ポール・ウォーカー映画一覧

ポール・ウォーカーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ロードキラー」のネタバレあらすじ結末

ロードキラーの紹介:2001年アメリカ映画。帰省するために中古車を購入し、兄を助手席に乗せ、友人のベナを迎えに行く途中、兄とふざけて無線で女の声でラスティという男を誘惑し、モーテルに誘って笑いものにしたことから、正体不明のラスティという男の乗ったトラックに襲われるという内容の、サスペンス映画です。ちょっとしたいたずらが取り返しのつかないことになる、現実にもありそうな作品です。
監督:ジョン・ダール 出演者:スティーブ・ザーン(フラー)、ポール・ウォーカー(ルイス)、リーリー・ソビエスキー(ベナ)、ジェシカ・ボーマン(シャーロット)、スチュアート・ストーン(ダニー)ほか

「南極物語(2006年)」のネタバレあらすじ結末

南極物語の紹介:2006年アメリカ映画。1983年公開の日本映画『南極物語』をディズニーがリメイクした作品です。実話をベースにしながらも登場人物や犬の種類、設定を変更、南極を舞台に過酷な試練に立ち向かう犬たちの闘いを描いています。
監督:フランク・マーシャル 出演者:ポール・ウォーカー(ジェリー・シェパード)、ブルース・グリーンウッド(デイビス・マクラーレン)、ムーン・ブラッドグッド(ケイティ)、ジェイソン・ビッグス(チャーリー・クーパー)、ジェラルド・プランケット(アンディ)ほか

「逃走車」のネタバレあらすじ結末

逃走車の紹介:2013年アメリカ,南アフリカ映画。巨大な陰謀に巻き込まれた男の逃走劇を描くアクション作品。別れた妻を追ってヨハネスブルグへやって来たマイケル。手配したものとは違うレンタカーに戸惑うが、時間も無いのでそのまま使用することにした。ところがその車には、警察上層部の汚職を知るレイチェル検事が拉致監禁されていたのだった。真実を知ってしまったマイケルはレイチェルと共に命を狙われる羽目になる。全編車載カメラでの撮影になっており、臨場感も抜群の作品となっている。
監督:ムクンダ・マイケル・デュウィル 出演者:ポール・ウォーカー(マイケル)、ナイマ・マクリーン(レイチェル)、ジス・ドゥ・ビリエ(スミス刑事)、ツェポ・マセコ(警察官)、レイラ・エイドリアン(アンジェリカ)ほか

「タイムライン」のネタバレあらすじ結末

タイムラインの紹介:2003年アメリカ映画。「ジュラシック・パーク」の原作者であるマイケル・クライトンの同名小説を映画化したタイムトラベル映画です。中世と現代を股にかけ、行方不明になった遺跡発掘チームリーダーを助け出すために奮闘する考古学者らの冒険を描きます。
監督:リチャード・ドナー 出演者:ポール・ウォーカー(クリス・ジョンストン)、フランセス・オコナー(ケイト・エリクソン)、ジェラルド・バトラー(アンドレ・マレク)、ビリー・コノリー(エドワード・ジョンストン)、デヴィッド・シューリス(ロバート・ドニガー)ほか

「ボビーZ」のネタバレあらすじ結末

ボビーZの紹介:2007年アメリカ,ドイツ映画。ドン・ウィンズロウの小説『ボビーZの気怠く優雅な人生』を原作としたアクション映画です。無罪放免と引き換えに囮捜査に協力することになった元海兵隊員の服役囚が、伝説の麻薬ディーラーに成りすますことになり…。
監督:ジョン・ハーツフェルド 出演者:ポール・ウォーカー(ティム・カーニー)、ローレンス・フィッシュバーン(タッド・クルーズ)、ジェイソン・ルイス(ボビーZ)、オリヴィア・ワイルド(エリザベス)、キース・キャラダイン(ジョンソン)ほか

「テイカーズ」のネタバレあらすじ結末

テイカーズの紹介:2010年アメリカ映画。高級スーツに身を包んだスタイリッシュな5人組銀行強盗集団と、彼等を追う刑事たちのロシアマフィア絡みの大金強奪計画を巡っての対決を、両者の視点から描いたクライムサスペンス映画です。
監督:ジョン・ラッセンホップ 出演者:マット・ディロン(ジャック・ウェルズ)、ポール・ウォーカー(ジョン・ラーウェイ)、イドリス・エルバ(ゴードン・コジエ)、ジェイ・ヘルナンデス(エディ・”ハッチ”・ハッチャー)、マイケル・イーリー(ジェイク・アッティカ)、ヘイデン・クリステンセン(A.J.)ほか

「フルスロットル」のネタバレあらすじ結末

フルスロットルの紹介:2014年フランス,カナダ映画。無重力アクション“パルクール”を取り入れた「アルティメット(2004年)」のリメイク作品。近未来のデトロイトには、ブリック・マンションと呼ばれる無法地帯が存在していた。地域を牛耳るトレメイン一派に爆弾を奪われた政府は、腕利きの刑事ダミアンに爆破阻止を命じる。案内役は驚異的な身体能力を持つリノという男。2人は反目しつつもブリック・マンションへ突入するが、その裏では巨大な陰謀が蠢いていた。2013年、40歳の若さで他界したポール・ウォーカー最後の主演作品。
監督:カミーユ・ドゥラマーレ 出演者:ポール・ウォーカー(ダミアン)、ダヴィッド・ベル(リノ)、RZA(トレメイン)、カタリーナ・ドゥニ(ローラ)、グーチー・ボーイ(K2)ほか

「イントゥ・ザ・ブルー」のネタバレあらすじ結末

イントゥ・ザ・ブルーの紹介:2005年アメリカ映画。西インド諸島バハマを舞台に、沈没船に隠された財宝と墜落した飛行機に積まれた大量の麻薬を巡って、4人の男女とマフィアが争奪戦を繰り広げる模様を、美しい海中映像を交えながら描いたアドベンチャー・サスペンス作品です。
監督:ジョン・ストックウェル 出演者:ポール・ウォーカー(ジャレット・コール)、ジェシカ・アルバ(サム)、スコット・カーン(ブライス・ダン)、アシュレー・スコット(アマンダ)、ジョシュ・ブローリン(ベイツ)ほか

「父親たちの星条旗」のネタバレあらすじ結末

父親たちの星条旗の紹介:2006年アメリカ映画。年老いた葬儀社の社長が倒れた。彼は硫黄島で星条旗を立てた英雄の一人とされた元衛生兵だった。双方にとって地獄だった硫黄島、資金難に喘ぐ国が取ったプロパガンダ活動。死に際にすら語らなかった星条旗に翻弄された戦争の記憶を、その息子が彼の戦友達から聞き取り、辿る事で知る、戦争の真実を描く戦争映画。『硫黄島からの手紙』と対になるアメリカ側の視点。2016年、ドクことブラットリーが写真に写って居なかったという事が証明されたが、映画公開の時点で既に考慮されて居たような雰囲気もある。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:ライアン・フィリップ(ジョン・“ドク”・ブラッドリー)、ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)、アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)、ジェイミー・ベル(ラルフ・“イギー”・イグナトウスキー)、バリー・ペッパー(マイク・ストランク)、ポール・ウォーカー(ハンク・ハンセン)、ほか

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード SKY MISSION(スカイミッション)の紹介:2015年アメリカ映画。世界で最も成功した大人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第7作です。時系列としては第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)および第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)の直後となり、ドミニク・ファミリーは前作で対決した国際犯罪組織のボスの兄デッカードと対決、究極の監視プログラム「ゴッド・アイ」も絡んでロンドン・東京・アゼルバイジャン・アブダビ・ロサンゼルス、そして“空”などを股にかけた死闘を繰り広げることになります。本作の撮影中にダブル主演の一角だったポール・ウォーカーが急逝し、ウォーカーの弟二人が代役を務めて完成させました。ウォーカーの遺作となった本作はシリーズで初めて全世界興行収入10億ドルを超えるメガヒットとなり、Wiz Khalifa feat. Charlie Puthが手がけた主題歌「See You Again」もヒットしました。
監督:ジェームズ・ワン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、ナタリー・エマニュエル(ラムジー)、カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジャイモン・フンスー(モーゼ・ジャカンディ)、トニー・ジャー(キエット)、ロンダ・ラウジー(カーラ)、ルーカス・ブラック(ショーン・ボズウェル)、ルーク・エヴァンズ(オーウェン・ショウ)、コディ・ウォーカー(ブライアン・オコナー(代役))、カレブ・ウォーカー(ブライアン・オコナー(代役))、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)ほか

「ワイルド・スピード EURO MISSION」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード EURO MISSION(ユーロミッション)の紹介:2013年アメリカ映画。全世界で大ヒットを記録し続けるカーアクションの決定版『ワイルド・スピード』シリーズの第6弾です。前作『MEGA MAX』でブラジルの犯罪王から大金をせしめ、自由気ままな暮らしをしていたドミニクファミリーでしたが、死んだはずのドミニクの元恋人・レティが生きていることを知ったことをきっかけに元英国特殊部隊隊員率いる国際的犯罪組織との闘いに突入していきます。
監督:ジャスティン・リン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・”リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、サン・カン(ハン・ルー)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジョン・オーティス(アルトゥーロ・ブラガ)、ルーク・エヴァンズ(オーウェン・ショウ)ほか

「ワイルド・スピード MEGA MAX」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード MEGA MAXの紹介:2011年アメリカ映画。世界的な大人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第5作です。前作で麻薬王逮捕に協力したにも関わらず追われる身となったドニミクとブライアンたちが、最強無敵の凄腕捜査官の追跡を逃れながらもブラジル裏社会の大物から大金をせしめるため奔走します。
監督:ジャスティン・リン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・”リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、サン・カン(ハン・ルー)、エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)、ジョアキム・デ・アルメイダ(エルナン・レイエス)ほか

「ワイルド・スピード MAX」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード MAXの紹介:2009年アメリカ映画。全世界で大ヒットを記録する超人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第4作です。今回は第1作『ワイルド・スピード』(2001年公開)以来となるヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーの主演コンビが復活、麻薬密輸組織が絡んだ抗争に巻き込まれていきます。
監督:ジャスティン・リン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、サン・カン(ハン)、ガル・ガドット(ジゼル・ヤシャール)、ラズ・アロンソ(フェニックス・カルデロン)、ジョン・オーティス(レイモン・カンポス/アルトゥーロ・ブラガ)ほか

「ワイルド・スピードX2」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピードX2の紹介:2003年アメリカ映画。前作『ワイルド・スピード』(2001年)のヒットを受けて製作されたシリーズ第2作であり、ポール・ウォーカーがシリーズで唯一単独主演を務めた最初で最後の作品です。前作の事件により警察から追われる身となり、マイアミに流れ着いた元ロス市警のブライアン(ポール・ウォーカー)は罪の取り消しと引き換えに大物麻薬密売人の元に潜入捜査することになるのですが・・・。後に“ドミニク・ファミリー”の一員となるローマン(タイリース・ギブソン)とテズ(クリス・“リュダクリス”・ブリッジス)は本作で初登場となります。
監督:ジョン・シングルトン 出演者:ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)、エヴァ・メンデス(モニカ・フェンテス)、コール・ハウザー(カーター・ベローン)、デヴォン青木(スーキー)ほか

「ワイルド・スピード」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピードの紹介:2001年アメリカ映画。今や全世界で最も成功したカーアクション映画シリーズ「ワイルド・スピード」の記念すべき第1作です。ロサンゼルスのストリートレースシーンを舞台に、訳ありのカリスマレーサー・ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と優れたドライビングテクニックを持つ潜入捜査官・ブライアン(ポール・ウォーカー)の奇妙な友情を描きます。本作の鍵を握るトヨタ・スープラをはじめ、劇中に数多く登場する日本車にも注目です。
監督:ロブ・コーエン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー(ブライアン・スピルナー))、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、リック・ユーン(ジョニー・トラン)、チャド・リンドバーグ(ジェシー)、ジョニー・ストロング(レオン)、テッド・レヴィン(タナー巡査部長)、マット・シュルツ(ヴィンス)ほか

キーワードから探す

TOP↑