マリー・アントワネットの紹介:2006年アメリカ映画。フランス王妃マリー・アントワネットの生涯を描いた伝記映画。ソフィア・コッポラが監督を務め、女性監督ならでの目線で、一人の女性としてのマリー・アントワネットの生涯が描かれています。劇中に使われている華やかなファッションも見どころの一つです。
監督:ソフィア・コッポラ 出演者:キルスティン・ダンスト(マリー・アントワネット)、ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世)、ダニー・ヒューストン(ヨーゼフ2世)、ジュディ・ディヴィス(ノアイユ伯爵夫人)、アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)ほか