トム・ハーディ映画一覧

「閉ざされた森」のネタバレあらすじ結末

閉ざされた森の紹介:2003年アメリカ映画。謎、嘘、陰謀が複雑に絡み合うサスペンス&ミステリー。パナマの密林地帯で7人のレンジャー隊員が行方不明になった。捜索ヘリが現場へ向かうと、何故か彼らは仲間同士で殺し合っている。救出された隊員達の食い違う証言。次第に明らかになる巨悪。やがて尋問担当のトムとオズボーンは、ある組織が暗躍していることを知る。
監督:ジョン・マクティアナン 出演者:ジョン・トラヴォルタ(トム・ハーディ)、コニー・ニールセン(ジュリー・オズボーン大尉)、サミュエル・L・ジャクソン(ネイサン・ウエスト軍曹)、ブライアン・ヴァン・ホルト(レイモンド・ダンバー)、ジョヴァンニ・リビシ(リーヴァイ・ケンドル)ほか

「レヴェナント 蘇えりし者」のネタバレあらすじ結末

レヴェナント 蘇えりし者の紹介:2015年アメリカ映画。『レヴェナント 蘇えりし者』は『蘇った亡霊:ある復讐の物語』という小説で描かれているヒューグラスの半生を映画化した作品で、荒野に取り残された一人のハンターの壮絶なサバイバルを描いたドラマ。今作では主演のレオナルドディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受賞し、話題を呼びました。
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 音楽: 坂本 龍一 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ヒュー・グラス)、トム・ハーディ(ジョン・フィッツジェラルド)、ドーナル・グリーソン(ヘンリー隊長)、ほか

「ブラック & ホワイト」のネタバレあらすじ結末

Black & White/ブラック & ホワイトの紹介:2012年アメリカ映画。CIAの有能なエージェントである二人が、ある女性に出会ってから友情にヒビが。恋を得るためにCIAの人脈とハイテクを駆使しながら、事件解決にも挑むスパイアクション映画
監督:マックG 出演:リース・ウィザースプーン(ローレンス・スコット)、クリス・パイン(FDR)、トム・ハーディ(タック)、ティル・シュヴァイガー(カール・ハインリッヒ)、チェルシー・ハンドラー(トリッシュ)、アンジェラ・バセット(コリンズ / CIA上官)、ほか

「ブラックホーク・ダウン」のネタバレあらすじ結末

ブラックホーク・ダウンの紹介:2001年アメリカ映画。1993年10月3日、ソマリアの首都・モガディシュで実際に行われた作戦(作戦名:アイリーン)を描いた戦争映画。実際に戦闘に参加した元隊員達が多く出演した作品でもある。参加した隊員の中にはイラク戦争で命を落とした人物もいる。本作は、ソマリア内戦を描いたノンフィクション小説「ブラックホーク・ダウンアメリカ最強特殊部隊の戦闘記録(マーク・ボウデン著)」を元にして製作されている。
監督:リドリー・スコット 出演者:ジョシュ・ハートネット(エヴァースマン)、ユアン・マクレガー(グライムス)、トム・サイズモア(マクナイト)、サム・シェパード(ギャリソン)、エリック・バナ(フート)、ジェイソン・アイザックス(スティール)、ヒュー・ダンシー(シュミット)、 オーランド・ブルーム(ブラックバーン)ほか

「マリーアントワネット」のネタバレあらすじ結末

マリー・アントワネットの紹介:2006年アメリカ映画。悲劇のフランス王妃マリー・アントワネットの半生を、2001年に発表されたアントニア・フレーザーの著書『Marie Antoinette : The Journey』を基に巨匠フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮、コッポラの娘ソフィア・コッポラが監督と脚本を務めて映画化した歴史ドラマです。主人公マリー・アントワネット役は『スパイダーマン』シリーズのキルスティン・ダンストが扮し、史実よりもマリー・アントワネットを“ひとりの女性”として描くことに重きをおいた作風となりました。
監督:ソフィア・コッポラ 出演者:キルスティン・ダンスト(マリー・アントワネット/マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨハーナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン)、ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世/ルイ・オーギュスト)、リップ・トーン(ジェイソン・シュワルツマン)、ジュディ・デイヴィス(ノアイユ伯爵夫人)、アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)、マリアンヌ・フェイスフル(マリア・テレジア)、ローズ・バーン(ポリニャック伯爵夫人)、モリー・シャノン(ヴィクトワール王女)、シャーリー・ヘンダーソン(ソフィー王女)、ダニー・ヒューストン(ヨーゼフ2世)、スティーヴ・クーガン(メルシー伯爵)、ジェイミー・ドーナン(フェルセン伯爵)、クレメンティーヌ・ポワダッツ(プロヴァンス伯爵夫人)、オーロール・クレマン(シャール公爵夫人)、メアリー・ナイ(ランバル公妃)、トム・ハーディ(ローモン)ほか

「インセプション」のネタバレあらすじ結末

インセプションの紹介:2010年アメリカ映画。夢の中に潜入し人間のアイデアを盗む(エクストラクト)人たちを描いた作品で、これまでの映画にはなかった重厚なストーリーに世界中が絶賛し、インセプションは大ヒットを記録します。人生を取り戻すチャンス「インセプション」という難易度の高いミッションが与えられる。インセプションのラストシーンには多くの議論が起こりました。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ(コブ)、渡辺謙(サイトー)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(アーサー)、マリオン・コティヤール(モル)、エレン・ペイジ(アリアドネ)、トム・ハーディ(イームス)、ディリープ・ラオ(ユスフ)、キリアン・マーフィ(ロバート・フィッシャー)、トム・ベレンジャー(ブラウニング)、マイケル・ケイン(マイルズ)、ピート・ポスルスウェイト(モーリス・フィッシャー)、ルーカス・ハース(ナッシュ)、ほか

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のネタバレあらすじ結末

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師の紹介:2007年アメリカ映画。ロンドンのフリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーは、家族との幸せな日々を過ごしていた。しかし、彼の幸せは、悪徳な判事の策略によって壊されてしまう。
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエンほか

「マッドマックス 怒りのデスロード」のネタバレあらすじ結末

マッドマックス 怒りのデス・ロードの紹介:2015年アメリカ作品。前作『マッドマックス/サンダードーム』以来27年ぶりとなったシリーズ第4作です。マッドマックスシリーズの生みの親であるジョージ・ミラーがメガホンを執り、今作から主人公マックス役が初代メル・ギブソンから2代目トム・ハーディにバトンタッチしています。核戦争で荒廃した近未来を舞台に、辿り着いた土地を仕切る集団に捕らえられたマックスが。集団を裏切った女将軍と共に新たな闘いに突入する姿を描きます。第88回アカデミー賞では10部門にノミネートされ、衣装デザイン賞・美術賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞・編集賞・音響編集賞・録音賞の6部門で受賞する快挙を成し遂げています。
監督:ジョージ・ミラー 出演者:トム・ハーディ(マクシミリアン・“マックス”・ロカタンスキー)、シャーリーズ・セロン(フュリオサ・ジョ・バサ)、ニコラス・ホルト(ニュークス)、ヒュー・キース・バーン(イモータン・ジョー)、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(スプレンディド)、ゾーイ・クラヴィッツ(トースト)、ライリー・キーオ(ケイパブル)、アビー・リー・カーショウ(ダグ)、コートニー・イートン(フラジール)、ネイサン・ジョーンズ(リクタス・エレクタス)ほか

「ダークナイトライジング」のネタバレあらすじ結末

ダークナイト ライジングの紹介:2012年アメリカ映画。DCコミックスが誇るアメコミヒーローの代名詞「バットマン」の劇場版第7作にして、傑作と名高いクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」三部作の最終章となる超大作です。前作「ダークナイト」の衝撃から8年後のゴッサムシティを舞台に、街に君臨しようとする最強の敵ベインを相手に、前作の事件により世間から完全に姿を消していたバットマンが立ち上がります。CGを極力使わずに撮影された壮大な映像美と世界観、そして前作をも遥かに超える衝撃のラストに注目です。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・ブレイク/ロビン)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)、アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル/キャットウーマン)、マリオン・コティヤール(ミランダ・テイト/タリア・アル・グール)、キリアン・マーフィー(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、ベン・メンデルソーン(ジョン・ダゲット)、リーアム・ニーソン(ラーズ・アル・グール)、トム・ハーディ(ベイン)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑