サスペンス映画のネタバレ

「ノーカントリー」のネタバレあらすじ結末

ノーカントリーの紹介:2007年アメリカ映画。1980年代のテキサスを舞台に殺し屋と大金を盗んでしまった男の運命を描く物語。いつものコーエン兄弟の作品とは違い、最後まで怖い。殺し屋アントン・シガーは麻薬やお金のためではなく、狙った相手を殺さないとゲームセットにはできない人物。こんな異常なまでの殺し屋をハビエル・バルデムが演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞。そのほかに作品賞、監督賞、脚色賞も受賞した素晴らしい作品です。
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:ハビエル・バルデム(アントン・シガー)、ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)、トミー・リー・ジョーンズ(トム保安官)、ウッディ・ハレルソン(カールソン)、ケリー・マクドナルド(カーラ・ジーン・モス)ほか

「アンノウン」のネタバレあらすじ結末

アンノウン(原題: Unknown)の紹介:2011年アメリカ, ドイツ映画。リーアム・ニーソン主演作。アンノウンは、ディディエ・ヴァン・コーヴラールの小説『Out of My Head』を映画化したサスペンス映画です。出張先で事故に遭い、自分の名前や記憶を奪われた植物学者が巨大な陰謀に巻き込まれ、そして自らの正体に気付くことになります。アンノウンは日本公開時の題名が当初は『身元不明』と決まっていましたが、東日本大震災が起きたため、アンノウンに変えたという経緯があります。
監督:ジャウム・コレット=セラ 出演者:リーアム・ニーソン(マーティン・ハリス)、ダイアン・クルーガー(ジーナ)、ジャニュアリー・ジョーンズ(エリザベス・ハリス)、エイダン・クイン(もう1人のマーティン・ハリス)、ブルーノ・ガンツ(エルンスト・ユルゲン)ほか

「ワルキューレ」のネタバレあらすじ結末

ワルキューレの紹介:2008年アメリカ/ドイツ映画。ドイツがナチスの統治下にあった頃、ドイツの将来を想い、残虐を繰り返すヒトラー政権を潰して新しい政権を立ち上げようと計画した将校達の物語です。将校達が「ワルキューレ作戦」を企ててから間も無く、ドイツは敗戦により形は違うものの時をそれほど待たずして新しい国に生まれ変わり、彼らの想いは少なからず通じたとも言えます。絶対的統治下にあった中で反逆を企てようとするため、計画の遂行はとても大変で手に汗を握る展開です。クーデターを試みた将校達の苦悩を重点的に描いています。
監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ(クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐)、ケネス・ブラナー(ヘニング・フォン・トレストム・クルーズコウ少将)、カリス・ファン・ハウテン(ニーナ・フォン・シュタウフェンベルク)、ビル・ナイ(フリードリヒ・オルブリヒト大将)、ジェイミー・パーカー(ヴェルナー・フォン・ヘフテン)、ほか

「オールド・ボーイ(2013年アメリカ)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(2013年アメリカ)の紹介:2013年アメリカ映画。韓国で大ヒットを記録した映画オールド・ボーイを、ハリウッドがリメイクした本作では、日本のオリジナルの原作から逸脱しないよう作り上げ、1級のスリラーが誕生しました。
監督:スパイク・リー 出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソンほか

「オールド・ボーイ(2003年 韓国)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(韓国)の紹介:2003年韓国映画。日本の漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』原作による作品で、パク チャヌク監督による復讐3部作の第2弾でもあります。舞台は原作の日本から韓国に変わっている。カンヌ国際映画祭にて、グランプリを受賞するなど、国際的に高く評価されました。
監督:パク・チャヌク 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン、チ・デハンほか

「王になった男」のネタバレあらすじ結末

王になった男の紹介:2012年韓国映画。李氏朝鮮の時代を舞台に、実在の国王にして暴君と恐れられた光海君とその影武者となった道化師の15日間に渡る攻防を、イ・ビョンホンが光海君と道化師を一人二役で演じ切り、韓国版アカデミー賞ともいえる「大鐘賞」で史上最多の15部門を制するなど韓国中で大反響を巻き起こした歴史ミステリードラマです。
監督:チュ・チャンミン 出演者:イ・ビョンホン(光海君/ハソン(二役))、リュ・スンリョン(ホ・ギュン)、ハン・ヒョジュ(王妃)、キム・イングォン(卜部将)、チャン・グァン(チョ内官)、シム・ウンギョン(サウォル)、キム・ミョンゴン(パク・チュンソ)、キム・ハクチュン(ユ・ジョンホ)ほか

「チェイサー(2008年韓国)」のネタバレあらすじ結末

チェイサーの紹介:2008年韓国映画。2004年に韓国で起こった連続殺人事件をベースにした作品で、緊迫感あるストーリーとなっています。韓国では大ヒットを記録し、ハリウッドリメイクも決まりました。
監督:ナ・ホンジン 出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ、チェ・ジョンウほか

「アジョシ」のネタバレあらすじ結末

アジョシの紹介:2010年韓国映画。心に闇を抱えた男と、そんな彼と心を通わせる少女とのドラマが描かれる。俳優のウォンビンが初めて本格アクション映画に挑戦した作品で、韓国では大ヒットを記録します。アクションでありながら、韓国の社会問題を題材にしています。
監督:イ・ジョンボム 出演:ウォンビン(チャ・テシク)、キム・セロン(ソミ)、キム・ヒウォン(マンソク(兄))、キム・ソンオ(ジョンソク(弟))、キム・テフン(キム・チゴン)、ソン・ヨンチャン(オ・ミョンギュ)、タナヨン・ウォンタラクン(ラム・ロワン)、ホン・ソヒ(キム・ヨンス)、キム・ヒョソ(ヒョジョン(ソミの母))、ほか

「JSA」のネタバレあらすじ結末

JSAの紹介:2000年韓国映画。韓国と北朝鮮の境界の板門店に設けられた、韓国軍と北朝鮮人民軍が共同で警備に当たるJSA(共同警備区域)を舞台に、ふとしたことから奇妙な友情を育む事になった南北の兵士の姿を描いたフィクションドラマです。
監督:パク・チャヌク 出演者:イ・ビョンホン(イ・スヒョク)、イ・ヨンエ(ソフィー・チャン)、ソン・ガンホ(オ・ギョンピル)、シン・ハギュン(チョン・ウジン)、キム・テウ(ナム・ソンシク)ほか

「アウトブレイク」のネタバレあらすじ結末

アウトブレイクの紹介:1995年アメリカ映画。アフリカ奥地の小さな村で発生した原因不明の伝染病により、傭兵部隊と村人たちが犠牲となる。その後、カリフォルニアでウィルスが猛威を振るう。ウィルスによって壊滅状態になった人々を助ける事は出来るのか、また軍事の最終手段とは?
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演者:ダスティン・ホフマン(サム・ダニエルズ大佐)、レネ・ルッソ(ロビー)、モーガン・フリーマン(ビリー・フォード准将)、ケヴィン・スペイシー(ケイシー・シュラー少佐)、キューバ・グッディング・Jr(ソルト少佐)、パトリック・デンプシー(ジンボー・スコット)、ドナルド・サザーランド(ドナルド・マクリントック少将)、ゼイクス・モカエ(Dr.ベンジャミン・イワビ)、ほか

「オーシャンズ11」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ11の紹介:2001年アメリカ映画。1960年公開映画『オーシャンと十一人の仲間』を超豪華俳優陣でリメイクしたクライムアクションシリーズの第1弾です。仮出所した希代の大泥棒率いる犯罪のプロフェッショナル集団たちが、ラスベガスを牛耳る大富豪のカジノの金庫破りに挑みます。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ダニー・オーシャン)、ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン)、マット・デイモン(ライナス・コールドウェル)、アンディ・ガルシア(テリー・ベネディクト)、ジュリア・ロバーツ(テス)ほか

「ダ・ヴィンチ・コード」のネタバレあらすじ結末

ダ・ヴィンチ・コードの紹介:2006年アメリカ映画。全世界で5000万部を超える大ベストセラーであるダン・ブラウンの同名小説を原作に製作されたサスペンス・ミステリー超大作です。レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を巡り、ある組織の陰謀に巻き込まれた大学教授が謎を解き明かしていく様を描きます。本作はカトリック教会をも巻き込む大論争になりながらも日本を含む全世界で大ヒットしてシリーズ化が決定、2009年に第2作『天使と悪魔』、2016年に第3作『インフェルノ』が公開されています。
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)、イアン・マッケラン(リー・ティービング)、ポール・ベタニー(シラス)、アルフレッド・モリーナ(マヌエル・アリンガローサ司教)、ジャン・レノ(ベズ・ファーシュ警部)、ユルゲン・プロホノフ(アンドレ・ヴェルネ)、ジャン=ピエール・マリエール(ジャック・ソニエール)、ジャン=イヴ・ベルテルー(レミー・ジャン)ほか

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のネタバレあらすじ結末

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師の紹介:2007年アメリカ映画。ロンドンのフリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーは、家族との幸せな日々を過ごしていた。しかし、彼の幸せは、悪徳な判事の策略によって壊されてしまう。
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエンほか

「L change the WorLd (デスノート)」のネタバレあらすじ結末

L change the WorLd(エルチェンジザワールド)の紹介:2008年日本映画。大ヒットした「デスノート」「デスノート the Last name」の天才探偵Lを主人公とするスピンオフ作品。キラによる犯罪者大量殺人の解決を頼まれた「L」は、「97%」の割合でキラは日本に居ると断言し日本へと旅立った。「L」が日本に旅立って120日後、タイのバンナム村で疫病が蔓延していたのだ。自らの命と引き換えにキラとの勝負に決着を付けた「L」は最後の時を過ごしていた、そこへ助けを求める少年がチェンマイからやって来るのである。
監督:中田秀夫 出演者:松山ケンイチ、福田麻由子、鶴見辰吾、工藤夕貴、高嶋政伸ほか

「デスノート the Last name」のネタバレあらすじ結末

デスノート the Last nameの紹介:2006年日本映画。「デスノート」の後編。また後編で登場するデスノートには、前篇で公開されていなかった掟が足されています。ライトは彼女の死を切っ掛けに、「キラ対策本部」に入る事に成功し、「L」との直接対決に挑むのだ。だが「L」だけはまだ、ライトがキラだと疑っているのである。そこにキラ信者であるミサが「死神の目」を手に入れ、ライトに近づいてきたのである。
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、リューク(声優)中村獅童、レム(声優)池畑慎之介 ほか

1 95 96 97 98 99 100

キーワードから探す

TOP↑