生きていた男の紹介:1958年イギリス映画。サプライズ・エンディングの隠れた名作として、映画マニアの間で語り継がれている作品。「結末を他人に話さないで下さい」というプロデューサーの”お願い”場面がついている。監督は「八十日間世界一周」で知られるマイケル・アンダーソン。
監督:マイケル・アンダーソン 出演:アン・バクスター(キンバリー・プレスコット)、リチャード・トッド(謎の男)、フェイス・ブルック(エレイン)、ハーバート・ロム(バルガス署長)、アレクサンダー・ノックス(キンバリーの叔父)、ほか