹介:1998年アメリカ映画。年上の恋人ルークと結婚することになったイザベル。ルークの二人の子供達と前妻ジャッキーに受けいられようと継母としての奮闘の日々が始まる。新しい家族の絆が育まれていく過程を感動的に描いたヒューマンドラマです。ジュリア・ロバーツとスーザン・サランドン、対照的な母親像を演じた二大女優の好演が光ります。
監督:クリス・コロンバス 出演者:ジュリア・ロバーツ(イザベル・ケリー)、スーザン・サランドン(ジャッキー・ハリソン)、 エド・ハリス(ルーク・ハリソン)、 ジェナ・マローン(アンナ・ハリソン)、リアム・エイケン(ベン・ハリソン)、ほか

「アバウト・レイ 16歳の決断」のネタバレあらすじ結末

アバウト・レイ 16歳の決断の紹介:2015年アメリカ映画。10年前までは世の中の片隅で隠れるように暮らしていたLGBTQと呼ばれる同性愛者など従来の性別、性的関係に当てはまらない人たち、ここ数年はアメリカでは、その権利は拡大しています。しかし、まだまだ古い世代を中心に偏見が残っています。この『アバウト・レイ 16歳の決断』はニューヨークに暮らす少女が少年になる事を決意、彼の家族の悩みと葛藤を描いた映画です。
監督:ギャビー・デラル 出演:ナオミ・ワッツ(マギー)、エル・ファニング(レイ)、スーザン・サランドン(ドリー)、テイト・ドノヴァン(クレイグ)、リンダ・エモンド(フラニー)、サム・トラメル(マシュー)、ほか

「エリザベスタウン」のネタバレあらすじ結末

エリザベスタウンの紹介:2005年アメリカ映画。若くして仕事も恋愛も順調だったドリューが、仕事での大失敗を経験し、人生のドン底まで突き落とされます。全てを失った青年が、田舎町での人々と触れ合ううちに、少しずつ希望を見出していくヒューマンドラマです。監督は、「あの頃ペニー・レインと」や「幸せへのキセキ」などで知られるキャメロン・クロウ。心温まるヒューマンドラマの演出には定評があります。出演者の中で一際光っているのは、主人公ドリューの母親役を演じたスーザン・サランドン。愛する夫を亡くし、結婚を反対した夫の故郷で親戚一同が見守る中、堂々としたスピーチで皆の心を鷲掴みにするシーンは、さすが名女優と唸らされます。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:オーランド・ブルーム(ドリュー)、キルスティン・ダンスト(クレア)、スーザン・サランドン(ホリー)

「アトランティック・シティ」のネタバレあらすじ結末

アトランティック・シティの紹介:1980年フランス,カナダ映画。名匠・ルイ・マルが特別な資金の提供を受けて製作したフランスとカナダの合作映画。登場人物の性格が極めて巧みに描かれ、マルの作品の中でも完成度の高い1本となっている。主演のバート・ランカスター、スーザン・サランドンも好演を見せ、共にアカデミー主演賞候補に選ばれている。
監督:ルイ・マル 出演:バート・ランカスター(ルー)、スーザン・サランドン(サリー)、ロバート・ジョイ(デイヴ)、ケイト・レイド(グレース)、ほか

「若草物語」のネタバレあらすじ結末

若草物語の紹介:1994年アメリカ映画。南北戦争を背景に、4姉妹の絆と成長を描いた少女文学の名作が、忠実かつ情感豊かに仕上げられた作品です。次女ジョーを演じるウィノナ・ライダーが、女流作家を志す強い意思を持つ役柄を好演しています。四女エイミーには当時子役として頭角を現していたキルスティン・ダンスト、ジョーに心を寄せる隣家の青年ローリー役を、「バットマン」シリーズなどで知られるクリスチャン・ベールが演じています。更に、4姉妹を愛情深く支える母親役に大女優のスーザン・サランドンが起用されるなど、超豪華キャストの競演が魅力です。アカデミー賞にもノミネートされたほどの、慎ましくも洗練された衣装デザインも見所の1つです。
監督:ジリアン・アームストロング 出演者:ウィノナ・ライダー(ジョー)、クリスチャン・ベール(ローリー)、スーザン・サランドン(母)、ほか

「ロレンツォのオイル 命の詩」のネタバレあらすじ結末

ロレンツォのオイル/命の詩の紹介:1992年アメリカ映画。実話に基づいて製作された本作品は、医師が匙を投げるほどの難病にかかった息子を助けるために、医学の素人でありながらその病気の治療法を探し出した夫妻の命の物語。公開された当初から話題となり、多くの批評家に支持された。実在したロレンツォ・オドーネはその後も生き続け、30歳でこの世を去ったが、両親が発見した「ロレンツォのオイル」は現在でも有効な手段として国際的な調査が行われている。
監督:ジョージ・ミラー 出演:ニック・ノルティ(オーギュスト・オドーネ)、スーザン・サランドン(ミケーラ・オドーネ)、ザック・オマリー・グリーンバーグ(ロレンツォ・オドーネ)、ピーター・ユスティノフ(ガス・ニコライス)、キャスリーン・ウィルホイト(デアドラ・マーフィ) ほか

「スピード・レーサー」のネタバレあらすじ結末

スピード・レーサーの紹介:2008年アメリカ映画。この作品『Speed Racer』は、日本のタツノコプロが制作した人気テレビアニメ『マッハGoGoGo』(1967年)を原作とした実写映画です。原作アニメも世界各国で放映され大人気となりました。近未来のスポーツカーレースをテーマにしたもので、日本の原作アニメの主題歌や効果音と同じものを使用しつつ、「人類が目撃する可視速度の限界―いま、彼の走りが世界を変える!」というキャッチの通り、その映像はスピード感溢れる、実写とCGアニメを融合した斬新な映像美ドラマとなっています。
監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー 出演:エミール・ハーシュ(スピード・レーサー)、クリスティナ・リッチ(トリクシー)、マシュー・フォックス(レーサーX)、スーザン・サランドン(スピードの母)、ジョン・グッドマン(スピードの父)、真田広之(ミスター・ムシャ)、ほか

「アルフィー」のネタバレあらすじ結末

アルフィーの紹介:2004年アメリカ映画。「アルフィー」はマイケル・ケイン主演で昔作られた映画のリメイク作品です。今回はジュード・ロー主演で、プレイボーイの成れの果てを描いています。主人公は見事な容姿を武器にさまざまな女性と遊び歩きます。結婚は墓場だと考えていて、良い女とワインがあればそれで満足であると考えています。しかしやがてそのツケは自分に回ってきます。結局はひとりぼっちになってしまう主人公を通して、「人生とは一体何なのか?」を考える作品です。
監督:チャールズ・シャイア 出演者:ジュード・ロウ(アルフィー)、マリサ・トメイ(ジュリー)、オマー・エップス(マーロン)、ニア・ロング(ロネット)、ジェーン・クラコウスキー(ドリー)、スーザン・サランドン(リズ)、ほか

「マダム・メドラー」のネタバレあらすじ結末

マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まりの紹介:2015年アメリカ映画。「エンド・オブ・ザ・ワールド」(2013)で、人類滅亡寸前の恋愛を優しくユーモラスに描いたローリーン・スカフェリア監督。今作では、母と娘の心のすれ違いを温かな笑いで包み込む。脚本家として活躍するロリの住むロサンゼルスに、母親のマーニーが引っ越してくる。仕事や恋人など生活の全てに干渉してくる母親に、ついにロリの堪忍袋の緒が切れてしまう。
監督:ローリーン・スカファリア 出演者:スーザン・サランドン(マーニー)、ローズ・バーン(ロリ)、J・K・シモンズ(ジッパー)、ジェイソン・リッター(ジェイコブ)、セシリー・ストロング(ジリアン)、ジェロッド・カーマイケル(フレディ)、マイケル・マッキーン(マーク)ほか

「俺のムスコ」のネタバレあらすじ結末

俺のムスコの紹介:2012年アメリカ映画。アダム・サンドラー製作・主演のハートフルコメディです。中学生の時に女教師と関係を持ち、若くして一児の父になった男。落ちぶれて税金の滞納で苦しんでいるとき、生き別れた息子が成功を収めていると知り…。
監督:ショーン・アンダース 出演者:アダム・サンドラー(ドニー)、アンディ・サムバーグ(ハン・ソロ/トッド)、レイトン・ミースター(ジェレミー)、マイロ・ヴィンティミリア(チャド)、スーザン・サランドン(メアリー)ほか

「ラスト・スキャンダル」のネタバレあらすじ結末

ラスト・スキャンダル(あるハリウッドスターの禁じられた情事)の紹介:2013年アメリカ映画。1930年代のハリウッドのアクションスターであり、スキャンダルに事欠かないエロール・フリン。スターとしての全盛期を過ぎた彼は、10代の若手女優ビヴァリー・アードランドと関係を持ちます。娘をスターとして売り出したい母親フローレンスは、2人の関係を黙認してしまいます。このスキャンダラスな実話を、K・クライン、D・ファニング、S・サランドンら豪華キャストが演じています。
監督:リチャード・グラツァー ワッシュ・ウェストモアランド 出演者:ケヴィン・クライン(エロール・フリン)、ダコタ・ファニング(ビヴァリー・アードランド)、スーザン・サランドン(フローレンス・アードランド)、パトリック・セント・エスプリト(ハーブ・アードランド)、マット・ケイン(ロニー・シェドロ)ほか

「ラブリーボーン」のネタバレあらすじ結末

ラブリーボーンの紹介:2009年アメリカ,イギリス,ニュージーランド映画。わずか14歳で殺害された少女が語り手となり、遺された家族を見守るファンタジー&ヒューマン・ドラマ。ある冬の日、スージーは近所に住む男に殺害されてしまう。犯人探しに躍起になる父、精神的に追い詰められていく母。傷ついていく家族を前に、スージーはただ見守ることしか出来ないのか。原作はアリス・シーボルドの小説『ラブリー・ボーン』。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:シアーシャ・ローナン(スージー・サーモン)、マーク・ウォルバーグ(ジャック・サーモン)、レイチェル・ワイズ(アビゲイル・サーモン)、スーザン・サランドン(リン)、スタンリー・トゥッチ(ミスター・ハーヴィ)ほか

「バンガー・シスターズ」のネタバレあらすじ結末

バンガー・シスターズの紹介:2002年アメリカ映画。スーザン・サランドン、ゴールディ・ホーン、ジェフリー・ラッシュという、3大アカデミー賞俳優の豪華共演が話題を呼んだ、大人のためのコメディ。60~70年代、伝説のロック・スター達のグルーピーとして名を馳せた2人組“バンガ―・シスターズ”。20年後、1人は今も思い出にしがみつき、もう1人は過去を封印し上流社会に生きていた。ひょんなことから再会を果たした、2人の友情が行き着く先は…。
監督:ボブ・ドルマン 出演者:ゴールディ・ホーン(スゼット)、スーザン・サランドン(ラヴィーン)、ジェフリー・ラッシュ(ハリー)、エリカ・クリステンセン(ハンナ)、ロビン・トーマス(レイモンド)、エヴァ・アミューリ(ジンジャー)ほか

「デッドマン・ウォーキング」のネタバレあらすじ結末

デッドマン・ウォーキングの紹介:1995年アメリカ映画。アカデミー賞俳優ティム・ロビンスが監督・脚本を担当。当時彼の私生活でのパートナーだったスーザン・サランドンが主演し、アカデミー主演女優賞を受賞した。ショーン・ペンにとっても代表作のひとつ。
監督:ティム・ロビンス・出演:スーザン・サランドン(シスター・ヘレン・プレイジョーン)、ショーン・ペン(マシュー・ポンスレット)、ロバート・プロスキー(ヒルトン・バーバー)、レイモンド・J・バリー(アール・デラクロア)、ほか

1 2
TOP↑