DCコミックス映画一覧

DCコミックス映画のネタバレあらすじ一覧です。アメコミとして有名なDCコミックス(DC Comics) 原作の映画を結末まで解説します。スーパーマン、バットマンなどのDCコミックヒーローが活躍する作品で有名です。

「THE BATMAN ザ・バットマン」のネタバレあらすじ結末

THE BATMAN-ザ・バットマン-の紹介:2021年アメリカ映画。ミステリアスな青年ブルース・ウェインは両親殺害の復讐のため、夜はマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せて、悪と敵対する存在<バットマン>になろうとしている。ある日、権力者たちが次々と標的にされる連続殺人事件が発生。その犯人を名乗る知能犯リドラーは、犯行後に必ずなぞなぞを残し、警察やブルースを挑発する。最後に残されたメッセージは『次の犠牲はバットマン』。そして暴かれる政府の陰謀とブルースにまつわる過去の出来事。追い詰められた彼はついに良心が狂気へと変貌していく…。
監督:マット・リーヴス 出演:ロバート・パティンソン(バットマン/ブルース・ウェイン)、ゾーイ・クラヴィッツ(キャットウーマン/セレーナ・カイル)、ポール・ダノ(リドラー/エドワード・ナッシュトン)、ジェフリー・ライト(ジェームズ・ゴードン警部補)、ジョン・タートゥーロ(カーマイン・ファルコーネ)、ピーター・サースガード(ギル・コルソン検事)、アンディ・サーキス(アルフレッド・ペイーワース)、コリン・ファレル(ペンギン/オズワルド・コブルポット / オズ)、ジェイミー・ローソン(ベラ・リアル市長候補)、ルパート・ペンリー=ジョーンズ(ドン・ミッチェル市長)、ルーク・ロバーツ(トーマス・ウェイン)、ステラ・ストッカー(マーサ・ウェイン)、ハナ・ハルジック(アニカ・コスロフ)、ピーター・マクドナルド(ウィリアム・ケンジー麻薬捜査官)、アレックス・ファーンズ(ピート・サベージ本部長)、コン・オニール(マッケンジー・ボック署長)、ギル・ペリッツ=アブラハム(マルティネス巡査)、チャーリー・カーヴァー(ツインズ)、マックス・カーヴァー(ツインズ)ほか

「ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット」のネタバレあらすじ結末

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカットの紹介:2021年アメリカ映画。スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなどDCコミックスのスーパーヒーローが一堂に会したオールスタームービー『ジャスティス・リーグ』(2017年公開)。本作は同作の製作途中で降板せざるを得なくなり、『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン監督に残りを託したザック・スナイダー監督が、自身が本来構想していた内容通りにすべく再編集と追加撮影を施し、ファンやスタッフの熱望に応える形で公開したバージョンです。2時間ちょうどに短縮されたウェドン版『ジャスティス・リーグ』とは異なり、本作は6つのパートとエピローグの全7章で構成される4時間2分の超大作に仕上がりました。
監督:ザック・スナイダー 出演者:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(カル=エル/クラーク・ケント/スーパーマン)、ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、エズラ・ミラー(バリー・アレン/フラッシュ)、レイ・フィッシャー(ビクター・ストーン/サイボーグ)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド・ペニーワース)、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、コニー・ニールセン(ヒッポリタ女王)、リサ・ローベン・コングスリ(メナリッペ)、ウィレム・デフォー(ヌイディス・バルコ)、J・K・シモンズ(ジェームズ・ゴードン)、キアラン・ハインズ(ステッペンウルフの声)、ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサーJr.)、アンバー・ハード(メラ)、ジョー・モートン(サイラス・ストーン)、カレン・ブライソン(エリノア・ストーン)、ハリー・レニックス(ジョン・ジョンズ/カルヴィン・スワンウィック国務長官/マーシャン・マンハンター)、キアシー・クレモンズ(アイリス・ウェスト)、チェン・カイ(ライアン・チョイ)、ピーター・ギネス(デサード)、レイ・ポーター(ユクサス/ダークサイド)、ジョー・マンガニエロ(スレイド・ウィルソン/デスストローク)、ビリー・クラダップ(ヘンリー・アレン)、カーラ・グギノ(クリプトン船のA.I.の声)、ロビン・ライト(アンティオペ将軍)、ジュリアン・ルイス・ジョーンズ(古代アトランティスの王)、フランシス・マギー(アーサー・ペンドラゴン)、セルジ・コンスタンス(ゼウス)、ニック・マッキンレス(アレス)、デヴィッド・シューリス(アレスの声)、オーロア・ラウゼラル(アルテミス)、マイケル・マケルハットン(テロリストのリーダー)、マーク・マクルーア(ベン・サドウスキー/ジェリー)、ラッセル・クロウ(ジョー=エルの声)、ケビン・コスナー(ジョナサン・ケントの声)、ジャレッド・レト(ジョーカー)ほか

「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のネタバレあらすじ結末

ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結の紹介:2021年アメリカ映画。死刑や終身刑の極悪受刑者から選抜されたクレイジーすぎる14人の悪党たちで結成された、新生スーサイド・スクワッド。サメ人間、悪カワ、武器オタ、筋肉野郎、水玉陰キャなど、やばいやつらが減刑と引き換えに、政府の極秘ミッションとして人類最大の脅威「怪獣」プロジェクトに立ち向かう。首の後ろに爆弾を埋め込まれ、命令に背けば即死、ミッション失敗でも即死というデス・ミッション。悪党たちの運命や如何に…
監督:ジェームズ・ガン 出演:マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)、イドリス・エルバ(ブラッドスポート)、ジョン・シナ(ピースメイカー)、ジョエル・キナマン(リック・フラッグ)、ジェイ・コートニー(キャプテン・ブーメラン)、ピーター・カパルディ(シンカー)、デヴィッド・ダストマルチャン(ポルカドットマン)、ダニエラ・メルキオール(ラットキャッチャー2)、マイケル・ルーカー(サバント)、アリシー・ブラガ(ソル・ソリア)、ピート・デヴィッドソン(ブラックガード)、ファン・ディエゴ・ボト(ルナ将軍)、ネイサン・フィリオン(T.D.K.)、ショーン・ガン(ウイーゼル)、メイリン・ン(モンガル)、フルーラ・ボルク(ジャベリン)、ジェニファー・ホランド(エッミリア・ハーコート)、シルベスター・スタローン(キング・シャーク)、ヴィオラ・デイヴィス(アマンダ・ウォーラー)ほか

「ワンダーウーマン1984」のネタバレあらすじ結末

ワンダーウーマン 1984の紹介:2020年アメリカ映画。考古学者としてスミソニアン博物館で働くダイアナのもうひとつの顔は、最強のスーパーパワーを秘めた女戦士ワンダーウーマン。人々の欲望を叶えると声高に謳う実業家マックスの陰謀と、正体不明の敵チーターを前に、ワンダーウーマンはたった一人で世界の崩壊を食い止めようと戦う。2017年公開『ワンダーウーマン』の続編でDCエクステンデッド・ユニバースの第9作。
監督:パティ・ジェンキンス 出演:ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、クリス・パイン(スティーブ・トレバー)、クリステン・ウィグ(バーバラ・ミネルヴァ/チーター)、ベドロ・パスカル(マックス・ロード)、ロビン・ライト(アンティオペ将軍)、コニー・ニールセン(ヒッポリタ女王)ほか

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」のネタバレあらすじ結末

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREYの紹介:2020年アメリカ映画。ジョーカーと別れ、悲しみを吹っ切るように暴れまくる天真爛漫な“悪カワ”ヴィラン、ハーレイ・クイン。謎のダイヤを盗んだ少女を守るために、最凶ウーマンのワンチームでサイコなブラックマスクとの予測不能なバトルに挑む。ジョーカーの恋人として『スーサイド・スクワッド』に登場したハーレイ・クインが主役のヒーローアクション。
監督:キャシー・ヤン 出演:マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ハントレス)、ジャーニー・スモレット=ベル(ブラックキャナリー)、ロージー・ペレス(レニー・モントーヤ)、エラ・ジェイ・バスコ(カサンドラ・ケイン)、クリス・メッシーナ(ビクター・ザーズ)、ユアン・マクレガー(ローマン・シオニス)ほか

「シャザム!」のネタバレあらすじ結末

シャザム!の紹介:2019年アメリカ映画。15歳の少年ビリーはある日魔術師から勇士に選ばれ、スーパーパワーを与えられる。しかしそのパワーで人間の世界を脅かす計画をするドクター・シヴァナから狙われると、家族や世界を守る為戦う事となる。DCコミックスの異色ヒーローが騒動を巻き起こすコメディーアクション映画。
監督:デビッド・F・サンドバーグ 出演:ザカリー・リーヴァイ(シャザム)、アッシャー・エンジェル(ビリー・バットソン)、マーク・ストロング(ドクター・サディアス・シヴァナ)、ジャック・ディラン・グレイザー(フレディ・フリーマン)、ほか

「アクアマン」のネタバレあらすじ結末

アクアマンの紹介:2018年アメリカ映画。アトランティス王国の血を引きながら、人間として育てられたアーサー。母であるアトランナ女王が海に戻ったあとは、バルコからアトランティス人としての教育を受け海底人の能力や戦い方を学んだ。ある日突如海から現れたメラから、海底王国が人類の征服を狙い侵略しようとしていることを告げられる。規格外のパワーをそなえアクアマンとして戦いに臨む。豪華キャストによる魅力的なキャラクターと迫力満点の映像世界も見逃せない。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カーリー/アクアマン)、アンバー・ハード(メラ)、ウィレム・デフォー(バルコ)、パトリック・ウィルソン(オーム王)、ドルフ・ラングレン(ネレウス王)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(デイビッド・ケイン/ブラックマンタ)、ルディ・リン(マーク)、テムエラ・モリソン(トム・カリー)、ニコール・キッドマン(アトランナ女王)、ほか

「ニンジャバットマン」のネタバレあらすじ結末

ニンジャバットマンの紹介:2018年日本映画。今作の「ニンジャバットマン」は人気アメコミ出版社の「DCコミックス」が連載している「バットマン」に登場するバットマンと様々なサイドキックや悪役のヴィラン達が劇中に登場するアメコミアニメ映画で日本では2018年6月15日に公開。今作の舞台はバットマン達がとある事故から戦国時代の日本にタイムスリップしそこでも悪行を重ねるバットマンのヴィラン達を見てバットマンらは日本でも戦いに身を投じて行きます。戦国時代ならではの各登場人物の和風コスチュームも必見です。
監督:水崎淳平 出演:山寺宏一(バットマン)、高木渉(ジョーカー)、加隈亜衣(キャットウーマン)、釘宮理恵(ハーレイ・クイン)、子安武人(ゴリラ・グロッド)田中敦子(ポイズン・アイビー)、諏訪部順一(デスストローク)、チョー(ペンギン)、森川智之(トゥーフェイス)、三宅健太(ベイン)、梶裕貴(ロビン)河西健吾(レッドロビン)、小野大輔(ナイトウィング)、石田彰(レッドフード)、大塚芳忠(アルフレッド)

「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」のネタバレあらすじ結末

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団の紹介:2017年日本映画。日本アニメ界で有名な「鷹の爪団」と全世界代表的な人気を誇るスーパーヒーローの重鎮でありアメコミ界の伝説チーム、DCコミックスのジャスティス・リーグがついにダッグを組んだアメコミアクションアニメ映画。スーパーマン、アクアマン、バットマン、サイボーグ、などのアメコミを代表するスーパーヒーローが宿敵のジョーカーやハーレイ・クインやペンギンなどの名高いヴィラン達が日本の東京に大集合しヴィランを迎え撃つスーパーヒーロー達と鷹の爪団たちの活躍を今作では描かれている。この作品は世界的有名なスーパーヒーローチームのジャスティス・リーグと日本で大人気な超低予算マニアックアニメがまさかのコラボをするという異例のアニメ映画作品になる。
監督:FROGMAN 声優:山田孝之(バットマン)、鈴村健一(スーパーマン)、松本梨香(ワンダーウーマン)、浪川大輔(フラッシュ)、中井和哉(アクアマン)、高木渉(サイボーグ)、安田顕(ジョーカー)、知英(ハーレイクイン)、岩田光幹央(ペンギン)

「ルーザーズ」のネタバレあらすじ結末

ルーザーズの紹介:2010年アメリカ映画。DCコミックのグラフィック・ノベルを原作にしたアクションムービー。陰謀に巻き込まれた個性豊かな特殊部隊の男達が謎の美女と手を組み悪に立ち向かう。
監督:シルヴァン・ホワイト 出演:ゾーイ・サルダナ(アイシャ)、ジェフリー・ディーン・モーガン(クレイ)、クリス・エヴァンス(ジェンセン)、イドリス・エルバ(ローク)、コロンバス・ショート(プーチ)、オスカル・ハエナダ(クーガー)、ほか

「キャットウーマン」のネタバレあらすじ結末

キャットウーマンの紹介:2004年アメリカ映画。DCコミックの「バットマン」の人気キャラクター、キャッットウーマンを主人公にしたヒロインアクション。引っ込み思案な女性ペイシェンスが不思議な猫の力を得てキャットウーマンとして戦う。猫特有のしなやかさやセクシーで妖艶なアクションシーンが見所の作品です。
監督:ピトフ 出演:ハリー・ベリー(ペイシェンス・フィリップス)、シャロン・ストーン(ローレル)、ベンジャミン・ブラット(トム・ローン)、ランベール・ウィルソン(ジョージ・ヘデア)、フランセス・コンロイ(オフィーリア・パワーズ)、ほか

「グリーン・ランタン」のネタバレあらすじ結末

グリーン・ランタンの紹介:2011年アメリカ映画。グリーンランタンの紹介:意志の力で宇宙を守るグリーンランタン達。しかし宇宙は恐怖の力で壊滅の危機に陥っていた。瀕死の重傷をおった戦士の指輪が、次のグリーンランタンに選んだ者。それは一人の地球人だった。
監督:マーティン・キャンベル 出演:ライアン・レイノルズ(ハル・ジョーダン/グリーン・ランタン)、ブレイク・ライヴリー(キャロル・フェリス)、マーク・ストロング(シネストロ)、ピーター・サースガード(ヘクター・ハモンド博士)、ジェイ・O・サンダース(カール・フェリス)、テムエラ・モリソン(エイビン・スール)、タイカ・ワイティティ(トム・カルマク)、アンジェラ・バセット(アマンダ・ウォラー)、ティム・ロビンス(ロバート・ハモンド)、ほか

「ジャスティス・リーグ」のネタバレあらすじ結末

ジャスティス・リーグの紹介:2017年アメリカ映画。スーパーマンが死に、世界は再び闇に覆われ始める。バットマンが守るゴッサムシティは犯罪者がはびこり、同時に謎の異星人も姿を見せ始めていた。恐らく敵の襲撃は遅くない、そう感じたバットマンは世界を守る仲間探しを始める。バットマン、そしてワンダーウーマンが活躍する超人集団「ジャスティス・リーグ」が待望の実写化。DCコミックユニバースとして最高のチームが結成される。監督は「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」でも監督を務めるザック・スナイダー。
監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/スーパーマン)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、エズラ・ミラー(バレリー・アレン/フラッシュ)、ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、レイ・フィッシャー(ビクター・“ヴィク”・ストーン/サイボーグ)、ほか

「ワンダーウーマン」のネタバレあらすじ結末

ワンダーウーマンの紹介:2017年アメリカ映画。平和に溢れる島セミスキラで暮らす王女ダイアナ。ある日島に見たこともない「男」が現れることから彼女の人生は一変する。ダイアナはその男性トレバーと共に島から出ることを決意、彼から聞いた戦争を止めるために母である女王の元を離れた。しかし戦いで全てが変わるわけではない、ダイアナがそう気づいた時には彼女は既に前線へと辿り着いていた。アメリカを代表するスーパーヒーロー「ワンダーウーマン」の実写化、および「DCエクステンデッド・ユニバース」の4作目。
監督:パティ・ジェンキンス 出演:ガル・ガドット(ダイアナ/ワンダーウーマン)、クリス・パイン(スティーブ・トレバー)、ロビン・ライト(アンティオペ)、ダニー・ヒューストン(ルーデンドルフ)、デヴィッド・シューリス(パトリック卿)、コニー・ニールセン(ピッポリタ)、ほか

「スーパーマン リターンズ」のネタバレあらすじ結末

スーパーマン リターンズの紹介:2006年アメリカ映画。「スーパーマン」シリーズ第5作目はキャスト・スタッフを一新、第2作「スーパーマンII 冒険篇」の5年後を舞台に、スーパーマンと宿敵レックス・ルーサーとの闘いを描いています。
監督:ブライアン・シンガー 出演者:ブランドン・ラウス(クラーク・ケント/カル・エル/スーパーマン)、ケイト・ボスワース(ロイス・レイン)、ジェームズ・マースデン(リチャード・ホワイト)、トリスタン・レイク・リーブ(ジェイソン・ホワイト)、ケヴィン・スペイシー(レックス・ルーサー)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑