渡辺謙映画一覧

「北の零年」のネタバレあらすじ結末

北の零年の紹介:2004年日本映画。明治初期の北海道を舞台に、過酷な開拓時代を生き抜いた人々の苦闘の日々を豪華キャストと巨額の製作費を投じて描いたヒューマンドラマです。
監督:行定勲 出演者:吉永小百合(小松原志乃)、渡辺謙(小松原英明/三原英明)、豊川悦司(アシリカ/高津政之)、柳葉敏郎(馬宮伝蔵)、石原さとみ(小松原多恵)ほか

「許されざる者(2013年)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。クリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』(1992年)を日本版にリメイクした作品で、キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」です。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、小池栄子(お梶)、佐藤浩市(大石一蔵)、ほか

「沈まぬ太陽」のネタバレあらすじ結末

沈まぬ太陽の紹介:2009日本映画。山崎豊子の同名ベストセラーを映画化したものです。昭和のある航空会社を舞台に、会社に人生を捧げる男の生き様を組織の腐敗や堕落などを交えて描きます。
監督:若松節朗 出演者:渡辺謙(恩地元)、三浦友和(行天四郎)、松雪泰子(三井美樹)、鈴木京香(恩地りつ子)、石坂浩二(国見正之)、香川照之(八木和夫)、ほか

「陽はまた昇る」のネタバレあらすじ結末

陽はまた昇るの紹介:2002年日本映画。赤字続きに苦しむビデオ事業部の事業部長に任命された開発技師と苦境に立たされた従業員達が一致団結し、家庭用ビデオの開発に奮闘する姿を描いた感動ドラマ。従業員たちの雇用を守るために奮闘する一人の男の熱き想いに胸を打たれる感動作となっています。VHS開発プロジェクトをもとにしており、ビクター、ソニー、松下電器産業などが登場する。
監督佐々部清 出演:西田敏行(加賀谷静男)、緒形直人(江口涼平)、篠原涼子(柏木夏佳)、真野響子(加賀谷圭子)、石橋蓮司(金沢紀之)、倍賞美津子(村上雅恵)、江守徹(寺山彰)、渡辺謙(大久保修)、仲代達矢(松下幸之助)、ほか

「許されざる者(2013渡辺謙)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。第65回アカデミー賞作品賞受賞作品。クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇『許されざる者』(1992年)をリメイクした日本映画。キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。監督・脚本は李相日。この作品で、主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、忽那汐里は新人俳優賞を受賞。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、三浦貴大(堀田卯之助)、佐藤浩市(大石一蔵)、小池栄子(お梶)ほか

「怒り」のネタバレあらすじ結末

怒りの紹介:2016年日本映画。吉田修一原作小説「怒り」の映画化作品。家出して歌舞伎町の風俗で働いていた愛子はある日父親に千葉の家へと連れ戻された。数か月ぶりの地元、そこには見慣れない男がいた。それは地元の人間でさえも素性の知らない男。同時期、東京と沖縄でも素性を明かさない男が現れる。彼らは一体どこから来た何者なのか。鍵を握るのは一つの事件、八王子で起きた夫婦惨殺事件。現場に残る「怒」の文字。1年が経った今もなお犯人は捕まっていなかった。監督は2011年に同じく吉田修一原作小説「悪人」を映画化した李相日。
監督:李相日 出演:渡辺謙(槙洋平)、妻夫木聡(藤田優馬)、綾野剛(大西直人)、森山未來(田中信吾)、松山ケンイチ(田代哲也)、広瀬すず(小宮山泉)、池脇千鶴(明日香)、宮崎あおい(槙愛子)、ほか

「フレフレ少女」のネタバレあらすじ結末

フレフレ少女の紹介:2008年日本映画。ひょんなことから、廃部寸前の応援団の応援団長になってしまったヒロインが、OBや仲間たちの支えにより成長し、応援の素晴らしさや楽しさに目覚め、活躍する姿を描いた青春ストーリー。
監督:渡辺謙作 出演者:新垣結衣(百山桃子)、永山絢斗(山本龍太郎)、柄本時生(遠藤譲二)、斎藤嘉樹(大坪泰平)、染谷将太(田村晃)、ほか

「アース」のネタバレあらすじ結末

アースの紹介:2007年ドイツ,イギリス映画。イギリスのBBCが制作したドキュメンタリー映画。5年の歳月をかけ地球に生息する生物を来たから南まで追いかけ撮影、映画化した。始まりは北極に生息するホッキョクグマ。温暖化に伴い年々数が減っていく彼らは生き延びるため必死に獲物を探している。そのからずっと南に下ると彼らとは違う様々な生き物が暮らしていた。
監督:アラステア・フォザーギル マーク・リンフィールド 出演:ナレーション 渡辺謙(パトリック・スチュワート)

「ラヂオの時間」のネタバレあらすじ結末

ラヂオの時間の紹介:1997年日本映画。普通の主婦・鈴木みやこが書いた脚本が、初めてラジオの生ドラマで放送される。しかし、主演女優のわがままで、舞台が日本からアメリカ、はたまた宇宙にまで元の脚本とはかけ離れてしまう。最後の結末はどうなるのか。しっちゃかめっちゃかのコメディー映画です。
監督:三谷幸喜 出演:唐沢寿明(工藤学)、鈴木京香(鈴木みやこ)、西村雅彦(牛島龍彦)、戸田恵子(千本のっこ)、井上順(広瀬満俊)、細川俊之(浜村錠)、奥貫薫(永井スミ子)、梶原善(大田黒春五郎)、モロ師岡(バッキーさん)、近藤芳正(鈴木四郎)、布施明(堀ノ内修司)、藤村俊二(伊織万作)、並樹史朗(保坂卓)、田口浩正(辰巳真)、梅野泰靖(古川謙十郎)、小野武彦(野田勉)、市川染五郎(斎明寺公彦)、遠藤久美子(一之瀬弥生)、渡辺謙(大貫雷太)、桃井かおり(中浦たか子)他

「硫黄島からの手紙」のネタバレあらすじ結末

硫黄島からの手紙の紹介:2006年アメリカ映画。第二次世界大戦での硫黄島の戦いを日本側からの視点で描いた作品です。アメリカ側の視点で描いた作品に「父親たちの星条旗」という映画があります。監督やスタッフはそのときのメンバーのままで制作されています。硫黄島で死闘を繰り広げた日本軍将兵たちと、祖国に残された家族らの想いが描かれています。ストーリーは彼らが家族へと向けた手紙を基に展開されています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙(栗林忠道)、二宮和也(西郷昇)、加瀬亮(清水洋一)、中村獅童(伊東海軍大尉)、谷田陸軍大尉(坂東工)ほか

「インセプション」のネタバレあらすじ結末

インセプションの紹介:2010年アメリカ映画。夢の中に潜入し人間のアイデアを盗む(エクストラクト)人たちを描いた作品で、これまでの映画にはなかった重厚なストーリーに世界中が絶賛し、インセプションは大ヒットを記録します。人生を取り戻すチャンス「インセプション」という難易度の高いミッションが与えられる。インセプションのラストシーンには多くの議論が起こりました。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ(コブ)、渡辺謙(サイトー)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(アーサー)、マリオン・コティヤール(モル)、エレン・ペイジ(アリアドネ)、トム・ハーディ(イームス)、ディリープ・ラオ(ユスフ)、キリアン・マーフィ(ロバート・フィッシャー)、トム・ベレンジャー(ブラウニング)、マイケル・ケイン(マイルズ)、ピート・ポスルスウェイト(モーリス・フィッシャー)、ルーカス・ハース(ナッシュ)、ほか

「ラストサムライ」のネタバレあらすじ結末

ラスト サムライの紹介:2003年アメリカ作品。明治維新後、政府は急速な西洋化を求め、様々な文化を取り入れようとしていました。しかし、旧武士たちは立場の存続が危ぶまれ、また、古き良き日本の伝統をも破棄されるような気配を感じ、新政府の動きに抵抗を見せます。その混乱のなか、主人公のアメリカ軍人、ネイサン・オールグレンが軍隊育成のために来日し、政府の指示で軍隊を育てます。育成途中の軍を率いて侍達の一掃を命ぜられますが失敗。ネイサンは捕虜の身になります。しかし、そこから村人達とのふれあいを通じ、日本における文化、また武士道を目の当たりにし、次第に考え方が変わり、自ら侍達の味方につき、新政府との最後の戦いに挑みます。
監督:エドワード・ズウィック 出演:トム・クルーズ(ネイサン・オールグレン大尉)、ティモシー・スポール(サイモン・グレアム)、渡辺謙(勝元盛次)、ビリー・コノリー(ゼブロン・ガント軍曹)、トニー・ゴールドウィン(ベンジャミン・バグリー大佐)、真田広之(氏尾)、小雪(たか)、ほか

「トランスフォーマー ロストエイジ」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー ロストエイジの紹介:2014年アメリカ映画。マイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。トランスフォーマーシリーズ前三部作からの続きだが、登場人物をすべて入れ替えて製作した人気アクション映画トランスフォーマーの第4弾です。今作では中国市場を意識し、中国の俳優が多く出演するという特徴があります。
監督:マイケル・ベイ 出演者:マーク・ウォルバーグ、ニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、ケルシー・グラマーほか

「バットマン ビギンズ」のネタバレあらすじ結末

バットマン ビギンズの紹介:2005年アメリカ映画。バットマンの物語を1から作り上げたリブート作品でダークナイト三部作の第1作目。過去のバットマンシリーズと比べると極めて現実的な作風となっています。主にコミックのバットマンイヤーワンを元に作られました。
監督:クリストファー ノーラン 出演者: クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、リーアム・ニーソン(ヘンリー・デュカード)、マイケル・ケイン(アルフレッド)、モーガン・フリーマン(ルシウス・フォックス)、ゲイリー・オールドマン(ゴードン警部補)、渡辺謙(ラーズ・アル・グール)、ケイティ・ホームズ(レイチェル)、キリアン・マーフィ(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、トム・ウィルキンソン(カーマイン)、ルトガー・ハウアー(アール)、ほか

「GODZILLA ゴジラ (2014)」のネタバレあらすじ結末

GODZILLA ゴジラの紹介:2014年アメリカ作品。怪獣“ゴジラ”を、ハリウッドが実力派キャスト陣の豪華共演で映画化したアクション大作。アメリカ軍などが行った度重なる核実験により、地球上の放射能温度が上昇、それにより古代生物が地下から這い上がる状態となる。ゴジラも目覚め、古代生物との戦いが始まる。
監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンスほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑