スウェーデン映画一覧

「メランコリア」のネタバレあらすじ結末

メランコリアの紹介:2011年デンマーク,スウェーデン,フランス,ドイツ映画。鬱病の女性ジャスティンの結婚披露宴を姉の家でとり行うものの、ジャスティンの奇行によりすべてが台無しになり、一人になったジャスティンを引き取ることになったクレア一家ですが、惑星メランコリアが地球に大接近し、ジャスティンとメランコリアの間で揺れる一家を描いた話です。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演:キルスティン・ダンスト(ジャスティン)、 シャルロット・ゲンズブール(クレア)、アレクサンダー・スカルスガルド(マイケル)、ブラディ・コーベット(ティム)、キャメロン・スパー(レオ)、シャーロット・ランプリング(ギャビー)、イェスパー・クリステンセン(リトル・ファーザー)、ジョン・ハート(デクスター)、ステラン・スカルスガルド(ジャック)、キーファー・サザーランド(ジョン)ほか

「キラー・インサイド・ミー」のネタバレあらすじ結末

キラー・インサイド・ミーの紹介:2010年アメリカ,スウェーデン,イギリス,カナダ映画。温厚で評判の良い保安官助手がある出来事をきっかけにうちに秘めた凶暴性を目覚めさせ、次々と凶悪な犯罪に手を染めていくクライム・サスペンス。
監督:マイケル・ウィンターボトム キャスト:ケイシー・アフレック(ルー・フォード保安官助手)、ケイト・ハドソン(エイミー・スタントン)、ジェシカ・アルバ(ジョイス・レイクランド)、ネッド・ビーティ(チェスター・コンウェイ建築会社社長)、イライアス・コティーズ(ジョー・ロスマン建築業評議会会長)、ほか

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」のネタバレあらすじ結末

ザ・スクエア 思いやりの聖域の紹介:2017年スウェーデン,ドイツ,フランス,デンマーク映画。第70回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したスウェーデン発の風刺ドラマです。ストックホルムの美術館を舞台に、人生の成功を収めたはずのキュレーターの男を取り巻く人間模様を毒とユーモアを交えて描きます。
監督:リューベン・オストルンド 出演者:クレス・バング(クリスティアン)、エリザベス・モス(アン)、ドミニク・ウェスト(ジュリアン)、テリー・ノタリー(オレグ)、クリストファー・レッソ(マイケル)ほか

「神の手 血塗られた儀式」のネタバレあらすじ結末

神の手 血塗られた儀式の紹介:2016年スウェーデン映画。妻子とうまくいかず、父親失格のレッテルを貼られた警察官が、謎のカルト教団かからんだ連続殺人事件の捜査に乗り出す。事件の鍵を握るのは、幼い頃に父親をカルト教団に誘拐されたという1人の女性だった…。「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女」(2009年)が火付け役となり、日本でも人気が定着した北欧ミステリー映画。今作は、残酷な猟奇殺人事件をテーマとしながらも、VFXを駆使することでファンタジックなエンターテインメント・ホラーに仕上がっている。
監督:ラスムス・ティルジティス 出演者:ヨ―ラン・シェーグレン(ヨ―ラン)、アレクサンドラ・ツェッテルベリ(ガブリエラ)、ヨハナ・イドハ(シリ)、クリスティアン・キネル(ノードストレム)、マルガレッタ・ストランド(イヴォンネ)、アレクサンドラ・アレグレン(レベッカ)ほか

「ニルスのふしぎな旅(実写版・後編)」のネタバレあらすじ結末

ニルスのふしぎな旅 後編の紹介:2011年ドイツ, スウェーデン映画。スウェーデンの作家であるセルマ・ラーゲルレーヴが執筆した児童文学を実写映画化したものの後編。後編ではキツネに仲間を殺されて復讐を誓います。ニルスは無事元の世界に戻れるのでしょうか。
監督:ディルク・リゲル 出演:ユストゥス・カメラー(ニルス・ホルガション)、パウリーネ・ルヌヴィエ(オーサ・ベルグレン)、セシリア・ユング(セルマ・ラーゲルレーヴ )、ハンス・ツィシュラー(コボル)、ほか

「ニルスのふしぎな旅(実写版・前編)」のネタバレあらすじ結末

ニルスのふしぎな旅 前編の紹介:2011年ドイツ, スウェーデン映画。スウェーデンの作家であるセルマ・ラーゲルレーヴが執筆した児童文学を実写映画化したものの前編。少年ニルスはある日、妖精のトムテに出会う。トムテに自分のいたずらの後始末をさせようとしたニルスは、魔法をかけられ体が小さくなってしまう。
監督:ディルク・リゲル 出演:ユストゥス・カメラー(ニルス・ホルガション)、パウリーネ・ルヌヴィエ(オーサ・ベルグレン)、セシリア・ユング(セルマ・ラーゲルレーヴ )、ハンス・ツィシュラー(コボル)、ほか

「私が殺したリー・モーガン」のネタバレあらすじ結末

私が殺したリー・モーガンの紹介:2016年スウェーデン,アメリカ映画。別題:私がモーガンと呼んだ男。若くして頭角を表したジャズミュージシャン、リー・モーガンと、13歳で子供を出産した農村出身の女性。異なる経歴の2人が大都市ニューヨークで出会い、恋に落ちます。しかし、この2人の関係は悲劇的な結末を迎えます。『私が殺したリー・モーガン』はジャズ史に残る、リー・モーガンの栄光と悲劇を元内縁の妻の録音されたインタビューをもとに回想していくドキュメンタリー映画です。
監督:カスパー・コリン 出演:リー・モーガン(ジャズ音楽家)、ヘレン・モーガン(モーガンの内縁の妻)、ジュディス・ジョンソン(モーガンの愛人)、ラリー・トーマス(歴史教師)、ほか

「なまいきチョルベンと水夫さん」のネタバレあらすじ結末

なまいきチョルベンと水夫さんの紹介:1964年スウェーデン映画。別題「わたしたちの島で わんぱくアザラシのモーセ」。スウェーデンのとある島に住むチョルベンさんはいつも犬の水夫さんと一緒。ある日そこにアザラシの子供がやって来て子供たちは大騒ぎ。
監督:オッレ・ヘルボム 出演:マリア・ヨハンソン(チョルベン)、クリスティーナ・イェムトマルク(スティーナ)、ステフェン・リンドホルム(ペッレ)、トシュテン・リリエクローナ(メルケル)、ルイーズ・エドリンド(マーリン)、ベンクト・エクルンド(ニッセ)、ほか

「バルタザールどこへ行く」のネタバレあらすじ結末

バルタザールどこへ行くの紹介:1964年フランス,スウェーデン映画。一匹のロバ“バルタザール”の生涯と、バルタザールを拾った農家の男や教師の娘、不良男らなどの周りを取り巻く人間模様を通じて、人間の本能と罪悪を追求したヒューマンドラマです。
監督:ロベール・ブレッソン 出演者:アンヌ・ヴィアゼムスキー(マリー)、ヴァルテル・グレェン(ジャック)、フランソワ・ラファルジュ(ジェラール)、フィリップ・アスラン(マリーの父)、ナタリー・ジョワィヨー(マリーの母)ほか

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)の紹介:2014年ハンガリー,ドイツ,スウェーデン映画。人間のエゴによって翻弄される犬たちが引き起こした人間への反乱劇を描いたドラマ。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞、また犬たちには「パルム・ドッグ賞」が授与されました。
監督:コルネル・ムンドルッツォ 出演:ジョーフィア・プソッタ(リリ)、シャンドール・ジョーテール(ダニエル)、ラースロー・ガールフィ(音楽教師)、リリ・ホルヴァート(エルザ)、ほか

「リピーテッド」のネタバレあらすじ結末

リピーテッドの紹介:2014年アメリカ,イギリス,フランス,スウェーデン映画。S・J・ワトソンの小説「わたしが眠りにつく前に」を原作とするミステリースリラー映画です。ある事故がきっかけで1日しか記憶を保てない女性が、自らの過去を探っているうちに衝撃の事実に遭遇します。
監督:ローワン・ジョフィ 出演者:ニコール・キッドマン(クリスティーン)、コリン・ファース(ベン)、マーク・ストロング(ナッシュ)、アンヌ=マリー・ダフ(クレア)、ディーン=チャールズ・チャップマン(アダム)ほか

「おやすみなさいを言いたくて」のネタバレあらすじ結末

おやすみなさいを言いたくての紹介:2013年ノルウェー,アイルランド,スウェーデン映画。危険な紛争地域で取材を続ける報道写真家の女性が、夫や娘たちとの愛を大切に思う気持ちと、抑えきれない強い正義感からくる使命との間で葛藤する姿を描く。
監督:エリック・ポッペ 出演:ジュリエット・ビノシュ(レベッカ)、ニコライ・コスター=ワルドー(マーカス)、ローリン・キャニー(ステフ)、アドリアンナ・クラマー・カーティス(リサ)、マリア・ドイル・ケネディ(テレサ)、ラリー・マレン・Jr(トム)、ほか

「スイス・アーミー・マン」のネタバレあらすじ結末

スイス・アーミー・マンの紹介:2016年スウェーデン,アメリカ映画。無人島にたったひとりで遭難した青年・ハンクが、自ら命を絶とうとしたときに見つけたのは、流れ着いた死体でした。その死体からはガスが出ており、ハンクはその浮力を利用して島から脱出し、生き残るためにその死体を駆使して救助を待ちますが、その死体と意外な関係が築かれていきます。
監督:ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン 出演:ポール・ダノ(ハンク)、ダニエル・ラドクリフ(メニー)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(サラ)、ほか

「ヒプノティスト-催眠-」のネタバレあらすじ結末

ヒプノティスト-催眠-の紹介:2012年スウェーデン映画。一家惨殺事件を究明するために国際警察のヨーナは生存者で昏睡状態のヨセフから事情を聴きだすために、催眠療法の権威であるエリックに催眠を依頼するが彼には催眠療法ができなくなった過去があり・・・という話です。2012年のスウェーデン映画でアカデミー賞にも出品された作品です。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演者:トビアス・ジリアクス(ヨーナ・リンナ)、 ミカエル・パーシュブラント(エリック・マリア・バルク)、 レナ・オリン(シモーヌ・バルク)、ヘレーナ・アフ・サンデバリ(ダニエラ)、ヨナタン・ボークマン(ヨセフ)、オスカル・ペッタソン(ベンジャミン )ほか

「100,000年後の安全」のネタバレあらすじ結末

100,000年後の安全の紹介:2009年デンマーク,フィンランド,スウェーデン,イタリア映画。建設中であるフィンランドの核廃棄物の処理施設であるオンカロを巡って語られる処理施設の実情が赤裸々に綴られるドキュメンタリー映画です。核処理について未だに完璧な答えが出てないことを改めて痛感させられます。監督:ミカエル・マドセン

1 2 3 4 5 6

キーワードから探す

TOP↑