イタリア映画一覧

「天空の結婚式」のネタバレあらすじ結末

天空の結婚式の紹介:2018年イタリア映画。役者としてベルリンで暮らし、結婚を決意したアントニオとパオロ。しかし問題は互いの親を説得すること。パオロはゲイをカミングアウトして以来、母親とは口を利いていない。アントニオは復活祭でイタリアに帰郷する際にパオロを連れて、両親にカミングアウトと同時に婚約の報告をすることに。しかし村長を務める父親は断固として反対。そこへ幼馴染で元カノのカミッラが現れ事態は思わぬ方向へ。作品の原案はアメリカのオフ・ブロードウェイの大ヒット舞台『My Big Gay Italian Wedding』。イタリアを代表する人気俳優ディエゴ・アバタントゥオーノが父ロベルト役に扮し、ベテラン女優モニカ・グェリトーレなどイタリアで活躍する俳優陣がキャストを努める。
監督:アレッサンドロ・ジェノヴェージ 出演:ディエゴ・アバタントゥオーノ(ロベルト)、モニカ・グェリトーレ(アンナ)、サルヴァトーレ・エスポジト(パオロ)、クリスティアーノ・カッカモ(アントニオ)、ディーノ・アッブレーシャ(ドナート)、ディアーナ・デル・ブッファロ(ベネデッタ)、ベアトリーチェ・アレーナ(カミッラ)、ロザリア・ドゥルソ(ヴィンチェンツァ)、アントニオ・カターニア(フランチェスコ修道士)、エンツォ・ミッチョ(本人)ほか

「ウンベルトD」のネタバレあらすじ結末

ウンベルトDの紹介:1951年イタリア映画。貧しさに喘ぐ老人の苦悩と苛立ち、そして飼い犬との絆を描くドラマ作品。老人ウンベルトは飼い犬フライクと共に、僅かな年金で糊口を凌いでいた。しかし意地の悪いアパートの管理人から家賃を値上げされ、金策の無いウンベルトは途方に暮れてしまう。友人知人はあてにならず、物乞いはプライドが許さない。いよいよ自殺を決意したウンベルトの心残りはフライクだった。彼はせめてフライクが安心して暮らせるところを探してから死のうとするが、それさえも上手くいかない。
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出演者:カルロ・バティスティ(ウンベルト・D・フェラーリ)、マリア・ピア・カジリオ(マリア)、リナ・ジェナリ(アントニア・ベッローニ)、イレアナ・シモバ(ウンベルトの部屋の女性)、エレナ・レイ(病院の修道女)ほか

「アダム・チャップリン」のネタバレあらすじ結末

アダム・チャップリンの紹介:2010年イタリア映画。妻のエミリーを街のボスであるデニーに焼き殺されたアダムは、復讐のためデニーを探して殺人を繰り返していました。デニーは軍事機密の薬品を使い、人間を化け物に変体させ支配していました。一方アダムも体に悪魔が憑りつき、無敵人間になっており…という内容のバイオレンススプラッター映画です。ストーリーより、顔面破壊などのスプラッターシーンに特化させた作品です。別題は「アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者」
監督:エマニュエル・デ・サンティ 出演者:エマニュエル・デ・サンティ(アダム・チャップリン)、ヴァレリア・サンニノ(エミリー)、ジェリオ・デ・サンティ(デレク)、パオロ・ルシアーニ(ベン)、アレサンドロ・グラマンティ(クラレンス)ほか

「幸せのバランス」のネタバレあらすじ結末

幸せのバランス(別題:綱渡り)の紹介:2012年イタリア,フランス映画。幸せな家庭生活を送っていた市役所職員の男が、浮気の発覚からホームレスとなり、人生を転落させていく。イタリア社会の現状が垣間見える社会派ドラマ。
監督:イヴァーノ・デ・マッテオ 出演:ヴァレリオ・マスタンドレア(ジュリオ)、バルボラ・ボブローヴァ(エレナ)、ロザベル・ラウレンティ・セラーズ(カミラ)、ルポ・デ・マッテオ(ルカ)、ほか

「旅する料理: イタリアから世界へ」のネタバレあらすじ結末

旅する料理: イタリアから世界への紹介:2017年イタリア, アルゼンチン映画。アメリカ大陸に移住したイタリア人たちが持ち込んだ食文化。移民たちにとって自分たち食の伝統を守るとは何を意味するのか、イタリア料理を例に考えていく。
監督:メルセデス・コルドバ 出演者:リビア・リベラーチェ、ヒラリー・リンジー、ディノ・ボリ、ドメニコ・チテラ、アントーニオ・パーチェ、エンリコ・ロンバルディ、マルコス・ジャッカリア、ルジェロ・ラルコ、ファビオ・ペッキ、シモーナ・シン、ほか

「ミネソタ無頼」のネタバレあらすじ結末

ミネソタ無頼の紹介:1964年イタリア,フランス,スペイン映画。『続・荒野の用心棒』などのセルジオ・コルブッチが監督を務めたマカロニウェスタンです。無実の罪で投獄され、失明寸前に陥っていたガンマンが無実を証明するために脱獄したものの思わぬ抗争に巻き込まれていく様を描きます。
監督:セルジオ・コルブッチ 出演者:キャメロン・ミッチェル(ミネソタ・クレイ)、ジョルジュ・リヴィエール(フォックス)、ダイアナ・マーティン(ナンシー・マリガン)、アントニオ・カサス(ジョナサン・マリガン)、エテル・ロージョ(エステラ)、フェルナンド・サンチョ(ドミンゴ・オルティス)ほか

「向かいの窓」のネタバレあらすじ結末

向かいの窓の紹介:2003年イタリア,イギリス,トルコ,ポルトガル映画。許されぬ恋に揺れる女性と、記憶を失くした老人との心の交流を描くドラマ作品。ジョヴァンナは菓子職人を夢見つつも、生活に追われ忙しい日々を過ごしていた。人の良過ぎる夫と2人の子どもに囲まれ、苛立つことばかりの毎日。そんな彼女の密かな楽しみは、向かいのアパートに住む青年ロレンツォを窓からこっそり覗き見することだった。ある日、夫フィリッポが記憶を失くして町をさまよっていた老人シモーネを家に連れ帰って来る。はじめは激怒したジョヴァンナだったが、シモーネがきっかけとなりロレンツォとの距離が急速に縮まっていった。許されない恋に揺れるジョヴァンナの心に、シモーネの言葉が静かに染み渡っていく。イタリアの名優マッシモ・ジロッティの遺作ともなった作品。
監督:フェルザン・オズペテク 出演:ジョヴァンナ・メッツォジョルノ(ジョヴァンナ)、マッシモ・ジロッティ(シモーネ/ダヴィデ・ヴェローリ)、ラウル・ボヴァ(ロレンツォ)、フィリッポ・ニグロ(フィリッポ)、セルラ・ユルマズ(エミネー)ほか

「ザ・グレイテスト・キング」のネタバレあらすじ結末

ザ・グレイテスト・キングの紹介:2019年イタリア,ベルギー映画。土地や家畜を奪われた羊飼いの双子の兄弟が、支配する君主に抵抗し、自分達の国を作っていくためのキングになろうとする話です。ローマ帝国建設に至る伝承神話がモデルとなった歴史アクション映画です。
監督:マッテオ・ロヴェーレ 出演:アレッサンドロ・ボルギ(レムス)、アレッシオ・ラピーチェ(ロムルス)、タニア・ガリッバ(巫女)、ファブリツィオ・ロンジョーネ、ほか

「追憶に抱かれて」のネタバレあらすじ結末

追憶に抱かれての紹介:2016年韓国,イタリア映画。イタリアに向かう飛行機の中で20代の頃の恋人に再会したミングとミナは、あの頃の2人に戻るまでは時間はかからなかった。イタリアの風景と美術館や遺跡が、大人のラブストーリーを更に美しく色づける作品です。
監督:パク・フンシク 出演:キム・スンウ(カン・ミング)、イ・テラン(カン・ミナ)、ムン・ガヨン(スミ:ミナの娘)、チョン・ジュノン(ハンビッ:ミングの息子)、イ・ドヨン(ハンビョル:ミングの娘)、チェ・ヨンシン(ミラ)、イ・ウンジョン(ハンビッの担任)、ファン・ウシク(ミナの夫)、ほか

「気狂いピエロ」のネタバレあらすじ結末

気狂いピエロの紹介:1965年フランス,イタリア映画。ヌーヴェルヴァーグの金字塔にして、ジャン=リュック・ゴダールの最高傑作。「ピエロ」と呼ばれる男性フェルディナンは、金持ちの妻との退屈な夫婦生活に嫌気が差していた。そんなある日、かつての恋人マリアンヌと再会する。以前にも増して美しい彼女に惹かれたフェルディナンは、そのまま一夜を共にしてしまった。ところが翌朝、目を覚ましたフェルディナンは、見知らぬ男の遺体を発見し驚く。フェルディナンはマリアンヌと共に逃避行を始めるが、それは破滅へと向かう旅路だった。別題は「ピエロ・ル・フ」。
監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演者:ジャン=ポール・ベルモンド(フェルディナン・グリフォン)、アンナ・カリーナ(マリアンヌ・ルノワール)、グラツィエラ・ガルヴァーニ(フェルディナンの妻マリア)、ダーク・サンダース(マリアンヌの兄フレッド)、ジミー・カルービ(小男)ほか

「星降る夜のリストランテ」のネタバレあらすじ結末

星降る夜のリストランテの紹介:2000年イタリア,フランス映画。小さなレストランを訪れる客と従業員の悲喜交々を、ユーモラスに描くドラマ作品。安くて美味いレストラン「アルトゥーロの店」には、今夜も様々な客が足を運んでいた。教授と教え子の不倫カップル、険悪な様子の親子、娘の進路を気にする母親。厨房には怒りっぽいシェフの怒鳴り声が響き、軽薄な若いウェイターに年老いた先輩ウェイターが眉をひそめる。彼らをもてなし、まとめるのは夫に代わって店を切り盛りする女主人。彼らを取り巻く様々な事情が、食事の席で浮き彫りになっていく。
監督:エットレ・スコーラ 出演者:ファニー・アルダン(フローラ)、ヴィットリオ・ガスマン(ペズッロ先生)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(ジュリオ)、マリー・ジラン(チェチリア)、ステファニア・サンドレッリ(イザベラ)ほか

「カフェ・ソスペーゾ 優しさがつなぐ一杯」のネタバレあらすじ結末

カフェ・ソスペーゾ ~優しさがつなぐ一杯~の紹介:2017年アメリカ, イタリア, アルゼンチン映画。貧しい人のためにコーヒー代を払っておくナポリの粋な習慣は、今は世界のあちこちで見る事ができる。三つの都市でコーヒーを通して繋がっていく人々の群像劇を映し出す。
監督:フルヴィオ・イアヌッチ、ローリー・サントス

「4匹の蝿」のネタバレあらすじ結末

4匹の蝿の紹介:1971年イタリア映画。謎の人物に脅迫され、次第に追い詰められていく男性の恐怖を描くサスペンス作品。ロックバンドのドラマーであるロベルトは、1週間前から見知らぬ男に付きまとわれ苛立っていた。ある夜、男を追って無人の劇場に踏み込んだロベルト。そこで男ともみ合いになり、誤って相手をナイフで刺殺してしまった。しかもその現場を不気味な仮面をつけた人物に撮影されてしまう。翌日から、ロベルトは仮面の人物の執拗な脅迫を受けるようになった。ロベルトは事態を打開すべく、私立探偵アロージオを雇って調べて貰うことにするのだが…。イタリアンホラーの帝王ダリオ・アルジェント監督の幻の傑作。
監督:ダリオ・アルジェント 出演者:マイケル・ブランドン(ロベルト)、ミムジー・ファーマー(ニーナ)、ジャン=ピエール・マリエール(アロージオ)、バッド・スペンサー(神様/ディオメーデ)、フランシーヌ・ラセット(ダリア)ほか

「人生、ここにあり!」のネタバレあらすじ結末

人生、ここにあり!(別題:やればできるさ)の紹介:2008年イタリア映画。1987年に精神病患者の無期限収容を禁じた法律が制定されたイタリアで、地域社会との共存を体制化が進められる中、実際に起こった出来事をもとにコメディタッチで描いたヒューマン・ドラマ。
監督:ジュリオ・マンフレドニア 出演:クラウディオ・ビシオ(ネッロ)、アニタ・カプリオーリ(サラ)、ジュゼッペ・バッティストン(フルラン医師)、ジョルジョ・コランジェリ(デルベッキオ医師)、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ、ミケーレ・デ・ヴィルジーリョ、ほか

「ウエスタン」のネタバレあらすじ結末

ウエスタンの紹介:1968年イタリア,アメリカ映画。クリント・イーストウッドを大スターにし、マカロニウエスタンの礎を作った監督セルジオ・レオーネがハリウッドに招かれハリウッドスターを使い、後に後世に語り継がれる名作となる西部劇を完成させました。
監督:セルジオ・レオーネ 出演:ヘンリー・フォンダ(フランク)、クラウディア・カルディナーレ(ジル)、ジェイソン・ロバーズ(シャイアン)、チャールズ・ブロンソン(ハモニカ)、ガブリエル・フェルゼッティ(モートン)、フランク・ウォルフ(ブレット・マクベイン)、ジャック・イーラム(スネイキー)、ウディ・ストロード(ストーニー)、パオロ・ストッパ(サム)、キーナン・ウィン(シェリフ)、ライオネル・スタンダー(バーマン)、ほか

1 2 3 4 5 6 20

キーワードから探す

TOP↑