新・黄金の七人 7×7の紹介:1968年イタリア映画。黄金の七人シリーズ前二作からメンバーが一新されたコミカルな犯罪アクション。わざと刑務所に入った強盗たちが看守や囚人たちがサッカー中継に夢中になっている間にこっそりと脱走する。彼らの計画は造幣局に侵入して紙幣を刷り上げようというものだった。“黄金の七人”シリーズ第三弾。
監督:ミケーレ・ルーポ 出演:ガストーネ・モスキン(ブレイン)、ライモンド・ヴィアネッロ(ボドーニ)、ゴードン・ミッチェル(ビッグベン)、ポール・スティーブンス(ビンゴ)、ネノ・ザンペルラ(バナナス)、テオドール・コラ(ブリッグス)、デューリ・フェッロ(バーナード)、ライオネル・スタンガー(サム)他