異端の鳥(別題:ペインテッド・バード)の紹介:2019年チェコ,ウクライナ,スロヴァキア映画。第二次世界大戦中、ナチスのホロコーストから逃れるために、たった一人で田舎に疎開したユダヤ人の少年。家を失い辺境の地で想像を絶する大自然と熾烈な格闘をしながら家に向かって歩き始める。 しかしそんな少年を待ち受けていたのは、少年を異物だと徹底的に攻撃する“普通の人々”。差別と迫害を受けつつも力強く生きぬく姿を赤裸々に描いた。原作は自身もホロコーストの生き残りであるポーランドの作家イェジー・コシンスキの「ペインティッド・バード」。ポーランドでは発禁書となり、自身ものちに謎の自殺を遂げた“いわくつきの傑作”。ヴァーツラフ・マルホウル監督は最終的に11年もの歳月をかけて映像化。舞台となる国や場所を特定されないように作中使われる言語は、人工言語「スラヴィック・エスペラント語」を採用。ヴァネツィア映画祭で上映されると、少年の置かれたあまりに過酷な状況が賛否を呼び途中退場者が続出。しかし同時に10分のスタンディングオベーションを受けた。モノクロームの映像美もみどころのひとつ。
監督:ヴァーツラフ・マルホウル 出演:ペトル・コトラール(少年ヨスカ)、ウド・キアー(ミレル)、レフ・ディブリク(レフ)、イトカ・チュヴァンチャロヴァー(ルドミラ)、ステラン・スカルスガルド(ハンス)、ハーヴェイ・カイテル(司祭)、ジュリアン・サンズ(ガルボス)、バリー・ペッパー(ミートカ)ほか