ドラマ映画のあらすじ

「マイレージ、マイライフ」のネタバレあらすじ結末

マイレージ、マイライフの紹介:2009年アメリカ映画。仕事もプライベートも割り切って生きてきた主人公が、部下との出会いを通じて、初めて人と真剣に向き合い、成長する姿を描いたヒューマン・ドラマ。ほろ苦い結末に、人生の生き方を考えさせられる作品となっています。
監督:ジェイソン・ライトマン 出演者:ジョージ・クルーニー(ライアン)、ヴェラ・ファミーガ(アレックス)、アナ・ケンドリック(ナタリー)、メラニー・リンスキーほか

「許されざる者(2013渡辺謙)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。第65回アカデミー賞作品賞受賞作品。クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇『許されざる者』(1992年)をリメイクした日本映画。キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。監督・脚本は李相日。この作品で、主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、忽那汐里は新人俳優賞を受賞。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、三浦貴大(堀田卯之助)、佐藤浩市(大石一蔵)、小池栄子(お梶)ほか

「さらば冬のかもめ」のネタバレあらすじ結末

さらば冬のかもめの紹介:1973年アメリカ映画。ベテランの海軍下士官バダスキーとマルホールは、メドウズという若い水兵を護送することになります。メドウズの身の上に同情した2人は、彼の為にささやかな行動を起こします。名優J・ニコルソンの若き頃の出演作です。
監督:ハル・アシュビー  出演者:ジャック・ニコルソン(ビル・バダスキー)、オーティス・ヤング(ミュール・マルホール)、ランディ・クエイド(ラリー・メドウズ)、キャロル・ケイン(若い娼婦)、ナンシー・アレン(ナンシー)ほか

「ジョニーは戦場へ行った」のネタバレあらすじ結末

ジョニーは戦場へ行ったの紹介:1971年アメリカ映画。第一次世界大戦の戦場で、両手足と顔を失った1人の青年の「生」を描く。肉塊となった青年ジョーは己の内面と向き合い、戦争とは何か、生きるとは何かを自問する。戦争の残酷さと人間の尊厳を鮮烈に表現した戦争映画の名作。カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを始め、数々の映画賞に輝いた。1939年監督自身が発表した小説「ジョニーは銃をとった」の映画化。
監督:ドルトン・トランボ 出演:ジョー・ボーナム(ティモシー・ボトムズ) カリーン(キャシー・フィールズ) ジョーの母親(マーシャ・ハント) ジョーの父親(ジェイソン・ロバーズ) キリストと呼ばれる男(ドナルド・サザーランド) 看護婦(ダイアン・ヴァーシ) テイラリー軍医(エドワード・フランツ) 少年時代のジョー(ケリー・マクレーン)ほか

「かぞくのくに」のネタバレあらすじ結末

かぞくのくにの紹介:2011年日本映画。在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ監督地震の実体験を基にした、フィクション映画。今なお、北朝鮮で暮らす家族を想い、書き下ろした、厳かな目をそらしてはいけない真実がある映画作品。
監督:ヤン・ヨンヒ 出演:安藤サクラ(リエ)、井浦新(ソンホ)、ヤン・イクチュン(ヤン同志)、京野ことみ(スニ)、大森立嗣(ホンギ)、村上淳(ジュノ)、宮崎美子(母(オモニ))、津嘉山正種(父(アボジ))、ほか

「宇宙兄弟」のネタバレあらすじ結末

宇宙兄弟の紹介:2012年日本映画。週刊「モーニング」で連載の小山宙哉原作ベストセラー漫画を、小栗旬と岡田将生が主演で実写映画化。六太は宇宙飛行士である弟・日々人の後を追いかけ、宇宙飛行士の試験を受ける。二人で宇宙に行く夢をかなえるために・・・!
監督:森義隆 出演:小栗旬(南波六太)、岡田将生(南波日々人)、麻生久美子(伊東せりか)、濱田岳(古谷やすし)、新井浩文(溝口大和)、ほか

「SCOOP!スクープ」のネタバレあらすじ結末

SCOOP!スクープの紹介:2016年日本映画。フリーカメラマンとして働く都城静の前に突如ある少女が現れた。静の狙う獲物を前にまるで恋人にでも質問するかのようにインタビューを続ける少女。もちろん静の仕事は失敗。その少女は担当編集者が送り込んだ新人記者だった。副編集長の定子に激怒する静。しかし彼は横川にこの少女、野火の教育係を任せられる。SCOOP!の原作は1985年に製作された映画「盗写1/250秒」。
監督:大根仁 出演:福山雅治(都城静)、二階堂ふみ(行川野火)、吉田羊(横川定子)、滝藤賢一(馬場)、リリー・フランキー(チャラ源)、斎藤工(小田部新造)、ほか

「ブタがいた教室」のネタバレあらすじ結末

ブタがいた教室の紹介:2008年日本映画。テレビ放送され話題を呼んだドキュメンタリー、大阪の小学校の新任教師による教育をもとに映画化した感動作。6年2組に1匹のブタがやってきました。2組の生徒たちはブタを育てて最後は食べようと飼い始めますが愛着のわいたペットを簡単に食べることはできず、話し合いが続きます。
監督:前田哲 原作: 出演:妻夫木聡(星先生)、大杉漣(仁科教頭)、田畑智子(池沢先生)、池田成志(小鷲先生)、ピエール瀧(榎木伸哉の父)、原田美枝子(高原校長)、ほか

「その夜の侍」のネタバレあらすじ結末

その夜の侍の紹介:2012年日本映画。「お前も殺して、俺も死ぬ」。妻をひき逃げ事故によって亡くした男の復讐劇。どこにでもいるはずの普通のおじさんの狂気と、ひき逃げ事故を起こした犯人の狂気が入り入り乱れる、誰も観たことがない、ダークな雰囲気ただよう作品。
監督:赤堀雅秋 出演:堺雅人(中村健一)、山田孝之(木島宏)、綾野剛(小林英明)、谷村美月(関由美子)、坂井真紀(中村久子)、新井浩文(青木順一)、ほか

「学校」のネタバレあらすじ結末

学校の紹介:1993年日本映画。山田洋次監督の映画シリーズ一作目。東京の下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇、試練、そして、学校で学ぶとは?を問いかける、生徒と先生の交流を描いたドラマ。
監督:山田洋次 出演:黒井先生(西田敏行)、イノさん(田中邦衛)、カズ(萩原聖人)、えり子(中江有里)、田島先生(竹下景子)ほか

「ハドソン川の奇跡」のネタバレあらすじ結末

ハドソン川の奇跡の紹介:2016年アメリカ映画。英名タイトルは「SULLY」で、これは機長の愛称です。本名をチェスリー・サレンバーガーなので、「サリー」と呼ばれているようです。2009年1月15日、両エンジンの故障によるアクシデントで155人を不時着水によって救った機長と副操縦士が一転して、被告人として描かれる、いわば法廷劇のような映画です。果たして、彼は英雄かペテン師なのでしょうか?
監督:クリント・イーストウッド 出演:トム・ハンクス(チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー)、アーロン・エッカート(ジェフ・スカイルズ)、ローラ・リニー(ローリー・サレンバーガー)、ほか

「レボリューショナリー・ロード」のネタバレあらすじ結末

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでの紹介:2008年アメリカ,イギリス映画。フランクは妻エイプリルと二人の子どもに囲まれ平凡だが幸せな毎日を送っていました。しかし仕事を辞めてパリへ移住しようと決めた時から、その歯車は狂い始めていたのです。
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ(フランク・ウィーラー)、ケイト・ウィンスレット(エイプリル・ウィーラー)、キャシー・ベイツ(ヘレン・ギヴィングス夫人)、マイケル・シャノン(ジョン・ギヴィングス)、キャスリン・ハーン(ミリー・キャンベル)、デヴィッド・ハーバー(シェップ・キャンベル)、ほか

「エレニの帰郷」のネタバレあらすじ結末

エレニの帰郷の紹介:2008年ギリシャ,ドイツ,カナダ,ロシア映画。とある映画監督が作る母の物語の映画、やがて母の過去の記憶と現在がオーバーラップし、物語は終焉へ向かう。テオ・アンゲロプロス監督の「20世紀3部作」の2作目で遺作となりました。監督は3作目の撮影中に事故で亡くなっています。
監督:テオ・アンゲロプロス 出演:ウィレム・デフォー(A)、ブルーノ・ガンツ(ヤコブ)、イレーヌ・ジャコブ(エレニ)、ミシェル・ピッコリ(スピロス)、クリスティアーネ・パウル(ヘルガ)、ほか

「エレニの旅」のネタバレあらすじ結末

エレニの旅の紹介:2004年フランス,ギリシャ,イタリア映画。物心ついたときから難民のエレニは愛する者と土地を転々としていた。やがて否応ない時代の奔流に飲まれた彼女に訪れた結末とは。テオ・アンゲロプロス監督の「20世紀三部作」の一作目。
監督:テオ・アンゲロプロス 出演:アレクサンドラ・アイディニ(エレニ)、ニコス・プルサディニス(アレクシス)、ヴァシリス・コロヴォス(スピロス)、ヨルゴス・アルメニス(ニコス)、エヴァ・コタマニドゥ(カッサンドラ)、ほか

「奇跡のリンゴ」のネタバレあらすじ結末

奇跡のリンゴの紹介:2013年日本映画。絶対不可能と言われたリンゴの無農薬栽培に成功した青森のリンゴ農家・木村秋則の実話を映画化した作品です。2013年5月25日、イタリア・フィレンツェで開催されたフィレンツェ映画祭で、同映画祭唯一の観客賞を受賞しました。全国305スクリーンで公開され、2013年6月8、9日の初日2日間で、観客動員数ランキングで初登場第3位となった映画です。
監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ(木村秋則)、菅野美穂(木村美栄子)、池内博之(もっちゃん)、笹野高史(深津)、伊武雅刀(三上幸造)、畠山紬(雛子)、山崎努(木村征治)、ほか

1 28 29 30 31 32 33 34 35 36 54
TOP↑