市川由衣映画一覧

市川由衣が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「呪怨2」のネタバレあらすじ結末

呪怨2の紹介:2003年日本映画。呪怨シリーズ2作目。後味が悪いラストに注意!呪怨(劇場版)の続編で、ビデオ版の呪怨と登場人物がリンクしているのも特徴。ホラー映画への出演する女優、原瀬京子はその日、“呪われた家”をレポートするテレビ特番にゲストとして出演。その家に関わる人間が悲惨な死や行方不明が後を絶たなかった。
監督:清水崇 出演者:酒井法子(原瀬京子)、新山千春(三浦朋香)、堀江慶(山下典孝)、市川由衣(千春)、葛山慎吾(大国圭介)、斎藤歩(石倉将志)、山本恵美(大林恵)水木薫(原瀬亜紀)、結城しのぶ(石黒薫)、尾関優哉(子役)(佐伯俊雄)、藤貴子(佐伯伽耶子)

「サイレン」のネタバレあらすじ結末

サイレン FORBIDDEN SIRENの紹介:2006年日本映画。『サイレンが鳴ったら外に出てはいけない』という言い伝えのある夜美島に病気療養の為に訪れた天本一家の3人でした。夜美島は1976年に土田という男以外島民全員が消息不明になった島でした。そして夜になりサイレンが鳴り響き、過去の悪夢が蘇り・・・という話のホラー映画です。
監督:堤幸彦 出演者:市川由衣(天本 由貴)、森本レオ(天本 真一)、田中直樹(南田 豊)、阿部寛(土田 圭)、西田尚美(里美)、松尾スズキ(東)、嶋田久作(山中巡査)ほか

「愚行録」のネタバレあらすじ結末

愚行録(ぐこうろく)の紹介:2016年日本映画。妹が逮捕されまだ気持ちの整理がつかない田中は自身の仕事に打ち込むことでなんとか気持ちを紛らわせようとしていた。来月でちょうど1年になる未解決事件の調査。週刊誌の記者として働く田中はその事件を再度調べるため被害者の近辺を探り始める。そして調査を続けるうちに次第に被害者の素顔が浮き彫りにされていく。石川慶監督の長編デビュー作。原作は直木賞の候補にもなった貫井徳郎「愚行録」。
監督:石川慶 出演:妻夫木聡(田中武志)、満島ひかり(田中光子)、小出恵介(田向浩樹)、臼田あさ美(宮村淳子)、市川由衣(稲村恵美)、松本若菜(夏原友季恵)、中村倫也(尾形孝之)、ほか

「迷宮カフェ」のネタバレあらすじ結末

迷宮カフェの紹介:2014年日本映画。訪れた客が次々と行方不明になるという謎のカフェを舞台に、ミステリアスな女店主と常連客が、人生に悩みながらも生きる力を見出していく姿を温かく描いた感動の物語。骨髄移植をテーマとしており、命の大切や人と人との絆に胸を打たれる作品となっています。
監督:帆根川廣 出演:関めぐみ(マリコ)、市川由衣(明香)、角田信朗(松浦)、藤原薫(スグル)、榎木田(大迫一平)ほか

「ラフ ROUGH」のネタバレあらすじ結末

ラフ ROUGHの紹介:2006年日本映画。漫画家あだち充の代表作品の「ラフ」を映画化したものです。高校の水泳部を舞台に若者の青春がピュアに描かれています。あだち作品で得意とする三角関係の恋模様が、青春ストーリーに上手く溶け込んで表現されています。長澤まさみ主演で、彼女のスタイルの良さが物語の人物に合致しており、原作を知る人にもわりと違和感なく見ていられる作品となっています。あだち作品の「ラフ」は他の作品に比べて知名度は低い方ですが、内容としては評価が高く、青春時代を思い出して映画のストーリーに浸る意味では、もってこいの作品であるとも言えます。厳しい見方をすると物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、今青春まっただ中の人にも、かつての昔の青春時代を思い出したい人にも見て損はない映画です。

「ZOO」のネタバレあらすじ結末

ZOOの紹介:2004年日本映画。人気作家乙一の同名短編小説集から5編を選出し、映画化した作品。5人の監督が多彩な演出で1編ずつを担当するコンピレーション・ムービーである。恐怖、戦慄、愛情を描くそれぞれの物語には、予想だにしないラストが待ち受ける。
監督:金田龍(「カザリとヨーコ」)、安達正軌(「SEVEN ROOMS」)、水﨑淳平(「陽だまりの詩(シ)」)、小宮雅哲(「SO-far そ・ふぁー」)、安藤尋(「ZOO」) 出演者:小林涼子(「カザリとヨーコ」ヨーコ/カザリ)、市川由衣(「SEVEN ROOMS」リミコ)、鈴木かすみ(「陽だまりの詩(シ)」私)、神木隆之介(「SO-far そ・ふぁー」ボク)、村上淳(「ZOO」男)ほか

「クロサギ」のネタバレあらすじ結末

映画 クロサギの紹介:2007年日本映画。雑誌連載されていた人気漫画であるクロサギを、TBSがドラマ化。ドラマ版クロサギが好評であったため、映画化され2008年、全国公開。学生のころ、詐欺師により大変不幸な目に遭わされた青年が、復讐を秘めて詐欺師を騙すクロサギとなって生きていく様を描いています。
監督:石井康晴 出演:山下智久(黒崎)、堀北真希(吉川氷柱)、加藤浩次(白石陽一)、市川由衣(三島ゆかり)、奥貫薫(早瀬真紀子)、哀川翔(神志名警部補)、山崎努(桂木敏夫)ほか

「ゼブラーマン」のネタバレあらすじ結末

ゼブラーマンの紹介:2003年日本映画。俳優の哀川翔が自身の俳優人生における映画100本を記念して日本映画監督の代表でもある三池崇史監督を迎え入れ、制作された娯楽作です。
監督:三池崇史 出演者:哀川翔、鈴木京香、市川由衣、岩松了

TOP↑