Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゾンビ映画一覧

ゾンビ映画のネタバレあらすじ一覧です。ゾンビが登場する映画には、コメディタッチのものから、正統派ホラー作品まで様々あります。感染者によるパニック作品も含めて、おすすめのゾンビ映画のネタバレあらすじを紹介しています。

「ラスト4」のネタバレあらすじ結末

ラスト4の紹介:2010年アメリカ映画。ある田舎で起った化学工場の爆発によって、近隣の住人が感染症からゾンビ化し、人を襲い始めました。生き残ったジムは逃げ込んだ建物で3人の生き残りの人たちと合流し、生き延びる方法を考えますが・・・という内容のゾンビホラー映画です。
監督:ターナー・クレイ 出演者:ジェイ・ヘイデン(ジム)、トリ・ホワイト(イックス)、スコット・リリー(スコット)、マッケナ・ジョーンズ(エミリー)ほか

「カウボーイ&ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

カウボーイ&ゾンビの紹介:2010年アメリカ映画。賞金稼ぎのモーティマーが、大金のかかった手配中の男を見つけて格闘している時、山で見つけた隕石を町民たちが割ると、緑色の煙が出てきて、吸った人間はゾンビになってしまいました。やがてゾンビはモーティマーらにも襲い掛かって来ました・・という内容のウエスタンとゾンビを融合させた西部劇ホラーです。
監督:レネ・ペレス 出演者:デビッド・A・ロックハート(モーティマー)、カミール・モンゴメリー(リアノン)、リック・モラ(ウルフ)、ロバート・アムストラー(ドイツ男)ほか

「ホラーエクスプレス/ゾンビ特急地獄行」のネタバレあらすじ結末

ホラー・エクスプレス/ゾンビ特急地獄行の紹介:1972年スペイン,イギリス映画。満州の山岳地帯で凍った類人猿を発見したサクストン教授が、シベリアへ向かう列車に類人猿を積んだことにより、蘇った類人猿が人を殺し、殺しの連鎖が始まるという映画です。邦題にゾンビとありますが、ゾンビらしい内容はラストのみでモンスターホラーの要素の強い作品です。
監督:ユージニオ・マーティン 出演:クリストファー・リー(アレクサンダー・サクストン教授)、ピーター・カッシング(ウェルズ医師)、テリー・サバラス(カザン隊長)、アルベルト・デ・メンドーサ(プジャルドフ神父)、シルヴィア・トルトーサ(イリーナ)、フリオ・ペーニャ(ミロフ警部)、ヘルガ・リーネ(ナターシャ)、ホルヘ・リガウド(ペトロスキー伯爵)、アリス・ラインハート(ジョーンズ夫人)ほか

「ハリウッド大作戦!」のネタバレあらすじ結末

カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』の紹介:2019年日本映画。2018年の日本映画界を席巻したインディーズ映画『カメラを止めるな!』のスピンオフにして後日談です。『カメラを止めるな!』の生みの親である上田慎一郎監督は本作では脚本と製作総指揮に回り、代わって助監督を務めていた中泉裕矢監督がメガホンを執っています。『カメラを止めるな!』から半年後、大仕事を成し遂げた伝説のゾンビ番組生中継を成し遂げたクルーが次なる舞台に選んだのは何とまさかのハリウッド?! またしても次々と起こるトラブルやハプニングの数々。伝説のクルーの新たな挑戦が始まります。
監督:中泉裕矢 出演者:真魚(日暮真央)、濱津隆之(日暮隆之)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、秋山ゆずき(松本逢花)、長屋和彰(神谷和明)、市原洋(山ノ内洋)、大沢真一郎(古沢真一郎)、どんぐり(笠原芳子)、ド・ランクザン望(ジョーン)、チャールズ・グラバー(トミー)、合田純奈(栗原綾奈)ほか

「ザ・キュアード」のネタバレあらすじ結末

ザ・キュアード(原題:The Cured)の紹介:2017年アイルランド, フランス映画。メイズウイルスによってゾンビが蔓延したアイルランドでは、感染を治癒する薬の開発で、ゾンビ時代の記憶を持ったまま完治した人間【キュアード】が社会復帰し始めました。しかし街では反キュアード勢力がキュアードの排除を求めて反対運動を始めていました…という内容の、社会派ゾンビ映画です。人権を求める、完治した元ゾンビのキュアード勢力と、排除したい反キュアード勢力との衝突をテーマにしたもので、ゾンビ映画でありながら、現代社会の難民問題を風刺したようなストーリーになっています。
監督:デビッド・フレイン 出演者:サム・キーリー(セナン)、エレン・ペイジ(アビー)、トム・ボーン・ローラー(コナー)、ポーラ・マルコムソン(ライオンズ博士)ほか

「ZVS ゾンビVSスナイパー」のネタバレあらすじ結末

ZVS ゾンビVSスナイパーの紹介:2007年アメリカ映画。元政府の秘密工作員で今は神父をしているクリストファーに、上司であったジェレマイアから4年ぶりに手紙が来ました。それはジェレマイアの家で待てというものでした。家には娘のメアリがいて、同じように父から家で待てという手紙を持っていました。やがて家の外はゾンビだらけになり二人は家にこもることになりました…という低予算ゾンビ映画です。
監督:ジェフリー・マクマイケル・ブルックシャー 出演者:ゲイリー・ダグラス・コーン(クリストファー)、リンジー・モリス(メアリー)、ネイト・ウィッティ(スタンレー)、マイケル・ロバート・ナイマン(ジェレマイア)、ウィル・ハリス(グリン)ほか

「幽霊ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

幽霊ゾンビの紹介:2007年日本映画。ノッチを主役にした、幽霊とゾンビを融合させたコメディスプラッターホラー映画です。タクシー運転手の斉藤が、主神村に一人の女性を乗せていった事から、人を轢き殺し、ゾンビに襲われるハメになるという話です。
監督:白石晃士 出演者:中村知世(遠野実花)、ノッチ(斉藤)、柳ユーレイ(平野)、松本寛也、湯川尚樹、飯塚由衣ほか

「遺体安置室 死霊のめざめ」のネタバレあらすじ結末

遺体安置室 -死霊のめざめ-の紹介:2005年アメリカ映画。夫に先立たれた妻が息子と娘を連れ、田舎の町で葬儀屋を営むため、昔葬儀屋をしていた古い屋敷に引っ越してきました。しかしその屋敷は町ではいわくつきの噂のある屋敷でした・・・という内容のフリークスゾンビ映画です。監督は名作『悪魔のいけにえ』のトビー・フーパーです。
監督:トビー・フーパー 出演者:ダン・バード(ジョナサン・ドイル)、デニス・クロスビー(レスリー・ドイル)、ステファニー・パットン(ジェイミー・ドイル)、アレクサンドラ・アディ(リズ)、ロッキー・マークエット(グレイディ)、リー・ガーリントン(リタ)、 コートニー・ペルドン(ティナ)、タラ・ペイジ(サラ)、バグ・ホール(カル)、マイケル・シャムス・ウイレス(グレン・ハウエル保安官)ほか

「ザ・ゲート」のネタバレあらすじ結末

ザ・ゲートの紹介:1987年カナダ映画。地球征服を目論む悪魔と、それを阻止すべく奮闘する少年達の勇気を描くホラー&アドベンチャー。グレンは裏庭に突如現れた穴を不思議に思い、友人テリーと一緒に調べ始めた。すると、それは悪魔が通るためのゲートなのだと判明する。悪魔を呼び出す手順を偶然にもクリアしてしまったグレン達は、邪悪な存在を追い返すため様々な策を講じた。しかし悪魔はあらゆる手を使ってグレン達に襲い掛かる。果たして少年達は恐怖に打ち勝つことが出来るのか。
監督:ティボー・タカクス 出演者:スティーヴン・ドーフ(グレン)、クリスタ・デントン(アル / アレクサンドラ)、ルイス・トリップ(テリー / テレンス・チャンドラー)、ケリー・ローワン(ロリ・リー)、ジェニファー・アーウィン(リンダ・リー)ほか

「レジデント」のネタバレあらすじ結末

レジデントの紹介:2015年デンマーク映画。住民が仲良く暮らすデンマーク静かな町ソーゲンフリーに感染症が発生。それは蔓延し、軍が町を封鎖したものの、兵士に追われたディノ一家の息子グスタブが逃げるために、感染者の乗せられたトレーラーの荷台の扉を開けたことで、町はゾンビだらけになり、軍は撤収してしまいました。ディノ一家の運命は・・・という内容の感染ゾンビホラー映画です。
監督:ボー・ミケルセン 出演者:ミレ・ディーネセン(ペルニール)、トロールス・リュービュー(ディノ)、ミケル・ビアクケーア(キャスパー)、マリー・ハマー・ボーダ(ソニア)、ベンジャミン・エンゲル(グスタブ)ほか

「インサニティ」のネタバレあらすじ結末

インサニティの紹介:2016年カナダ映画。彼氏の友人たちと6人で、島の別荘へ休暇に行ったブリでしたが、ウィーラーの差し入れのコカインをブリ以外全員が吸った事からゾンビ化し、殺し合いを始める・・・というコカインに仕込まれたウィルスから感染するゾンビ映画です。
監督:ジェイソン・ウィリアム・リー 出演:デブス・ハワード(ブリ)、ダニー・ザプロザン(スティーブ)、ベタシュ・ファズラリ(バッシュ)、イアン・コリンズ(ウィーラー)、カイリー・ブッシュ(トリッシュ)、マリナ・パスクワ(ロックス)ほか

「ゾンビデオ」のネタバレあらすじ結末

ゾンビデオの紹介:2011年日本映画。映像会社に勤めるアイコは、古い結婚式のビデオを探している時、『ゾンビ学入門』というビデオを見つけました。ゾンビマニアの先輩社員橋本と一緒にビデオを見ていると、事務所にゾンビが入って来ました。ビデオを持って逃げ出した二人でしたが・・という内容のコメディゾンビ映画です。ゾンビマニアの橋本が話すゾンビうんちくはゾンビマニアなら思わずニヤリとする話です。
監督:村上賢司 出演者:矢島舞美(アイコ)、宮崎吐夢(橋本)、鳥居みゆき(ヤスデ)、中島早貴(カナブン)、大堀こういち(社長)、菅野麻由(真佐クル世)ほか

「バイオハザード・アイランド」のネタバレあらすじ結末

バイオハザード・アイランドの紹介:2012年アメリカ映画。突然拡散したゾンビ達から逃げるために、途中で知り合った女性と一緒に、ゾンビのいない島へボートで向かったエルビスでしたが、その島にもゾンビ達が居て襲われました。しかし、軍人のカート率いる集団に助けられ一緒に生活するようになりまが・・・という内容のゾンビ映画です。低予算作品ながら真面目に作られた作品で、正統派のゾンビ物と言えます。
監督:アダム・デヨー 出演者:マリッサ・メリル(ツイーター)、スコット・ピート(エルビス)、ジェームズ・C・バーンズ(カート)、コーシカ・ウィルソン(レイチェル)ほか

「ゾンビシャーク 感染鮫」のネタバレあらすじ結末

ゾンビシャーク 感染鮫の紹介:2015年アメリカ映画。実験によって偶然出来てしまったゾンビ鮫が逃げ出してしまい、バカンスに訪れた観光客達を恐怖のどん底に陥れてしまいます。咬まれたら感染しゾンビにというゾンビ映画の良いところと鮫に襲われる恐怖感が上手くミックスされた作品になっています。
監督:ミスティ・タリ― 出演:キャシー・スティール(アンバー)、ロジャー・J・ティンバー(レスター)、ロス・ブリッツ(ジェンナー)、スローン・コー(ソフィ)、バッキー・アンドリューズ(ブリジット)、ローラ・カユーテ(パーマー博士)、ほか

「インバージョン 転移」のネタバレあらすじ結末

インバージョン 転移の紹介:2015年アメリカ映画。小屋の中で目覚めた男は、まるでゾンビのような姿でした。そして自分が誰なのか、ここはどこなのか、記憶が全くありませんでした。別の部屋にはラップで巻かれた女性の死体、壁には『思い出せ』の文字と4枚のデッサン。自分がアダムという名だと分かった男は記憶を徐々に取り戻してゆくのですが…という内容の感染ゾンビ的なホラー映画です。
監督:デヴィッド・ヤロフスキー 出演者:ガブリエル・バッソ(アダム)、キャスリン・プレスコット(ケイティ)、ヤコブ・ザッカー(クラーク)、ガブリエル・ウァルシュ(ジェス)、ショーン・ガン(ベイカー医師)、エリヤ・バスキン(ユーリ)ほか

1 2 3 4 5 10
TOP↑