映画 オール・ユー・ニード・イズ・キルの紹介:2014年アメリカ映画。桜坂洋氏のライトノベル「オール・ユー・ニード・イズ・キル」をハリウッドが実写化した作品で、公開当時は日本原作であることが大々的に宣伝されました。内容は時間のループを扱っており、日本的な情緒が入った作品としてヒットしました。
監督:ダグ・リーマン 出演:トム・クルーズ(ウィリアム・ケイジ)、エミリー・ブラント(リタ・ヴラタスキ)、ビル・パクストン(ファレウ軍曹)、ブレンダン・グリーソン(ブリガム曹長)、ジョナス・アームストロング(スキナー)、ほか