香港映画一覧

香港映画のネタバレあらすじ一覧です。ジャッキー・チェンやブルース・リーが出演するカンフー作品や懐かしいキャンシーなどの作品から最新のアクション、ホラー、ラブストーリーまで様々なジャンルのオススメ香港映画をラインナップしています。

「殺し屋1」のネタバレあらすじ結末

殺し屋1の紹介:2001年日本,香港,韓国映画。いじめられっこだったイチは大人になって鍛えた体で切れると殺人を犯すようになっていました。そのころ安生組の組長が行方不明になり3億円が消えていました。若頭の垣原らは組長を探すため同じ系列の組員を拷問し始めます。やがてイチの仕業とわかり対決することに・・・という話です。過激なバイオレンス映画です。
監督:三池崇史 出演者:浅野忠信(垣原)、大森南朋(イチ)、SABU(金子)、塚本晋也(ジジイ)、松尾スズキ(二郎・三郎)、菅田俊(高山)、寺島進(鈴木)ほか

「グランド・マスター」のネタバレあらすじ結末

グランド・マスターの紹介:2013年香港映画。詠春拳の達人として知られ、ブルース・リーをはじめとする数多くの弟子たちを育て上げた伝説の武術家イップ・マンの闘いの日々を史実に忠実に再現した伝記アクション作品です。
監督:ウォン・カーウァイ 出演者:トニー・レオン(イップ・マン)、チャン・ツィイー(ゴン・ルオメイ)、チャン・チェン(カミソリ)、マックス・チャン(マーサン)、ワン・チンシアン(ゴン・パオセン)ほか

「キョンシー」のネタバレあらすじ結末

キョンシー(別題:リゴル・モルティス/死後硬直)の紹介:2013年香港映画。80年代から90年代にかけて大ヒットしたキョンシーが長い眠りを経て帰ってきた。プロデューサーにホラー映画の巨匠清水崇を迎え、純度100%のホラー映画として生まれ変わったキョンシー。この恐怖を皆は体験したか。
監督:ジュノ・マック 出演:チン・シュウホウ(チン・シュウホウ)、クララ・ウェイ(フン)、パウ・ヘイチン(ムイ)、アンソニー・チェン(ヤウ)、ほか

「激戦 ハート・オブ・ファイト」のネタバレあらすじ結末

激戦 ハート・オブ・ファイトの紹介:2013年香港,中国映画。借金を抱える元ボクシングチャンピョンだったファイと、父親の会社が倒産してその借金と荒んだ父を一気に背負い込んだ青年チーが出会い、多額の賞金のでる格闘技大会で優勝し、賞金を得るために、2人はプライドをかけて挑みます。
監督:ダンテ・ラム 出演者:ニック・チョン(ファイ)、エディ・ポン(スーチー)、メイ・ティン(クワン)、クリスタル・リー(シウタン)、ワン・バオチャン、ほか

「密告・者」のネタバレあらすじ結末

密告・者の紹介:2010年香港映画。香港のサスペンスアクションの名匠、ダンテ・ラム監督によるクライム映画。刑事と、犯罪組織に潜り込んで情報を流す密告者の数奇な運命をアクションやドラマを交えて描かれます。
監督:ダンテ・ラム 出演者:ニコラス・ツェー(サイグァイ)、ニック・チョン(ドン・リー)、グイ・ルンメイ(ディー)、リウ・カイチー(ジャバー)、デレク・クォック(クー)、ルー・イー(バーバイ)、パトリック・キョン(タイピン)

「サンダーアーム 龍兄虎弟」のネタバレあらすじ結末

サンダーアーム/龍兄虎弟の紹介:1986年香港映画。ジャッキー・チェン監督・主演によるトレジャーアクションです。世界中に散らばった5種の神の武器を巡り、凄腕のトレジャーハンターと世界征服を企む邪教集団が争奪戦を繰り広げます。
監督:ジャッキー・チェン 出演者:ジャッキー・チェン(ジャッキー)、アラン・タム(アラン)、ロザムンド・クワン(ローラ)、ローラ・フォルネル(メイ)、ボジダール・スミルジャニック(バノン伯爵)ほか

「レクイエム 最後の銃弾」のネタバレあらすじ結末

レクイエム -最後の銃弾-の紹介:2013年中国,香港映画。香港を舞台に、麻薬組織撲滅に全力を注ぐ幼馴染の3人の警察官と麻薬王との壮絶な抗争を、彼らの友情や裏切りなど人間模様を交えて描き上げたクライム・サスペンス作品です。
監督:ベニー・チャン 出演者:ラウ・チンワン(マー・ホーティン)、ルイス・クー(ソー・ギンチャウ)、ニック・チョン(チョン・チーワイ)、ベン・ラム(ハク)、ロー・ホイパン(ブッダ)ほか

「欲望の翼」のネタバレあらすじ結末

欲望の翼の紹介:1990年香港映画。1960年の香港を舞台に繰り広げられる、6人の若い男女の群像劇を、超豪華な出演陣で映像化した作品です。遊び人の男とそれに振り回される二人の女性、彼女たちに恋する遊び人の友人や警官、そして最後に登場するギャンブラーの生き方がスタイリッシュに描かれます。
監督:ウォン・カーウァイ 出演者:レスリー・チャン(ヨディ)、マギー・チャン(スー・リーチェン)、カリーナ・ラウ(ミミ)、アンディ・ラウ(タイド)、ジャッキー・チュン(サブ)、トニー・レオン(ギャンブラー)ほか

「八仙飯店之人肉饅頭」のネタバレあらすじ結末

八仙飯店之人肉饅頭の紹介:1993年香港映画。マカオで1983年に実際に起きた八仙飯店での一家9人と従業員1名の惨殺事件を題材にした猟奇ホラー映画。イカサマ麻雀で買った金を八仙飯店の店主が支払わない事に腹を立てた従業員のウォンが店主一家と親族を惨殺し、店で売る肉まんにその肉を使うという内容です。リアルな殺人鬼描写と、コメディのような刑事たちのギャップが上手くマッチした作品です。
監督:ハーマン・ヤオ 出演者:アンソニー・ウォン(ウォン)、ダニー・リー(リー警部)、シン・フイウォン(チェン)、ラウ・スーミン、パクマン・ウォンほか

「シクロ」のネタバレあらすじ結末

シクロの紹介:1995年フランス,香港,ベトナム映画。現代のベトナム・ホーチミンを舞台に、「シクロ」と呼ばれる自転車タクシーの運転手をしている青年が、商売道具のシクロをヤクザに盗まれたのをきっかけに裏社会と関わりを持ち、やがて犯罪やドラッグに溺れていきます。
監督:トラン・アン・ユン 出演者:レ・ヴァン・ロック(シクロ乗りの青年)、トニー・レオン(詩人)、トラン・ヌー・イェン・ケー(青年の姉)、グエン・ヌ・キン(女親方)ほか

「スキップ・トレース」のネタバレあらすじ結末

スキップ・トレースの紹介:2016年アメリカ,中国,香港映画。香港刑事のベニーは殺されたパートナー、ヤンの犯人を追うことに人生をかけていた。ひょんなことから一緒に行動することとなったアメリカ人詐欺師のコナーが黒幕の悪事を暴けると知ると彼の協力を得て真相を突き止める。
監督:レニー・ハーリン 出演:ジャッキー・チェン(ベニー・チャン)、ジョニー・ノックスヴィル(コナー・ワッツ)、ファン・ビンビン(サマンサ)、エリック・ツァン(ヤン)、イヴ・トーレス(ダーシャ)、ヨン・ジョンフン(ハンサム・ウィリー)、ウィンストン・チャオ(ヴィクター・ウォン)、シー・シー(レスリー)、ほか

「ドラゴン怒りの鉄拳」のネタバレあらすじ結末

ドラゴン怒りの鉄拳の紹介:1971年香港映画。ブルース・リーの主演第2作目です。日本軍国主義の嵐が中国全土に吹き荒れる1908年、武術の師の葬儀に参列するため上海に舞い戻った主人公が、師の死の謎を探るうちに日本人柔道場との全面抗争に巻き込まれていきます。
監督:ロー・ウェイ 出演者:ブルース・リー(陳真)、ノラ・ミャオ(霍麗児)、橋本力(鈴木寛)、勝村淳(鈴木の用心棒)、ボブ・ベイカー(鈴木の用心棒)ほか

「香港ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

香港ゾンビの紹介:1998年香港映画。違法DVDショップで働くモーディとビーが人を轢いてしまいます。彼がボトルを欲しがっているので彼の持っていた秘密化学薬品のボトルを飲ませたために香港の街にゾンビが蔓延してしまうという香港製コメディゾンビホラーです。
監督:ウィルソン・イップ 出演者:ジョーダン・チャン(モーディ)、サム・リー(ビー)、アンジェラ・トン、マット・チョウ、フランキー・チャン、ライ・ユーチュン、チョン・ガムチェンほか

「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」のネタバレあらすじ結末

最後のブルース・リー/ドラゴンへの道の紹介:1972年香港映画。ブルース・リーが監督・脚本・製作・主演を手掛け、ローマでロケを敢行した作品です。ローマの中華レストランに用心棒として雇われた男が現地のマフィアと抗争を繰り広げます。ラストのブルース・リーとチャック・ノリスの決闘シーンはアクション映画史に残る名演技として有名です。
監督:ブルース・リー 出演者:ブルース・リー(タン・ロン)、ノラ・ミャオ(チェン)、ジョン・ベン(ギャングのボス)、ボブ・ウォール(フレッド)、チャック・ノリス(ゴードン)ほか

「アクシデンタル・スパイ」のネタバレあらすじ結末

アクシデンタル・スパイの紹介:2001年香港映画。念願のハリウッド進出を成功させたジャッキー・チェンが満を持して香港に凱旋して製作した作品です。カンフーの腕前と特殊な予知能力を持つ男が、謎の探偵や美女らと共に、細菌兵器を巡る国際的な陰謀に巻き込まれていきます。
監督:テディ・チャン 出演者:ジャッキー・チェン(バック・ユエン)、ビビアン・スー(ヨン)、キム・ミン(カルメン)、ウー・シングォ(ゼン)、エリック・ツァン(マニー・リウ)ほか

1 2 3 4 5
TOP↑