ライアン・ゴズリング映画一覧

ライアン・ゴズリングが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「完全犯罪クラブ」のネタバレあらすじ結末

完全犯罪クラブの紹介:2002年アメリカ映画。1924年に実際に起きたレオポルド&ローブ事件を題材にした犯罪サスペンス映画。完全犯罪を成し遂げようとする対照的な性格の2人の少年と過去にトラウマを抱えた女性刑事がスリリングな攻防を繰り広げる。
監督:パーベット・シュローダー 出演:サンドラ・ブロック(キャシー・メイウェザー)、ベン・シャップリン(サム・ケネディー)、ライアン・ゴズリング(リチャード・ヘイウッド)、マイケル・ピット(ジャスティン・ペンデルトン)、アグネス・ブルックナー(リサ・ミルズ)、ほか

「オンリー・ゴッド」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ゴッドの紹介:2013年デンマーク,フランス映画。2011年公開映画『ドライヴ』でタッグを組んだニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだクライム・スリラーです。タイ・バンコクを舞台に、表向きはムエタイジムを営みながらも裏では麻薬密売に手を染めているアメリカ人の男が、兄の死をきっかけに警察をも巻き込んだ抗争へと突き進んでいきます。
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 出演者:ライアン・ゴズリング(ジュリアン)、ヴィタヤ・パンスリンガム(チャン)、クリスティン・スコット・トーマス(クリスタル)、トム・バーク(ビリー)、ラータ・ポーガム(ヤーヤーイン)(マイ)ほか

「ナイスガイズ!」のネタバレあらすじ結末

ナイスガイズ!の紹介:2016年アメリカ映画。シングルファーザーのマーチは毎日安酒に浸りながら冴えない日々を送っている私立探偵。ある日ふとしたきっかけから、横暴な元海軍の示談屋ヒーリーと組みアメリアという女性の捜索をする。簡単にこなせるはずの仕事だったが、やがてデトロイトの闇へとつながり2人は大きな騒動に巻き込まれていく。
監督:シェーン・ブラック 出演:ラッセル・クロウ(ジャクソン・ヒーリー)、ライアン・ゴズリング(ホランド・マーチ)、アンガーリー・ライス(ホーリー・マーチ)、マット・ボマー(ジョン・ボーイ)、キース・デヴィッド(オールドガイ)、ボー・ナップ(ブルー・フェイス)、ヤヤ・ダコスタ(タリー)、マーガレット・クアリー(アメリア・カットナー)、キム・ベイシンガー(ジュディス・カットナー)ほか

「L.A. ギャングストーリー」のネタバレあらすじ結末

L.A. ギャング ストーリーの紹介:2012年アメリカ映画。1940年代~1950年代のロサンゼルスで実際にあった出来事を記したポール・リーバーマンの実録ルポを基に、ロス市警と実在のギャング、ミッキー・コーエンとの壮絶な抗争を描いたクライム・アクションです。
監督:ルーベン・フライシャー 出演者:ジョシュ・ブローリン(ジョン・オマラ)、ライアン・ゴズリング(ジェリー・ウーターズ)、ニック・ノルティ(ビル・パーカー)、エマ・ストーン(グレイス・ファラデー)、ショーン・ペン(ミッキー・コーエン)ほか

「ブレードランナー2049」のネタバレあらすじ結末

ブレードランナー 2049の紹介:2017年アメリカ映画。「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作としたリドリー・スコット監督のSF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982年)の35年ぶりの続編。前作に続き、ハリソン・フォードが同役で出演。主人公のKを演じるのは「ラ・ラ・ランド」で脚光を浴びたライアン・ゴズリング。前作の30年後の世界を舞台にブレードランナーのKが奮闘する姿が描かれる。監督は前作と変わり「メッセージ」のドゥニ・ビルヌーブ。
監督:ドゥニ・ビルヌーブ 出演:ライアン・ゴズリング(K)、ハリソン・フォード(リック・デッカード)、アナ・デ・アルマス(ジョイ)、シルビア・ホークス(ラヴ)、ロビン・ライト(ジョシ)、カーラー・ジュリ(アナ・ステライン)ほか

「ラブ・アゲイン」のネタバレあらすじ結末

ラブ・アゲインの紹介:2011年アメリカ映画。平凡な男キャルは妻エミリーから突然の浮気を聞かされどん底の人生に変わった時、バーで知り合ったイケメンのプレイボーイのジェイコブに恋の手ほどきを受けキャルは魅力的な男に変貌して行き、キャルもプレイボーイに変身を遂げるがエミリーと家族を忘れられずエミリーの愛と家族を取り戻すべく精神的にも成長していく姿を描いた作品です。
監督:グレン・フィカーラジョン・レクア 出演:スティーヴ・カレル(キャル・ウィーバー)、ライアン・ゴズリング(ジェイコブ・パーマー)、ジュリアン・ムーア(エミリー・ウィーバー)、エマ・ストーン(ハンナ)、ジョン・キャロル・リンチ(バーニー・ライリー)、マリサ・トメイ(ケイト)、ケヴィン・ベーコン(デイヴィッド・リンハーゲン)、ジョナ・ボボ(ロビー・ウィーバー

「スーパー・チューズデー 正義を売った日」のネタバレあらすじ結末

スーパー・チューズデー 正義を売った日の紹介:2011年アメリカ映画。アメリカ大統領選、民主党代表候補のモリスの選挙戦は正念場を迎え、対するプルマン議員との接戦を繰り広げていた。ある日、敵陣営リーダーからスカウトを受けた広報官スティーヴン。そんな中、若く美しい女性モリーに出会い2人は深い関係になります。が、彼女の携帯にモリスからの着信。彼女は以前1度モリスと関係を持ち、その時の子供を妊娠していたのです。アメリカ大統領予備選挙の舞台裏をスキャンダラスに描く政治サスペンス。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:ライアン・ゴズリング(スティーヴン・マイヤーズ)、ジョージ・クルーニー(マイク・モリス知事)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ポール・ザラ)、ポール・ジアマッティ(トム・ダフィー)、マリサ・トメイ(アイダ・ホロウィッチ)、ジェフリー・ライト(トンプソン上院議員)、ほか

「タイタンズを忘れない」のネタバレあらすじ結末

タイタンズを忘れないの紹介:2000年アメリカ映画。公民権法施行直後のアメリカ。ヴァージニア州T.C.ウィリアムズ高校フットボールチームにも黒人学生、そして黒人コーチが就任する事になり、人種差別が色濃い町は騒然となる。しかしチームが差別を乗り越え協力し勝ち続ける事で、人々は次第にわだかまりを解いていく。フットボールと人種差別をテーマとしたヒューマンドラマ映画。
監督:ボアズ・イェーキン 出演:ハーマン・ブーン(デンゼル・ワシントン)、ビル・ヨースト(ウィル・パットン)、ジュリアス・キャンベル(ウッド・ハリス)、ゲーリー・バーティアー(ライアン・ハースト)、ペティー・ジョーンズ(ドナルド・フェイソン)、ほか

「ドライヴ」のネタバレあらすじ結末

ドライヴの紹介:2011年アメリカ映画。デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レブン監督によるカー・アクション映画。原作は、ジェイムス・サリスの小説。昼間は自動車修理工やハリウッド映画のカースタントマン。そして、夜は犯罪者の逃走を車で助けるという「逃がし屋」を職業にする孤独な男。彼が薄幸の人妻に恋をしたことから、残酷な悲劇の幕があく。第64回カンヌ国際映画祭監督賞をはじめ、世界各国でさまざまな映画賞を受賞した。その独特で不思議な世界観は、ファンの間ですでにカルト的人気を呼んでいる。
監督:ニコラス・ウィンディング・レブン 出演者:ライアン・ゴズリング(キッド)、キャリー・マリガン(アイリーン)、ブライアン・クランストン(シャノン)、アルバート・ブルックス(バーニー・ローズ)、オスカー・アイザック(スタンダード・ガブリエル)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ブランチ)、カーデン・レオシュ(ベニッシオ)ほか

「ラースと、その彼女」のネタバレあらすじ結末

ラースと、その彼女の紹介:2007年アメリカ映画。アメリカの田舎町に住む、純粋な青年ラース。町のみんなから愛されている彼が、ある日、ネットで注文したリアルドールを「恋人」だと紹介し出したことから騒動が持ち上がる。出演作が次々とヒットしている、若手人気No.1のライアン・ゴズリング主演。共演は、「シャッター・アイランド」や「ヒューゴの不思議な発明」の実力派女優エミリー・モーティマー。
監督: クレイグ・ガレスビー 出演者:ライアン・ゴズリング(ラース)、エミリー・モーティマー(カリン)、ポール・シュナイダー(ガス)、パトリシア・クラ―クソン(バーマン医師)、ケリ・ガーナ―(マーゴ)、ナンシー・ベッティー(グル―ナー夫人)ほか

「ステイ」のネタバレあらすじ結末

ステイの紹介:2005年アメリカ映画。精神科医のサムはある日、ヘンリーという患者に自殺予告をされます。ヘンリーを救おうと彼について調べるサムでしたが、サムの身に説明がつかない出来事が次々と起こり始めます。
監督:マーク・フォースター 出演者:ユアン・マクレガー(サム・フォスター)、ライアン・ゴズリング(ヘンリー・レサム)、ナオミ・ワッツ(ライラ)、ボブ・ホスキンス(レオン・パターソン)ほか

「ラ・ラ・ランド」のネタバレあらすじ結末

ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)の紹介:2016年アメリカ映画。「セッション」で高い評価を得たデミアン・チャゼル監督が自らのオリジナル脚本を映画化したミュージカルラブストーリーの傑作。批評家から絶賛され各賞を独占した。「セッション」でアカデミー賞を得たJ・K・シモンズがバーの経営者役で少しだけ顔を見せている。ラ・ラ・ランドは2017年のアカデミー賞で最多6部門を受賞した。また、第41回日本アカデミー賞では最優秀外国作品賞を受賞した。
監督:デミアン・チャゼル・出演:ライアン・ゴズリング(セバスチャン・ワイルダー)、エマ・ストーン(ミア・ドーラン)、ジョン・レジェンド(キース)、ミーガン・フェイ(ミアの母親)、ほか

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」のネタバレあらすじ結末

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命の紹介:2012年アメリカ映画。『ブルーバレンタイン』でも高い評価を得たデレク・シアンフランス監督のヒューマンドラマ。ライアン・ゴズリング演じるバイクスタントマンのルークは、かつての恋人ロミーナ(エバ・メンデス)が、密かに自分の子を産んでいたことを知ります。妻子を養うために犯罪に手を染めるようになったルークは、逃走中、野心に燃える新米警官エイブリー(ブラッドリー・クーパー)に追いつめられてしまいます。ルークとエイブリーとの間の出来事、成長したルークの息子とエイブリーの息子との間の出来事が、時を越えて交錯する、深い“因果”を描いた作品。
監督:デレク・シアンフランス 出演:ライアン・ゴズリング(ルーク)、ブラッドリー・クーパー(エイヴリー)、エヴァ・メンデス(ロミーナ)、レイ・リオッタ(デルカ)、ほか

「マネーショート 華麗なる大逆転」のネタバレあらすじ結末

マネーショート 華麗なる大逆転の紹介:2015年アメリカ映画。マイケルルイスが著した本「世紀の空売り、世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に映画化した作品。リーマンショックが起きる前に経済破綻の危機に気付いた男たちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットなど豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンの危険性を察知した金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうとする様子を描く。今作では豪華な俳優陣が熱演を繰り広げ、アカデミー賞にノミネートされました。
監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベイル(マイケル・バーリ)、スティーヴ・カレル(マーク・バウム)、ライアン・ゴズリング(ジャレッド・ベネット)、ブラッド・ピット(ベン・リカート)ほか

「ラブアゲイン」のネタバレあらすじ結末

ラブアゲインの紹介:2011年アメリカ映画。主人公のキャルは、申し分ないシアワセに結婚生活を過ごしていたのだが、いきなり妻エミリー、から離婚 をしたいと言い出され、途方にくれ飲んだくれになったキャルは、遊び人のジェイコブと出会い、ダサいおじさんから、イケダンになろうとするのですが。
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア 出演:キャル(スティーブ・カレル)、エミリー(ジュリアン・ムーア)、ジェイコブ(ライアン・ゴズリング)ほか

1 2
TOP↑