Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゾンビ映画一覧

ゾンビ映画のネタバレあらすじ一覧です。ゾンビが登場する映画には、コメディタッチのものから、正統派ホラー作品まで様々あります。感染者によるパニック作品も含めて、おすすめのゾンビ映画のネタバレあらすじを紹介しています。

「カジノゾンビ BET OR DEAD」のネタバレあらすじ結末

カジノ・ゾンビ BET OR DEADの紹介:2011年アメリカ映画。爆発事故によって大量発生したゾンビを相手に、生き延びようと闘う人間達を描いたホラー&アクション。世界有数のカジノ・シティであるリノでは、核抹消機の起動実験が行われていた。ところが実験は失敗して大爆発が起こり、爆発の光を浴びた人間は全員ゾンビになってしまった。たまたまゾンビ化を免れた4人の男女はカジノに籠城。果たして彼らは無事死の街から脱出出来るのか。
監督:コリン・ゼイズ 出演者:グラント・バウラー(トム)、エヴァレナ・マリー(トーリー)、タウニー・サイプレス(シンディ)、ミコ・ヒューズ(ジェンセン)、ランス・レディック(ラムジー)ほか

「ハウス・オブ・ザ・デッド2」のネタバレあらすじ結末

ハウス・オブ・ザ・デッド2の紹介:2005年アメリカ映画。原作は同名の人気ガンシューティングゲームを実写化した「ハウスオブザデッド」の続編となっています。世に広がってしまったゾンビ達を駆除するためにアメリカ軍とゾンビ対策組織が立ち向かっていきます。
監督:マイケル・ハースト 出演:エマニュエル・ヴォージエ(ナイチンゲール)、エド・クイン(エリス)、ヴィクトリア・プラット、ビリー・ブラウン、ナディーン・ヴェラスケス、エリー・コーネル、シド・ヘイグ、ダニエル・ブルジオ、マシ・オカ、ほか

「スノーホワイト・デッド」のネタバレあらすじ結末

スノーホワイト・デッドの紹介:2010年アメリカ映画。雪の積もる寒い冬、ゾンビの蔓延する田舎町では、生き残った人間たちは食料不足になっていました。エドとマットの二人は、生き残った人たちに雇われ、人間狩りを行い
人肉を集めていました。二人は人間たちの食料だと思っていましたが・・・という低予算ゾンビ映画です。
監督:ジョーズ・カルロス・コムズ 出演者:ノース・ロバーツ(エド)、マット・プロハスカ(マット)、コリーン・ボーグ(ナタリー)ほか

「モンスター・トーナメント」のネタバレあらすじ結末

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦の紹介:2011年カナダ映画。ホラー映画に出てくるモンスターを8体集結させ、プロレスの試合をやって、モンスター世界一決定戦をやろうという、かなりコメディ要素の強いホラー映画です。ストーリー的なものは無くて、モンスターの紹介と試合風景とアナウンスのみという本当のプロレスの試合の中継を見ているような作品です。
監督:ジェシー・T・クック 出演者:デイブ・フォーリー(バズ・チェンバース)、ロバート・メイレット(フランケンシュタイン)、アート・ヒンドル(サスクワッチ・シド・タッカー)、ハーブ・ディーン(ハーブ・ディーン)、ジミー・ハート(ジミー・ハート)、ケビン・ナッシュ(シャンクス)、ランス・ヘンリクセン(ガット)ほか

「ディストラクションZ」のネタバレあらすじ結末

ディストラクションZの紹介:2017年アメリカ映画。近未来感染症によるゾンビが蔓延した街で、ルークは恋人のベナを探していました。やがてベナに再会したルークでしたが、ベナが感染してしまいました。考え抜いたルークのとった行動は・・・とういう内容のゾンビホラー映画です。
監督:ハミッド・トラブポー 出演者:スティーヴン・ルーク(ルーク)、トニー・トッド(サマーズ)、レイナ・ハイン(ベナ)、アーロン・コートー(マーカス)、ハイディ・フェルナー(ヘイリー)、ジム・ウェストコット(ベーカー)ほか

「ヴァーサスゾンビ 時空を越えた生きる屍」のネタバレあらすじ結末

ヴァーサス・ゾンビ 時空を越えた生きる屍の紹介:2009年ギリシャ映画。ギリシャ発のゾンビ映画です。2500年前に起こったゾンビ拡散が現代にも起こり、アルギリスを中心に生き残ったメンバーとソンビ退治をするという話です。ストーリーはわかりづらく、どちらかといえばスプラッターアクションを楽しむ作品です。
監督:ヨルゴス・ノウシアス 出演者:アンドレアス・コントプーロス(ヴァルキルジス)、アルギリス・タナソウラス(アルギリス)、メレティス・ゲオルギアディス(メレティス)、マリー・ツォニ(ジェニー)ほか

「ヘルドライバー」のネタバレあらすじ結末

ヘルドライバーの紹介:2010年日本映画。宇宙から降ってきた隕石によってキカの母がゾンビ女王となり、日本に一気にゾンビが600万と溢れました。一方母によって心臓を奪われたキカは、人造人間として蘇り、母への復讐を誓いました・・・というコメディタッチのゴアスプラッター映画です。監督は『東京残酷警察』の西村喜廣さんです。
監督:西村喜廣 出演者:原裕美子(キカ)、しいなえいひ(リッカ(キカの母))、石川ゆうや(キカの父)、柳憂怜(タク)、波岡一喜(カイト)、岸健太朗(ヤスシ(リッカの弟))、久住みず希(ナナシ)、宮下ともみ(井出組組長)、鳥肌実(鳩田総理)、ガダルカナル・タカ(大沢法務大臣)ほか

「ソウル・ステーション/パンデミック」のネタバレあらすじ結末

ソウル・ステーション/パンデミックの紹介:2016年韓国映画。世界中の映画祭で絶賛されたゾンビホラー映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」のヨン・サンホ監督による前日譚を描いたアニメ映画。社会派アニメーション作家であるヨン・サンホが描く、同作品のアニメ前日譚も見応えのある作りとなっています。ハラハラドキドキのゾンビホラー映画ですが、社会に押しつぶされ人生に行き詰った人間の内面に切り込んでいます。ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭でシルバークロウ賞、アジア太平洋映画賞で最優秀アニメーション映画賞を受賞しています。
監督:ヨン・サンホ 声の出演:シム・ウンギョン(ヘスン)、リュ・スンリョン(ヘスンの父親ソッキュ)、イ・ジュン(キウン)ほか

「暴動・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

暴動・オブ・ザ・デッドの紹介:2012年アイルランド映画。アイルランドの工場で感染してゾンビになった青年を自宅でかくまう一家を撮影するために訪れた撮影隊とその家族の物語です。前半は撮影風景主体、後半になるとゾンビ映画らしくなる珍しいタイプのアイルランドのゾンビ映画です。
監督:ビング・べイリー 出演者:パトリック・マーフィー(ビリー)、ジェラルディン・マカリンデン(リジー)、ローリー・ミュレン(ダニー)ほか

「ヒトラー最終兵器」のネタバレあらすじ結末

ヒトラー最終兵器の紹介:2013年イギリス映画。第二次世界大戦中、ソ連と戦うナチスドイツ軍は、人体実験による人造人間兵士バーサーカーを作り上げていました。この秘密を知ったソ連の軍曹ロドコフらは捕らわれ、捕虜となり人体実験をされようとしていました・・・という戦争をテーマにしたホラー映画です。
監督:キアラン・パーカー 出演者:ブライアン・ラーキン(ドロコフ)、イヴァン・カマラス(ヒョードル)、マイケル・マッケル(シュトラッサー)、ジェームズ・トンプソン(バーサーカー)、ヴェリボール・トピッチ(アルカディ)、ベン・ランバート(ロジャース)

「カメラを止めるな!」のネタバレあらすじ結末

カメラを止めるな!の紹介:2018年日本映画。ゾンビ映画を撮っていた製作陣が、本物のゾンビに襲われる様を、37分間に渡るワンシーン・ワンカットのサバイバルシーンを盛り込んで、意表を突いた衝撃的な展開で描きます。「カメラを止めるな!」は映画製作・俳優養成専門学校「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクトとして製作され、当初2館のみの上映ながら瞬く間に大反響を巻き起こし大ヒットした低予算インディーズムービーです。
監督:上田慎一郎 キャスト:濱津隆之(日暮隆之)、真魚(日暮真央)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、長屋和彰(神谷和明)、細井学(細田学)、市原洋(山ノ内洋)、山﨑俊太郎(山越俊助)、大沢真一郎(古沢真一郎)、竹原芳子(笹原芳子)、吉田美紀(吉野美紀)、合田純奈(栗原綾奈)、岩地紗希奈(松浦早希)、秋山ゆずき(松本逢花)、山口友和(谷口智和)、藤村拓矢(藤丸拓哉)、イワゴウサトシ(黒岡大吾)、高橋恭子(相田舞)、生見司織(温水栞)ほか

「カーゴ」のネタバレあらすじ結末

カーゴの紹介:2017年オーストラリア映画。謎の感染ゾンビウイルスの蔓延するオーストラリアで、安全の為、水上生活をするアンディ一家でしたが、湖で難破したヨットを見つけたことから、妻がゾンビに噛まれ感染し、陸に上がって病院に向かう事になりましたが・・・という内容のオーストラリア製のドラマ仕立てのゾンビ作品です。
監督:ヨランダ・ラムケ、ベン・ハウリング 出演者:マーティン・フリーマン(アンディ)、アンソニー・ヘイズ(ヴィック)、スージー・ポーター(ケイ)、カレン・ピストリアス(レイニー)、クリス・マッケイド(エッタ)ほか

「ディストピア パンドラの少女」のネタバレあらすじ結末

ディストピア パンドラの少女の紹介:2016年イギリス,アメリカ映画。M・R・ケアリーのベストセラー小説「パンドラの少女」を作者自らの脚本で映画化したSFスリラーです。人類の大半が未知のウィルスに感染、ゾンビと化した近未来を舞台に、人間とゾンビの間に生まれた少女とそれを温かく見守る教師の物語を描いています。
監督:コーム・マッカーシー 出演者:セニア・ナニュア(メラニー)、ジェマ・アータートン(ヘレン・ジャスティノー)、パディ・コンシダイン(エディ・パークス)、グレン・クローズ(キャロライン・コールドウェル)、アナマリア・マリンカ(ジーン・セルカーク)ほか

「あるゾンビ少女の災難」のネタバレあらすじ結末

あるゾンビ少女の災難の紹介:2018年日本映画。夏休みに大学のオカルト研究会のメンバー5人が、肝試しと宝探しを兼ね、忍び込んだ大学の資料室で二つの棺桶を見つけたことから巻き起こる、ゾンビ少女との戦いの物語です。池端亮著者の若者向けライトノベルのアニメ化で、グロコメディ作品に仕上がっています。
監督:岩見英明 出演者:(声優)早見沙織(ユーフロジーヌ)、小倉唯(アルマ)、杉田智和(小鳥遊 修一郎)、白石涼子(小鳥遊 眞子)、沢城みゆき(鴨志田 沙也香)、鈴木達央(阿部)、M・A・O(皆川)、久保ユリカ(須藤)、三輪隆博(東)、麦人(三宅)ほか

「クリープス」のネタバレあらすじ結末

クリープスの紹介:1986年アメリカ映画。1959年に宇宙人が宇宙船から投げ捨てたナメクジ型のエイリアンが地球上に落ち、一度は乗り移った人間の死体と共に保存されていたのですが、27年後、学生たちの死体泥棒ゲームによって蘇らせてしまい、学生寮周辺がパニックに陥るSFホラー映画です。
監督:フレッド・デッカー 出演者:ジェイソン・ライヴリー(クリストファー・ロメロ)、スティーヴ・マーシャル(ジェームズ・カーペンター・フーパー)、トム・アトキンス(レイ・キャメロン)、ジル・ホイットローグ)、ウォーリー・テイラー(ランディス)、ブルース・ソロモン(ライミ)、ヴィク・ポリゾス(コロナー)ほか

1 2 3 4 5 9
TOP↑