スウェーデン映画一覧

スウェーデン映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめスウェーデン映画から、最新映画まで様々なジャンルのスウェーデン映画を紹介しています。

「ゾンビの中心で、愛をさけぶ」のネタバレあらすじ結末

ゾンビの中心で、愛をさけぶの紹介:2018年デンマーク,スウェーデン映画。ゾンビがはびこる北欧のとある国を舞台に、倦怠期で離婚間近の夫婦がまさかのサバイバル生活を余儀なくされ、その最中に愛を取り戻していく過程を描いた異色のホラー・コメディ作品です。監督・脚本・音楽・編集・製作総指揮を手掛けたのは、前作『LFO』がブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で優秀作品賞を受賞したスウェーデンの新鋭アントニオ・トゥーブレンです。
監督:アントニオ・トゥーブレン 出演者:ゾーイ・タッパー(カレン)、エド・スペリーアス(ジョン)、アントニア・キャンベル=ヒューズ(エミリー)、ヤン・ベイヴート(レオ)、ルーカス・ラフラン(マーティン)ほか

「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」のネタバレあらすじ結末

ブリット=マリーの幸せなひとりだちの紹介:2019年スウェーデン映画。スウェーデンに住むブリット=マリーは63歳の専業主婦。結婚して40年、家事一筋で生きてきた彼女だったがいつしか笑顔を忘れていた。ある日、夫が浮気をしていることがわかり、スーツケースひとつで自分の人生を探す旅に出る。やっとのことで見つけた仕事は、小さな町のユースセンター。いつの間にか子供たちの弱小サッカーチームのコーチを任されることに。四苦八苦しながらも個性豊かな住民たちに助けられ少しずつ笑顔を取り戻していく。北欧らしい街並みやインテリアなど見どころも満載。本国スウェーデンでは初上映1位の大ヒット作。
監督:ツヴァ・ノヴォトニー 出演:ペルニラ・アウグスト(ブリット=マリー)、ペーター・ハーバー(ケント)、アンデシュ・モッスリング(スヴェン)、マーリン・レヴァノン(バンク)、ステラ・オヨコ・ベングソン(ヴェガ)、ランス・ヌベ(サミ)、オッレ・サッリ(フレドリック)、ヴェラ・ヴィタリ(アンナ)、マフムト・スヴァッチ(メモ)ほか

「誰がハマーショルドを殺したか」のネタバレあらすじ結末

誰がハマーショルドを殺したかの紹介:2019年デンマーク,ノルウェー,スウェーデン,ベルギー映画。ダグ・ハマーショルド(1905年-1961年)はスウェーデン出身の外交官で、1953年に国連事務総長に就任。アメリカとソビエト連邦が対立する世界において世界平和に尽力。1961年にハマーショルドはコンゴでの紛争解決のためアフリカへ向かいます。しかし、彼の飛行機は墜落し、彼は帰らぬ人となります。事故による墜落か暗殺か?真相不明の事件も、時間の経過とともに敵対勢力による撃墜の証拠が出てきます。『誰がハマーショルドを殺したか』は、デンマーク出身のジャーナリストのマッツ・ブリュガーが、「ハマーショルドの飛行機は撃墜された?」という事件の謎を解明するドキュメンタリー映画です。
監督:マッツ・ブリュガー 出演:マッツ・ブリュガー(ジャーナリスト)、ヨーラン・ビョークダール(調査員)、ほか 

「レニングラードカウボーイズゴーアメリカ」のネタバレあらすじ結末

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカの紹介:1989年フィンランド,スウェーデン映画。売れないバンドが強欲なマネージャーと共にアメリカ横断の旅に出るコメディロードムービー。全員鋭く長いリーゼントとブーツ、旧ソ連の軍服とサングラスで固めた民族音楽バンド「レニングラード・カウボーイズ」は、故郷で全く評価して貰えなかった。彼らを売り込むため、マネージャーのウラジミールはメキシコへ向かうことにする。そして民族音楽ではなく、流行りのロックン・ロールを演奏するよう指示するのだった。
監督:アキ・カウリスマキ 出演者:マッティ・ペロンパー(ウラジミール)、ザ・レニングラード・カウボーイズ(レニングラード・カウボーイズ)、カリ・ヴァーナネン(イゴール)、サカリ・クオスマネン(レニングラード・カウボーイズの1人)ほか

「コントラクト・キラー」のネタバレあらすじ結末

コントラクト・キラーの紹介:1990年フィンランド,スウェーデン映画。自殺に失敗した男が、自分を殺して貰うために雇った殺し屋から逃げ回るサスペンス喜劇。15年勤めた水道局からあっさり解雇されたアンリは、失意の底で自殺を図った。しかしどうしても死にきれなかったため、殺し屋を雇って殺して貰うことにする。ところが依頼した翌日、美しい花売り女マーガレットと恋に落ちたアンリは死ぬのが嫌になってしまった。アンリは自分が雇った殺し屋から逃れるため、必死の逃走劇を見せる。
監督:アキ・カウリスマキ 出演者:ジャン=ピエール・レオ(アンリ・ブーランジェ)、マージ・クラーク(マーガレット)、ジョー・ストラマー(歌手)、セルジュ・レジアニ(ヴィック)、ケネス・コリー(殺し屋)ほか

「跪く女」のネタバレあらすじ結末

跪く女(ひざまずくおんな)の紹介:2013年スウェーデン映画。スウェーデンを舞台に、訳ありな学校教師同士の同棲カップルの激しく欲望に満ちた愛を、同僚の女性教師との関係も交えて描いたラブストーリーです。
監督:マニ・モータセット 出演者:グスタフ・スカルガルド(クリステル)、アンナ・オーストレム(イダ・カールソン)、レベッカ・ファーガソン(リンダ)、ステン・リュングレン(マクラーレン)、ケビン・バズ(少年)ほか

「ハウス・ジャック・ビルト」のネタバレあらすじ結末

ハウス・ジャック・ビルトの紹介:2018年デンマーク,フランス,スウェーデン映画。建築家を目指す男ジャックは初めて会った女性を殺してしまい、それから殺人を繰り返す様になっていく。殺害した死体は全てアート作品の様に冷凍し保管するジャックは同時に自分の家を建てていく。殺人を繰り返す連続殺人鬼の12年間を5つのエピソードで描く。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演:マット・ディロン(ジャック)、ブルーノ・ガンツ(ヴァージ)、ユマ・サーマン(女性1)、ライリー・キーオ(女性4)ほか

「ビッチ・ホリデイ」のネタバレあらすじ結末

ビッチ・ホリデイの紹介:2018年デンマーク,オランダ,スウェーデン映画。ギャングファミリーのボス・マイケルと愛人サーシャは、ファミリーとともにリゾート地でバカンスを過ごす。贅沢なヴィラに豪華なパーティ。サーシャには高価なプレゼントまで用意されたが、セレブレティな日々と引き換えに、マイケルから身体を弄ばれ、まるでモノのような扱いを受けている。拝金主義と暴力に支配されても人が羨むような贅沢な生活はやめられない。そこへふとしたきっかけで知り合った好青年トーマス。サーシャは次第に好意を抱くようになりマイケルとの関係に変化が出てくる。脚本家ヨハネス・オルグレンの実体験をもとにした物語。性と暴力に支配された拝金主義的な女性の行く末を描く。2018年サンダンス映画祭審査員大賞ドラマ部門にノミネートを果たした。
監督:イザベラ・エクロフ 出演:ヴィクトリア・カルメン・ソンネ(サーシャ)、ライ・イェダ(マイケル)、タイス・ローマー(トーマス)、ほか

「天才作家の妻 40年目の真実」のネタバレあらすじ結末

天才作家の妻 40年目の真実の紹介:2019年スウェーデン,アメリカ,イギリス映画。世界中の作家の憧れのノーベル文学賞、アメリカ人作家が受賞します。大喜びの作家に対し、なぜか妻は複雑な表情です。ストックホルムでの授賞式、作品に不審を感じたジャーナリストが作品の執筆過程の秘密を暴き夫婦仲に危機が訪れます。世界中が注目する中で夫婦の結末はどうなるのでしょうか?『天才作家の妻 40年目の真実』はグレン・クローズが献身的な妻を熱演、夫婦仲、女性差別などについて考えさせられる映画です。
監督:ビョルン・ルンゲ 出演:グレン・クローズ(ジョーン・キャッスルマン)、ジョナサン・プライス(ジョゼフ・キャッスルマン)、クリスチャン・スレイター(ナサニエル・ボーン)、マックス・アイアンズ(デビッド・キャッスルマン)、ハリー・ロイド(若い頃のジョゼフ・キャッスルマン)、アニー・スターク(若い頃のジョーン・キャッスルマン)、アリックス・ウィルトン・リーガン(スザンナ・キャッスルマン)、

「チャイルドコール 呼声」のネタバレあらすじ結末

チャイルドコール 呼声の紹介:2011年ノルウェー,ドイツ,スウェーデン映画。幼い息子を守るため奔走し、現実と妄想の区別がつかなくなっていく母親を描いたサスペンス・ホラー。元夫の暴力から逃げたアナは、息子アンデシュに対し病的なほど過保護になっていた。1人で寝起きさせることも不安なアナは、チャイルドコールを購入してアンデシュの部屋に置く。するとある夜、チャイルドコールから男の子の叫び声が聞こえた。慌ててアンデシュの部屋に走るが、声の主は息子ではない。アナは同じアパート内で行われている虐待が、混線によって聞こえたのではないかと考え調べ始めるのだが。
監督:ポール・シュレットアウネ 出演者:ノオミ・ラパス(アナ)、クリストッフェル・ヨーネル(ヘルゲ)、ベトレ・オーベンニル・バリング(アンデシュ)、スティーグ・R・アンダム(オーレ)、マリア・ボック(グレーテ)ほか

「未来を生きる君たちへ」のネタバレあらすじ結末

未来を生きる君たちへの紹介:2010年デンマーク,スウェーデン映画。デンマークとアフリカを舞台に、難民キャンプで活動する気の優しい医師と、学校でいじめに遭い復讐を誓う医師の息子とその友人の姿を通して、世の理不尽さと暴力への復讐、そして赦しを描いたヒューマンドラマです。アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞を受賞しています。
監督:スサンネ・ビア 出演者:ミカエル・パーシュブラント(アントン)、トリーヌ・ディルホム(マリアン)、マルクス・リゴード(エリアス)、ウルリク・トムセン(クラウス)、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン(クリスチャン)、キム・ボドゥニア(ラース)ほか

「いつも心はジャイアント」のネタバレあらすじ結末

いつも心はジャイアントの紹介:2016年スウェーデン,デンマーク映画。頭蓋骨が変形する難病を患う青年リカルド。父の顔を知らず、母とも離れて暮らすリカルドはペタンクという球技に夢中になっています。彼の夢は北欧選手権で優勝して母に優勝トロフィーをプレゼントすること。相棒のローランドとチームを結成し、いざ大会へ臨みますが…。スウェーデン発の感動的なヒューマンドラマです。
監督:ヨハネス・ニホーム 出演者:クリスティアン・アンドレン(リカルド・ボーベリ)、ヨハン・シレーン(ローランド)、アンナ・ビエルケルード(エリザベス)、リンダ・フェイス(リナ)ほか

「ピュア 純潔」のネタバレあらすじ結末

ピュア 純潔の紹介:2010年スウェーデン映画。すさんだ10代を過ごした主人公が、クラシック音楽と出会ったことで立ち直り、コンサートホールでの仕事と指揮者との愛に生きがいを見つける。
監督:リサ・ラングセット 出演:アリシア・ヴィカンダー(カタリナ)、サムエル・フルーレル(アダム)、ジョセフィーヌ・バウアー(ブリジッタ)、マルティン・ヴァルストロム(マチアス)、ヘレン・ソーデクヴィスト・ヘンリクソン、ほか

「テルマ」のネタバレあらすじ結末

テルマの紹介:2017年ノルウェー,フランス,デンマーク,スウェーデン映画。『母の残像』などを手掛けたヨアキム・トリアー監督が贈る、ノルウェー発のスリラー作品です。幼い頃の記憶を封印された少女が成長とともに同性と初めての恋に落ちたことをきっかけに、これまで彼女に秘められていた“恐ろしい力”が明らかになっていく様を描いています。
監督:ヨアキム・トリアー 出演者:エイリ・ハーボー(テルマ)、カヤ・ウィルキンス(アンニャ)、ヘンリク・ラファエルソン(トロン)、エレン・ドリト・ピーターセン(ウンニ)、グレター・エルターヴォーグ(少女時代のテルマ)ほか

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のネタバレあらすじ結末

マイライフ・アズ・ア・ドッグの紹介:1985年スウェーデン映画。母と兄と暮らす泣き虫の少年、イングマル。母が病床に伏したのを機に彼は林間学校に預けられることに。田舎で出会ったサガ、緑色の髪のマンネや叔父たちと充実した日々を送るが、大好きな母と飼い犬シッカンが心配でたまらなかった。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:アントン・グランセリウス(イングマル)、メリンダ・キナマン(サガ)、マンフレド・セルネル、アンキ・リデン、ラルフ・カールソン、ほか

1 2 3 4

キーワードから探す

TOP↑