ドラマ映画のネタバレ

「嘆きの天使」のネタバレあらすじ結末

嘆きの天使の紹介:1930年ドイツ映画。アメリカで名声を得たウィーン生まれのスタンバーグ監督がヨーロッパに里帰りして作り上げた傑作。当時無名だったマレーネ・ディートリヒが一躍スターダムにのし上がり、スタンバーグとは公私共にコンビとなる。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演:エミール・ヤニングス(イマヌエル・ラート)、マレーネ・ディートリッヒ(ローラ)、クルト・ゲロン、ハンス・アルベルス、ほか

「招かれざる客」のネタバレあらすじ結末

招かれざる客の紹介:1967年アメリカ映画。人種差別の問題をディスカッション・ドラマの形で描いた異色作。アカデミー署の主演女優賞、脚本賞を受賞。シドニー・ポワチエとスタンリー・クレイマー監督のコンビ作としては「手錠のまゝの脱獄」以来となる。
監督:スタンリー・クレイマー 出演:スペンサー・トレイシー(マット・ドレイトン)、シドニー・ポワチエ(ジョン・プレンティス)、キャサリン・ヘプバーン、キャサリン・ホートン、ほか

「劔岳 点の記」のネタバレあらすじ結末

劔岳 点の記(つるぎだけ てんのき)の紹介:2008年日本映画。この作品は、明治時代末期に日本地図を完成させるために、陸軍陸地測量部(現在の国土地理院)により実際に北アルプスの立山連峰で行われた山岳測量計画を、信念と勇気をもち多難な山岳測量に挑んだ男たちを描いた新田次郎の同名小説を原作とした感動のヒューマンドラマ映画です。第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第52回ブルーリボン賞作品賞など多数の賞を受賞した作品でもあります。
監督:木村大作 出演:浅野忠信(柴崎芳太郎(陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、香川照之(宇治長次郎(測量隊案内人))、松田龍平(生田信(陸軍参謀本部 陸地測量部測夫))、宮崎あおい(柴崎葉津よ(柴崎芳太郎の妻))、小澤征悦(玉井要人(日本陸軍大尉))、石橋蓮司(岡田佐吉(立山温泉の宿の主人))、國村隼(矢口誠一郎(日本陸軍中佐))、役所広司(古田盛作(元陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、ほか

「セレブリティ」のネタバレあらすじ結末

セレブリティの紹介:1998年アメリカ映画。セレブリティの世界の内情をシニカルに描いたブラックユーモア満載の人間ドラマ。人生の皮肉を描くのが得意なウッディ・アレンの本領が存分に発揮された作品に仕上がっています。作中では多くのセレブリティが登場し、豪華なキャスト陣も作品の目玉となっています。
監督:ウディ・アレン 出演:ケネス・ブラナー、ジュディ・デイヴィス、レオナルド・ディカプリオ、メラニー・グリフィス、ジョー・マンテーニャ、ウィノナ・ライダー、
シャーリーズ・セロン ほか

「ゆれる」のネタバレあらすじ結末

ゆれるの紹介:2006年日本映画。この作品は、西川美監督・原案・脚本の映画で、キャチコピーは「あの橋を渡るまでは、兄弟でした」、キャッチフレーズは「兄と僕は、どこかでつながっている、思っていました、これまでは。」という旧知の女性の転落死から裁判になる兄弟の姿を描いたヒューマン・サスペンスドラマです。第28回ヨコハマ映画祭作品賞、第49回朝日ベストテン映画祭日本映画1位、第61回毎日映画コンクール日本映画大賞など、数多くの賞を受賞した作品です。この作品で主演のオダギリジョーは、第30回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を、香川照之は優秀助演男優賞を受賞しました。
監督:西川美和 出演:オダギリジョー(早川 猛)、香川照之(早川 稔)、伊武雅刀(早川 勇)、新井浩文(岡島洋平)、真木よう子(川端智恵子)、ほか

「レインメーカー」のネタバレあらすじ結末

レインメーカーの紹介:1997年アメリカ映画。原作はジョン・グリシャムの『原告側弁護人』。苦学して弁護士になった若者ルディは、紆余曲折あり医療保険未払いを巡る民事裁判を引き受ける。初の裁判が依頼人は瀕死の白血病患者で世間を左右するような大仕事となる。危急存亡の秋に雨乞い師に頼み込むように、ルーディは依頼人に大金の雨を降らす弁護士、レインメーカーになれるだろうか。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マット・デイモン(ルーディ・ベイラー)、クレア・デインズ(ケリー・ライカー)、ジョン・ヴォイト(レオ・F・ドラモンド)、ダニー・デヴィート(デック・シフレット)、ほか

「ジュリー&ジュリア」のネタバレあらすじ結末

ジュリー&ジュリアの紹介:2009年アメリカ映画。初めて英語版のフランス料理本を執筆し大ベストセラーを成し遂げた女性ジュリア・チャイルドと、その料理レシピを再現することで小説家になるという夢を成し遂げた女性ジュリー・パウエルの挑戦と成功するまでの軌跡を描いた感動作。夢を抱くすべての女性を応援する、ハッピーで心温まる作品となっています。
監督:ノーラ・エフロン 出演者:メリル・ストリープ(ジュリア・チャイルド)、エイミー・アダムス(ジュリー・パウエル)、スタンリー・トゥッチ(ポール・チャイルド)、クリス・メッシーナ(エリック・パウエル)、ほか

「美しすぎる母」のネタバレあらすじ結末

美しすぎる母の紹介:2007年スペイン,フランス,アメリカ映画。富豪の家庭で起こった息子による母親殺害事件。そこにいたるまでのスキャンダラスな内容を描いた衝撃作。実話を基にしたエドガー賞受賞作「SAVAGE GRACE」を映画化。
監督:トム・ケイリン 出演:ジュリアン・ムーア(バーバラ・ベークランド)、スティーヴン・ディレイン(ブルックス・ベークランド)、エディ・レッドメイン(アントニー・ベークランド)、エレナ・アナヤ(ブランカ)、ヒュー・ダンシー(サム・グリーン)、ほか

「31年目の夫婦げんか」のネタバレあらすじ結末

31年目の夫婦げんかの紹介:2012年アメリカ映画。結婚31年目の夫婦が冷め切った夫婦関係を修復しようとカウンセリングを受け、互いを思いやって愛する心を取り戻すまでをユーモアを交えて描いた感動作。
監督:デヴィッド・フランケル 出演:メリル・ストリープ(ケイ・ソームズ)、トミー・リー・ジョーンズ(アーノルド・ソームズ)、スティーヴ・カレル(バーナード・フェルド医師)、ほか

「誘惑のアフロディーテ」のネタバレあらすじ結末

誘惑のアフロディーテの紹介:1995年アメリカ映画。養子に迎えた子供の実の母親が知りたいという好奇心から、予期せぬ泥沼にはまっていく主人公の姿をシニカルに描いた傑作コメディ。ハッピーエンドの結末に秘められた皮肉な真実は、滑稽ながらも、どこか憎めない人間愛に溢れており、見終わった後に温かい気持ちになれる作品です。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(レニー)、ヘレナ・ボダム=カーター(アマンダ)、ミラ・ソルヴィノ(リンダ)、マイケル・ラパポートほか

「神様からひと言」のネタバレあらすじ結末

神様からひと言の紹介:2006年日本映画。花形の本社勤務から、地味なクレーム処理の部署に異動させられた主人公が、クレーム処理に奮闘する中で、人間的に成長していく姿をコメディタッチで描いたお仕事ムービー。荻原浩のベストセラー小説が原作となっています。
監督:古厩智之 出演:伊藤淳史(涼介)、陣内孝則(篠崎)、原沙知絵、田山涼成ほか

「海賊とよばれた男」のネタバレあらすじ結末

海賊とよばれた男の紹介:2016年日本映画。百田尚樹のベストセラー小説「海賊とよばれた男」を実写映画化。明治~昭和にかけて幾多もの困難を乗り越え、石油事業に尽力した国岡鐡造(出光興産の創業者:出光佐三がモデル)の生き様を、戦後復興や世界市場を牛耳る石油会社との闘いを軸にストーリーが展開する。
監督:山崎貴 原作:百田尚樹 出演:岡田准一(国岡鐡造)、吉岡秀隆(東雲忠司)、染谷将太(長谷部喜雄)、鈴木亮平(武知甲太郎)、ピエール瀧(藤本壮平)、綾瀬はるか(ユキ)、堤真一(盛田辰郎)、近藤正臣(木田章太郎)、國村隼(鳥川卓巳)ほか

「最後の人」のネタバレあらすじ結末

最後の人の紹介:1924年ドイツ映画。巨匠ムルナウ監督の代表作のひとつ。「メトロポリス」などで知られるカール・フロイントの撮影が見事な効果を上げ、ドイツの無声映画の傑作として映画史に残る作品となっている。主演はこの時期のドイツ映画を代表する名優エミール・ヤニングス。
監督:F・W・ムルナウ 出演:エミール・ヤニングス(ドアマン)、マリー・デルシャフト(娘)、マックス・ヒラー、エミリー・クルツ、ほか

「波止場」のネタバレあらすじ結末

波止場の紹介:1954年アメリカ映画。ギャングに牛耳られるニュヨークの湾岸労働者の実態をドキュメンタリータッチで描いた名作。エリア・カザン監督が赤狩りの際の自らの証言行為を正当化しようとした作品とも言われる。アカデミー賞では作品、監督はじめ8部門で受賞。
監督:エリア・カザン 出演:マーロン・ブランド(テリー)、エヴァ・マリー・セイント(イディ)、リー・J・コッブ(ジョニー)、ロッド・スタイガー(チャーリー)、ほか

「野いちご」のネタバレあらすじ結末

野いちごの紹介:1957年スウェーデン映画。ベルイマン監督の代表作のひとつで、映画史上のオールタイム・ベストに選ばれる古典。幻想と現実が重なって描かれる手法は後の監督に大きな影響を及ぼした。特にウディ・アレンは非公式に「私の中のもうひとりの私」としてリメイクした。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:ヴィクトル・シェストレム(イサク教授)、イングリッド・チューリン(マリアンヌ)、グンナール・ビョルンストランド、ビビ・アンデショーン、ほか

1 41 42 43 44 45 46 47 48 49 74
TOP↑