ドラマ映画のネタバレ

「リトル・ブッダ」のネタバレあらすじ結末

リトル・ブッダの紹介:1993年イギリス,フランス映画。師の転生者探索を使命とするチベットの高僧と、その候補者となったアメリカに住む少年とその家族との交流を、若き日のブッダの物語を織り交ぜながら、神秘の赤と現実の青のシーンで構成された作品です。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演:アレックス・ヴィーゼンダンガー(ジェシー・コンラッド)、キアヌ・リーヴス(シッダールタ王子)、ブリジット・フォンダ(リサ・コンラッド)、クリス・アイザック(ディーン・コンラッド)、イン・ルオチェン(ラマ僧ノルブ)、ほか

「ビルマの竪琴」のネタバレあらすじ結末

ビルマの竪琴の紹介:1985年日本映画。ビルマ(現在のミャンマー)で亡くなった日本兵を鎮魂するために現地の僧侶となった、竪琴の名手である日本兵の物語。1956年に作られた映画の脚本を元にしており、同じ監督によって製作されている。原作は評論家の竹山道雄が執筆した児童向けの文学作品で、彼は毎日出版文化賞と、芸術選奨文部大臣賞を受賞した。
監督:市川崑 出演者:石坂浩二(井上隊長)、中井貴一(水島上等兵)、岡田上等兵(小林稔侍)、北林谷栄(物売りの老婆)、菅原文太(三角山守備隊隊長) ほか

「夜に生きる」のネタバレあらすじ結末

夜に生きるの紹介:2016年アメリカ映画。1920年代のアメリカ、警察署長である父親に反抗して悪事を働き続けていたジョーはギャングリーダーの女と恋に落ちてしまう。駆け落ちをしようとした矢先に二人のことがバレてしまうと、彼女は殺され自分は警官殺しで逮捕されてしまうのだった。そしてジョーは復讐を誓う。
監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック(ジョー・コフリン)、エル・ファニング(ロレッタ・フィギス)、ブレンダン・グリーソン(トム・コフリン)、クリス・メッシーナ(ディオン・バルトロ)、シエナ・ミラー(エマ・グールド)、ゾーイ・サルダナ(グラシエラ)、クリス・クーパー(フィギス本部長)、ほか

「ちょっと今から仕事やめてくる」のネタバレあらすじ結末

ちょっと今から仕事やめてくるの紹介:2017年日本映画。北川恵海原作小説「ちょっと今から仕事やめてくる(ちょいやめ)」の映画化作品。就職に失敗し焦って入った会社がブラックだった。それでもそこにしがみつくしか出来ない隆はあくせく働く毎日であった。そして心が折れる。駅のホームで目を瞑り流れに身を任せると吸い込まれるように線路へと身体が落ちて行くその時、とっさに隆の身体を一人の青年が引っ張った。ヤマモトと名乗るその青年は隆のかつての同級生だという。最初は戸惑う隆だが次第に彼に心を開いていく。監督は2012年の「八日目の蝉」で日本アカデミー賞を受賞した成島出。
監督:成島出 出演:福士蒼汰(ヤマモト)、工藤阿須加(青山隆)、黒木華(五十嵐美紀)、森口瑤子(青山容子)、池田成志(青山晴彦)、ほか

「明日の記憶」のネタバレあらすじ結末

明日の記憶(あしたのきおく)の紹介:2005年日本映画。広告会社で部長としてバリバリ働く主人公。そんな彼に突然襲いかかったのは、若年性アルツハイマーという厳しい試練でした。生きる意味を根本から問い直す、主人公と妻。忘れていくことへの怖れ、もがき苦しみ、それでも生きることを諦めない道を選んだ夫婦の姿が胸を打ちます。萩原浩の原作に惚れ込んだ渡辺謙が、映画化実現のため尽力し、映画初主演だけでなく制作総指揮も兼ねた本作品。暗い題材ながら、決して陰湿ではなく、むしろ生への力強さを感じます。
監督:堤幸彦 出演:渡辺謙(佐伯雅行)、樋口可南子(佐伯枝実子)、坂口憲二(伊東直也)、吹石一恵(佐伯梨恵)、水川あさみ(生野啓子)、ほか

「美しい星」のネタバレあらすじ結末

美しい星の紹介:2016年日本映画。大杉重一郎は天気が当たらない事で有名な冴えない気象予報士。平凡な毎日を送っていた彼だが、ある日突然、重一郎と彼の息子と娘が宇宙人に覚醒し、奮闘する姿を描く。「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」、日本アカデミー賞受賞作の「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が三島由紀夫のSF長編小説を映画化、2017年公開。原作と時代設定等を大幅に変更し、現代のテーマに合わせた新たな脚色が魅力。
監督:吉田大八 出演:リリー・フランキー(大杉重一郎)、亀梨和也(一雄)、橋本愛(暁子)、中島朋子(伊余子)、佐々木蔵之介(黒木克己)、羽場裕一(今野彰)、友利恵(中井玲奈)、春田純一(鷹森紀一郎)、若葉竜也(竹宮薫)ほか

「カティンの森」のネタバレあらすじ結末

カティンの森の紹介:2007年ポーランド映画。第二次世界大戦中、1万数千人のポーランド軍将校が虐殺された「カティンの森事件」を扱う反戦映画。事件で父親を亡くしたポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダが監督を務める。1939年9月、ポーランド軍将校のアンジェイはソ連軍の捕虜となり収容所に移送される。妻アンナは不安の中アンジェイの帰りを待ち続けるが、1943年、カティン集落近くの森で将校達の遺体が発見された。そして戦争は愛する者の死を悲しむ自由すらも奪い去っていく。
監督:アンジェイ・ワイダ 出演者:マヤ・オスタシェフスカ(アンナ)、アルトゥル・ジミイェフスキ(アンジェイ)、アンジェイ・ヒラ(イェジ)、マヤ・コモロフスカ(アンジェイの母)、ダヌタ・ステンカ(大将夫人ルジャ)ほか

「私は貝になりたい(2008年)」のネタバレあらすじ結末

私は貝になりたいの紹介:2008年日本映画。元陸軍中尉である加藤哲太郎の手記の一部分を基に製作された戦争映画。平凡な主人公が戦争に翻弄されて、理不尽な裁判の末に処刑されるまでの拘置所での生活や、残された家族との愛を描いている。豪華なキャストが話題を呼び、特に主人公を演じた中居正広による迫真の演技は、映画関係者を含めて多くの人々に評価された。
監督:福澤克雄 出演者:中居正広(清水豊松)、仲間由紀恵(清水房江)、笑福亭鶴瓶(西沢卓次)、草彅剛(大西三郎)、上川隆也(小宮教誨師) 、石坂浩二(矢野中将) ほか

「ピアニスト」のネタバレあらすじ結末

ピアニストの紹介:2001年フランス,オーストリア映画。カンヌ国際映画祭にて審査委員グランプリ、男優賞、女優賞の3つを受賞した作品です。厳格な母に縛られて生きてきたピアノ教師の中年女性が、若い学生との出会いを機に内に秘めていた性的欲望に目覚めていきます。
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演者:イザベル・ユペール(エリカ)、ブノワ・マジメル(ワルター)、アニー・ジラルド(エリカの母)、アンナ・シガレヴィッチ、スザンヌ・ロタールほか

「愛を乞うひと」のネタバレあらすじ結末

愛を乞うひとの紹介:1998年日本映画。主人公、照恵を演じた原田美枝子が鬼のような照恵の実母と幼少のトラウマと闘う母となった照恵を巧みに演じている。母と子の壮絶な愛憎劇と再生の物語。
監督: 平山秀幸 出演者:原田美枝子(山岡照恵/陳豊子)、中井貴一(陳文夫)、小池沼愛(照恵5歳時)、牛島ゆうき(照恵10歳時)、野波真帆(山岡深草)、ほか

「ミュンヘン」のネタバレあらすじ結末

ミュンヘンの紹介:2005年アメリカ映画。1972年、ミュンヘン五輪の最中に発生したイスラエル選手団襲撃事件に対して、イスラエル政府が報復のために差し向けた暗殺チームの暗躍を描いた、スティーヴン・スピルバーグ監督によるサスペンス映画です。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演者:エリック・バナ(アヴナー)、ダニエル・クレイグ(スティーブ)、キーラン・ハインズ(カール)、マチュー・カソヴィッツ(ロバート)、ジェフリー・ラッシュ(エフライム)ほか

「息子の部屋」のネタバレあらすじ結末

息子の部屋の紹介:2001年イタリア映画。最愛の息子を失った家族が、悲しみから這い上がろうとする姿を描いたヒューマンドラマです。カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞しています。
監督:ナンニ・モレッティ 出演者:ナンニ・モレッティ(ジョヴァンニ)、ラウラ・モランテ(パオラ)、ジャスミン・トリンカ(イレーネ)、ジュゼッペ・サンフェリーチェ(アンドレア)、ソフィア・ヴィジリア(アリアンナ)ほか

「湯を沸かすほどの熱い愛」のネタバレあらすじ結末

湯を沸かすほどの熱い愛の紹介:2016年日本映画。銭湯「幸の湯」を営む幸野双葉は夫が蒸発し、1人娘の安澄を育てながらパートで働く主婦です。しかしある日、体調不良で仕事中に倒れてしまい病院で診察を受けるとステージ4の末期がんであることがわかり、余命2ヶ月という宣告を受けてしまいます。治療の施しようもない中、双葉は残された時間でやっておくべきことをやると決めて動き出します。「湯を沸かすほどの熱い愛」は、日本アカデミー賞で、宮沢りえが最優秀主演女優賞、杉咲花が最優秀助演女優賞を受賞しています。
監督:中野量太 出演:宮沢りえ(幸野双葉)、杉咲花(幸野安澄)、篠原ゆき子(酒巻君江)、駿河太郎(滝本)、伊東蒼(片瀬鮎子)、松坂桃李(向井拓海)、オダギリジョー(幸野一浩)、ほか

「ブロークン・フラワーズ」のネタバレあらすじ結末

ブロークン・フラワーズの紹介:2005年アメリカ映画。冴えない中年男性がかつての恋人達を訪ね歩くコメディ&ロードムービー。無気力に暮らすドン・ジョンストンの元に、昔の恋人から手紙が届いた。ドンに息子がいると知らせる手紙だったが具体的な差出人は不明。友人ウィンストンは、差出人を探し出せとドンを強引に旅立たせる。2005年のカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:ビル・マーレイ(ドン・ジョンストン)、ジェフリー・ライト(ウィンストン)、シャロン・ストーン(ローラ)、フランセス・コンロイ(ドーラ)、ジュリー・デルピー(シェリー)ほか

「ふしぎな岬の物語」のネタバレあらすじ結末

ふしぎな岬の物語の紹介:2014年日本映画。「不思議な岬の物語」は森沢明夫の小説を元にした映画です。吉永小百合が主演を務めて企画にも参加しています。岬にもある 小さな喫茶店を舞台に、女店主と人々の交流を描いています。
監督:成島出 出演者:吉永小百合(柏木悦子)、阿部寛(柏木浩司)、竹内結子(竜崎みどり)、笹野高史(竜崎徳三郎)、笑福亭鶴瓶(タニさん)ほか

1 41 42 43 44 45 46 47 48 49 94
TOP↑