イギリス映画一覧

イギリス映画のネタバレあらすじ一覧です。ハリウッド映画のような派手さはあまりありませんが、質実剛健な作品も多く、ストーリーが凝っていたり映像の美しさなどの特徴があります。日本公開された有名作品から最新映画まで様々なジャンルからオススメのイギリス映画をラインナップしています。

「ピータールー マンチェスターの悲劇」のネタバレあらすじ結末

ピータールー マンチェスターの悲劇の紹介:2018年イギリス映画。1819年にイギリス・マンチェスターで発生した歴史的事件“ピータールーの虐殺”を『ネイキッド』『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』などで知られるイギリス映画界の巨匠マイク・リー監督が映画化した歴史ドラマです。ナポレオンとの戦争が終結したイングランドでは失業者が溢れ、民衆たちの不満が爆発しようとしていました。民主主義を勝ち取ろうとする活動家らは政府への大規模な抗議集会を計画しましたが、政府は武力をもって握り潰そうとしていました・・・。
監督:マイク・リー 出演者:ロリー・キニア(ヘンリー・ハント)、マキシン・ピーク(ネリー)、デヴィッド・ムースト (ジョセフ)、ピアース・クイグリー(ジョシュア)、ティム・マッキナリー(摂政王太子)、ニール・ベル(サミュエル・バムフォード)、フィリップ・ジャクソン(ジョン・ナイト)、レオ・ビル(ジョン・ティアス)ほか

「砂の城」のネタバレあらすじ結末

砂の城の紹介:2017年イギリス映画。砂の城の紹介:学費目当てで入隊したオークルは、想像を超える戦地の過酷さに入隊したことを早々に後悔します。しかし、その過酷さをもっと超えるバクーバでの経験で、オークルに新たな感情が芽生えます。
監督:フェルナンド・コインブラ 出演:ニコラス・ホルト(マット・オークル二等兵)、ローガン・マーシャル=グリーン(ハーパー軍曹)、グレン・パウエル(ディラン・チャツキー軍曹)、ヘンリー・カヴィル(サイバーソン大尉)、ほか

「ロミオとジュリエット」のネタバレあらすじ結末

ロミオとジュリエットの紹介:1968年イギリス,イタリア映画。伝説の劇作家ウィリアム・シェイクスピアの代表作のひとつであり、幾度も映画化されてきた同名戯曲をイギリス・イタリアの合作で製作した1968年版の作品です。オペラ演出なども手掛けるフランコ・ゼフィレッリが監督・脚本を務め、ロミオ役はレナード・ホワイティング、ジュリエット役はオリヴィア・ハッセーが演じています。アカデミー賞では撮影賞と衣装デザイン賞、ゴールデングローブ賞では主演の二人が新人賞を受賞しています。
監督:フランコ・ゼフィレッリ 出演者:レナード・ホワイティング(ロミオ)、オリヴィア・ハッセー(ジュリエット)、マイケル・ヨーク(ティボルト)、ジョン・マケナリー(マキューシオ)、ミロ・オーシャ(ローレンス神父)、パット・ヘイウッド(乳母)、ロバート・スティーヴンス(ヴェローナ公)、ブルース・ロビンソン(ベンヴォーリオ)、ポール・ハードウィック(キャピュレット)、ナターシャ・パリー(キャピュレット夫人)、アントニオ・ピエルフェデリチ(モンタギュー)、エスメラルダ・ルスポーリ(モンタギュー夫人)、ロベルト・ビサッコ(パリス)、キース・スキナー(バルサザー)、ローレンス・オリヴィエ(ナレーション)ほか

「堕天使のパスポート」のネタバレあらすじ結末

堕天使のパスポートの紹介:2002年イギリス映画。社会的弱者が自由を手に入れるため足掻く姿を描いたサスペンス・ドラマ。ロンドンで暮らす不法入国者オクウェは、政治亡命による難民シェナイの部屋に泊めて貰いながら日々を必死に生きていた。ある日、職場のホテルで人間の心臓を発見したオクウェ。ホテルではイギリスのパスポートを手に入れるため、訳ありの人間達が臓器を売っていたのだった。義憤に駆られるオクウェだったが、自由を望むシェナイも腎臓を売ることを決意してしまう。
監督:スティーヴン・フリアー ズ 出演者:オドレイ・トトゥ(シェナイ)、キウェテル・イジョフォー(オクウェ)、セルジ・ロペス(ファン)、ソフィー・オコネドー(ジュリエット)、ベネディクト・ウォン(グォイ)ほか

「ミス・マープル/船上の殺人」のネタバレあらすじ結末

ミス・マープル/船上の殺人の紹介:1964年イギリス映画。アガサ・クリスティー原作の探偵ミス・マープルを登場させた、オリジナル脚本のミステリー作品。マーガレット・ラザフォードが演じる「ミス・マープル」シリーズの第4作目にあたる。青少年更生センター理事会の委員となったミス・マープルは、委員の1人が何者かによって殺害される現場に居合わせた。事件の臭いを嗅ぎ付けた彼女は、怪しいと睨んだ訓練船バトルドア号に単身乗り込んでいく。
監督:ジョージ・ポロック 出演者:マーガレット・ラザフォード(ミス・マープル)、ライオネル・ジェフリーズ(ラムストーン大佐)、チャールズ・ティングウェル(クラドック警部)、ウィリアム・マービン(コニントン中佐)、ストリンガー・デイヴィス(ストリンガー)ほか

「ドリアン・グレイ」のネタバレあらすじ結末

ドリアン・グレイの紹介:2009年イギリス映画。かの有名なオスカー・ワイルドの原作「ドリアン・グレイの肖像」を映画化した作品です。イギリス社交界の光と闇を主人公ドリアン・グレイを中心に描き出します。男も女も魅了する美青年ドリアン・グレイの美しさに注目です。
監督:オリヴァー・パーカー 出演:ベン・バーンズ(ドリアン・グレイ)、コリン・ファース(ヘンリー卿 / ハリー)、ベン・チャップリン(バジル)、レベッカ・ホール(エミリー)、ダグラス・ヘンシュオール(アラン)、レイチェル・ハード=ウッド(シビル)、フィオナ・ショウ(アガサ)、ほか

「スペインは呼んでいる」のネタバレあらすじ結末

スペインは呼んでいるの紹介:2017年イギリス映画。前作『イタリアは呼んでいる』の続編。イギリスで活躍する俳優スティーヴ・クーガンとロブ・ブライドンが、グルメ取材の旅に出る人気シリーズ。今回は舞台をスペインに移し、北はバスク地方から南はアンダルシアまで地中海を目指しレンジローバーで旅をする。世界遺産の街など一度は訪れたい観光名所で知る人ぞ知るレストランやパラドールと呼ばれる古城や修道院を改装したホテルなど五感を楽しませてくれる。アドリブだらけのウィットに富んだ会話にも注目の作品。
監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:スティーヴ・クーガン(本人)、ロブ・ブライドン(本人)、クレア・キーラン(エマ/スティーヴのマネージャー)、マルタ・バリオ(ヨランダ/カメラマン)レベッカ・ジョンソン(サリー/ロブの妻)、マルゴ・スティリー(ミーシャ/スティーヴの恋人)、ティモシー・リーチ(ジョー/スティーヴの息子)ほか

「あの胸にもういちど」のネタバレあらすじ結末

あの胸にもういちどの紹介:1968年イギリス,フランス映画。退屈な夫との刺激のない田舎暮らしに辟易した若妻が、かつて自由と快楽を教えられた男のもとへバイクを走らせる。独特の色使いによる映像とラストシーンが印象的。
監督:ジャック・カーディフ 出演:マリアンヌ・フェイスフル(レベッカ)、アラン・ドロン(ダニエル)、ロジャー・マットン(レイモンド)、マリウス・ゴーリング(レベッカの父親)、カトリーヌ・ジュールダン(カトリーヌ)、ほか

「永遠の門 ゴッホの見た未来」のネタバレあらすじ結末

永遠の門 ゴッホの見た未来の紹介:2018年イギリス,フランス,アメリカ映画。「ひまわり」などの名作で知られるゴッホ(1853年ー1890年)、意外にもその名と名作の多くは生前は知られることがありませんでした。また、その名作の多くは37歳で亡くなる前の数年間で描かれています。彼の生涯はどうすれば素晴らしい絵を描くことができるかという悩みの多い人生でした。『永遠の門 ゴッホの見た未来』はゴッホの死ぬ前の数年間、自然と人間を題材に悩みながら後世に評価されることになった名作を誕生させた日々を描いています。また、自殺と言われる彼の謎の多い死についても新たな解釈で描いています。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:ウィレム・デフォー(フィンセント・ファン・ゴッホ)、ルパート・フレンド(テオ・ファン・ゴッホ)、マッツ・ミケルセン(聖職者)、マチュー・アマルリック(ポール・ガシェ医師)、エマニュエル・セニエ(ジヌー夫人)、オスカー・アイザック(ポール・ゴーギャン)、ほか

「10×10 テン・バイ・テン」のネタバレあらすじ結末

10×10 テン・バイ・テンの紹介:2018年イギリス映画。花屋の店主のキャシーを拉致監禁したルイスは、キャシーから、本人しか知りえない真実を聞き出そうとしますが、暴れるキャシーとその都度もみ合いになり、怪我をしました。ルイスは何を聞き出そうとしているのか、キャシーは何を知っているのか、正しいのはどっちなのか…など先の読めないスリラー作品です。
監督:スージー・ユーイング 出演者:ルーク・エヴァンス(ルイス)、ケリー・ライリー(キャシー/ナタリー)、オリヴィア・チェネリー (アラーナ)、ノーマ・ディクシット(アロンドラ)ほか

「風をつかまえた少年」のネタバレあらすじ結末

風をつかまえた少年の紹介:2019年イギリス,マラウイ映画。世界で最も貧困率が高いと言われるアフリカのマラウイという国で全くの独学で風力発電を開発したと言われるウィリアム・カムクワンバのベストセラー小説から実話を元に作り上げたのが本作です。後にウィリアムはタイム誌の世界を変える30人に選出されました。
監督:キウェテル・イジョフォー 出演:マクスウェル・シンバ(ウィリアム・カムクワンバ)、キウェテル・イジョフォー(トライウェル・カムクワンバ)、アイサ・マイガ(アグネス・カムクワンバ)、リリー・バンダ(アニー・カムクワンバ)、レモハン・ツィパ(マイク・カチグンダ)、フィルベール・ファラケザ(ギルバート・ウィンベ)、ノーマ・ドゥメズウェニ(エディス・スィケロ)、ほか

「ザ・レセプショニスト」のネタバレあらすじ結末

ザ・レセプショニストの紹介:2017年イギリス,台湾映画。ロンドンの違法風俗マッサージ・パーラー。客とアジア出身の女性たち、そして女経営者が家族のような人間関係を装うが、実態はお金とセックス、暴力に縛られた虚構の世界。そこで働く女性たちは移民であるがゆえに危険と隣り合わせの中で生きている。彼女らは祖国のためそして生き延びるために必死で働くが、周囲のイギリス人から向けられた目は冷たい。大学を卒業したばかりの台湾人ティナもロンドンで職にありつけずにそこで受付嬢として働く。自らも移民でロンドン在住のジェニー・ルー監督が、中国人の友人が自らの命を絶ったことがきっかけとなり、クラウドファンディングで資金を集め7年かけ製作。熱海国際映画祭をはじめ、ソチ国際映画祭やアジアン・アメリカン国際映画祭など数々の映画祭で受賞・選出された作品。
監督:ジェニー・ルー 出演:テレサ・デイリー(ティナ)、チェン・シャンチー(ササ)、ジョシュ・ホワイトハウス(フランク)、アマンダ・ファン(メイ)、シュアン・テン(アンナ)、ソフィ・ゴプシル(リリー)、ステファン・プッチ(サム)ほか

「王子と乞食」のネタバレあらすじ結末

王子と乞食の紹介:1977年アメリカ,イギリス映画。泥棒を生業とする青年トムは、ひょんなことから国王の宮殿に侵入してしまう。舞踏会の衣装を検討していた英国エドワード王子は自らの顔と瓜二つのトムと出会い、洋服を交換する。その後エドワード王子が宮殿から追い出されてしまい…。児童文学の映画化作品。
監督:リチャード・フライシャー 出演: オリヴァー・リード(マイリス)、ラクエル・ウェルチ(エディス)、マーク・レスター(トム)、ジョージ・C・スコット(ラフラー)、チャールトン・ヘストン(ヘンリー8世)、デヴィッド・ヘミングス(ヒュー)、ほか

「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ミラー: バンダースナッチの紹介:2018年アメリカ, イギリス映画。視聴者が自らステファンの行動を選択することによって、ストーリーを進めることができる新感覚の映画です。
監督:デヴィッド・スレイド 出演:フィン・ホワイトヘッド(ステファン)、ウィル・ポールター(コリン)、クレイグ・パーキンソン(ステファンの父)、アリス・ロウ(ヘインズ先生)、ほか

「イエスタデイ」のネタバレあらすじ結末

イエスタデイの紹介:2019年イギリス映画。世界中で起きた謎の大停電の後、なぜか人々から昔の一部の記憶が消え、ビートルズを知っているのが自分しかいないという状況に陥った売れないミュージシャンのジャックは、ビートルズの曲を自分の曲として世に出して有名になる。
監督:ダニー・ボイル 出演:ヒメーシュ・パテル(ジャック・マリク)、リリー・ジェームズ(エリー・アップルトン)、ジョエル・フライ(ロッキー)、エド・シーラン(本人役)、ケイト・マッキノン(デブラ・ハマー)、ジェームズ・コーデン(本人役)ほか

1 2 3 4 5 42

キーワードから探す

TOP↑