Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どんでん返し映画一覧

どんでん返しが凄い映画のネタバレあらすじ一覧です。衝撃のラストを迎える映画や、中盤で何度もどんでん返しがある作品、オチが凄いなど、結末まで何が起こるかわからない、映画の最後まで見逃せない、おすすめ映画を紹介しています。

「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」のネタバレあらすじ結末

三十路女はロマンチックな夢を見るか?の紹介:2017年日本映画。あと二日で三十路を迎える那奈は、恋人もいなければ夢もないという公務員でした。ある日、ニュースで流れていた銀行強盗の3人組が、那奈の部屋に押しかけてきました。そのうちの一人、自称映画監督の拓人に好意をもった那奈は、3人組と一緒に逃げることになりますが…という内容のサスペンスコメディ映画です。ラストに思いがけないどんでん返しがあります。
監督:山岸謙太郎 出演者:武田梨奈(荻野那奈)、久保田悠来(風間拓人)、佐生雪(笹川麗良)、山村美智(赤城香奈恵)、秋吉織栄(工藤麻子)、春花(日野まりあ)、酒井美紀(栗原葵)ほか

「g@me.ゲーム」のネタバレあらすじ結末

g@me.ゲームの紹介:2003年日本映画。広告会社のやり手営業マンの佐久間は、ビール会社に自分の企画を否定され、初めての屈辱を味わいました。深夜、家出した女性の樹理が、企画を否定した副社長の葛城の娘であると知ったことから、二人で狂言誘拐事件を起こし、金をだまし取ろうと計画しました・・・というどんでん返しを繰り返すサスペンス映画です。
監督:井坂聡 出演者:藤木直人(佐久間俊介)、仲間由紀恵(葛城樹理(千春))、石橋凌(葛城勝俊)、IZAM(安藤純平)、宇崎竜童(小塚滋)、入江雅人(杉本智也)、おかやまはじめ(中村)、椎名桔平(椎名刑事)、大倉孝二(湯口)、桜井裕美(葛城樹理)ほか

「タイムリミット」のネタバレあらすじ結末

タイムリミットの紹介:2003年アメリカ映画。人望のある警察署長が不倫相手の女のワナにはまり、殺人の容疑者に仕立て上げられ、追い詰められながらも無実を晴らすため自ら真相を突き止めていく。
監督:カール・フランクリン 出演:デンゼル・ワシントン(マット・リー・ウィトロック)、エヴァ・メンデス(アレックス・ディアス・ウィトロック)、サナ・レイサン(アン・マレー・ハリソン)、ディーン・ケイン(クリス・ハリソン)、ジョン・ビリングスレイ(チェイ)、テリー・ローリン(ストラーク)、ほか

「ゲヘナ」のネタバレあらすじ結末

ゲヘナ(別題:ゲヘナ~死の生ける場所~)の紹介:2017年日本,アメリカ映画。あるリゾート地建設計画のために南国サイパンを訪れた一行は、隠された地下道に足を踏み入れる。突然の地響きにより意識を失う一向は気づくと戦時中にタイムスリップしていた。なんとか脱出を試みるのだが、ひとり、またひとりと何者かに殺されていく。
監督:片桐裕司 出演:エヴァ・スワン(ポリーナ)、ジャスティン・ゴードン(タイラー)、サイモン・フィリップス(アラン)、ショーン・スプロウリング(ぺぺ)、マシュー・エドワード・ヘグストロム(デイブ)、ダグ・ジョーンズ(不気味な老人)、ランス・ヘンリクセン(モーガン)、ほか

「マローボーン家の掟」のネタバレあらすじ結末

マローボーン家の掟の紹介:2017年スペイン,アメリカ映画。イギリスからアメリカの田舎に移住した家族でしたが、なぜか父はいません。母の死後、残された兄弟は家で見えない何かに怯える日々を送りますが、その理由は父の恐ろしい過去の犯罪にあり、ストーリーが進むにつれてその謎が明らかになります。『マローボーン家の掟』は見えない何かに怯える兄弟の対立と愛を描いた映画、ホラー映画というよりはストーリーの展開を楽しむ内容です。かなり細かく作られた映画なので注意深く見ることが必要、時系列をよく理解することが大事です。
監督:セルヒオ・G・サンチェス 出演:ジョージ・マッケイ(ジャック)、アニャ・テイラー=ジョイ(アリー)、チャーリー・ヒートン(ビリー)、ミア・ゴス(ジェーン)、マシュー・スタッグ(サム)、カイル・ソーラー(ポーター)、ニコラ・ハリソン(ローズ)、トム・フィッシャー(父親)、ほか

「カオス(2005年)」のネタバレあらすじ結末

カオスの紹介:2005年カナダ,イギリス,アメリカ映画。ベテランと新米の刑事が張り巡らされた策略に挑むサスペンス・アクション。シアトルで銀行強盗が発生した。犯人グループの要求は、数ヶ月前に犯人もろとも人質を死なせ停職処分中の刑事、コナーズを現場に引きずり出すこと。新人のデッカーとコンビを組んだコナーズは指揮を執るが、犯人グループには逃げられてしまった。捜査を続けるコナーズ達の前に次々現れる謎。やがてそれらは驚愕の真実を暴くのだった。
監督:トニー・ジグリオ 出演者:ジェイソン・ステイサム(クエンティン・コナーズ)、ウェズリー・スナイプス(ローレンツ)、ライアン・フィリップ(シェーン・デッカー)、ジャスティン・ワデル(テディー・ギャロウェー刑事)、ヘンリー・ツェーニー(マーティン・ジェンキンス刑事)ほか

「ギルティ / THE GUILTY」のネタバレあらすじ結末

THE GUILTY/ギルティの紹介:2018年デンマーク映画。緊急通報指令室でオペレーターをしているアスガー。女からかかってきた1本の電話により、とある事件と関わることになる。電話からの声と音だけを頼りに誘拐事件を解決させようと試みる。視覚情報がない中で、耳に入る様々な声と音を頼りに犯人を見つけ出すことができるのか。サンダンス映画祭やロッテルダム国際映画祭をはじめとする世界中の映画祭で観客賞を総なめし、アカデミー賞外国語映画賞デンマーク代表にも選ばれた。また、ジェイク・ギレンホール主演でハリウッドリメイクも決まっている。
監督:グスタフ・モーラー 出演:ヤコブ・セーダーグレン(アスガー・ホルム)、イェシカ・ディナウエ(イーベン)、オマール・シャガウィー(ラシッド)、ヨハン・オルセン(ミケル)ほか

「恐怖」のネタバレあらすじ結末

恐怖の紹介:1961年イギリス映画。両親の離婚から10年、再婚した父に呼ばれて彼の屋敷にやって来た娘が、夜毎恐怖に襲われる。ドンデン返しの結末に、公開当初は「途中入場不可」とされた究極のミステリー。
監督:セス・ホルト 出演:スーザン・ストラスバーグ(ペニー・アップルビー)、クリストファー・リー(Dr.エール・ジェラール)、アン・トッド(ジェーン・アップルビー)、ロナルド・ルイス(ロバート)、レナード・サックス(スプラット)、アン・ブレイク(マリー)、ジョン・セレット(ルグラン警部)、フレッド・ジョンソン(ミスター・アップルビー)、ほか

「マッキントッシュの男」のネタバレあらすじ結末

マッキントッシュの男の紹介:1972年アメリカ映画。1971年に発表されたデズモンド・バグリイの小説「The Freedom Trap」を映画化したスパイサスペンスです。ロンドンを舞台に、国家機密がかかったスパイ戦に利用され翻弄される、名優ポール・ニューマン演じる諜報部員の苦闘をどんでん返しの展開をもって描きます。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者:ポール・ニューマン(ジョセフ・リアデン)、ドミニク・サンダ(スミス)、ジェームズ・メイソン(ジョージ・ウィーラー卿)、ハリー・アンドリュース(マッキントッシュ)、イアン・バネン(スレード)、マイケル・ホーダーン(ブラウン)、ナイジェル・パトリック(ソームズ・トラヴェリアン)、ピーター・ヴォーン(ブランスキル警部)ほか

「ビジター (2012年)」のネタバレあらすじ結末

ビジターの紹介:2012年アメリカ映画。静かな田舎、池の近くの一軒家に住むジョナサンとアディの夫婦の自宅に、深夜、レイチェルという女性が助けを求めてやってきました。レイチェルを中に入れた時から、家の中では不思議な現象が起こり始めました・・・というサスペンスホラー映画です。不可解なレイチェルの謎が最後に解き明かされます。
監督:トッド・レヴィン 出演者:マイロ・ヴィンティミリア(ジョナサン)、サラ・パクストン(レイチェル)、サラ・シャヒ(アディ)、ほか

「サイバークローン」のネタバレあらすじ結末

サイバークローンの紹介:1993年アメリカ映画。ゲーム開発をするベンが自分そっくりな男アレックスに出会い、話をするうち自宅に来るようになります。ベンにはアレックスに魅かれていく妻のエリザベスの姿が映りました。気になったベンが自分の出生の秘密を調べていくうちに…というクローン人間を題材にしたサスペンス映画です。
監督:ジャック・ショルダー 出演者:C・トーマス・ハウエル(ベン/アレックス)、リサ・ゼイン(エリザベス)、イーサン・フィリップス(ヘンリー)、ミコ・ヒューズ(ニック)、リチャード・ハミルトン、ニコラス・コスター、ジョアンナ・マイルズほか

「リアル 完全なる首長竜の日」のネタバレあらすじ結末

リアル~完全なる首長竜の日~の紹介:2013年日本映画。恋人の漫画家の淳美が自殺未遂でこん睡状態の中、浩市は医師の相原先生にセンシングを勧められました。淳美の意識に入り込み、淳美と再会しようという実験でした。センシングが始まると浩市の身の回りにおかしなことが起りはじめました・・・という乾緑郎原作のミステリー映画です。
監督:黒沢清 出演者:佐藤健(藤田浩市)、綾瀬はるか(和淳美)、中谷美紀(相原栄子)、オダギリジョー(沢野)、染谷将太(高木真吾)、堀部圭亮(米村)、松重豊(晴彦)、小泉今日子(真紀子)、ほか

「そのネズミ、凶暴につき」のネタバレあらすじ結末

そのネズミ、凶暴につきの紹介:2013年カナダ映画。コールと息子のリアム、そして後妻のサラが、新しい生活を始めるため、田舎の別荘にやってきました。サラに馴染まないリアムに手を焼いていた二人でしたが、夜、リアムがネズミのかぶり物をした人たちにさらわれてから、恐怖のどん底に突き落とされる・・・というスラッシャー映画です。変な邦題が付けられていますが、内容はシリアスです。
監督:ジョーダン・バーカー 出演者: キャサリン・イザベル(サラ)、ロビン・ダン(コーリー)、ピーター・ダクーニャ(リアム)、スティーヴン・マクハティ(ホーキング)ほか

「リベンジトラップ/美しすぎる罠」のネタバレあらすじ結末

リベンジ・トラップ/美しすぎる罠の紹介:2015年アメリカ映画。原題は“RETURN TO SENDER”(差出人に返送)。『ゴーン・ガール』等のロザムンド・パイクが見知らぬ男に自宅でレイプされる看護師に。衝撃の結末に近づくほどに美しくなるヒロイン。
監督:フォアド・ミカティ 出演者:ロザムンド・パイク(ミランダ・ウェルズ)、シャイロー・フェルナンデス(ウィリアム・フィン)、ニック・ノルティ(ミッチェル・ウェルズ)、カムリン・マンハイム(ナンシー)その他

「悪魔の少女ジュリー」のネタバレあらすじ結末

悪魔の少女ジュリーの紹介:1982年カナダ,ドイツ映画。父親を溺愛する少女ジュリーは、母親が御用聞きに襲われ死亡したことで、父親を独り占めできると思っていました。しかし、父親は再婚し、ジュリーは継母殺しを計画しはじめます・・・・というサイコホラー映画です。少女ジュリーの演技がうまく怖さを増幅させます。
監督:ポール・ニコラス 出演者:アンソニー・フランシオサ(ワイルディング(父親))、シビル・ダニング(スージー)、イザベル・メジア(ジュリー)、ベンジャミン・ゴーダン(デニス)、ポール・ハバード(ウエストン)、ラインハルト・コルデホフ、ほか

1 2 3 4 5 10
TOP↑