SF映画のネタバレ

「オブリビオン」のネタバレあらすじ結末

オブリビオンの紹介:2013年アメリカ映画。新鋭の監督ジョセフ コシンスキーによる壮大なSF作品。トム クルーズが操縦するポッドは実際に作られたことが話題になりました。エイリアンの侵略で破壊された地球、人類は他の惑星に移住し、その後の荒廃した地球を舞台に監視のために地球に残る主人公を待ち受ける運命とは。
監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、メリッサ・レオ、アンドレア・ライズブローほか

「世界侵略: ロサンゼルス決戦」のネタバレあらすじ結末

世界侵略: ロサンゼルス決戦の紹介:2011年アメリカ映画。実際に第二次大戦にロサンゼルスで起きた出来事を元に、宇宙人の侵略からロサンゼルスを守る兵士たちを描いた作品です。宇宙人侵略を戦争映画のように作り上げています。
監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ラモン・ロドリゲス、ウィル・ロスハー、ミシェル・ロドリゲスほか

「スノーピアサー」のネタバレあらすじ結末

スノーピアサーの紹介:2013年韓国、アメリカ、フランス映画。韓国のポン ジュノ監督がフランスのコミックをもとに映画化した作品で、階級社会の列車で反乱を企てる人々を描きます。監督にとっては初めての英語作品となりました。
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ジェイミー・ベルほか

「インセプション」のネタバレあらすじ結末

インセプションの紹介:2010年アメリカ映画。夢の中に潜入し人間のアイデアを盗む(エクストラクト)人たちを描いた作品で、これまでの映画にはなかった重厚なストーリーに世界中が絶賛し、大ヒットを記録します。人生を取り戻すチャンス「インセプション」という難易度の高いミッションが与えられる。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ(コブ)、渡辺謙(サイトー)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(アーサー)、キリアン・マーフィ(ロバート・フィッシャー)、ほか

「ゼロ・グラビティ」のネタバレあらすじ結末

ゼロ・グラビティ(原題:Gravity)の紹介:2013年アメリカ映画。スペースシャトルで活動中、予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され絶望的な状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命と無重力の世界をスリリングに描く。すべてCGで宇宙の背景を作った作品で、宇宙の再現度が非常に高いことと、あり得る作品内容で世界的に大ヒットを記録し、見事アカデミー賞を受賞した作品です。
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック(ライアン・ストーン)、ジョージ・クルーニー(マット・コワルスキー)、エド・ハリス、エイミー・ウォレンほか

「ジュピター」のネタバレあらすじ結末

ジュピターの紹介:2015年アメリカ映画。マトリックスを手がけた監督兄妹が送り出したSF超大作で、監督はジュピターの制作にあたり、オデュッセイアとオズの魔法使いを参考にしました。しかし、アメリカでは興行的に大惨敗します。
監督:ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー 出演:ミラ・クニス、チャニング・テイタム、ショーン・ビーン、ダグラス・ブースほか

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター5:新起動/ジェニシス(原題: Terminator Genisys)の紹介:2015年アメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督が作り上げたSF映画の金字塔であるターミネーター5作目です。新たな発想で再映画化した新ターミネーター3部作の1作目です。アメリカでは酷評されましたが、各国ではネーミングバリューもあり、ターミネーター:新起動/ジェニシスは大ヒットを記録しました。
監督:アラン・テイラー 出演:(T-800)アーノルド・シュワルツェネッガー、(サラ・コナー)エミリア・クラーク、(ジョン・コナー)ジェイソン・クラーク、(カイル・リース )ジェイ・コートニー、(T-1000)イ・ビョンホン、(O’Brien)J・K・シモンズ、(Alex)マット・スミス、(Miles Dyson)コートニー・B・ヴァンスほか

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の紹介:2005年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズ6作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ3番目の時系列で、新三部作の完結編。この作品はカンヌ国際映画祭でも上映され、スターウォーズシリーズの集大成として作成された。アナキン・スカイウォーカーがダークサイドにおちる悲劇、ダース・ベイダーの誕生と銀河帝国の成立を描いて、大ヒットを記録します。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、サミュエル・L・ジャクソンほか

「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の紹介:2002年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ5作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ2番目の時系列で、今作は共和国に緊張が走る原因と、アナキンとパドメの禁断の恋や、クローン大戦を描いています。シリーズ中一番興行成績の低い作品として知られています。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、ペルニラ・アウグストほか

「スターウォーズ エピソード1/ファントムメナス」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード1/ファントムメナスの紹介:1999年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ4作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ1番目の時系列で、今作は全ての物語の始まりを描いており、ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)の少年時代を中心としたエピソード。社会現象となるほど世界中が熱狂の渦に巻き込まれました。
監督:ジョージ・ルーカス 出演:リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、イアン・マクダーミドほか

「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の紹介:1983年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ3作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスターウォーズ6番目の時系列。スターウォーズの旧三部作の完結編となり、本作ではついにダースベイダーとルークの父と子の関係性に焦点が深く当てられます。アカデミー賞特別業績賞を受賞しました。当初の副題は『ジェダイの復讐』で、後に『ジェダイの帰還』に変更された。1997年に最新のCG技術でシーンの差替えがされた『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇』が公開。
監督:リチャード・マーカンド 製作総指揮:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ、ビリー・ディー・ウィリアムズ、イアン・マクダーミドほか

「スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の紹介:1980年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ2作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスターウォーズ5番目の時系列。当時では珍しいCG技術を使って戦闘シーン等を撮影した映画で、さらに今作ではアカデミー賞音響賞を受賞しています。また、世界ポスターを日本人が担当しているという珍しい展開となっています。1997年に最新のCG技術でシーンの差替えがされた『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開されている。
監督:アーヴィン・カーシュナー 製作総指揮:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ、ビリー・ディー・ウィリアムズほか

「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード4/新たなる希望(STAR WARS EPISODE Ⅳ:A NEW HOPE)の紹介:1977年アメリカ映画。スターウォーズシリーズ1作目の実写版作品で公開当時のタイトルは「スターウォーズ」。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ4番目の時系列。1977年に公開された画期的なSF映画で、当時はマニアックとして捉えられていたSFジャンルを一気に娯楽大作として昇華させた功績が非常に大きい作品です。1997年に最新のCG技術でシーンの差替えがされた『スターウォーズ 特別篇』が公開されている。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アレック・ギネス、ピーター・カッシングほか

「GODZILLA/ゴジラ(1998年)」のネタバレあらすじ結末

GODZILLA/ゴジラ(1998年)の紹介:1998年アメリカ映画。1998年に日本のゴジラをモチーフに、アメリカで制作されたアメリカ版「GODZILLA」。突如、ニューヨークのマンハッタンに謎の巨大生物が出現する。市民はパニックに陥り、巨大生物により街たちまち瓦礫の山と化していく。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:マシュー・ブロデリック、マリア・ピティロ、ハンク・アザリア、ジャン・レノ、ケヴィン・ダンほか

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のネタバレあらすじ結末

映画 オール・ユー・ニード・イズ・キルの紹介:2014年アメリカ映画。桜坂洋氏のライトノベル「オール・ユー・ニード・イズ・キル」をハリウッドが実写化した作品で、公開当時は日本原作であることが大々的に宣伝されました。内容は時間のループを扱っており、日本的な情緒が入った作品としてヒットしました。
監督:ダグ・リーマン 出演:トム・クルーズ(ウィリアム・ケイジ)、エミリー・ブラント(リタ・ヴラタスキ)、ビル・パクストン(ファレウ軍曹)、ブレンダン・グリーソン(ブリガム曹長)、ジョナス・アームストロング(スキナー)、ほか

1 6 7 8 9 10 11 12
TOP↑