SF映画のネタバレ

「ミッショントゥマーズ」のネタバレあらすじ結末

ミッショントゥマーズの紹介:2000年アメリカ映画。アメリカのNASAが全面協力して実現した火星の姿とともに不思議な現象に出会ってしまうクルーの姿を描いた作品で、壮大な物語が展開されます。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演者:ゲイリー・シニーズ、ティム・ロビンス、ドン・チードル、コニー・ニールセンほか

「銀河ヒッチハイク・ガイド」のネタバレあらすじ結末

銀河ヒッチハイク・ガイドの紹介:2005年アメリカ,イギリス映画。イギリス人作家、ダグラス・アダムス作のSFシリーズ第1作目を2005年に映画化。映画開始数分で地球が滅び、宇宙を舞台に大規模な突拍子もないストーリーが展開されていく。Sherlockで一躍脚光を浴びたマーティン・フリーマンが主演を務めるコメディ作品。
監督:ガース・ジェニングス 出演:アーサー・フィリップ・デント(マーティン・フリーマン)、ザフォド・ビーブルブロックス(サム・ロックウェル)、トリリアン(ズーイー・デシャネル)、マーヴィン(演:ワーウィック・デイヴィス、声:アラン・リックマン)ほか

「スターウォーズ/フォースの覚醒」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ /フォースの覚醒(エピソード7)の紹介。2015年アメリカ映画。スターウォーズ7番目の物語で新3部作の始まりの作品。スターウォーズシリーズ前作の公開から10年ぶりとなる今作はエピソード6から30年後の世界が舞台となる。
監督:J・J・エイブラムス キャスト:デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボヤーガ(フィン)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア姫)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒューマーク(チューバッカ)、ハミル(ルーク)ほか

「E.T.」のネタバレあらすじ結末

E.T.の紹介:1982年アメリカ映画。アメリカのある杉林に球形の光る宇宙船が着糸下。彼らは地球の植物を採取するために来たのだが、一人だけ取り残されてしまう。子供たちに見つかるが大人には知らせず友達になる。名前をET(イーティー)と名づけて、政府の機関から守り宇宙に返そうとする・ファンタジーSF映画です。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ヘンリー・トーマス(エリオット)、ドリュー・バリモア(ガーティ)、ロバート・マクノートン(マイケル)、ディー・ウォレスキーズ)(メアリー)、ピーター・コヨーテ(キーズ)他

「ブレードランナー」のネタバレあらすじ結末

ブレードランナーの紹介:1982年アメリカ映画。舞台は2019年― 人類は宇宙へと進出し、開拓・移住が推し進められている近未来。未開の惑星で危険な作業に従事させるため、レプリカントと呼ばれるアンドロイドが作られ過酷な環境で奴隷のように酷使されていた。見かけは人間そっくりだが感情というものを持たないはずの人造人間レプリカント。だが、彼らの中から人間と同じように感情を持ち、独立しようと反乱を起こす個体が現れた。人間の中に紛れ込んだレプリカントを見つけ出し処分するための専門の捜査官「ブレードランナー」と、自由を求めて人類へ戦いを挑んだレプリカントとの戦いを描いたSF映画の金字塔『ブレードランナー』。
監督:リドリー・スコット 出演:ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤングほか

「レッド プラネット」のネタバレあらすじ結末

レッド プラネットの紹介:2000年アメリカ映画。地球環境汚染と火星の移住をテーマにした映画で、科学的考察を含めて映画化し、地球を離れて火星に行くクルーの活躍を描く作品となっています。
監督:アントニー・ホフマン 出演者:ヴァル・キルマー、キャリー・アン・モス、トム・サイズモア、テレンス・スタンプほか

「時計じかけのオレンジ(1971)」のネタバレあらすじ結末

時計じかけのオレンジの紹介:1971年イギリス映画。近未来のロンドンを舞台に、個人の暴力と管理社会のせめぎ合いを描き、その中に近代国家への痛烈な皮肉を込めた、キューブリックの傑作SF。
監督・スタンリー・キューブリック 出演・マルコム・マクダウェル/パトリック・マギー/マイケル・ベイツほか

「バックトゥザフューチャー3」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3の紹介:1990年アメリカ映画。人気シリーズバックトゥザフューチャー3作目で完結編。前作「バックトゥザフューチャー2」から話は続きます。1955年のドクに隠してあったデロリアンを修理してもらうと、1885年へとタイムトラベルしてしまったドクを助けに行く為に、今度は開拓時代の西部へと一人旅立つマーティは、そこで現代に戻る為に様々な苦労をすることに。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビュフォード・タネン)、メアリー・スティーンバージェン(クララ・クレイトン)ほか

「バックトゥザフューチャー2」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 の紹介:1989年アメリカ映画。1955年からやっと現代に戻って来たマーティのもとに、未来へと旅立ったドクが現れ「未来へ一緒に来て欲しい」と頼まれる。今度は未来のマーティの子供に問題が起きている事を知り、ジェニファーも一緒にデロリアンに乗り未来へと旅立つ。今回の物語は未来と過去を行き来する壮絶な旅になる。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ三部作として、三作目と同時に制作されていた作品。今作では2015年の未来が舞台であり、実際に2015年を迎えた事から、様々なイベントが開かれた。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン/グリフ・タネン)、エリザベス・シュー(ジェニファー・パーカー)ほか

「バックトゥザフューチャー」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーの紹介:1985年アメリカ映画。1985年ブラウン博士により一台のデロリアンがタイムマシーンへと作り変えられた。その実験に成功しまさに歴史的瞬間を目の当たりにした博士のドクとマーティの前に、過激派が現れドクが撃たれてしまう。テロリストから逃げる為にデロリアンへと乗ったマーティは、過去へとタイムトラベルしてしまうのである。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン)、リー・トンプソン(ロレイン・ベインズ・マクフライ)、クリスピン・グローヴァー(ジョージ・マクフライ)、クローディア・ウェルズ(ジェニファー・パーカー)ほか

「ダイバージェント」のネタバレあらすじ結末

ダイバージェントの紹介:2014年アメリカ映画。ヴェロニカ ロス氏が書いたダイバージェント 異端者を原作とした映画で、終末世界における異端者の戦いをアクション満載で描いた作品です。
監督:ニール・バーガー 出演:シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アンセル・エルゴート、ジェイ・コートニーほか

「トランセンデンス」のネタバレあらすじ結末

トランセンデンスの紹介:2014年アメリカ映画。ジョニーデップが人工知能に扮した映画で、人工知能が巻き起こす恐怖とその後の荒廃した地球が素晴らしい映像美の中描かれています。
監督:ウォーリー・フィスター 出演:ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、ケイト・マーラほか

「X-MEN:フューチャー&パスト」のネタバレあらすじ結末

X-MEN:フューチャー&パストの紹介:2014年アメリカ映画。人気アメコミ映画、X-MEN7作目のシリーズで、今作では絶滅寸前の地球を救うために、唯一の不老不死のキャラクターであるウルヴァリンを過去に送り込むという内容になります。
監督:ブライアン・シンガー 出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスほか

「ウルヴァリン:SAMURAI」のネタバレあらすじ結末

ウルヴァリン:SAMURAIの紹介:2013年アメリカ映画。X-MEN6作目。人気アメコミ実写シリーズXメンのスピンオフ映画で、今作ではウルヴァリンが日本で体験した出来事をテーマにした作品となっており、日本で実際に撮影が行われました。
監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、イアン・マッケランほか

「X-MEN:ファーストジェネレーション」のネタバレあらすじ結末

X-MEN:ファーストジェネレーションの紹介:2011年アメリカ映画。超人気アメコミ原作の映画X-MENシリーズ5作目。「X-MEN:ファーストジェネレーション」はX-MENの序章ともいうべき作品であり、過去のX-MENシリーズからすべての人物が若返り、ミュータントの誕生秘話が描かれています。ウルヴァリンもチョイ役で登場します。
監督:マシュー・ヴォーン キャスト:ジェームズ・マカヴォイ(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX)、マイケル・ファスベンダー(エリック・レーンシャー/マグニートー)、ケヴィン・ベーコン(セバスチャン・ショウ)、ローズ・バーン(モイラ・マクタガート)、ジャニュアリー・ジョーンズ(エマ・フロスト)、ほか

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
TOP↑