伝記映画のネタバレ

「スティーブ・ジョブズ」のネタバレあらすじ結末

スティーブ・ジョブズの紹介:2015年アメリカ映画。「最低な男が、最高の未来を創った。」というキャッチコピーで、1971年から2011年までのスティーブ・ジョブズを描いたヒューマン・ドラマ映画です。2013年サンダンス映画祭でクロージング作品として上映された。主人公のスティーブ・ジョブズ役をアシュトン・カッチャーが、Apple社の共同設立者のスティーブ・ウォズニアック役をジョシュ・ギャッドが演じました。
監督:ダニー・ボイル 原作:ウォルター・アイザックソン 出演:マイケル・ファスベンダー(スティーブ・ジョブズ)、ケイト・ウィンスレット(ジョアンナ・ホフマン)、セス・ローゲン(スティーブ・ウォズニアック)、ジェフ・ダニエルズ(ジョン・スカリー)、ほか

「バスキア」のネタバレあらすじ結末

バスキアの紹介:1996年アメリカ映画。27クラブのひとりでもあるアーティスト、ジャン・ミッシェル・バスキアの20歳から27歳で亡くなるまでを描いた作品。デヴィッド・ボウイやベニチオ・デル・トロ、ゲイリー・オールドマンなどの豪華な顔ぶれもこの作品の見所です。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演者:ジェフリー・ライト(ジャン・ミッシェル・バスキア[セイモ])、マイケル・ウィンコット(ルネ・リカード)、デヴィッド・ボウイ(アンディ・ウォーホル)、デニス・ホッパー(ブルーノ・ビショップバーガー)、ベニチオ・デル・トロ(ベニー・ダルモー)

「マシンガン・プリーチャー」のネタバレあらすじ結末

マシンガン・プリーチャーの紹介:2011年アメリカ映画。アフリカの紛争地帯で、内戦に巻き込まれた子どもの救出に奔走するアメリカ人活動家サム・チルダースの半生を描いた作品。元麻薬密売人のサムは、ある事件をきっかけに更生して、今はまじめに働いている。ある日、教会で、牧師からアフリカで起こっている内戦の話を聞き、アフリカに向かう。そこで、子供達を救うために、戦うことになる。
監督:マーク・フォースター 出演:ジェラルド・バトラー(サム・チルダース)、ミシェル・モナハン(リン・チルダース)、マイケル・シャノン(ドニー)、キャシー・ベイカー(デイジー)、ほか

「グレン・ミラー物語」のネタバレあらすじ結末

グレン・ミラー物語の紹介:1954年アメリカ映画。アメリカでジャズミュージシャンとして活躍し、スウィングジャズの大家として知られるグレン・ミラーの伝記物語。上映された年のアカデミー賞に数多くの部門でノミネートされ、ルイ・アームストロングやベン・ポラック、ジーン・クルーパなどの著名なジャズミュージシャンが本人役として出演したのも話題を呼んだ。
監督:アンソニー・マン 出演者:ジェームズ・スチュアート(グレン・ミラー)、ジューン・アリソン(ヘレン・バーガー)、ハリー・モーガン(チャミー・マグレガー)、チャールズ・ドレイク(ドン・ヘインズ)、バートン・マクレーン(ヘンリー・アーノルド将軍) ほか

「杉原千畝 スギハラチウネ」のネタバレあらすじ結末

杉原千畝 スギハラチウネの紹介:2015年日本映画。第二次世界大戦中に、ナチスに迫害されるユダヤ人を救うため、独断でヴィザを発行した外交官で、諜報活動もしていた、杉原千畝と、彼にまつわる人々との交流を描いた映画。
監督:チェリン・グラック 出演:唐沢寿明(杉原千畝)、小雪(杉原幸子)、ボリス・シッツ(ペシュ)、アグニェシュカ・グロホフスカ(イリーナ)、小日向文世(大島浩)、ほか

「リンカーン」のネタバレあらすじ結末

リンカーンの紹介:2012年アメリカ映画。アメリカ合衆国第16第大統領エイブラハム・リンカーンの物語。4年間にも及ぶ南北戦争中、奴隷を永久に開放するために、彼はアメリカ合衆国憲法修正第13条を議会で可決させようとするが、必要な数の賛成票を集めることができず、苦悩する。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ダニエル・デイ=ルイス(エイブラハム・リンカーン)、サリー・フィールド(メアリー・トッド・リンカーン)、デヴィッド・ストラザーン(ウィリアム・スワード)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ロバート・リンカーン)、トミー・リー・ジョーンズ(タデウス・スティーブンス)、ほか

「ブラック・スキャンダル」のネタバレあらすじ結末

ブラック・スキャンダルの紹介:2015年アメリカ映画。実在した悪名高きギャング、ジェームズ・”ホワイティ”・バルジャーの半生を映画化。1970年代。FBI捜査官コノリーはマフィア壊滅のため、幼馴染みで裏社会に精通しているバルジャーに協力を依頼します。情報を提供する見返りにFBIの後ろ盾を得たバルジャーは、抵抗勢力を倒し犯罪王にのし上がっていくことになります。ギャングとFBIの協定は、アメリカ史上最大の汚職事件へと変貌していきます。バルジャーを演じたカメレオン俳優J・デップの怪演はひと際異彩を放ちます。
監督:スコット・クーパー 出演者:ジョニー・デップ(ジェームズ・”ホワイティ”・バルジャー)、ベネディクト・カンバーバッチ(ビリー・バルジャー)、ジョエル・エドガートン(ジョン・コノリー)、ロリー・コクレイン(スティーヴン・フレミ)、ケヴィン・ベーコン(チャールズ・マグワイア)ほか

「ダイアナ」のネタバレあらすじ結末

ダイアナの紹介:2013年イギリス映画。1997年に亡くなった元イギリス皇太子妃ダイアナの人生を描いた伝記映画。交通事故死するまでの最後の2年間にスポットを当て、1人の女性としてのダイアナの葛藤と喜び、そして計り知れない苦悩を綴った作品。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演者:ナオミ・ワッツ(ダイアナ)、ナヴィーン・アンドリュース(ハスナット・カーン)、キャス・アンバー(ドディ・アルファイド)、ジェラルディン・ジェームズ(ウーナ・トッフォロ)、チャールズ・エドワーズ(パトリック・ジェフソン)ほか

「女優マルキーズ」のネタバレあらすじ結末

女優マルキーズの紹介:1997年フランス,イタリア,スイス,スペイン映画。17世紀フランス。貧困の中、体目当ての客たち相手に踊り続けるマルキーズ。有名劇団の看板役者グロ・ルネとの結婚を境に、女優を夢見ていたマルキーズの波乱万丈な女優人生がスタートします。実在した伝説的女優マルキーズ・デュ・パルクの半生をS・マルソーが熱演します。
監督:ヴェラ・ベルモン 出演者:ソフィー・マルソー(マルキーズ)、ベルナール・ジロドー(モリエール)、ランベール・ウィルソン(ラシーヌ)、パトリック・ティムシット(グロ・ルネ)、ティエリー・レルミット(ルイ14世)ほか

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」のネタバレあらすじ結末

ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~の紹介:2014年アメリカ,イギリス映画。「ファンクの帝王」「ミスター・ダイナマイト」と呼ばれ、ソウルミュージック界のみならず、ローリングストーンズやマイケル・ジャクソンなど、多くのミュージシャンに尊敬される伝説のシンガー、ジェームス・ブラウン。その彼の生い立ちや、シンガーとなり成功した後、挫折し立ち上がっていくようすを描いた映画。
監督:テイト・テイラー 出演:チャドウィック・ボーズマン(ジェームス・ブラウン)、ネルサン・エリス(ボビー・バード)、ダン・エイクロイド(ベン・バート)、ヴィオラ・デイヴィス(スージー・ブラウン)、オクタヴィア・スペンサー(ハニーおばんさん)、ほか

「グッドフェローズ」のネタバレあらすじ結末

グッドフェローズの紹介:1990年アメリカ映画。ギャング映画の傑作。マーティン・スコセッシ監督としては「レイジング・ブル」以来の実話もので、久しぶりに力のこもった作品となり、批評家の絶賛を浴びた。トミーを演じたジョー・ペシがアカデミー助演男優賞を受賞。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レイ・リオッタ(ヘンリー・ヒル)、ロバート・デ・ニーロ(ジェームズ・“ジミー”・コンウェイ)、ジョー・ペシ、ロレイン・ブラッコ、ポール・ソルヴィノ、ほか

「聖の青春」のネタバレあらすじ結末

聖の青春(さとしのせいしゅん)の紹介:2016年日本映画。原作は大崎善生さんの「聖(さとし)の青春」。18年まで実在した天才棋士・・村上聖(1969~1998年:享年29歳)のフィクションを交えた、最後の4年間を映画化。幼少期からの難病と闘いながら棋士の道へと進んだ村山の壮絶な人生を描く。羽生善治など同世代の棋士との闘いや、周りの人たちの愛を通して描かれる。
監督:森義隆 出演:松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、竹下景子(村山トミコ)、リリー・フランキー(森信雄)、ほか

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のネタバレあらすじ結末

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の紹介:2015年アメリカ映画。名作「ローマの休日」を書いた脚本家の半生を描いた伝記映画です。しかし、トランボはハリウッドから長い間、追放されていました。何故でしょう?それは、時代のせいでした。彼は他の数千人の人々同様、「赤狩り」の犠牲者だったのです。アメリカは自由の国と言われますが、それは勝ち取って掴み取った物。建国時の独立戦争の時から、銃で戦っていたため、未だに銃を手放せず、銃犯罪が絶えません。アメリカは建国から240年、未だに間違い続けることも多いですが、それでも正しい選択をした人もいて、その苦悩と葛藤の日々から得た結論は感動します。
監督:ジェイ・ローチ 出演:ブライアン・クランストン(ダルトン・トランボ)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(ヴァージル・ブルックス)、ルイス・C・K(アーレン・ハード)、デヴィッド・ジェームズ・エリオット(ジョン・ウェイン)、エル・ファニング(ニコラ・トランボ)、ほか

「ゲゲゲの女房」のネタバレあらすじ結末

ゲゲゲの女房の紹介:2010年日本映画。漫画家・水木しげるの妻・武良布枝が執筆した自伝『ゲゲゲの女房』を原作にした映画です。水木しげるが有名漫画家になるまでの苦楽の夫婦生活を描いた作品です。水木しげる役は、監督や脚本家として活躍する「クドカン」こと、宮藤官九郎が演じています。監督の鈴木卓爾はこの作品で第25回高崎映画祭・最優秀監督賞、主演・吹石一恵は最優秀主演女優賞を受賞しました。主演・吹石一恵はこの作品で、おおさかシネマフェスティバル2011の主演女優賞も受賞しました。
監督:鈴木卓爾 出演:吹石一恵(武良布枝)、宮藤官九郎(武良茂)、村上淳(金内志郎(茂の家を間借りする絵描き))、坂井真紀(田所初枝(布枝の姉))、徳井優(ぬらりひょん)、南果歩(武良琴江(茂の母))、ほか

「J・エドガー」のネタバレあらすじ結末

J・エドガーの紹介:2011年アメリカ映画。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の知られざる半生記。隠し通した真実と愛を描く。
監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー)、ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンディ)、アーミー・ハマー(クライド・トルソン)、ジョシュ・ルーカス(チャールズ・リンドバーグ)、ジュディ・デンチ(アニー・フーバー)、ほか

1 2 3 4
TOP↑