イタリア映画一覧

イタリア映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめイタリア映画から、最新映画まで様々なジャンルのイタリア映画を紹介しています。

「レッド・スネイク」のネタバレあらすじ結末

レッド・スネイクの紹介:2019年フランス, イタリア, ベルギー, モロッコ映画。イラクを舞台に、イスラム過激派組織ISに対抗すべく結成された女性だけの特殊部隊の戦いを、実話を基に描きあげたハード・ミリタリー・アクションです。ISに対抗すべくシリアに向かう二人のフランス人女性はISにより決して癒えることのない傷を負わされたクルド人女性と出会い、ISと戦っていくうちに友情を深め合っていくのですが・・・。
監督:カロリーヌ・フレスト 出演者:ディラン・グウィン(ザラ)、アミラ・カサール(司令官)、カメリア・ジョルダナ(ケンザ)、エスター・ガレル(ヤエル)、マヤ・サンサ(マザー・サン)、ナンナ・ブロンデル(スナイプ)、パスカル・グレゴリー(有志連合のエージェント)、ヌーシュ・スカウゲン(クルダ)、マーク・ライダー(アル・ブリターニ)、コルクマズ・アルスラン(司令官)ほか

「囚われの女」のネタバレあらすじ結末

囚われの女の紹介:1968年フランス, イタリア映画。ポップアート、フリーセックスといった60年代文化を背景に、アーティストの夫とその妻、友人である画商の男の三角関係とその顛末を描き、H・G・クルーゾー監督の遺作となった映画。
監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー 出演:ルセル・ムーシー、ローラン・テルジェフ、エリザベート・ウィネル、ベルナール・フレッソン、ダニー・カレル、ほか

「殺人カメラ」のネタバレあらすじ結末

殺人カメラの紹介:1948年イタリア映画。被写体を殺す秘術を得た写真屋が、欲深い悪人を次々消していくコメディ作品。アマルフィ海岸の小さな漁村で写真屋を営むチェレスチノは、気のいい人物で人間の善性を信じている。守護神聖アンドレアの祝日の夜、写真屋に1人の老人が泊めて欲しいとやって来た。快く応じると、老人は既にある写真をカメラで撮影することで、写真の人物を殺すことが出来る秘術をチェレスチノに与える。チェレスチノは老人を聖アンドレアだと考え、善のために悪人と戦う決意をした。目に余る悪人達を次々殺していくが、世の中は一向に良くならない。それどころか殺すべき悪人は増すばかりで、チェレスチノは頭を抱えるのだった。
監督:ロベルト・ロッセリーニ 出演者:ジェンナロ・ピサノ(チェレスチノ)、マリリン・バッファード(アメリカ人の女の子)、ウィリアム・タッブス(アメリカ人の女の子の父親)、ヘレン・タッブス(アメリカ人の女の子の母親)、ジョヴァンニ・アマート(町長)ほか

「聖なる酔っぱらいの伝説」のネタバレあらすじ結末

聖なる酔っぱらいの伝説の紹介:1988年イタリア,フランス映画。ヨーゼフ・ロートの同名原作の映画化。善良だが酒好きのホームレスの男に起こった奇跡と、その愚かしさゆえに奇跡を活かせず身を亡ぼしていく様を描く。
監督:エルマンノ・オルミ 出演:ルトガー・ハウアー(アンドレアス)、アンソニー・クエイル(老紳士)、サンドリーヌ・デュマ(ギャビー)、ドミニク・ピノン(ヴォイテク)、ほか

「ほんとうのピノッキオ」のネタバレあらすじ結末

ほんとうのピノッキオの紹介:2019年イタリア映画。貧しい木工職人のジェペット爺さんが1本の丸太から作った人形の男の子ピノッキオ。出来上がると命を突き込まれたように動き出した。しかしピノッキオは手がつけられないほどやんちゃでジェペットの手を焼き、ある日突然、家を飛び出してしまった。心優しい妖精やおしゃべりコオロギの忠告にも耳を貸さず、ピノッキオは人形劇一座の怖い親方にさらわれたり、ずる賢いネコとキツネに騙されたりと波乱万丈の旅を続ける。果たしてピノッキオはジェペットと再会し、人間の子供になりたいという願いを叶えることができるのか。監督はカンヌ国際映画祭でグランプリを2度獲得したマッテオ・ガローネ。本国イタリアでは、同国のアカデミー賞と呼ばれるダヴィド・デ・ドナテッロ賞で15部門にノミネートし5部門で受賞。米国アカデミー賞でも2部門ノミネートを果たす。
監督:マッテオ・ガローネ 出演:フェデリコ・エラピ(ピノッキオ)、ロベルト・ベニーニ(ジェペット)、ジジ・プロイエッティ(人形劇一座の親方)、ロッコ・パパレオ(ガット/ネコ)、マッシモ・チェッケリーニ(ヴォルペ/キツネ)、マリーヌ・ヴァクト(ファータ/妖精)、アリーダ・バルダリ・カラブリア(幼少期のファータ)、マリア・ピア・ティモ(ルマーカ/カタツムリ)、マッシミリアーノ・ガッロ(コルヴォ/カラス)、ジャンフランコ・ガッロ(チヴェッタ/フクロウ)、ダヴィデ・マロッタ(グリッロ/おしゃべりコオロギ)、テコ・セリオ(裁判官)、アレッシオ・ディ・ドメニカントーニオ(ルチーニョロ)ほか

「わたしはダフネ」のネタバレあらすじ結末

わたしはダフネの紹介:2019年イタリア映画。ダウン症という境遇を持ちながらも明るく前向きに生きる主人公ダフネと父ルイジ。突然起こった妻の不幸に落ち込むルイジを励ますべく、母の生まれ故郷に向かって歩いて向かう事にする。どんな辛い出来事も前向きに生きる姿が感動を呼びます。
監督:フェデリコ・ボンディ 出演:カロリーナ・ラスパンティ(ダフネ)、アントニオ・ピオヴァネッリ(ルイジ)、ステファニア・カッシーニ(マリア)、アンジェラ・マグニ(ヴィオラ)、ガブリエレ・スピネッリ(ジャック)、フランチェスカ・ラビ(カミッラ)、ほか

「禁じられた抱擁」のネタバレあらすじ結末

禁じられた抱擁の紹介:1963年イタリア,アメリカ映画。若い画家のディノは、死んだ老画家のモデルをしていたセシリアと関係をもつ。割り切った関係のつもりが、セシリアに溺れていくディノ。『太陽の下の18才』等のキュートなカトリーヌ・スパークが妖艶さを発揮。大女優ベティ・デイヴィスがディノの母親を演じている。原作はアルベルト・モラヴィアの小説『倦怠』。1998年にはセドリック・カーン監督によって再映画化され、『倦怠』の邦題で公開された。
監督:ダミアーノ・ダミアーニ 出演者:カトリーヌ・スパーク(セシリア)、ホルスト・ブッフホルツ(ディノ)、ベティ・デイヴィス(ディノの母)、イザ・ミランダ(セシリアの母)、ジョルジュ・ウィルソン(セシリアの父)、ほか

「Mr.ルドルフォ 恋のジュビリ」のネタバレあらすじ結末

Mr.ルドルフォ 恋のジュビリの紹介:2017年アメリカ, イタリア, ドイツ映画。自殺に失敗しボヘミアンらに助けられた著名なデザイナー、ルドルフォの失踪を巡って、彼の殺害をもくろむCEO、雇われた殺し屋、彼らを追う警官らのドタバタを描いたコメディ。
監督:マイケル・グローバー 出演:クリスティアーネ・パウル、フランチェスコ・マッツェイ、スティグ・エルドレド、マイケル・ロスマン、ほか

「ようこそ、大統領!」のネタバレあらすじ結末

ようこそ、大統領!の紹介:2013年イタリア映画。政治家たちの思惑のせいでうっかり大統領に選ばれてしまったペピーノ。イタリアや世界の抱える問題を垣間見た彼は、低迷するイタリア社会、汚職まみれの政界に奇跡を起こせるのか?
監督:リッカルド・ミラーニ 出演者:クラウディオ・ビシオ、カシア・スムートニアック、ジュゼッペ・フィオレッロ、レモ・ジローネ、マッシモ・ポポリツィオ、ほか

「モニカ・ベルッチの 情事」のネタバレあらすじ結末

モニカ・ベルッチの 情事の紹介:1991年イタリア映画。「イタリアの宝石」と謳われるモニカ・ベルッチの映画デビュー作。己の美貌と肉体を駆使し、ピンチを乗り越えていく女性の姿を描く。実業家の夫が死亡した後、妻フランチェスカに遺されたのは一人娘と莫大な借金だった。フランチェスカは私財を売って生活費を捻出するが、長く続けられるはずもない。自分の魅力を理解している彼女は、とんでもない奇策を打ち出した。1口1億リラの懸賞を用意し、20人の参加者を募る。その当選者は、4年間愛人としてフランチェスカを好きに出来るというものだった。
監督:フランチェスコ・ラウダディオ 出演者:モニカ・ベルッチ(フランチェスカ)、マッシモ・ギーニ(チェーザレ)、ジュリオ・スカルパティ(アントニオ)、クリスティーナ・エンゲルハード(バーバラ)ほか

「ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏」のネタバレあらすじ結末

ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏の紹介:2019年イタリア,アメリカ映画。19世紀、とある帝国の支配下にあるアフリカの辺境の町を舞台に、蛮族の来襲を理由に帝国政府から派遣された警察官僚による激しい弾圧と拷問、それに立ち向かう人々の姿を描いた作品です。ノーベル賞受賞作家J・M・クッツエーが自らの小説「夷狄を待ちながら」を基に自ら脚本を手掛け、「彷徨える河」でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたシーロ・ゲーラ監督がメガホンを執りました。ジョニー・デップが冷酷な警察官僚に扮する本作は第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門の正式出品作品となりました。
監督:シーロ・ゲーラ 出演者:マーク・ライランス(民政官)、ジョニー・デップ(ジョル大佐)、ロバート・パティンソン(マンデル准尉)、ガナ・バヤルサイハン(少女)、グレタ・スカッキ(マイ)、デビッド・デンシック(クラーク)ほか

「異邦人」のネタバレあらすじ結末

異邦人の紹介:1968年イタリア,フランス映画。1938年、アルジェリア。事務員ムルソーは恋人や友人と過ごす休日、ひょんなことからアラブ人を射殺してしまう。それは太陽のせい?――ノーベル賞作家アルベール・カミュの代表作を、『山猫』等のヴィスコンティ監督が映画化。主演は『白夜』以来のヴィスコンティ作品出演になるマストロヤンニ。1968年9月の英語版による日本初公開以来ほとんど鑑賞される機会がなかったが、2021年、イタリア語版で再公開された。
監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:マルチェロ・マストロヤンニ(アルチュール・ムルソー)、アンナ・カリーナ(マリー)、ベルナール・ブリエ(弁護士)、ブルーノ・クレメル(司祭)、ジョルジュ・ジェレ(レイモン)、ほか

「映画に愛をこめて アメリカの夜」のネタバレあらすじ結末

映画に愛をこめて アメリカの夜の紹介:1973年フランス, イタリア映画。映画の撮影現場での様々な出来事を軽快なタッチで描いた名匠トリュフォーの傑作。米国アカデミー賞では外国語映画賞を受賞した(監督賞、脚本賞、助演女優賞にもノミネート)。『第三の男』などで知られる作家グレアム・グリーンが匿名で出演している。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ジャクリーン・ビセット (ジュリー・ベーカー)、ジャン=ピエール・レオ (アルフォンス)、ジャン=ピエール・オーモン (アレクサンドル)、ヴァレンティナ・コルテーゼ (セブリーヌ)、フランソワ・トリュフォー (フェラン監督)、ダニ (リリアーヌ)、ほか

「愛欲の輪舞曲(ロンド)」のネタバレあらすじ結末

愛欲の輪舞曲(ロンド)の紹介:2016年イギリス,カナダ,イタリア映画。恋人とのセックスに不満を感じる女性作家の前に危険な元恋人が現れ別荘へ招待する。そこでは選ばれた男女がパーティーで快楽をむさぼり、秘密の余興が演じられる。アナリー・ティプトンとマルタ・ガスティーニが演じる女性同士の濡れ場が見どころのエロティック・スリラー映画。
監督:クレイグ・グッドウィル 出演者:アナリー・ティプトン(セイディ・グラス), マルタ・ガスティーニ(フランチェスカ)、ヤコブ・セーダーグレン(アレックス)、ヤン・ベイヴート(ミノス)、ヴァランタン・メルレ(ティエリ)ほか

「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」のネタバレあらすじ結末

ローマ環状線、めぐりゆく人生たちの紹介:2013年イタリア,フランス映画。イタリア・ローマを囲む環状高速道路「GRA(グランデ・ラッコルド・アヌラーレ)」周辺に暮らす人々の姿を足掛け2年に渡って追ったドキュメンタリーです。本作はドキュメンタリー映画として初めてヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞しています。監督・撮影:ジャンフランコ・ロッシ

1 2 3 4 5 21

キーワードから探す

TOP↑