Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スプラッター映画一覧

スプラッター映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめのスプラッター映画から名作スプラッター作品まで紹介しています。スラッシャー映画のおすすめネタバレも含みます。

「幽霊ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

幽霊ゾンビの紹介:2007年日本映画。ノッチを主役にした、幽霊とゾンビを融合させたコメディスプラッターホラー映画です。タクシー運転手の斉藤が、主神村に一人の女性を乗せていった事から、人を轢き殺し、ゾンビに襲われるハメになるという話です。
監督:白石晃士 出演者:中村知世(遠野実花)、ノッチ(斉藤)、柳ユーレイ(平野)、松本寛也、湯川尚樹、飯塚由衣ほか

「ゾネイダー 地球感染計画」のネタバレあらすじ結末

ゾネイダー 地球感染計画の紹介:2015年イタリア映画。1980年カーター社長により開発された細菌兵器『スタッキー・モルテ』の研究がベンタン研究所で行われていました。研究の成果を発表するために、大佐や議員が呼ばれました。しかし議員が『スタッキー・モルテ』に感染したのを皮切りに、研究所に感染源のカビが拡散してしまいました…という内容の、感染スプラッター映画です。
監督:ジェリオ・デ・サンティ、ニール・メスチーノ 出演:ウィル・ジィモサー(兵士)、エドワード・X・ヤング(大佐)、マイク・ケラー(ブリスコ軍曹)、ローレンス・ジョージ(ロジャー)、リック・ヘイムズ(博士)、クリス・ジェンティーレ(デイブ)ほか

「ピラニア リターンズ」のネタバレあらすじ結末

ピラニア リターンズの紹介:2012年アメリカ映画。古代ピラニアの群れが襲い、大参事を招いたヴィクトリア湖の事件から1年、クロス湖ではウォーターパークが開園しようとしていました。そのころプールに水を引いているクロス湖ではピラニアの群れが人々を襲い始めていました…と言う内容の、コメディスプラッターホラーです。2010年の映画『ピラニア3D』の続編にあたります。
監督:ジョン・ギャラガー 出演者:ダニエル・パナベイカー(マディ)、マット・ブッシュ(バリー)、デビッド・ケックナー(チェット)、クリス・ジルカ(カイル)、カトリーナ・ボウデンシェルビー)ほか

「片腕マシンガール」のネタバレあらすじ結末

片腕マシンガールの紹介:2007年アメリカ,日本映画。女子高生が弟の命と自らの片腕を奪った者たちに復讐する血しぶきたっぷりのスプラッターアクション映画。低予算作品ながらカルト的な人気を博している。これを見るとしばらくは天ぷらも寿司も食べられなくなるかもしれません。
監督:井口昇 出演者:八代みなせ(日向アミ)、亜紗美(杉原ミキ)、川村亮介(日向ユウ)、西原信裕(木村翔)、石川ゆうや(杉原スグル)、島津健太郎(木村龍二)、穂花(木村スミレ)その他

「集団殺人クラブ」のネタバレあらすじ結末

集団殺人クラブの紹介:2003年日本映画。援助交際をしていた女子高生の弘恵が、タケゾウという男を誤って殺してしまった事から、4人の友達を巻き込んで、蘇ったタケゾウと殺し合いをするという、ジャパニーズ・スプラッタームービーです。
監督:石川均 出演者:橘実里(南弘恵)、栗田梨子(篠崎サチ)、岡田めぐみ(後藤倫子)、茂呂真紀子(長崎ゆかり)、斉木真未(水野香奈美)、遠藤憲一(村田タケゾウ)、ほか

「残酷飯店」のネタバレあらすじ結末

残酷飯店の紹介:2007年日本映画。男だけが美味しいと絶賛する餃子が評判の桃源飯店。しかし、この桃源飯店には餃子の秘密を暴こうとする人間が次々と消息不明になっているという不気味な噂があった。
監督:カワノコウジ 出演:リン(みひろ)、陳(山崎栄)、能島(成瀬勝也)、尻澤(船津未帆)、升本(黄金咲ちひろ)、ほか

「ヴァーサスゾンビ 時空を越えた生きる屍」のネタバレあらすじ結末

ヴァーサス・ゾンビ 時空を越えた生きる屍の紹介:2009年ギリシャ映画。ギリシャ発のゾンビ映画です。2500年前に起こったゾンビ拡散が現代にも起こり、アルギリスを中心に生き残ったメンバーとソンビ退治をするという話です。ストーリーはわかりづらく、どちらかといえばスプラッターアクションを楽しむ作品です。
監督:ヨルゴス・ノウシアス 出演者:アンドレアス・コントプーロス(ヴァルキルジス)、アルギリス・タナソウラス(アルギリス)、メレティス・ゲオルギアディス(メレティス)、マリー・ツォニ(ジェニー)ほか

「悪魔の毒々おばあちゃん」のネタバレあらすじ結末

悪魔の毒々おばあちゃんの紹介:1988年ベルギー,フランス,オランダ映画。二人の老婆の誕生日パーティーが大きな屋敷で開かれることになり、大勢の親族が集まりました。みんな財産目当てで盛り上がっていた時、絶縁された家族からの贈り物が届き、箱を開けると老婆二人に悪魔が乗り移り、親族を次々殺し始めました・・・・という内容のスプラッターホラー映画です。ホラー全盛の80年代の作品で、低予算で過激な作品ばかり送り出していたトロマ社の配給映画です。
監督:エマニュエル・ケルヴィン 出演者:カトリーヌ・エイメリー(ヘレン)、カロリーヌ・ブラックマン(スージー)、ロバート・デュボア(司祭)、リシャール・コティカ(ギルバート)、ダニー・デイヴン(エリザベス)、パトリシア・ダヴィア(アリス)ほか

「ドクムシ」のネタバレあらすじ結末

ドクムシの紹介:2015年日本映画。暗闇の学校に閉じ込められた男女7人。ユキトシが蠱毒(コドク)の話をし、7日間で殺し合いをして生き残った者だけが脱出できるという話をすると、4日目から現実に殺し合いが始まってしまいました・・・という和製グロホラー映画です。
監督:朝倉加葉子 出演者:村井良大(レイジ)、武田梨奈(アカネ)、秋山真太郎(ユキトシ)、水上京香(ユミ)、宇治清高(トシオ)、野口真緒(ミチカ)、駒木根隆介(タイチ)ほか

「ヘルドライバー」のネタバレあらすじ結末

ヘルドライバーの紹介:2010年日本映画。宇宙から降ってきた隕石によってキカの母がゾンビ女王となり、日本に一気にゾンビが600万と溢れました。一方母によって心臓を奪われたキカは、人造人間として蘇り、母への復讐を誓いました・・・というコメディタッチのゴアスプラッター映画です。監督は『東京残酷警察』の西村喜廣さんです。
監督:西村喜廣 出演者:原裕美子(キカ)、しいなえいひ(リッカ(キカの母))、石川ゆうや(キカの父)、柳憂怜(タク)、波岡一喜(カイト)、岸健太朗(ヤスシ(リッカの弟))、久住みず希(ナナシ)、宮下ともみ(井出組組長)、鳥肌実(鳩田総理)、ガダルカナル・タカ(大沢法務大臣)ほか

「フランケンフィッシュ」のネタバレあらすじ結末

フランケンフィッシュの紹介:2004年アメリカ映画。沼池で起きた惨殺事件を調査究明する検死官のサムと学者のメアリーが、現地の案内で調べて行くうち、襲ったのは巨大な怪物魚だったことがわかり、ボートハウスの住人達と脱出を試みることになりましたが・・・というモンスターホラー映画です。CGが駆使され、スプラッター要素も多く、見ごたえのある作品です。
監督:マーク・ディッペ 出演者:トリー・キトルズ(サム)、チャイナ・チョウ(メアリー)、トーマス・アラナ(ジェフ)、K・D・オーバート(イライザ)、ほか

「悪魔のはらわた」のネタバレあらすじ結末

悪魔のはらわた(別題:フレッシュ・フォー・フランケンシュタイン/アンディ・ウォーホルの フランケンシュタイン)の紹介:1973年イタリア,フランス映画。完璧な男と女を作り出す計画を実行したフランケンシュタイン男爵が、間違ってゲイの男の頭を取り付けてしまったことから、計画が狂い、凄惨な結末になってしまうというモンスターホラー映画です。公開当時は成人映画指定になりましたが、今となっては普通のスプラッターホラー映画です。
監督:ポール・モリセイ 出演者:ウド・キア(フランケンシュタイン男爵)、ジョー・ダレッサンドロ(ニコラス)、アルノ・ジュエギング(オットー)、モニク・ヴァン・ボーレン(カトリン)ほか

「血を吸う粘土」のネタバレあらすじ結末

血を吸う粘土の紹介:2017年日本映画。芸術大学に合格させるための、陶芸を専門とする田舎の予備校の経営者が、怨念のこもった土の粉を掘り起こし、粘土に混ぜてしまった事から巻き起こる惨劇を描いたグロスプラッターホラー映画です。講談社主催のオーディション「ミスiD 2017」の受賞者たちが出演する梅沢壮一監督の初作品です。
監督:梅沢壮一 出演者:武田杏香(日高香織)、杉本桃花(望月愛子)、藤田恵名(谷レイナ)、牧原ゆゆ(青木由香)、篠田諒(山下寛治)、奥瀬繁(三田塚実)、津田寛治(伏見恭三)、黒沢あすか(藍那ゆり)ほか

「吐きだめの悪魔」のネタバレあらすじ結末

吐きだめの悪魔の紹介:1986年アメリカ映画。酒屋の店主が倉庫で見つけた古い酒を1ドルで販売することにしたため、廃車場にいるホームレスたちがその酒を飲み、体がどんどん溶けて行くという、エログロスプラッター映画です。舞台が廃車場で主役がホームレスという一風変わった作品です。
監督:ジム・ミューロー 出演者:ビル・チェピル(ビル)、マイク・ラッケイ(フレッド)、ビック・ノート、ジェーン・アラカワ、マーク・スフェラッツァ、トニー・ダロウ、ジェームズ・ロリンズ、ミリアム・ズッカー。、M・ジャンゴ・クランチほか

「デッドボール」のネタバレあらすじ結末

デッドボールの紹介:2011年日本映画。劇画『地獄甲子園』実写映画の第2段で海外向けに製作されたものです。少年院の中で繰り広げられる、殺戮もなんでもありの『非行甲子園』題材にした、スプラッターコメディアクション映画です。
監督: 山口雄大 出演者:坂口拓(野球十兵衛)、星野真里(進之助)、蜷川みほ(石原)、須賀貴匡(カミヤマ)、ペ・ジョンミョン(アイボール)、播田美保(イルザ・ツヴァイ)、ミッキー・カーチス(父親)、山寺宏一(アナウンサー)、田山涼成(三船知事)ほか

1 2 3 4 5 11
TOP↑