香港映画一覧

香港映画のネタバレあらすじ一覧です。ジャッキー・チェンやブルース・リーが出演するカンフー作品や懐かしいキャンシーなどの作品から最新のアクション、ホラー、ラブストーリーまで様々なジャンルのオススメ香港映画をラインナップしています。

「墨攻」のネタバレあらすじ結末

墨攻の紹介:2006年中国,日本,香港,韓国映画。紀元前、戦乱に明け暮れた時代の中国を舞台とした酒見賢一の歴史小説を日本・中国・香港・韓国の合作により映画化した歴史ドラマです。大国の脅威にさらされる小国に依頼された、兼愛・非攻などの思想を持つ守りのスペシャリスト“墨家”の墨者はたった一人で類稀なる戦術を張り巡らし、大軍に対抗していきます。
監督:ジェイコブ・チャン 出演者:アンディ・ラウ(革離)、アン・ソンギ(巷淹中)、ワン・チーウェン(梁王)、ファン・ビンビン(逸悦)、ウー・チーロン(子団)、チェ・シウォン(梁適)、チン・シュウホウ(牛子張)、ウー・マ(司徒)、サミー・ハン(高賀用)ほか

「白蛇伝説 ホワイト・スネーク」のネタバレあらすじ結末

白蛇伝説~ホワイト・スネーク~の紹介:2011年中国,香港映画。中国の古代伝説のひとつ『白蛇伝』を題材に、香港で数多くの映画のアクション監督を務めてきたチン・シウトン監督が映画したアクション・ファンタジーです。ジェット・リー演じる主人公の高僧は人間界に潜む妖怪を退治していましたが、美貌の妖怪姉妹がそれぞれ人間の男や主人公の弟子と恋に落ちてしまい…。
監督:チン・シウトン 出演者:ジェット・リー(法海)、ホァン・シェンイー(素素)、シャーリーン・チョイ(青青)、レイモンド・ラム(許仙)、ウェン・ジャン(能忍)、ビビアン・スー(千年雪女)ほか

「サイバー・ミッション」のネタバレあらすじ結末

サイバー・ミッション(原題:解碼遊戯/REBORN)の紹介:2018年中国,香港映画。韓国、中国、日本などアジアで活躍する人気スターたちが共演したサイバーアクションです。天才的な腕を持つオタクなプログラマーが香港警察と手を組み、裏社会で暗躍するサイバーテロ組織と対決します。本作が初の海外進出となる山下智久が自身初の悪役となるサイバーテロリストのボス役を演じます。
監督:リー・ハイロン 出演者:ハンギョン(リー・ハオミン)、リディアン・ヴォーン(チャオ・フェイ)、リー・ユアン(スー・イー)、山下智久(モリタケシ)、マイケル・パパジョン(ダイソン)ほか

「ネイキッド・ソルジャー 亜州大捜査線」のネタバレあらすじ結末

ネイキッド・ソルジャー 亜州(アジア)大捜査線の紹介:2012年香港映画。麻薬組織の摘発により、香港最大の麻薬と金を押収した捜査官ロンでしたが、その後組織のお礼参りで、10歳の娘をさらわれ、家族親戚を皆殺しにされます。15年後、娘を誘拐した組織の捜査が行われると知ったロンは、インターポールの刑事サムのメンバーに加わり、娘探しのため台湾に向かいます…という内容のサモ・ハン主演のカンフーを交えたアクションエンターテイメント映画です。
監督:マルコ・マク 出演者:サモ・ハン・キンポー(ロン捜査官)、ジェニファー・ツェー(メイシー/フェニックス)、アンキー・バイルケ(セリーナ)、アンソニー・ウォン(パワー)、フィリップ・ン(ブラック・ドラゴン)、エレン・チャン(マダム・ローズ)ほか

「凶女 KYOU-JO」のネタバレあらすじ結末

凶女 KYOU-JO(原題:非常凶姐)の紹介:2002年香港映画。シナリオライターのケンは、ヤクザの親分の娘に手を出してしまい、子分たちの監視の下で二人の生活が始まりました。しかし、彼女のいない隙に、隣の部屋の日本人の女とヤッてしまった事から、ヤクザと日本人の女に追われるハメになってしまうというコメディホラー映画です。
監督:サム・レオン 出演者:サム・リー(ケン・マー)、リー・サンサン(アップル)、春日井静奈(ユー・レイ)、ライ・ユーチョン(ジョージ)ほか

「新ポリス・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

新ポリス・ストーリー(重案組)の紹介:1993年香港映画。資産家誘拐事件が多発する香港で、不動産王のウォンが誘拐されます。身代金6000万ドルが要求され、チャン刑事はハン警部と組むことになります。しかしこのハン警部こそ誘拐事件の首謀者でした。汚職警官が蔓延する署内でチャンは正義を貫きハンの犯罪を暴きますが・・・という内容の実際に香港で起きた誘拐事件を元にした、ジャッキーチェン主演のアクション映画です。サスペンス色が強く、カンフーアクションは控えめになっています。
監督:カーク・ウォン、ジャッキー・チェン 出演者:ジャッキー・チェン(エディ・チャン刑事)、ケント・チェン(ハン警部)、プア・レンレン(クラリッサ)、ロー・カーイン(ウォン・ヤッフェイ)、オウヤン・プイシャン(ウォン夫人)、クリスティーン・ン(カカ)、ワン・ファット(犯罪王サイモン)ほか

「レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳」のネタバレあらすじ結末

レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳の紹介:1976年香港映画。日本軍に占領された台湾では、武術一門も岡村率いる大和門が強引な手を使って制圧しようとしていました。この様子を見ていた盗人のロンは、大和門を倒すために、精武会に入門し練習と鍛錬を続けますが・・・という内容のジャッキー・チェン主演の作品です。ブルース・リー主演の『ドラゴン怒りの鉄拳』の続編として作られた作品ですが、物語の繋がりとしては、占領した日本人VS中国武術の構図のみで、前作ブルース・リーの作品に関連した内容ではありません。
監督:ロー・ウェイ 出演者:ジャッキー・チェン(ロン)、ノラ・ミャオ(ミウ・ライイ)、チェン・シン(岡村)ほか

「MR.LONG/ミスター・ロン」のネタバレあらすじ結末

MR.LONG/ミスター・ロンの紹介:2017年日本,香港,台湾,ドイツ映画。『ポストマン・ブルース』『天の茶助』などのSABU監督と『グリーン・デスティニー』『レッドクリフ』などの台湾の実力派俳優チャン・チェンがタッグを組んだハートウォーミング・バイオレンス映画です。日本での仕事に失敗して逃亡した台湾の殺し屋が、彼を迎え入れた田舎町の人々との交流を通じて人間らしさを取り戻していく様を描きます。
監督:SABU 出演者:チャン・チェン(ミスター・ロン)、青柳翔(賢次)、イレブン・ヤオ(リリー)、バイ・ルンイン(ジュン)、有福正志(平助)、諏訪太朗(忠雄)ほか

「シティーハンター」のネタバレあらすじ結末

シティーハンター(原題:城市猟人)の紹介:1993年香港映画。シティーハンターと呼ばれる超女好きの探偵の獠が、家出して香港へ行った会社社長の娘・清子を連れ戻す為、相棒の香と客船に乗って、大騒ぎを起こすアクションコメディ映画です。北条司の漫画『シティーハンター』をジャッキー・チェンを主役にして映画化した作品です。
監督:バリー・ウォン 出演者:ジャッキー・チェン(獠)、後藤久美子(清子)、ジョイ・ウォン(香)、リチャード・ノートン(マクドナルド大佐)、ゲイリー・ダニエルズ(キム)、チンミー・ヤウ(冴子)、オンスイピン(銀子)、レオン・ライ(高達)、パル・シン(ロッキー)ほか

「プロテクター」のネタバレあらすじ結末

プロテクター(威龍猛探)の紹介:1985年香港映画。強盗を追い詰め、ド派手に破壊しまくったために、ファッションショーの警護に回されたニューヨーク市警のビリーでしたが、この会場で裏社会の大物シャピロの娘ローラが誘拐されました。麻薬取引のトラブル絡みで香港へ連れ去られたことから、ローラ奪還と麻薬ルート壊滅の為、新しい相棒のガローニと二人で香港へ飛び立ちました…という、ジャッキー・チェン主演のアクション映画です。
監督:ジェームズ・グリッケンハウス 出演者:ジャッキー・チェン(ビリー・ウォン)、ダニー・アイエロ(ダニー・ガローニ)、ソーン・エリス(ローラ・シャピロ)、ロイ・チャオ(ハロルド・コー)、サリー・イップ(サリー)、ムーン・リー(ソー・リン)、キム・バス(スタン・ジョーンズ)、ビル・ウォレス(ベニー・ガルーチ)、リチャード・クラーク(ホワイトヘッド署長)ほか

「ルージュ」のネタバレあらすじ結末

ルージュの紹介:1987年香港映画。53年前にあの世で会おうと言って心中したユーファとチャンでしたが、チャンが来ないといってユーファは現世に降り、新聞記者のユンに探してくれと頼みに来ました。ユンと彼女のチョーはユンの為にチャンを探すことになりましたという内容の、ラブストーリーです。
監督:スタンリー・クワン 出演者:アニタ・ムイ(ユーファ)、レスリー・チャン(チャン)、アレックス・マン(ユン)、エミリー・チュー(チョー)ほか

「狼たちの絆」のネタバレあらすじ結末

狼たちの絆(原題:縦横四海)の紹介:1991年香港映画。絵画収集家で大泥棒のチョウによって、幼い頃から泥棒として育てられたブッジャイ、ジム、ホンタウの3人は絵画泥棒で生計を立て、優雅な暮らしをしていました。そんな時、『呪いの絵』を盗んでくれという仕事が入り、盗みに向かったジムとブッジャイは罠にはめられてしまい、ブッジャイの車は大爆発を起こしました…という香港ノワール作品です。
監督:ジョン・ウー 出演者:チョウ・ユンファ(ブッジャイ)、レスリー・チャン(ジム)、チェリー・チェン(ホンタウ)、ケネス・ツァン(チョウ)ほか

「男たちの挽歌」のネタバレあらすじ結末

男たちの挽歌(原題:英雄本色)の紹介:1986年香港映画。香港ヤクザの顔役ホーは、取引で罠にかかって銃撃戦となり、相手を射殺しました。弟のキットが刑事になるため足を洗うつもりだったホーは自首し逮捕されるものの、相手組織が仕返しにホーの父を殺しました。3年後、出所してきたホーを待っていたものは、父が死んだ恨みを抱く弟と、かつての子分だったシンの嫌がらせでした…という内容の香港映画です。『男たちの挽歌』は香港ノワール映画を確立させ、チョウ・ユンファを大スターにした作品と言えます。
監督:ジョン・ウー 出演者:チョウ・ユンファ(マーク)、ティ・ロン(ホー)、レスリー・チャン(キット)、エミリー・チュウ(ジャッキー)、レイ・チーホン(シン)、ティエン・ファン(ホーの父)、シー・イェンズ(ユー社長) ほか

「サイクロンZ」のネタバレあらすじ結末

サイクロンZの紹介:1988年香港映画。弁護士のジャックが化学工場を経営するファーの弁護をすることになったものの、原告側のメイに一目ぼれしてしまい、弁護そっちのけでメイにアタックし始めました。更に仲間のウォンも原告のイップに惚れてしまい裁判どころではなくなったという内容のカンフーアクション映画です。ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウという香港カンフー映画界3大スターに当時大人気の格闘家のベニー・ユキーデも出演した豪華キャストです。
監督:サモ・ハン・キンポー 出演者:ジャッキー・チェン(弁護士・ジャッキー)、サモ・ハン・キンポー(ウォン)、ユン・ピョウ(トン)、ディニー・イップ(イップ)、ポーリン・ヤン(メイ)、ベニー・ユキーデ(用心棒)、ユン・ワー(ファー)ほか

「ライリー・ノース 復讐の女神」のネタバレあらすじ結末

ライリー・ノース 復讐の女神の紹介:2018年アメリカ, 香港映画。一人娘の誕生日を親子3人で祝おうと遊園地に来ていたライリーは、ギャング組織の勘違いから、目の前で夫と娘を射殺されました。ギャングのボスに買収されている警察や検事、裁判官はライリーの目撃した犯人を不起訴としました。怒りの収まらないライリーは5年後、軍用の武器で武装しギャング達に復讐を始めました・・という内容のリベンジバイオレンス作品です。
監督:ピエール・モレル 出演者:ジェニファー・ガーナー(ライリー・ノース)、ジョン・オーティス(モイゼス刑事)、ジョン・ギャラガー・Jr.(カーマイケル刑事)、フアン・パブロ・ラバ(ガルシア)、アニー・イロンゼ(インマン刑事)ほか

1 2 3 4 5 9

キーワードから探す

TOP↑