ゾンビ映画一覧

ゾンビ映画のネタバレあらすじ一覧です。ゾンビが登場する映画には、コメディタッチのものから、正統派ホラー作品まで様々あります。感染者によるパニック作品も含めて、おすすめのゾンビ映画のネタバレあらすじを紹介しています。

「デイライツ・エンド」のネタバレあらすじ結末

デイライツ・エンドの紹介:2015年アメリカ映画。人間が広がった感染症によりゾンビと吸血鬼を足したようなクリーチャーになった世界で、一人物資を求めて走るトムが、途中で助けたサムの誘いで生き残った人たちを守る集団と一緒になり、クリーチャーに戦いを挑むというサバイバルホラーアクション映画。噛まれると感染するゾンビの要素と、太陽の光を浴びると焼け死んでしまう吸血鬼の要素を織り交ぜ、全編にわたり銃撃シーンの連続です。
監督:ウィリアム・カウフマン 出演:ジョニー・ストロング(トム)、ランス・ヘンリクセン(フランク)、ルイス・マンディロア(イーサン)、チェルシー・エドモンドソン(サム)、ハキーム・ケイ=カジーム(クリス)、クシシュトフ・ソシンスキー(アルファ)、クリス・カーソン(デュガン)、ゲイリー・ケアンズ(ドリュー)ほか

「Z WORLD ゼット・ワールド」のネタバレあらすじ結末

Z WORLD ゼット・ワールドの紹介:2014年カナダ映画。アメリカ全土が新種のウィルスの感染症に見舞われ、ゾンビ化した人間で溢れていました。リー・ロゼッタ博士は、感染症のワクチンの研究で安全な政府の施設にいました。しかし家にいる両親が気になり、施設を抜け出し両親の住む家に向かいますが・・・という内容の低予算ゾンビ映画です。
監督:ライアン・M・アンドリューズ 出演者:クリスティーナ・アセト(リー・ロゼッタ)、リチャード・サットン(セフ)、ロバート・ノーラン(マッカイ)、ジェニファー・ポランスキー(クローディア)ほか

「ゾンビ・ウォー101」のネタバレあらすじ結末

ゾンビ・ウォー101の紹介:2010年アメリカ映画。炭鉱の爆発事故により、近くに埋蔵していた薬品兵器が流出し、その水を使った密造酒を飲んだ人たちが次々ゾンビになって襲い始め、ゾンビの拡散が始まります。そのころ義理の父がゾンビになり、ショットガンで撃ったケイは、友人のデイブ兄弟とゾンビから逃れてスーパーに籠っていました。しかし事態は悪化する一方になり、車を改造して逃げ出しますが…という内容の低予算コメディゾンビ映画です。
監督:ネリー・ローソン 出演者:ティーグ・クィレン(ケン)、トラヴィス・ムーディ(デイブ)、ブランドン・ジェンキンス(ブランドン)、シャノン・ウォーレン(ジミー)ほか

「バーニング・デッド」のネタバレあらすじ結末

バーニング・デッドの紹介:2015年アメリカ映画。1984年に悪魔の山と呼ばれるゾンビを飲み込んだ火山が、現代において再び爆発を起こし、飲み込んでいたゾンビを地上に送り出します。火山から避難中のデントン保安官やミンディらの家族は、溶岩から逃げる途中ゾンビ達に襲われ、闘いながら下山する方法を模索するという内容の、火山ゾンビ映画です。主演のダニー・トレホは、火山にまつわるゾンビの話をする語り部の役を演じています。
監督:レネ・ペレス 出演者:ダニー・トレホ(ナイトウルフ)、トム・ダウニー(デントン保安官)、モニカ・プランテ(ミンディ)、ニコール・カミンズ(ニッキー)、ケヴィン・ノーマン(ライアン)、ロバート・F・ライオンズ(ベン)、カイル・T・ヘフナー(スティーブンス博士)、ジュリア・レーマン(イブ)、アダム・グレゴリー(ルー)ほか

「制服サバイガール II」のネタバレあらすじ結末

制服サバイガール IIの紹介:2008年日本映画。『サバイバルアイランド』の惨劇で生き残った葵は、自分が誘った事から皆が死んでしまった事に責任を感じ、再び『サバイバルアイランド』へ乗り込みます。すると恋人の勇平もやって来ました。しかし勇平が感染してしまい、葵は感染した勇平の子供を身ごもってしまい…という内容の、『制服サバイガール』の続編です。前作でわき役だった仲村みうが主演となっています。
監督:金子大志 出演者:仲村みう(秋川葵)、白石隼也(勇平)、坂本一敏、町田光、鈴木拓也ほか

「ゾンビランド:ダブルタップ」のネタバレあらすじ結末

ゾンビランド:ダブルタップの紹介:2019年アメリカ映画。ゾンビで蔓延した世界を引きこもりが生き抜くルールを掲げ生き残っていくという新しい切り口で大ヒットした「ゾンビランド」の10年振りとなり新作が本作です。新キャラやゾンビもパワーアップして本作を盛り上げています。
監督:ルーベン・フライシャー 出演:ウディ・ハレルソン(タラハシー)、ジェシー・アイゼンバーグ(コロンバス)、アビゲイル・ブレスリン(リトルロック)、エマ・ストーン(ウィチタ)、ロザリオ・ドーソン(ネバダ)、ゾーイ・ドゥイッチ(マディソン)、ルーク・ウィルソン(アルバカーキ)、トーマス・ミドルディッチ(フラッグスタッフ)、ほか

「ZMフォース ゾンビ虐殺部隊」のネタバレあらすじ結末

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊の紹介:2013年イタリア,アメリカ,ドイツ,カナダ映画。ルーマニアで実施した細菌実験によりゾンビ化した街を核爆弾で破壊せよという指令を受けたジャックら4人は、原子炉施設に向かいますが、実はこれは罠だったという、アクションシューティングゲーム『Zombie Massacre』の実写映画化です。
監督:マルコ・リストーリ、ルカ・ボニ 出演者:クリスチャン・ボービング(ジャック・ストーン)、マイク・ミッチェル(ジョン・マッケラン)、タラ・カーディナル(イーデン・シズカ)、アイビー・コービン(サム・ニューマン)、カール・ウォートン(カーター将軍)ほか

「TEST10 テスト10」のネタバレあらすじ結末

TEST10 テスト10の紹介:2011年アメリカ,カナダ映画。高額の報酬につられて治験に参加したグレッグでしたが、日を追うごとに自分以外が変貌していく治験者たちを見て、治験をやめようとしますが、薬がなくては生きていけなくなった治験者たちが博士の言うとおりに動くようになっていました…という内容の、ゾンビ映画のテイストを持ったスリラー映画です。
監督:エリック・ワーセンバーグ 出演者:トラビス・バン・ウィンクル(グレッグ)、トリシア・ヘルファー(ウィルコックス博士)、ジョン・ブレガー(ロブ)、マーセア・モンロー(ステイシー)、リク・ヤング(ナイジェル)、ジョー・ビングー(アーロン)ほか

「Z108地区 ゾンビ包囲網」のネタバレあらすじ結末

Z108地区 ~ゾンビ包囲網~の紹介:2012年台湾映画。工場から流れ出た毒が原因で、街中がゾンビだらけになった台湾には、SWAT部隊が集結していました。簡単に倒せると思っていたもののゾンビの数が多く、SWAT部隊はマフィアと連携して一緒に逃げることになりました…という内容の台湾発のゾンビ映画です。コメディ要素もあるスプラッター作品に仕上がっています。
監督:ジョー・チェン 出演者:デニス・トー(SWAT隊員)、イボンヌ・ヤオ(リンダ)、モーリス・ロン(マフィアのボス)、タイ・ポー(SWAT隊長)、チュー・ムーイェン(SWAT隊員)、ジャック・カオ(SWAT部隊指揮官)ほか

「感染家族」のネタバレあらすじ結末

感染家族の紹介:2019年韓国映画。若返りたいという強い欲望を持った老人達と、一儲けしたいという強欲な一家の意見が合致し、現れたゾンビを使ってそれぞれの欲望を叶えようとしたら大パニックになってしまうという話です。本作がデビュー作となるイ・ミンジェ監督の奇抜なアイデアが楽しませてくれます。
監督:イ・ミンジェ 出演:チョン・ジェヨン(ジュンゴル)、キム・ナムギル(ミンゴル)、オム・ジウォン(ナムジュ)、イ・スギョン(ヘゴル)、チョン・ガラム(チョンビ)、パク・イナン(マンドク)、ほか

「ワールド・ウォー・デッド」のネタバレあらすじ結末

WARLD WAR D ワールド・ウォー・デッドの紹介:2013年アメリカ映画。あるジャーナリストが、ゾンビ大戦の生き残りの兵士3人のゾンビ達との戦いの物語を書くために、3人と共に激戦地区へ向かい、過去を振り返りながら話を聞く、という内容のゾンビ映画です。ゾンビとの戦いより、むしろ兵士同士の人間ドラマに重点を置いています。
監督:アレック・ギアハート 出演者:ドミニク・マーセル(カーター)、カイル・ゴードン(本人)、トラヴィス・オレアリー(本人)、アレック・ギアハート、マヌエル・エドゥアルド・ラミレス、タイラー・アレン、ほか

「サンズ・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

サンズ・オブ・ザ・デッドの紹介:2015年アメリカ映画。恋人ニックと蔓延したゾンビから逃げるため、メキシコへと向かう、ヤク中のモリーでしたが、途中でニックがゾンビに食われて一人で空港へ向かうことになりました。我が子を置き去りにしている事が気になるモリーを、ニックを食べたゾンビがひたすら追いかけるという異質のゾンビ映画です。
監督:コリン・ミニハン 出演者:ブリタニー・アレン(モリー)、フアン・リーディンガー(ゾンビ/スモール)、クリストファー・ヒギンズ(テッド)、マーヴィン・モンデシア(ニック)ほか

「ブラック・オプス 超極秘任務」のネタバレあらすじ結末

ブラック・オプス 超極秘任務の紹介:2015年オーストラリア映画。民間警備会社の面接を受けに訪れた一人の元特殊部隊隊員の男。ところが、この施設の内部には死んだ傭兵の遺体を蘇らせた不死身の戦士“ゾンビ忍者”が潜んでいました。そして施設には事実を隠蔽しようと目論む者の影も・・・。人間の能力を遥かに超えるパワーと戦闘能力を秘めたゾンビ忍者とその背後にうごめく陰謀に立ち向かう主人公の死闘を描いたバトルアクション作品です。
監督:ロディ・クロード 出演者:アダム・T・パーキンス(ディロン)、ジェイソン・ブリッツァ(AK)、キーラ・リー・ケイン(マリ)、コルム・エリス(エディ)、セレナ・フィルゲイラ(アニータ)ほか

「アナと世界の終わり」のネタバレあらすじ結末

アナと世界の終わりの紹介:2017年イギリス映画。ミュージカルとゾンビ映画がミックスされた異色の作品。イギリスの田舎町で巻き起こるゾンビパニックで、主人公の女子高生アナが騒動に巻き込まれながら勇敢に立ち向かっていきます。巷で溢れるありきたりのゾンビ映画でなく、ミュージカルも取り入れた斬新なアイデアが秀逸な作品です。
監督:ジョン・マクフェイル 出演:エラ・ハント(アナ)、マルコム・カミング(ジョン)、セーラ・スワイア(ステフ)、クリストファー・ルヴー(クリス)、マルリ・シウ(リサ)、ベン・ウィギンズ(ニック)、マーク・ベントン(トニー)、ポール・ケイ(サヴェージ校長)、ほか

「巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5」のネタバレあらすじ結末

巨乳ドラゴン 温泉ゾンビ VS ストリッパー5の紹介:2010年日本映画。寂れた温泉町のストリップ小屋に働きに行ったレナは、楽屋の隠し部屋を見つけて同僚らと探索しました。そして『死者の書』を見つけたマリアが呪文を唱えると、井戸の中から死者が次々と蘇り始めました…という内容の、ちょっとエッチなコメディゾンビスプラッター映画です。
監督:中野貴雄 出演者:蒼井そら(丈堂レナ)、桜井まり(黒伊マリア)、かすみりさ(星影銀子)、TAMAYO(桜咲ネネ)、相川イオ(ダーナ)ほか

1 2 3 4 5 11

キーワードから探す

TOP↑