エヴァンゲリオンシリーズのあらすじ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズのネタバレあらすじ一覧です。ヱヴァンゲリヲン新劇場版のストーリーをネタバレや評価・感想とともに結末まで解説します。アニメ版・劇場版として製作された「新世紀エヴァンゲリオン」は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズとしてリメイクされました。登場人物や舞台設定が旧作品との違いとして変更されています。

「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」のネタバレあらすじ結末

エヴァンゲリオン新劇場版:Qの紹介:2012年日本映画。ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ第3作目。『新劇場版:破』の最後から14年後の世界が舞台。特務機関「NERV(ネルフ)」と反NERV組織「ヴィレ」の戦いのなか、14年の眠りから目覚めた碇シンジは、ヴィレ指揮官となった葛城ミサトから二度とヱヴァに乗るなと告げられてしまう。第36回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞。正式な映画タイトル表記は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で、続編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は2021年に公開。
監督:庵野秀明 声優:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(アヤナミレイ(仮称))、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)、坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)、石田彰(渚カヲル)ほか

「エヴァンゲリオン新劇場版:破」のネタバレあらすじ結末

エヴァンゲリオン新劇場版:破の紹介:2009年日本映画。新劇場版4部作の第2作目。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の続編。もう一人のエヴァのパイロット、アスカが2号機と共に来日。次々襲い来る使徒を倒すなか、碇シンジは父ゲンドウに認めてもらえたと思い喜ぶが……。前作がTVシリーズの話を殆んど踏襲していたのに対し、今作から新たな使徒・キャラクター・設定・謎が登場し、オリジナルの展開が進んでいく。正式な映画タイトル表記は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
監督:庵野秀明 声優:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(綾波レイ)、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)、坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)、石田彰(渚カヲル)ほか

「エヴァンゲリオン新劇場版:序」のネタバレあらすじ結末

エヴァンゲリオン新劇場版:序の紹介:2007年日本映画。社会現象を引き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を再構築した、全4部作の第1作目。人類の敵「使徒」と戦うべく、人型兵器「ヱヴァンゲリオン」のパイロットになった14歳の少年少女と、それを取り巻く人々を描いた作品。正式な映画タイトル表記は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
監督:庵野秀明 声優:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(綾波レイ)、三石琴乃(葛城ミサト)、山口由里子(赤木リツコ)、立木文彦(碇ゲンドウ)ほか

キーワードから探す

TOP↑