ゾンビ映画一覧

ゾンビ映画のネタバレあらすじ一覧です。ゾンビが登場する映画には、コメディタッチのものから、正統派ホラー作品まで様々あります。感染者によるパニック作品も含めて、おすすめのゾンビ映画のネタバレあらすじを紹介しています。

「SVZ ストリッパーVS.ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

SVZ ストリッパーVS.ゾンビの紹介:2007年アメリカ映画。ある博士が開発したゾンビ薬を、薬中の男が盗んで、売春婦達の元締めや売春婦に渡したため、売春婦からゾンビになり、出くわしたストリップバーから帰っていたストリッパー達と売春婦らがバーに戻り立てこもってゾンビ退治を始めるコメディゾンビ映画です。ストリッパーと題名が付いていますがエロ描写はほとんどありません。
監督:ジェイソン・M.マーフィ 出演者:ジェシカ・バートン(ダコタ)、ホリー・ウィナード(ハーレー)、リアナ・トゥマネン(ダラス)、アンソニー・ヘデン(ジョニー)、ショーン・ハリマン(クリス)、ティファニー・シェピス(ティファニー)ほか

「ゾンビ・ブライド」のネタバレあらすじ結末

ゾンビ・ブライドの紹介:2013年日本映画。ゾンビが蔓延する都市で、不倫相手に殺された愛里がゾンビとなって彷徨ううち、先輩ゾンビのようこと知り合い、ようこのスナックで働きながら、新しい生き方を見つけるという、エロティックゾンビ人間ドラマです。
監督:山内大輔 出演者:みづなれい(愛里)、倖田李梨(杏子)、竹本泰志(吉岡)、里見瑤子(ようこ)、野村貴浩ほか

「ゾンビハーレム」のネタバレあらすじ結末

ゾンビハーレムの紹介:2009年イギリス映画。女と別れた男たちが男だけの旅に向かいました。向かった先はムードリーという女だらけの街でした。到着するとそこは女ゾンビだらけの街に変わっていました。女ゾンビ達と闘いながら男たちはあの手この手で逃げようとしますが・・・という話のゾンビ映画です。
監督:ジェイク・ウエスト 出演者:ダニー・ダイア(ニール)、キース・リー・キャッスル(パトリック)、ノエル・クラーク(マイキー)、エミル・マルヴァ(グレアム)、リー・イングルビー(マット)ほか

「ラスト/ナイト」のネタバレあらすじ結末

ラスト/ナイトの紹介:2016年イタリア映画。深夜の森の中。事故を起こした車の中で目覚めたヒロイン。事故のショックで記憶喪失になったのか、自分がなぜここにいるのか全くわからない。手がかりは携帯電話だけ。そして、なんとか助けを呼ぼうと車から出たヒロインの前に、わらわらとゾンビ達が現れ…。一夜の恐ろしい出来事を描く、ワンシチュエーションのサバイバル・ホラー。
監督:ジョルジョ:ブルーノ 出演者:アイリーン・ブランディ(ホープ)、ショーン・ジェームズ・サットン(サム)、ジョヴァンニ・ゲオ・ジョンソン(ドーソン)、ヴァレンティーナ・フェランテ(クレア)ほか

「バタリアン5」のネタバレあらすじ結末

バタリアン5の紹介:2005年アメリカ映画。ゾンビガスのトライオキシンを大学生が見つけたことで、面白半分にドラッグにして販売してしまいます。これにより大学内はゾンビだらけになり収集がつかない状況になってしまうという内容の、シリーズ5作目です。
監督:エロリー・エルカイェム 出演者:ジョン・キーフ(ジュリアン・ギャリソン)、ジェニー・モーレン(ジェニー)、エイミー=リン・チャドウィック(ベッキー)、コリー・ハードリクト(コーディ)、ピーター・コヨーテ(チャールズ)、クローデュ・ブリュオント(アルド・セラ)、ソリン・コシス(ジーノ)ほか

「バトルロワイアル・アイランド」のネタバレあらすじ結末

バトルロワイアル・アイランドの紹介:2006年アメリカ映画。南海の無人島に集められた囚人たちにゲームが待っていました。それは賞金と自由が得られるもので、生き残れるのは勝者だけという過酷なものでした・・・という話のサバイバルゾンビアクション映画です。
監督:マイケル・スー 出演者:ドリュー・ラッスル(コラド)、カーラ・シャーフ(キーラ)、ワード・ロバーツ(ボイル)、サラ・ディアス(レイ)ほか

「悪魔の毒々パーティ」のネタバレあらすじ結末

悪魔の毒々パーティの紹介:2008年アメリカ映画。ハワイのとある町で原発の汚染廃液が原因で墓地から死体が蘇り、ゾンビ達が高校のプロムパーティに迫り、そのゾンビ達をプロムパーティに参加出来なかった、落ちこぼれ学生やはぐれもの学生たちが退治をしていくという内容のコメディゾンビ映画です。
監督:グレッグ・ビショップ 出演者:ジャレッド・クスニッツ(ジミー)、グレイソン・チャドウィック(リンジー)、チャンドラー・ダービー(スティーブン)、カリーサ・カポビアンコ(グエン)、ランディ・マクダウェルほか

「ダスク・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ダスク・オブ・ザ・デッドの紹介:2008年アメリカ映画。若いカップルが車で旅行中に、車の故障したデニスとレイシーのカップルに車を乗っ取られ、立ち寄ったガソリンスタンドに体中にトゲのある生物に襲われ、ガソリンスタンドに籠城し・・・という内容の、ホラー映画です。ゾンビのような邦題ですが、感染モノのゾンビ風な作品です。
監督:トビー・ウィルキンス 出演者:パウロ・コスタンゾ(セス)、ジル・ワグナー(ポリー)、シェー・ウィガム(デニス)、レイチェル・カーブズ(レイシー)、チャールズ・ベイカーほか

「ミート・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ミート・オブ・ザ・デッドの紹介:2004年アイルランド映画。牛の感染症から人間に感染するというアイルランド製の田舎を舞台にしたゾンビホラー映画です。低予算作品ながらグロシーンは見ごたえがあり、ストーリー展開もよく、数あるゾンビ作品の中では良作です。
監督:コナー・マクマーン 出演者:マリアン・アラージョ(ヘレナ)、デヴィッド・マラード(デズモンド)、エオイン・ウェレン、デヴィッド・ライアン(カザフ)、アンソニー・リットンほか

「キラーモーテル」のネタバレあらすじ結末

キラーモーテルの紹介:2012年日本映画。とある田舎の旅館に泊まった3組の男女6人が遭遇するアメリカンホラータイプの日本製ゾンビ映画です。ヒロインのアリサの妄想シーンと現実シーンが入り乱れて少しわかりづらい内容です。コメディエロホラーと言える作品です。
監督:小川和也 出演者:伊藤えみ(鈴木アリサ)、星野あかり(女将)、綾瀬れん(ユカ)、前田優希(ミチコ)、ジョーダン・チャン(ジャック) ほか

「オー・マイ・ゼット!」のネタバレあらすじ結末

オー・マイ・ゼット!の紹介:2016年日本映画。ゾンビパニックが収束して5年後、一軒の家に侵入したゾンビを追って集まった男女が、家の住人も交えてゾンビをどうするかという話し合いをしながら修羅場を迎えるという、コメディゾンビ映画です。ともさかりえさんのノーテンキな演技がさえています。
監督:神本忠弘 出演者:角田晃広(花田大輔)、ともさかりえ(花田恭子)、森下能幸(土井明/沼田明)、町田マリー(西岡みすず)、柾木玲弥(清野守)、萩原利久(松山ヒロト)ほか

「ガールズ・ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

ガールズ・ゾンビの紹介:2011年日本映画。ヤクザの下っ端のアキオが彼女の真希と友人のケンジと共謀して、兄貴分が盗んだ組の金を盗みますが、ケンジが裏切って殺し合いになりました。ケンジがアキオを殺し、真希がケンジを殺しました。しかしヤクザの兄貴分は殺し屋を雇って真希を追っていました・・・という話のエロチックゾンビホラー映画です。
監督:浅生マサヒロ 出演者:青山ローラ(真希)、西興一朗(アキオ)、南優(ケンジ)、川奈龍平(兄貴)、高田健一、大和屋ソセキ、中野裕斗(殺し屋)ほか

「チルドレン・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

チルドレン・オブ・ザ・デッドの紹介:2001年アメリカ映画。ゾンビ狩りの行われる田舎町で、死刑を執行されながらもゾンビとして蘇った殺人鬼アボット・ヘイズがゾンビを増やしながら住民を襲うという内容の、ジョージ・A・ロメロの名作『ゾンビ』から派生したような作品です。主演には『ゾンビ』でも大活躍した特殊メイクアーチストのトム・サビーニですが、冒頭10数分で死んでしまうと言う前代未聞の内容です。
監督:トア・ラムジー 出演者:トム・サヴィーニ(ヒューズ)、マーティン・シーフ(保安官)、ダミエン・ルヴァラ(社長の息子)、ジェイミー・マッコイ(ローリー)、サム・ニコテロ、ハイディ・ハインツマンほか

「バトル・ハザード」のネタバレあらすじ結末

バトル・ハザードの紹介:2013年アメリカ,シンガポール映画。バイオ工場から流出したウイルスによって関した市民がゾンビになった街から、この企業の会長の娘を救出せよと言う任務を受けたマックス少佐がゾンビ相手に大暴れするゾンビアクション映画です。主役のマックスには肉体派俳優のドルフ・ラングレンが演じています。
監督:クリストファー・ハットン 出演者:ドルフ・ラングレン(マックス・ガトリング少佐)、メラニー・サネッティ(ジュード)、マット・ドーラン(リース)、デビッド・フィールド(デューク)、リディア・ルック(リン)、ジェン・クオサン(エルビス)、オダ・マリア(アンナ)、エステバン・クエト(ヘルナンデス)ほか

「ワイルド・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・オブ・ザ・デッドの紹介:2007年アメリカ映画。アメリカの平原舞台にした西部劇ゾンビです。脱走兵とカウボーイそしてインディアン女性3人とゾンビ保安官率いるゾンビ軍団との戦いを描いたコメディホラーです。何でもゾンビ映画にしてしまうアメリカならではの作品ですが、ストーリーもしっかりしており要所要所はおさえた良作です。
監督:グラスゴウ・フィリップス 出演者:ジェームズ・デントン(エルマー)、クリス・カッタン(ルーク)、クリス・コッポラ、ナヴィ・ラワット(スー)、レスリー・ジョーダン、マット・ベッサー、ジェフ・チェイスほか

1 2 3 4 5 8
TOP↑