サスペンス映画のネタバレ

「恐怖のメロディ」のネタバレあらすじ結末

恐怖のメロディの紹介:1971年アメリカ映画。人気ラジオDJが出来心で関係を持った女性に付きまとわれ、追い詰められていく恐怖を描いたサイコスリラー。クリント・イーストウッドの初監督作品であり、「ダーティハリー(1971年)」等でコンビを組んだ映画監督ドン・シーゲルもバーテンダー役で出演している。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:クリント・イーストウッド(デイブ・ガーバー)、ジェシカ・ウォルター(エブリン)、ドナ・ミルズ(トビー)、ジョン・ラーチ(マッカラム刑事)、ドン・シーゲル(マーフィ)ほか

「カイジ2 人生奪回ゲーム」のネタバレあらすじ結末

カイジ2 人生奪回ゲームの紹介:2011年日本映画。講談社にて連載されている『カイジ』シリーズの実写映画。前作『カイジ人生逆転ゲーム』の続編に当たる。原作者である福本伸行が脚本に参加し、オリジナルゲームである「姫と奴隷」が追加され、ファンの間では話題の中心となった。
監督:佐藤東弥 出演:藤原竜也(伊藤カイジ)、伊勢谷友介(一条聖也)、吉高由里子(石田裕美)、生瀬勝久(坂崎孝太郎)、香川照之(利根川幸雄)、ほか

「ミッシング 50年前の記憶」のネタバレあらすじ結末

ミッシング 50年前の記憶の紹介:2009年アメリカ映画。2000年に息子の行方がわからなくなったアドキンス刑事が息子を探す中、50年前の子どもの遺体と共に、息子の遺品と同じ笛が発見された。その事件から、真相が浮かび上がっていく。
監督:アンダース・アンダーソン  出演者:ジョン・ハム(アドキンス刑事)、ジョシュ・ルーカス(マシュー)、ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク(ロジャンニ)、ローナ・ミトラ(バーバラ)ほか

「犬神家の一族(1976年)」のネタバレあらすじ結末

犬神家の一族の紹介:1976年日本映画。戦後間もない日本。大富豪犬神佐兵衛の奇妙な遺言をきっかけに起こる、骨肉の争いを描くミステリー。陰惨な連続殺人の謎に挑む金田一だが、事件には深い愛憎と怨念が渦巻いていた。市川崑監督、石坂浩二主演による金田一耕助シリーズ第1作目。
監督:市川崑 出演者:石坂浩二(金田一耕助)、島田陽子(野々宮珠世)、あおい輝彦(犬神佐清/青沼静馬)、高峰三枝子(犬神松子)、地井武男(犬神佐武)、川口恒(犬神佐智)、小沢栄太郎(古館)ほか

「コンテイジョン」のネタバレあらすじ結末

コンテイジョンの紹介:2011年アメリカ映画。専門家からの助言も得て作成されたウイルス感染に伴うパニック状態を描いた作品で、観客、批評家ともに高評価を得た作品となります。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マリオン・コティヤール(ドクター・レオノーラ・オランテス)、マット・デイモン(ミッチ・エムホフ)、ローレンス・フィッシュバーン(エリス・チーヴァー博士)、ジュード・ロウ(アラン・クラムウィディ)、グウィネス・パルトロー(ベス・エムホフ)、ケイト・ウィンスレット(ドクター・エリン・ミアーズ)、ほか

「ルームメイト」のネタバレあらすじ結末

ルームメイトの紹介:1992年アメリカ映画。恋人と別れた主人公が、ルームメイトとして選んだ一見地味でさえない女性の狂気に、徐々に追い詰められていく恐怖を描いたサイコサスペンス。
監督:バーベット・シュローダー 出演:ブリジット・フォンダ、ジェニファー・ジェイソン・リー、スティーヴン・ウェバー、ピーター・フリードマン ほか

「身代金」のネタバレあらすじ結末

身代金の紹介:1996年アメリカ映画。航空会社社長トムは愛する妻と子に囲まれながらも幸せの日々を送っていました。そんな時、トムの息子ショーンが誘拐され身代金を要求されます。トムは身代金を払っても犯人が子供を返す気がない事を悟り、その金を犯人への懸賞金に変え、逆襲を図ります。1956年公開された映画「誘拐」のリメイク作品。
監督 ロン・ハワード 出演 トム・ミュレン(メル・ギブソン)、ケイト・ミュレン(レネ・ルッソ)、ショーン・ミュレン(ブローリー・ノルティ)、ジミー・シェイカー刑事(ゲイリー・シニーズ)、ホーキンス捜査官(デルロイ・リンドー)、マリス・コナ(リリ・テイラー)他

「提報者 ES細胞捏造事件」のネタバレあらすじ結末

提報者 ES細胞捏造事件の紹介:2014年韓国映画。2005年に韓国社会を揺るがせた実在の科学スキャンダルを、「殺人の追憶」のパク・ヘイル主演で映画化した実録サスペンス。
監督: イム・スルレ 出演者: パク・ヘイル (ミンチョル)、 イ・ギョンヨン(イ・ジャンファン博士)、 ユ・ヨンソク (ミンホ)ほか

「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」のネタバレあらすじ結末

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESSの紹介:2008年日本映画。かの有名な「隠し砦の三悪人」を元に制作されていますが、ストーリーはオリジナルで別の作品として認識して見た方が良い作品です。主人公に嵐の松本潤を起用し、現代的で分かりやすくアレンジされています。「隠し砦の三悪人」をオマージュしている人にとっては少々もの足りない作品となったと評価されていますが、気楽に見れる娯楽作品としては適した映画とも言えます。全体的に自由でのびのびと制作されており、若い層には見やすい内容となっています。
監督:樋口真嗣 出演:松本潤(武蔵)、長澤まさみ(雪姫)、阿部寛(真壁六郎太)、椎名桔平(鷹山刑部)、宮川大輔(新八)、高嶋政宏(本庄久之進)、國村隼(長倉和泉)ほか

「フランティック」のネタバレあらすじ結末

フランティックの紹介:1988年アメリカ映画。パリを訪れたアメリカ人医師が、空港での荷物の取り違えが原因で誘拐された妻を助け出そうと、鍵を握る現地女性とともに奔走するサスペンスドラマ。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ハリソン・フォード(リチャード・ウォーカー)、エマニュエル・セイナー(ミシェル)、ベティ・バックリー(サンドラ・ウォーカー)、ジョン・マホーニー、アレクサンドラ・スチュワルトほか

「交渉人 真下正義」のネタバレあらすじ結末

交渉人 真下正義の紹介:2005年日本映画。踊る大捜査線シリーズのスピンオフ映画です。シリーズの主人公である青島の部下であった真下正義が主人公です。真下は優秀で家柄も良く、青島を追い抜いて出世していきましたが、そのステップとして交渉人として活躍していました。ひょうひょうとしていて熱い思いを抱きながら刑事を続けている青島とはタイプが違いますが、彼なりの正義をこの映画で見ることができます。そして恋人の雪乃と一歩進んだ関係になれるかどうか、エンドロールまで見逃せない作品です。
監督:本広克行  出演:ユースケ・サンタアリア(真下正義)、寺島進(木島丈一郎)、小泉孝太郎(小池茂)、水野美紀(柏木雪乃)、松重豊(爆発物処理班班長)、石井正則(津田誠吾)、國村隼(片岡文彦)ほか

「容疑者 室井慎次」のネタバレあらすじ結末

容疑者 室井慎次の紹介:2005年日本映画。踊る大捜査線シリーズのスピンオフ映画です。シリーズの主人公である青島の強い味方である室井さんが、「容疑者」という立場で登場するこの映画はファンに衝撃を与えました。スピンオフドラマとしては評価が高く、今まで明かされなかった室井さんの過去や詳しい性格が描かれているので、シリーズのファンには外せない作品となっています。

「64 (ロクヨン) 後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。64の時効まであと1年となった時に、あらたに64を模倣するような誘拐事件が発生する。マスコミと県警、家庭で葛藤する三上が真相に近づく。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)、柄本佑 (落合)、緒形直人(目崎正人)

「64 (ロクヨン)前編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)前編の紹介:2016年日本映画。日本映画最高峰のオールスターキャストが集結し、横山秀夫の究極ミステリー作が映画化。昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件。身代金を奪われ、少女は殺され犯人がわからぬまま時は過ぎ去り、現在平成14年。ついに時効まで1年となった。当時刑事だった三上は、現在は広報官として64に再び関わることになる。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)

「テロ,ライブ」のネタバレあらすじ結末

テロ,ライブの紹介:2013年韓国映画。正体不明のリスナーからソウル市内の漢江にかかる麻浦大橋を爆破するという脅迫電話を受ける。いたずらだと思い電話を切ると、予告通りに麻浦大橋で爆発事件が発生。
監督:キム・ビョンウ  出演者:ハ・ジョンウ(ユン・ヨンファ)、イ・ギョンヨン(チャ報道局長)、イ・デビッド(パク・シヌ)キム・ホンパ(ジュ長官)ほか

1 14 15 16 17 18 19 20 21 22 27
TOP↑