ドラマ映画のネタバレ

「生きてこそ」のネタバレあらすじ結末

生きてこその紹介:1993年アメリカ映画。1972年10月にアンデス山脈で起きた飛行機墜落事故。乗員乗客45名のうち無事に生還したのはわずか16名。救助隊が生存者達を発見したのは事故発生から72日後だった。この実話をドキュメンタリータッチで描いた作品。極寒の雪山、救助隊を待ちわびながら1つまた1つと消えていく命の火。残された者達は、生き残るために決死の行動に出る。イーサン・ホーク、ヴィンセント・スパーノ、ジョシュ・ハミルトンなど、90年代の若手スターとして注目を浴びた人気俳優達が共演している。
監督:フランク・マーシャル 出演者:ジョン・マルコヴィッチ(カルロス・バエス)、イーサン・ホーク(ナンド・バラード)、ヴィンセント・スパーノ(アントニオ・バルビ)、ジョシュ・ハミルトン(ロベルト・カネッサ)、ジョン・ハイムス・ニュートン(アントニオ・“ティン・ティン”・ビシンティン)ほか

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のネタバレあらすじ結末

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの紹介:2016年アメリカ映画。カリフォルニア州の小さなハンバーガーショップを世界の誰もが知るファーストフードチェーンへと成長させ大リーグ、サンディエゴ・パドレスのオーナーになったレイ・クロック。彼が何を切り捨て、何を選び取ってマクドナルド・ハンバーガーの「創業者」となったかを描く、実話に基づく映画。
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演者:マイケル・キートン(レイ・クロック)、ニック・オファーマン(ディック・マクドナルド)、ジョン・キャロル・リンチ(マック・マクドナルド)、ローラ・ダーン(エセル・クロック)、リンダ・カーデリーニ(ジョアン・スミス)

「いそしぎ」のネタバレあらすじ結末

いそしぎの紹介:1965年アメリカ映画。美しい自然の中、画家のローラは息子と二人で自由に生きてきた。彼女を所有しようとしても愛そうとはしないであろう男たちを遠ざけて。彼女の前に初めて現れた彼女を愛する男は、しかし、妻子ある牧師で息子の学校の校長だった。私生活のカップル、エリザベス・テイラーとリチャード・バートンが共演したメロドラマ。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演者:エリザベス・テイラー(ローラ・レイノルズ)、リチャード・バートン(エドワード・ヒューイット)、エヴァ・マリー・セイント(クレア・ヒューイット)、チャールズ・ブロンソン(コス・エリクソン)、ロバート・ウェッバー(ウォード・ヘンドリックス)、モーガン・メイソン(ダニー・レイノルズ)ほか

「復讐するは我にあり」のネタバレあらすじ結末

復讐するは我にありの紹介:1979年日本映画。昭和38年殺人を犯した榎津巌は逮捕される昭和39年まで78日間逃亡しながら詐欺と殺人を繰り返しました。その78日間と逮捕され処刑されるまでを描いた問題作です。
監督:今村昌平 出演者:緒形拳(榎津巌)、三國連太郎(榎津鎮雄)、ミヤコ蝶々(榎津かよ)、倍賞美津子(榎津加津子)、小川真由美(浅野ハル)、清川虹子(浅野ひさ乃)ほか

「鬼龍院花子の生涯」のネタバレあらすじ結末

鬼龍院花子の生涯の紹介:1982年日本映画。宮尾登美子原作。大正、昭和の高知が舞台。12歳で侠客鬼龍院政五郎(通称・鬼政)の養女となった松恵と、鬼政、その娘の花子を中心とした物語です。「なめたらいかんぜよ!」のセリフが当時流行しました。
監督:五社英雄 出演:仲代達矢(鬼龍院政五郎)、夏目雅子(松恵)、仙道敦子(少女時代の松恵)、岩下志麻(歌)、高杉かほり(花子)、ほか

「1001グラム ハカリしれない愛のこと」のネタバレあらすじ結末

1001グラム ハカリしれない愛のことの紹介:2014年ノルウェー,ドイツ,フランス映画。ノルウェー国立計量研究所に勤めるマリエはあらゆる計測に通じていますが、私生活では夫と離婚協議中です。測量研究の大先輩でもあるマリエの父が病で倒れたため、彼女が代理でキログラム原器(キログラムの質量をもつ標準分銅)を携えてパリでの国際セミナーに出席します。 あまり馴染みの薄い“キログラム原器”という重さの基準をテーマに、理系女子マリエが悩み葛藤しながらも、自由な心を取り戻す姿を繊細にかつ丁寧に描いています。
監督:ベント・ハーメル 出演者:アーネ・ダール・トルプ(マリエ)、ロラン・ストッケル(パイ)、スタイン・ヴィンゲ(アーンスト・アーンスト)、ヒルデグン・リーセ(ヴェンケ)、ピーター・ハドソン(ウィンクラー)ほか

「評決のとき」のネタバレあらすじ結末

評決のときの紹介:1996年アメリカ映画。若き白人弁護士ジェイクは、黒人労働者のカールの裁判を担当する事になりました。カールは自分の幼い娘をレイプし瀕死に追いやった白人男性二人を復讐として射殺したのです。人種差別が根付く土地での裁判はジェイクにとって不利を極めます。白人至上主義KKKからの脅迫や暴力を受けながらも仲間達と共に戦い、ついにはカールを無罪にするまでの物語です。
監督:ジョエル・シューマカー 原作:ジョン・グリシャム 出演:マシュー・マコノヒー(ジェイク・タイラー・ブリガンス)、サンドラ・ブロック(エレン・ロアーク)、サミュエル・L・ジャクソン, (カール・リー・ヘイリー)、ケヴィン・スペイシー(ルーファス・バックリー)、ドナルド・サザーランド(ルシアン・ウィルバンクス)、オリヴァー・プラット(ハリー・レックス・ボナー)、ほか

「100歳の少年と12通の手紙」のネタバレあらすじ結末

100歳の少年と12通の手紙の紹介:2009年フランス映画。余命わずかな10歳の少年が、愛を遠ざけて生きてきたピザ屋の女主人と心を通わせて、残された日々を懸命に生きる姿をファンタジックな映像を交えて描いたハートウォーミングストーリー。
監督:エリック・=エマニュエル・シュミット 出演:ミシェル・ラロック(ローズ)、アミール(オスカー)、マックス・フォン・シドー(デュッセルドルフ医師)、アミラ・カサール(ゴメット婦長)、ミレーヌ・ドモンジョ(ローズの母)、ほか

「八月の狂詩曲」のネタバレあらすじ結末

八月の狂詩曲(ラプソディー)の紹介:1991年日本映画。日本映画界の巨匠・黒澤明監督が村田喜代子の芥川賞受賞作品「鍋の中」を映画化したもので、長崎で原爆体験をした祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描いています。
監督: 黒澤明 出演者:村瀬幸子(鉦)、吉岡秀隆(縦男)、大寶智子(たみ)鈴木美恵(みな子)、伊崎充則(信次郎)、リチャード・ギア(クラーク)ほか

「ヒトラーの贋札」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーの贋札の紹介:2007年ドイツ,オーストリア映画。実話であるドイツの史上最大の贋札事件であるベルンハルト大作戦の裏側を描いた作品です。この贋作事件には当時迫害されていたユダヤ人が利用されていたのでした。
監督:ステファン・ルツォヴィツキー 出演:カール・マルコヴィクス(サロモン・ソロヴィッチ/サリー)、アウグスト・ディール(アドルフ・ブルガー)、デーヴィト・シュトリーゾフ(フリードリヒ・ヘルツォーク)、マリー・ボイマー(アグライア)、ドロレス・チャップリン(カジノの令嬢)、ほか

「突入せよ!「あさま山荘」事件」のネタバレあらすじ結末

突入せよ!突入せよ!「あさま山荘」事件「あさま山荘」事件の紹介:2002年日本映画。1972年2月、警察に追われた連合赤軍のメンバーがあさま山荘に侵入し、人質を取って立てこもる事件が発生しました。マイナス10度を超える極寒の中、犯人に容易に近づくことができない状態が続きます。1970年代に実際に発生した「あさま山荘事件」を題材に映画化したもので、当時の警察内部の攻防を描いています。
監督:原田眞人 原作:佐々淳行 出演:役所広司(佐々淳行)、宇崎竜童(宇田川信一)、伊武雅刀(野間長野県警本部長)、串田和美(丸山参事官)、山路和弘(石川警視正)、矢島健一(大久保第九機動隊長)、椎名桔平(白竜組社長)、天海祐希(佐々幸子)、藤田まこと(後藤田正晴警察庁長官)、ほか

「サヨナラの代わりに」のネタバレあらすじ結末

サヨナラの代わりにの紹介:2014年アメリカ映画。愛情深い弁護士の夫と、裕福な生活。そんな誰もが羨む幸せな人生を歩んでいる女性ケイト。しかし、彼女の体はALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていました。車椅子の生活になり、新しい介護人の面接にやって来たのは大学生のベック。介護の経験がほとんどないうえに遅刻ばかりする彼女に、ケイトは不思議と親近感を覚えます。そしてある事件をきっかけに、彼らの間に介護人と患者を越えた友情が芽生えますが…。「ボーイズ・ドント・クライ」や「ミリオンダラー・ベイビー」のアカデミー賞女優ヒラリー・スワンクが製作・主演を務めた、2人の女性の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演者:ヒラリー・スワンク(ケイト)、エミー・ロッサム(ベック)、ジョシュ・デュアメル(エヴァン)、ロレッタ・デヴァイン(マリリン)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(エリザベス)、アリ・ターナー(キーリー)、ジェイソン・リッター(ウィル)、フランシス・フィッシャー(グウェン)、ほか

「映画女優」のネタバレあらすじ結末

映画女優の紹介:1987年日本映画。新藤兼人の「小説・田中絹代」が原作。田中絹代の半生を描いた映画。絹代の代表作である「愛染かつら」や「浪花女」などが劇中劇として演じられ、上原謙と高田浩吉が本人役で出演しています。
監督:市川崑 出演:吉永小百合(田中絹代)、森光子(ヤエ)、横山道代(玉代)、石坂浩二(城都四郎)、渡辺徹(清光宏)、ほか

「クワイエットルームにようこそ」のネタバレあらすじ結末

クワイエットルームにようこその紹介:2007年日本映画。フリーライターの佐倉明日香は目覚めると、見知らぬ白い病院の1室にいました。彼女はクワイエットルームと呼ばれる精神病院の病棟に入れられていたのです。個性的な患者達と接するうちに明日香は人生を見つめ直すようになっていきます。睡眠薬を大量に含み、精神病院に運ばれた女性が復帰するまでの様子を描いた作品で、主演は内田有紀さん、監督・脚本は松尾スズキさんが担当しています。
監督:松尾スズキ 出演:内田有紀(佐倉明日香)、宮藤官九郎(鉄雄)、蒼井優(ミキ)、りょう(江口)、中村優子(栗田)、高橋真唯(サエ)、妻夫木聡(コモノ)、大竹しのぶ(西野)、ほか

「おみおくりの作法」のネタバレあらすじ結末

おみおくりの作法の紹介:2013年イギリス,イタリア映画。孤独死した人の身寄りの調査から葬儀、埋葬までを執り行う公務員が、故人が送ってきた人生に寄り添うことで自身の人生を見つめなおす様を描く感動ドラマ。
監督:ウベルト・パゾリーニ 出演:エディ・マーサン(ジョン・メイ)、ジョアンヌ・フロガット(ケリー)、カレン・ドルーリー(メアリー)、キアラン・マッキンタイア(ジャンボ)、アンドリュー・バカン(プラチェット氏)、ほか

1 28 29 30 31 32 33 34 35 36 92
TOP↑