イタリア映画一覧

「青い体験」のネタバレあらすじ結末

青い体験の紹介:1973年イタリア映画。母が亡くなり、葬儀が終わって家に帰ると、若い美人の家政婦がいました。母が亡くなる前に契約した家政婦で、次男のニーノは夢中になりますが、ニーノ同様、父と兄も夢中になり、親子3人による家政婦争奪戦が始まりました…という内容の、思春期の少年の性への憧れと初体験を題材にした大ヒット映画です。
監督:サルバトーレ・サンペリ 出演者:ラウラ・アントネッリ(アンジェラ)、テューリ・フェッロ(イグナツィオ)、アレッサンドロ・モモ(ニ-ノ)、ティナ・オーモン(ルチアナ)、ジャンルイージ・キリッツィ(アントニオ)ほか

「リプリーズ・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

リプリーズ・ゲームの紹介:2002年イタリア,イギリス,アメリカ映画。パトリシア・ハイスミスの小説『アメリカの友人』を映画化。原作を同一にする作品として、ヴィム・ヴェンダース監督の「アメリカの友人(1977年)」がある。犯罪で大金を手に入れ静かに暮らしていたリプリーのもとに、マフィアの暗殺依頼が舞い込んだ。リプリーはゲーム感覚で、以前自分を侮辱した額縁職人ジョナサンを実行犯に推薦する。病魔に冒されたジョナサンは家族のため犯罪に手を染めるが、一度道を踏み外した彼に待っていたのは転落の人生だった。
監督:リリアーナ・カヴァーニ 出演:ジョン・マルコヴィッチ(トム・リプリー)、ダグレイ・スコット(ジョナサン・トレヴァニー)、レイ・ウィンストン(リーヴス)、レナ・ヘディ(サラ・トレヴァニー)、キアラ・カゼッリ(ルイーザ・ハラーリ)ほか

「魂のジュリエッタ」のネタバレあらすじ結末

魂のジュリエッタの紹介:1964年イタリア,フランス映画。夫に従順で貞節な妻ジュリエッタが、夫の浮気をきっかけに苦悩しながらも自立する姿を色鮮やかな幻想を交えて描く。フェリーニが手がけた初の長編カラー映画。
監督:フェデリコ・フェリーニ 出演:ジュリエッタ・マシーナ(ジュリエッタ)、サンドラ・ミーロ(スージー)、マリオ・ピスー(ジョルジョ)、シルヴァ・コシナ(ドロレス)、ヴァレンティナ・コルテーゼ(バレンティナ)、カテリーナ・ボラット(ジュリエッタの母)、フレデリック・レデブール、ほか

「終着駅」のネタバレあらすじ結末

終着駅の紹介:1953年アメリカ,イタリア映画。ローマの駅を舞台に道ならぬ恋に落ちたアメリカ人の人妻とイタリア人青年の別離に至る過程をドラマティックに描いたメロドラマ。 主演は「聖処女」のジェニファー・ジョーンズと、「地上より永遠に」のモンゴメリー・クリフト。監督はネオリアリズムの巨匠ヴィットリオ・デ・シーカが務めました。
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出演者:ジェニファー・ジョーンズ(メアリー・フォーブス)、モンゴメリー・クリフト(ジョヴァンニ・ドリア)、リチャード・ベイマー(ポール)、ジーノ・チェルヴィ(警察署長)、パオロ・ストッパ(セールスマン)、ほか

「ドッグマン」のネタバレあらすじ結末

ドッグマンの紹介:2018年イタリア,フランス映画。イタリア南部のさびれた海辺の町で〈ドッグマン〉という犬のトリミングサロンを営むマルチェロ。質素な店だが大好きな犬の世話をしながら自身の才能を生かす仕事で、愛する娘と会う時間や仲間との食事やサッカーなど楽しむ幸せな日々を送っていた。しかし、一方で暴力的で麻薬中毒の友人シモーネに利用され支配される関係から抜け出せずにいた。その結果、仲間たちとの信用やサロンの顧客、娘と会う時間も奪われ、温厚で小心者のマルチェロは、次第に復讐心を燃え上がらせる。人生の不条理を容赦なく描いた衝撃のラストシーンは必見。監督はイタリア映画界の鬼才マッテオ・ガローネ。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞や監督賞をはじめとする最多9部門を制した。
監督:マッテオ・ガローネ 出演:マルチェロ・フォンテ(マルチェロ)、エドアルド・ペッシェ(シモーネ)、ヌンツァ・スキャーノ(シモーネの母親)、アダモ・ディオニージ(フランコ)、フランチェスコ・アクアローリ(フランチェスコ)、アリダ・バルダリ・カラブリア(アリダ)、ジャンルカ・ゴビ(レストランの主人)ほか

「ムッソリーニとお茶を」のネタバレあらすじ結末

ムッソリーニとお茶をの紹介:1998年イタリア,アメリカ映画。ムッソリーニ政権時代のイタリアを舞台に、イタリア人の孤独な少年と、英国コミュニティーの貴婦人達の交流を描いたヒューマンドラマ。シェール、ジュディ・デンチ、マギー・スミスら実力派女優の名演が光ります。フランコ・ゼフィレッリ監督の半自伝的作品と言われている作品です。
監督:フランコ・ゼフィレッリ 出演者:シェール(エルサ)、ジョーン・プロウライト(メアリー)、 リリー・トムリン(ジョージー)、 ジュディ・デンチ(アラベラ)、 マギー・スミス(ヘスター)、チャーリー・ルーカス(少年期のルカ)、ベアード・ウォーレス(青年期のルカ)、クラウディオ・スパダロ(ベニート・ムッソリーニ)、ほか

「誰もがそれを知っている」のネタバレあらすじ結末

誰もがそれを知っているの紹介:2018年スペイン,フランス,イタリア映画。『別離』『セールスマン』で二度のアカデミー賞に輝くイランの巨匠アスガー・ファルハディ監督が手掛けたヒューマン・サスペンス作品です。スペインのとある小さな村で起こった誘拐事件をきっかけに、これまで隠し通していたはずの被害者家族の秘密と嘘が明らかになっていきます。
監督:アスガー・ファルハディ 出演:ペネロペ・クルス(ラウラ)、ハビエル・バルデム(パコ)、リカルド・ダリン(アレハンドロ)、エドゥアルド・フェルナンデス(フェルナンド)、バルバラ・レニー(ベア)、インマ・クエスタ(アナ)、エルビラ・ミンゲス(マリアナ)、ラモン・バレア(アントニオ)、カルラ・カンプラ(イレーネ)、サラ・サラモ(ロシオ)、ロジェール・カサマジョール(ホアン)、ホセ・アンヘル・エヒド(ホルヘ)ほか

「イタリア旅行」のネタバレあらすじ結末

イタリア旅行の紹介:1953年イタリア映画。イタリアの映画監督ロベルト・ロッセリーニが妻の女優イングリッド・バーグマンを主役に据えている。実際の2人の関係を基にしていると言われているが、2人はその後破局した。1950年代にフランスで起きた、ロケの撮影を中心として即興で演出をするヌーヴェル・ヴァーグと呼ばれる運動の先駆けとなった作品で、ナポリやカプリといったイタリアの風景や人々が何度も挿入されている。イギリス人の倦怠期を迎えた夫婦が別荘の売買をするためイタリアへ向かうが、冷めきった2人の関係は元に戻るのか…。
監督: ロベルト・ロッセリーニ 出演:イングリッド・バーグマン(カトリーヌ)、ジョージ・サンダース(アレックス)、マリア・モーバン(飲み屋の前にいた女性)、レスリー・ダニエルズ、ナタリア・ライ、アン・プロクレマー、ほか

「激しい季節」のネタバレあらすじ結末

激しい季節の紹介:1959年イタリア映画。第二次世界大戦下の高級避暑地で、激しい愛に溺れる男女を描いたドラマ作品。ファシスト高官の息子カルロは、浜辺で美しい未亡人ロベルタに出会った。一目で心を奪われたカルロはロベルタに熱い視線を送り、いつしか離れられないほど深く愛し合ってしまう。しかし反対する声は多く、カルロには兵役の義務も迫っていた。2人は全てを捨て、森深くの別荘へ駆け落ちしようとするのだが。
監督:ヴァレリオ・ズルリーニ 出演者:ジャン=ルイ・トランティニャン(カルロ・カレモーリ)、エレオノラ・ロッシ=ドラゴ(ロベルタ・パルメザン)、ジャクリーヌ・ササール(ロッサナ)、フェデリカ・ランキ(マッダレーナ)、ラフ・マッティオーニ(ジョルジョ)ほか

「サンタ・サングレ/聖なる血」のネタバレあらすじ結末

サンタ・サングレ/聖なる血の紹介:1989年イタリア映画。母親に操られ、次々と女性を殺害していく青年の狂気を描いたサスペンス・スリラー。サーカスで生まれ育ったフェニックスは、ある夜、父が母の両腕を切り落として自殺するというショッキングな現場に居合わせてしまった。心を病んだフェニックスは精神病院に入れられ成人を迎える。そんな彼の前に両腕の無い母が現れ、近付く女性全てを殺害しろと命令するのだった。監督は「エル・トポ(1969年)」「ホーリー・マウンテン(1973年)」等で知られるカルト映画の巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー。
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演者:アクセル・ホドロフスキー(フェニックス)、ブランカ・グエッラ(コンチャ)、ガイ・ストックウェル(オルゴ)、セルマ・ティゾー(刺青の女)、サブリナ・デニソン(アルマ)ほか

「モモ」のネタバレあらすじ結末

モモの紹介:1986年西ドイツ,イタリア映画。ミヒャエル・エンデの同名児童文学を映画化。盗まれた時間を取り戻そうとする少女の勇気を描くファンタジー作品。町の円形劇場跡に住み着いた少女モモは、人の話を聞くことが大の得意だった。モモに相談するとどんな厄介事も解決し、気付けば彼女は町中から愛されるようになる。ところがある日、「灰色の男」が現れ人々から時間を盗んでしまった。人々は時間に追われ、心の余裕を無くしてしまう。モモは皆を助けるため、時間の管理者マイスター・ホラのもとを訪れ不思議な世界に触れるのだった。
監督:ヨハネス・シャーフ 出演者:ラドスト・ボーケル(モモ)、ジョン・ヒューストン(マイスター・ホラ)、ブルーノ・ストリ(ジジ)、レオポルド・トリエステ(ベッポ)、マリオ・アドルフ(ニコラ)ほか

「シシリーの黒い霧」のネタバレあらすじ結末

シシリーの黒い霧の紹介:1962年イタリア映画。20世紀半ば、シシリー島で義賊として名をはせたマフィアの中心人物サルバトーレ・ジュリアーノの暗殺の謎を描いた社会派セミ・ドキュメンタリー映画です。フランク・ウォルフとサルヴォ・ランドーネが主演のほか、現住民たちが好演し、1962年度ベルリン映画祭銀熊賞(監督賞)、1963年度ナストロ・ダルジェント監督賞、作曲賞、撮影賞(白黒)などを受賞した名作です。
監督:フランチェスコ・ロージ 出演者:ピショッタ(フランク・ウォルフ)、裁判長(サルヴォ・ランドーネ)、ほか

「カサノバ(1976年)」のネタバレあらすじ結末

カサノバの紹介:1976年イタリア映画。18世紀のヴェネチアと周辺地域を舞台に、波乱とエクスタシーに満ちた生涯を送った資産家ジャコモ・カサノバの生涯を追う。いかにして彼は多くの女性とロマンスに至ったのか。
監督:フェデリコ・フェリーニ 出演:ドナルド・サザーランド(ジャコモ・カサノバ)、ティナ・オーモン(アンリエット)、マルガレート・クレマンティ(マッダレーナ)、サンドラ・エレーン・アレン(アンジェリーナ)、シシリー・ブラウン(マダム・デルフェ)、カルメン・スカルピッタ(マダム・シャルピヨン)、クララ・アルグランティ(マルコリーナ)、ダニエラ・ガッティ(ジゼルダ)、オリンピア・カルリシ(イザベラ)、シルヴァーナ・フサッキア(イザベラの妹)、クラリッサ・メアリー・ロール(アンナ・マリア)、ダニエル・エミルフォルク(デュ・ボワ)、ほか

「山猫」のネタバレあらすじ結末

山猫の紹介:1963年イタリア,フランス映画。イタリア貴族の子孫であるジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサの同名小説を、同じくイタリア貴族の血を引くルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化した歴史ドラマで、第16回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞した大作です。1860年代のイタリア統一革命に揺れるシチリアを舞台に、没落の一途を辿る貴族と野心的な甥の対照的な生き方を描いていきます。
監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:バート・ランカスター(サリーナ公爵ドン・ファブリツィオ・コルベーラ)、アラン・ドロン(タンクレーディ・ファルコネリ)、クラウディア・カルディナーレ(アンジェリカ・セダーラ)、パオロ・ストッパ(ドン・カロージェロ・セダーラ)、ジュリアーノ・ジェンマ(ガルバルディ軍将軍)、マリオ・ジロッティ(カヴリアーギ伯爵)、セルジュ・レジアニ(チッチョ)、ロモロ・ヴァリ(ピローネ神父)、リナ・モレリ(マリア・ステラ(サリーナ公爵夫人))ほか

「バニシング」のネタバレあらすじ結末

バニシング(別題:ダーティ・デカまかりとおる!)の紹介:1976年イタリア映画。ローマを舞台にした麻薬組織を壊滅させようと暴れまわる二人の刑事の活躍を描いたバディアクション。目的を達成するためなら何でもするという主人公フレッドとトニーの破天荒ぶりが見ていて爽快で注目すべき所です。
監督:ルッジェロ・デオダート 出演:レイ・ラヴロック(トニー)、マルク・ポレル(フレッド)、アドルフォ・チェリ(刑事部長)、レナート・サルヴァトーリ(パスキーニ)、シルヴィア・ディオニシオ(ノーマ)、フランコ・チッティ(ルディ)、マリノ・マッセ(リック)、ブルーノ・コラッツァリ(モランディ)、フラヴィア・ファビアーニ(リナ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 17

キーワードから探す

TOP↑