ドラマ映画のネタバレ

「ランナウェイ・ブルース」のネタバレあらすじ結末

ランナウェイ・ブルースの紹介:2012年アメリカ映画。アメリカのリノで生活している弟のフランクと兄ジェリー・リーは、亡くなった母の遺言どおり、いつまでも2人で助け合うことを誓っている。ある日、兄のジェリー・リーが車で少年をひいてしまう。警察の追及から逃れるため、弟は兄を連れ出す。2人はフランクの元恋人であるアニーを頼ってエルコという街に向かう兄弟の逃避行が始まる。
監督:アラン・ポルスキー、ガブリエル・ポルスキー 出演:エミール・ハーシュ(フランク)、スティーヴン・ドーフ(ジェリー・リー)、ダコタ・ファニング(アニー)ほか

「フラワーショウ!」のネタバレあらすじ結末

フラワーショウ!の紹介:2014年アイルランド映画。エリザベス女王が総裁を務める、世界最高峰のチェルシー・フラワーショーで雑草とサンザシの木という型破りな庭園を作り上げ、最年少で金賞を受賞した実在のガーデンデザイナーメアリー・レイノルズの物語。
監督:ヴィヴィアンヌ・ドゥ・クルシ 出演:エマ・グリーンウェル(メアリー・レイノルズ)、トム・ヒューズ(クリスティ)、クリスティーン・マルツァーノ(シャーロット)、ほか

「ファウスト (2011年)」のネタバレあらすじ結末

ファウストの紹介:2011年ロシア映画。ゲーテの傑作ファウストを翻案に、ロシアの巨匠ソクーロフが独自の映像美で送る新たなファウストがここに誕生する。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:ヨハネス・ツァイラー(ハインリヒ・ファウスト)、アントン・アダシンスキー(マウリツィウス・ミュラー(高利貸))、イゾルダ・ディシャウク(マルガレーテ)、ゲオルク・フリードリヒ(ワーグナー)、ハンナ・シグラ(高利貸の“妻”)

「坊っちゃん(2016年)」のネタバレあらすじ結末

坊っちゃんの紹介:2016年日本。夏目漱石の作品を嵐の二宮和也主演でスペシャルドラマ化。聞かん子で無鉄砲の坊っちゃんが様々な経験をし、大人になっていく様子を描きます。
出演:二宮和也、松下奈緒、古田新太、八嶋智人、山本耕史、及川光博、ほか

「最後の約束(2009年)」のネタバレあらすじ結末

最後の約束の紹介:2009年日本。嵐の5人が出演する作品。5人が一つの目的を持ってそれぞれの役目を果たし、最後の約束が果たされるよう見届けます。時限爆弾が仕掛けられているというビルの中で、ドキドキしながら、そして嵐の5人を楽しみながら見れる作品です。
出演:大野智(益子 悟)、櫻井翔(富澤友紀夫)、相葉雅紀(棚田 昭)、二宮和也(山際修司)、松本潤(後藤 望)、ほか

「つぐない」のネタバレあらすじ結末

つぐないの紹介:2007年イギリス映画。イギリス人作家イアン・マキューアンの小説「贖罪」を映画化した恋愛映画です。官僚の娘であるセシーリアとその使用人の息子であるロビーとの身分の差を越えて結ばれますが、セシーリアの妹無頼おニーによる偽りの証言で、二人は別れ離れになってしまいます。再会を夢見る二人と、自分の責任を感じるブライオニーの心を繊細に描いた作品です。
監督:ジョー・ライト 出演者:キーラ・ナイトレイ(セシーリア)、ジェームズ・マカヴォイ(ロビー)、シアーシャ・ローナン(ブライオニー)ほか

「雁の寺」のネタバレあらすじ結末

雁の寺(がんのてら)の紹介:1962年日本映画。水上勉の直木賞受賞作を映画化。捨て子だった見習い僧が憎悪をたぎらせ、殺人者へと転落してゆく姿を陰鬱なモノクロ映像によって描いている。タイトルバックとラストのシークエンスのみが華やかなカラー撮影となっている。
監督:川島雄三 出演:若尾文子(桐原里子)、高見國一(堀之内慈念)、三島雅夫(北見慈海)、山茶花究(雪州)

「処女の泉」のネタバレあらすじ結末

処女の泉の紹介:1960年スウェーデン映画。巨匠ベルイマンが珍しく他人の脚本を映画化。代表作のひとつとされている。「羅生門」の影響を受けた強姦シーンが話題となった。アカデミー外国語映画賞を始め、多くの賞を受賞。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー(主人・テーレ)、ビルギッタ・ヴァルベルイ(その妻・メレータ)、グンネル・リンドブロム(養女・インゲリ)、ビルギッタ・ペテルソン(娘・カリン)ほか

「レインマン」のネタバレあらすじ結末

レインマンの紹介:1988年アメリカ映画。中古車のディーラーの仕事をするチャーリーは、長年恨んでいた父親の訃報を聞く。葬儀の際、父親の遺言状を聞き、自分の兄レイモンドが財産を受け取ることを知る。レイモンドは重度の自閉症患者で、長い間専門の病院に入院していた。チャーリーはレイモンドの後見人になって、財産を横取りしようとたくらむ。しかし、チャーリーはレイモンドの不思議な力を知る。障がいと兄弟愛をシリアスに取り扱った話題作。
監督:バリー・レヴィンソン
出演者:ダスティン・ホフマン(レイモンド・バビット)、トム・クルーズ(チャーリー・バビット)、ヴァレリア・ゴリノ(スザンナ)、ボニー・ハント(サリー・ディブス)、ジェリー・モレン(Dr. ブルーナー)、ジャック・マードック(ジョン・ムーニー)ほか

「祈りのちから」のネタバレあらすじ結末

祈りのちからの紹介:2015年アメリカ映画。牧師でもあるというアレックス・ケンドリック監督による、「祈り」をテーマにした作品。スター俳優が一人も出演していないにも関わらず、大ヒットを記録した。生きることに悩み苦しむ女性が、キリスト教の教えを学んでいくうちに、新しい自分に生まれ変わるという「再生」の物語。
監督:アレックス・ケンドリック 出演:プリシラ・シャイラー(エリザベス)、T・C・ストーリングズ(トニー)、カレン・アバクロンビー(クララ)、アレックス・ケンドリック(コールマン)、マイケル・Jr(マイケル)、ほか

「羅生門」のネタバレあらすじ結末

羅生門の紹介:1950年日本映画。ヴェネチア映画祭で金獅子賞を獲得し、黒澤明監督、ひいては日本映画全体が国際的に注目されるきっかけとなった名作。芥川龍之介の短篇「藪の中」を橋本忍が脚色。それに黒澤監督が「羅生門」の要素を書き加え、長編とした。名脚本家・橋本忍にとっても映画界へのデビュー作となった。
監督:黒澤明 出演:三船敏郎(多襄丸)、森雅之(金沢武弘)、京マチ子(真砂)、志村喬(杣売り)、千秋実(旅法師)ほか

「東京物語」のネタバレあらすじ結末

東京物語の紹介:1953年日本映画。小津安二郎の代表作で、批評家によるオールタイム・ベストに何度も選出された映画史上の名作。この作品にインスパイアされた映画も多数作られた。今村昌平が助監督を務めている。
監督:小津安二郎 出演:笠智衆(平山周吉)、東山千栄子(平山とみ)、原節子(紀子)、杉村春子(金子志げ)、山村聡(平山幸一)ほか

「雨のなかの女」のネタバレあらすじ結末

雨のなかの女の紹介:1969年アメリカ映画。当時29歳のコッポラ監督が即興的な演出を交え、全編ロケーションで撮影したロード・ムービー。一部の批評家の絶賛を浴びた。また、メイキングのドキュメンタリーをジョージ・ルーカスが撮影。両監督の長年の交友のきっかけともなった。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:シャーリー・ナイト(ナタリー)、ジェームズ・カーン(ジミー・キルギャノン)、ロバート・デュヴァル(ゴードン)、マーヤ・ジメット(ロザリー)ほか

「恋せども、愛せども」のネタバレあらすじ結末

恋せども、愛せどもの紹介:2007年日本映画。血の繋がらない姉妹、母、祖母という4人家族が、仕事や恋など、うまくいかない現状に直面しながらも、家族で支えあいながら強く生きていこうとする姿を温かく描いたヒューマン・ドラマ。唯川恵の同名小説が原作となっています。
監督:堀川とんこう 出演者:長谷川京子(雪緒)、京野ことみ(理々子)、壇ふみ(篠)、岸蕙子(音羽)、ほか

「ドクター」のネタバレあらすじ結末

ドクターの紹介:1991年アメリカ映画。外科医マッキーは、仕事も家庭も良好で順風満帆の日々を過ごしていた。彼は患者に感情移入をせず、事務的に診療をする医師だったがある日、自らが喉頭ガンを患っている事を知る。その治療生活を過ごす中で、自分という医者がどの様に患者に接していたかを知り、人間として変わっていく。医師としてのあり方をテーマに、家族の絆、友情と別れ、そして再生を描くヒューマンドラマ。
監督:ランダ・ヘインズ 出演者:ジャック・マッキー(ウィリアム・ハート)、アン・マッキー(クリスティーン・ラーティ)、ジューン(エリザベス・パーキンス)、ブルムフィールド(アダム・アーキン)、マーレイ(マンディ・パティンキン)、レスリー・アボット(ウェンディ・クルーソン)

1 2 3 4 5 6 34
TOP↑