ドラマ映画のネタバレ

「アルバート氏の人生」のネタバレあらすじ結末

アルバート氏の人生の紹介:2011年アイルランド映画。女性の独り身での自活の道が閉ざされていた19世紀のアイルランドを舞台に性別を偽り生きるある女性の苦難の道を描いた作品。アメリカの女優グレン・クローズが主演、第24回東京国際映画祭で主演女優賞を受賞、第84回アカデミー賞など各賞ノミネート多数。
監督:ロドリゴ・ガルシア 出演者:グレン・クローズ、ジャネット・マクティア、ミア・ワシコウスカ、アーロン・ジョンソンほか

「ダンサーインザダーク」のネタバレあらすじ結末

ダンサーインザダークの紹介:2000年デンマーク映画。1960年代アメリカ。セルマは息子のジーンを一人で働きながら育てていた。理解と愛情を持つ人に囲まれ満ち足りた生活を送っていたが、彼女は遺伝性の病気で視力が失われつつあり、息子のジーンも手術を受けないと同じ運命を辿ってしまう。そのため内職もしてジーンの手術費用を稼いでいたが、ある日工場を解雇され、貯金まで盗まれていた…。ダンサーインザダークでは歌手ビョークが主役をつとめ、その美しい音楽と、ストーリーの救いのなさ、衝撃的な結末ゆえに賛否両論に評価の割れた問題作。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演者:セルマ・イェスコヴァ(ビョーク) キャシー(カトリーヌ・ドヌーヴ) ビル (デヴィッド・モース) ジェフ (ピーター・ストーメア)

「ザ・ウォーク」のネタバレあらすじ結末

映画ザ・ウオークの紹介:2015年アメリカ映画。縄渡りに魅了された少年が、1972年当時、世界一の高さを誇るワールド・トレード・センターの2つのタワーの間を命綱なしに綱渡りしたいという壮大な夢を実現した実話からうまれた作品。超高層階の高さからニューヨークの町を見下ろす主人公の目線を映像化することにより、手に汗を握ることなしには見れない作品です。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:フィリップ・プティ(ジュセフ・ゴードン=レヴィット)、ルディ(ベン・キングスレー)、アニー・アリックス(シャルロット・ルボン)、ジャン・ルイス(クレメント・シボミー) 、ジェフ(チェーザレ・ドンボーイ)

「息もできない」のネタバレあらすじ結末

息もできないの紹介:2008年韓国映画。取り立て屋の主人公、キム・サンフンと女子高生のヨニの恋愛ストーリーです。取り立て屋のリアルな描写とその男の心をひく女子高生が恋にはまっていくところが見所です。
監督・主演:ヤン・イクチュン 出演者:キム・コッピ、チョン・マンシク、オ・ジョンセ
パク・ビョンウンほか

「オカンの嫁入り」のネタバレあらすじ結末

オカンの嫁入り(おかんのよめいり)の紹介:2010年日本映画。母と娘の強い絆を描いたヒューマン・ドラマ。母親の末期がんという重いテーマを扱いながらも、コメディタッチで重くなりすぎることなく描かれており、笑いあり、涙ありの心温まる作品となっています。
監督:呉美保 出演者:宮崎あおい(月子)、大竹しのぶ(陽子)、桐谷健太(研二)、絵沢萌子(大家)ほか

「ナッシュビル」のネタバレあらすじ結末

ナッシュビルの紹介:1975年アメリカ映画。巨匠ロバート・アルトマンが、アメリカの音楽事情を群像劇で皮肉たっぷりに描き出す。はたして最後にマイクを手にする歌手は誰か?
監督:ロバート・アルトマン 出演:ヘンリー・ギブソン、リリー・トムソン、ロニー・ブレイクリー、グウェン・ウェルズ、シェリー・デュヴァル、キーナン・ウィンバーバラ・ハリス、スコット・グレンほか

「美しい絵の崩壊」のネタバレあらすじ結末

美しい絵の崩壊の紹介:2013年オーストラリア,フランス映画。互いの息子と関係を持ってしまった親友のリルとロズ。いつか飽きるだろうと思っていた四人の関係は思わぬ方転がり始める。
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:ナオミ・ワッツ、ロビン・ライト、ゼイビア・サミュエル、ジェームズ・フレッシュビル、ベン・メンデルソーンほか

「グース」のネタバレあらすじ結末

グースの紹介:1996年アメリカ映画。日本公開は1997年1月。カナダの彫刻家リッシュマンの実体験に基づき、グースたちの「渡り」に挑んだ父娘の冒険と絆を描いた物語。原題「Fly Away Home」。
監督:キャロル・バラード 出演:アンナ・パキン、ジェフ・ダニエルズ、ダナ・デラニー他

「秘密の花園(1993)」のネタバレあらすじ結末

秘密の花園(1993)の紹介:1993年アメリカ映画。「小公女」、「小公子」で有名なバーネット作の同名小説を、「ドラキュラ」のフランシス・フォード・コッポラ製作総指揮で映像化。心を閉ざした少女メアリーが、荒れ果てた花園の再生を通して自身と周囲を変えていく物語。
監督:アグニエシュカ・ホランド 出演:ケイト・メイバリー、ヘイドン・プラウス、アンドリュー・ノット、マギー・スミス 他

「FOUJITA フジタ」のネタバレあらすじ結末

FOUJITA フジタの紹介:2015年日本,フランス映画。乳白色の使い手としてパリの名をはせた日本人画家、藤田嗣治。戦時下の日本においては戦争画家となった。その波乱の人生をフランスと日本二つの視点で描く。
監督:小栗康平 出演:オダギリジョー(藤田嗣治)、中谷美紀(君代)、アナ・ジラルド(ユキ)、アンジェル・ユモー(キキ)、マリー・クレメール(フェルナンド)、加瀬亮(寛治郎)ほか

「虹をつかむ男」のネタバレあらすじ結末

虹をつかむ男の紹介:1996年日本映画。就職試験に失敗して家を飛び出した、平山亮は四国の徳島の光町で今にも潰れそうな映画館オデオン座で働くことになり、オーナーの
活っちゃんに振り回されるが、映画に対する情熱と町の人々の人情に触れて、段々と感化されていく、人情コメディーです。
監督:山田洋次 出演:西田敏行(白銀活男)、吉岡秀隆(平山亮)、田中裕子(十成八重子)、倍賞千恵子(平山春子)、田中邦衛(常さん)ほか

「悪童日記」のネタバレあらすじ結末

悪童日記の紹介。2013年ドイツ、ハンガリー映画。映像化は難しいと思われていたアゴタ・クリストフの悪童日記に挑戦状。第2次世界大戦下を生きた双子の日記を通して世界を見つめる衝撃作品。両親と離れ見知らぬ村に預けられた少年たちが日々激化する戦いの中で自分たちのルールに従い厳しい状況に追い込んでいく姿を描く。スクリーンに綴られる「ぼくら」の見た真実とは何か?
監督/ヤノーシュ・サース 出演/アンドラーシュ・ジェーマント、ラースロー・ジェーマント、ピロシュカ・モルナール、ウルリッヒ・トムセン、ウルリッヒ・マテス、オルソルヤ・トス、ザビン・タンブレア、ペーター・アンドライほか

「メイジーの瞳」のネタバレあらすじ結末

メイジーの瞳の紹介;2012年アメリカ映画。両親の離婚に翻弄される幼い少女の視点から家族とは何かを描いたヒューマンドラマ。メイジーの親権を争う両親と恋人たち。大人たちの身勝手に振り回されるメイジーの瞳は何を見つめているのか。幼いメイジーに迫られた選択とは?
監督/スコット・マクギー 出演/ジュリアン・ムーア、アレクサンダー・スカルスガルド、オナタ・アプリール、ジョアンナ・バンダーハム、スティーブ・クーガン

「幸せへのキセキ」のネタバレあらすじ結末

幸せへのキセキの紹介:2011年アメリカ映画。コラムニストのベンジャミン・ミーは、妻を亡くして生きがいを失っていた。息子との関係も最悪になってしまった。そんな環境から抜け出し人生と家庭を修復する為に仕事を辞めて街外れの広大な家を購入する。しかし、その土地に付属していたものは、赤字経営の動物園であった。亡き妻から贈られた財産と飼育院の熱意と再開を楽しみにする住民の励ましで動物園を再開する。そして生きがいと家族のきずなを取り戻した実際の物語をコメディータッチで描いたヒューマンドラマです。
監督:キャメロン・クロウ 出演:マット・デイモン(ベンジャミン・ミー)、スカーレット・ヨハンソン(ケリー・フォスター)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(ダンカン・ミー)、コリン・フォード(ディラン・ミー)、マギー・エリザベス・ジョーンズ(ロージー・ミー)他

「幸福の黄色いハンカチ」のネタバレあらすじ結末

幸福の黄色いハンカチ(しあわせのきいろいハンカチ)の紹介:1977年日本映画。恋人に振られて、北海道に衝心旅行に来た花田欽也と、同じく恋人を盗られた小川朱美と刑務所から出たばかりの島勇作の三人が偶然出会い、島勇作の元妻に会いに行くまでの葛藤を描いた人間味たっぷりの映画幸福の黄色いハンカチです。
監督:山田洋次 出演:高倉健(島勇作),倍賞千恵子(島光枝),桃井かおり(小川朱美),武田鉄矢(花田欽也),渥美清(警察の渡辺係長)ほか

1 28 29 30 31 32 33 34 35 36 41
TOP↑