ドラマ映画のあらすじ

「シクロ」のネタバレあらすじ結末

シクロの紹介:1995年フランス,香港,ベトナム映画。現代のベトナム・ホーチミンを舞台に、「シクロ」と呼ばれる自転車タクシーの運転手をしている青年が、商売道具のシクロをヤクザに盗まれたのをきっかけに裏社会と関わりを持ち、やがて犯罪やドラッグに溺れていきます。
監督:トラン・アン・ユン 出演者:レ・ヴァン・ロック(シクロ乗りの青年)、トニー・レオン(詩人)、トラン・ヌー・イェン・ケー(青年の姉)、グエン・ヌ・キン(女親方)ほか

「居酒屋ゆうれい」のネタバレあらすじ結末

居酒屋ゆうれいの紹介:1994年日本映画。横浜で居酒屋「かづさ屋」を営む壮太郎は、病床の妻のしず子が余命いくばくもないことから自宅に連れ帰り看病していた。しず子は自分が死んだらすぐに新しい女と結婚するんだろうと壮太郎に迫ります。壮太郎は、一生、他の女といっしょにならないから安心しろとしず子に約束します。もし約束を破って女と結婚したら必ずあの世から戻ってきて化けてやると言い残し、翌朝亡くなります。しかし、約束を破り、壮太郎は他の女と結婚しました。それから、しず子の幽霊が壮太郎の前に現れるようになり騒動がおきます。
監督:渡邊孝好 出演:萩原健一(壮太郎)、山口智子(里子)、室井滋(しず子)、三宅裕司(辰夫)、西島秀俊(幸一)、ほか

「トンマッコルへようこそ」のネタバレあらすじ結末

トンマッコルへようこその紹介:2005年韓国映画。朝鮮戦争の戦下、とある山脈にアメリカ軍の飛行機が墜落します。操縦していたアメリカ兵のスミスはけがを負い、トンマッコル村の村民に助けられます。トンマッコル村では朝鮮戦争であるにも関わらず、戦争とは全く無縁の平和な生活が送られていました。そんな中、北朝鮮人民軍の兵士たち3人と韓国軍の兵士2人が山脈をさまよい、トンマッコル村で鉢合せとなります。一色触発の中、トンマッコル村では両軍の兵士たちを温かく迎え入れます。音楽は日本でも有名な久石譲さんが担当しています。
監督:パク・クァンヒョン 出演:シン・ハギュン(ピョ・ヒョンチョル)、チョン・ジェヨン(リ・スファ)、カン・ヘジョン(ヨイル)、イム・ハリョン(チャン・ヨンヒ)、ソ・ジェギョン(ムン・サンサン)、ほか

「毎日かあさん」のネタバレあらすじ結末

毎日かあさんの紹介:2011年日本映画。「毎日かあさん」は漫画家の西原理恵子の実体験に基づく漫画エッセイを映画化したものです。漫画エッセイの方は毎日新聞で連載されており、アニメの方はテレビ東京で放送されました。西原理恵子は飾り気なく隠すことなくありのままの人生を描いているため、多くの人に読まれました。ある意味壮絶な人生ですが、暗さを感じさせず、日常を明るく描いているため読みやすく、誰でもどこかで自分の人生と重ね合わせることができます。映画では小泉今日子が演じていますが、「毎日かあさん」を本当に自然に演じていています。元夫である永瀬正敏と夫婦役り演じて話題になりました。映画の中でも離婚するので、リアリティがあります。元夫婦が共演するのも大変珍しいですが、この元夫婦の名演技は素晴らしいの一言です。見る価値のある映画で、人生とは何なのか考えさせられます。
監督:小林聖太郎 出演者:小泉今日子(サイバラリエコ)、永瀬正敏(カモシダユタカ)、矢部光祐(ブンジ)、小西舞優(フミ)、正司照枝(トシエ)ほか

「歩いても 歩いても」のネタバレあらすじ結末

歩いても 歩いてもの紹介:2007年日本映画。ある夏の日、15年前に亡くなった兄の命日に実家に帰省した姉弟の少し特別な一日を、「そして父になる」などで知られる是枝裕和監督が映像化した作品です。
監督:是枝裕和 出演者:阿部寛(横山良多)、夏川結衣(横山ゆかり)、YOU(片岡ちなみ)、高橋和也(片岡信夫)、田中祥平(横山あつし)ほか

「マイ・ルーム」のネタバレあらすじ結末

マイ・ルームの紹介:1996年アメリカ映画。白血病に侵された女性と、長年絶縁状態だった妹とその家族との再会と新たな絆を豪華キャストで描くヒューマンドラマです。
監督:ジェリー・ザックス 出演者:メリル・ストリープ(リー)、ダイアン・キートン(ベッシー)、レオナルド・ディカプリオ(ハンク)、ロバート・デ・ニーロ(ウォーリー医師)、ヒューム・クローニン(マーヴィン)ほか

「人生は小説よりも奇なり」のネタバレあらすじ結末

人生は小説よりも奇なりの紹介:2014年アメリカ映画。同性婚が合法となった、2011年のニューヨーク州。教会で結婚式を挙げ、長年の同棲生活からついに本物の“カップル”となった、画家のベンと音楽教師のジョージ。幸せなスタートを切ったように見えたが、同性愛への偏見からジョージが仕事を解雇されてしまう。さらに、経済的問題でマンハッタンの住居も売却せざるを得なくなり、2人はそれぞれ別の家族と同居するハメになるが…。自身もゲイをカミングアウトしているアイラ・サックスの監督・脚本作品。ショパンやベートーベンといったクラシックの名曲にのせて、恋人や夫婦、家族であることの難しさと尊さを描く。
監督:アイラ・サックス 出演者:ジョン・リスゴー(ベン)、アルフレッド・モリ―ナ(ジョージ)、マリサ・トメイ(ケイト)、ダーレン・バロウズ(エリオット)、チャーリー・ターハン(ジョーイ)、シャイアン・ジャクソン(テッド)ほか

「ラリー・フリント」のネタバレあらすじ結末

ラリー・フリントの紹介:1996年アメリカ映画。実在の人物であるポルノ雑誌編集者ラリー・フリントの衝撃の半生を描いた作品です。フリントの貧しい少年時代から最愛の妻との破天荒な日々、そして全米を騒然とさせた雑誌を巡る法廷闘争までを描いています。
監督:ミロス・フォアマン 出演者:ウディ・ハレルソン(ラリー・フリント)、コートニー・ラブ(アルシア・リージャー)、エドワード・ノートン(アラン・アイザックマン)、ドナ・ハノーヴァー(ルース・カーター・ステイプルトン)、リチャード・ポール(ジェリー・ファルエル)ほか

「遠い空の向こうに」のネタバレあらすじ結末

遠い空の向こうにの紹介:1999年アメリカ映画。元NASA技術員の回顧録を映画化した作品で、幾度も挫折や困難を味わいながらもロケット開発に力を注ぐ4人の高校生の夢と苦闘を描いています。
監督:ジョー・ジョンストン 出演者:ジェイク・ギレンホール(ホーマー・ヒッカム)、クリス・クーパー(ジョン・ヒッカム)、ローラ・ダーン(フリーダ・ライリー)、クリス・オーウェン(クエンティン・ウィルソン)、ウィリアム・リー・スコット(ロイ・リー・クック)ほか

「シティ・オブ・ゴッド」のネタバレあらすじ結末

シティ・オブ・ゴッドの紹介:2002年ブラジル映画。1960年代から80年代にかけて、ブラジル・リオデジャネイロのスラム街「神の街」で犯罪と抗争に明け暮れる若きギャングたちの日々をカメラマン見習いの視点から描いた作品です。
監督:フェルナンド・メイレレス 出演者:アレシャンドレ・ホドリゲス(ブスカ・ペ)、レアンドロ・フィルミノ・ダ・オーラ(リトル・ゼ)、ドゥグラス・シゥヴァ(リトル・ダイス)、フェリピ・アージンセン(ベネ)、セウ・ジョルジ(マネ)ほか

「西の魔女が死んだ」のネタバレあらすじ結末

西の魔女が死んだの紹介:2008年日本映画。豊かな自然の中、繊細な少女と祖母の交流を描いたヒューマン・ドラマ。中学生になったばかりの「まい」は不登校になってしまい、田舎の祖母の元へ預けられることになった。そこで自分が魔女の家系だと知ったまいは、祖母に導かれながら魔女修行を始める。原作は梨木香歩の同名小説。
監督:長崎俊一 出演者:サチ・パーカー(おばあちゃん)、高橋真悠(まい)、りょう(ママ)、大森南朋(パパ)、木村祐一(ゲンジ)ほか

「アバウト・シュミット」のネタバレあらすじ結末

アバウト・シュミットの紹介:2002年アメリカ映画。仕事一筋できた男が定年退職を迎えて手持ち無沙汰になり、直後に妻も亡くして喪失感と孤独に打ちのめされながらも、再び希望の光が灯るまでを描く。
監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジャック・ニコルソン(ウォーレン・シュミット)、キャシー・ベイツ(ロバータ・ハーツェル)、ホープ・デイヴィス(ジーニー・シュミット)、ダーモット・マローニー(ランドール・ハーツェル)、ハワード・ヘッセマン(ラリー・ハーツェル)、ほか

「きみがくれた未来」のネタバレあらすじ結末

きみがくれた未来の紹介:2010年アメリカ映画。ベン・シャーウッドのベストセラー小説「The Death and Life of Charlie St.Cloud」の映画化。深い絆でつながれた兄と弟。ある晩、兄の運転した車が事故を起こし、同乗の弟は帰らぬ人となってしまう。悲しみと後悔で打ちひしがれる兄の前に、この世の者ではない弟が現れ、今まで通り毎日キャッチボールしようと約束するが…。大人気映画「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで全米アイドルとなった、ザック・エフロン主演のファンタジードラマ。
監督:バー・スティアーズ 出演者:ザック・エフロン(チャーリー・セント・クラウド)、チャーリー・ターハン(サム・セント・クラウド)、アマンダ・クルー(テス・キャロル)、レイ・リオッタ(フロリオ・フェランテ)、キム・ベイシンガー(クレア・セント・クラウド)、オーガスタス・プリュー(アリステア・ウーリー)、ドラル・ローグ(ティンク・ウェザビー)ほか

「ミス・シェパードをお手本に」のネタバレあらすじ結末

ミス・シェパードをお手本にの紹介:2015年イギリス映画。「ハリー・ポッター」シリーズで若い世代にもお馴染みのベテラン英国女優、マギー・スミス主演の舞台を映画化。劇作家アラン・ベネットの回想録によるハートウォーミング・コメディ。おんぼろのバンで路上生活をする奇妙なホームレス老女、ミス・シェパード。劇作家のベネットは、小さなきっかけから彼女のバンを自宅の庭にとめることに。以来、全く出て行こうとしないミス・シェパードに振り回されるベネットだが、わがままなのに憎めない彼女の人柄に惹かれていく。
監督:ニコラス・ハイトナー 出演者:マギー・スミス(ミス・シェパード)、アレックス・ジェニングス(アラン・ベネット)、フランシス・デ・ラ・トゥーア(ヴォーン・ウィリアム夫人)、ジム・ブロードベント(アンダーウッド)、ロジャー・アラム(ルーファス)、グウェン・テイラー(ベネットの母)ほか

「ヒトラーへの285枚の葉書」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーへの285枚の葉書の紹介:2016年ドイツ,フランス,イギリス映画。ヒトラー政府に反対する葉書を2年余りにわたって建物の階段に置き続けた職工夫婦の実話に基づくハンス・ファラダの小説『ベルリンに一人死す』の映画化。監督は『王妃マルゴ』等の俳優であるヴァンサン・ペレーズ。英語作品。
監督:ヴァンサン・ペレーズ 出演者:エマ・トンプソン(アンナ・クヴァンゲル)、ブレンダン・グリーソン(オットー・クヴァンゲル)、ダニエル・ブリュール(エッシャリヒ警部)、ミカエル・パーシュブラント(親衛隊大佐プラル)、カトリン・ポリット(エーファ・クルーゲ)

1 28 29 30 31 32 33 34 35 36 94
TOP↑