どんでん返し映画一覧

どんでん返しが凄い映画のネタバレあらすじ一覧です。衝撃のラストを迎える映画や、中盤で何度もどんでん返しがある作品、オチが凄いなど、結末まで何が起こるかわからない、映画の最後まで見逃せない、おすすめ映画を紹介しています。

「そのネズミ、凶暴につき」のネタバレあらすじ結末

そのネズミ、凶暴につきの紹介:2013年カナダ映画。コールと息子のリアム、そして後妻のサラが、新しい生活を始めるため、田舎の別荘にやってきました。サラに馴染まないリアムに手を焼いていた二人でしたが、夜、リアムがネズミのかぶり物をした人たちにさらわれてから、恐怖のどん底に突き落とされる・・・というスラッシャー映画です。変な邦題が付けられていますが、内容はシリアスです。
監督:ジョーダン・バーカー 出演者: キャサリン・イザベル(サラ)、ロビン・ダン(コーリー)、ピーター・ダクーニャ(リアム)、スティーヴン・マクハティ(ホーキング)ほか

「悪魔の少女ジュリー」のネタバレあらすじ結末

悪魔の少女ジュリーの紹介:1982年カナダ,ドイツ映画。父親を溺愛する少女ジュリーは、母親が御用聞きに襲われ死亡したことで、父親を独り占めできると思っていました。しかし、父親は再婚し、ジュリーは継母殺しを計画しはじめます・・・・というサイコホラー映画です。少女ジュリーの演技がうまく怖さを増幅させます。
監督:ポール・ニコラス 出演者:アンソニー・フランシオサ(ワイルディング(父親))、シビル・ダニング(スージー)、イザベル・メジア(ジュリー)、ベンジャミン・ゴーダン(デニス)、ポール・ハバード(ウエストン)、ラインハルト・コルデホフ、ほか

「選挙の勝ち方教えます」のネタバレあらすじ結末

選挙の勝ち方教えますの紹介:2015年アメリカ映画。選挙戦略家という仕事をしている主人公がボリビアの大統領選挙に勝ちたいという依頼がきました。しかし敵についている戦略家は長年のライバルでした。
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 出演:サンドラ・ブロック(ジェーン・ボディーン)、ビリー・ボブ・ソーントン(パット・キャンディ)、アンソニー・マッキー(ベン・ソーヤー)、ヨアキム・デ・アルメイダ(ペドロ・カスティー)、ほか

「プレステージ」のネタバレあらすじ結末

プレステージ(別題:イリュージョンVS)の紹介:2006年アメリカ映画。イギリスのSF作家クリストファー・プリーストの人気小説を「メメント」のクリストファー・ノーラン監督が映画化した作品。2人のマジシャンのトリックの掛け合いに最後まで目が離せない衝撃のサスペンス人間ドラマ。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン(ロバート・アンジャー)、クリスチャン・ベイル(アルフレッド・ボーデン)、マイケル・ケイン(カッター)、スカーレット・ヨハンソン(オリヴィア)、パイパー・ペラーボ(ジュリア・マッカロー)、レベッカ・ホール(サラ)、ほか

「ファインド・ミー」のネタバレあらすじ結末

ファインド・ミーの紹介:2016年カナダ,アメリカ,イギリス映画。ある日忽然と姿を消した恋人。1年後、主人公のグラフィックデザイナーは失踪した恋人の未現像のフィルムを見つけたことから何者かに命を狙われるようになり…。恋人の失踪の真相とその裏側の陰謀を描くミッシング・スリラーです。
監督:ザック・ウェドン 出演者:アーロン・ポール(デヴィッド)、アナベル・ウォーリス(クレア・コリンズ)、ギャレット・ディラハント(ジョン・ホール)、ジョーダナ・ラージー(ギャランの助手)、エンヴァー・ゴカフ(アレキサンダー)、テリー・チェン(クリス・スローン刑事)、ザッカリー・ナイントン(チャーリー)ほか

「侵入者 逃げ場のない家」のネタバレあらすじ結末

侵入者 逃げ場のない家の紹介:2015年アメリカ映画。共に暮らしていた愛する兄を亡くし、たった独り大きな屋敷に残されたアンナ。そこに空き巣狙いの3人の男達が現れる。部屋の中に逃げ込んだアンナを探し回る彼らは、屋敷に隠された恐ろしい秘密を暴くが…。謎めいたヒロインを演じるのは、人気海外ドラマ「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」のベス・リーフグラフ。共演はマコーレー・カルキンの弟、ロリー・カルキン。密室で繰り広げられる予想外の結末とは? B級タッチのサスペンスホラー。
監督:アダム・シンドラー 出演者:ベス・リースグラフ(アンナ)、ロリー・カルキン(ダン)、マーティン・スター(ペリー)、ジャック・ケシ―(J.P)、ジョシュア・ミケル(ヴァンス)、レティシア・ヒメネス(シャーロット)、ティモシー・T・マッキンニー(コンラッド)ほか

「1942 怨霊」のネタバレあらすじ結末

1942 怨霊の紹介:2005年シンガポール,日本映画。1942年の大戦中、マレーシアのジャングルで連隊からはぐれた日本兵5人が連隊を追って進むうちに、見えてはすぐ消える、歌う女性に遭遇し、ジャングルの中を彷徨うという、日本とシンガポールの合作作品です。映画の中の会話はすべて日本語です。
監督:ケルビン・トン 出演者:鬼塚俊秀(藤井軍曹)、大川聖一郎(佐藤軍曹)、千廣哲也、ハラ・フミカズ(鈴木伍長)、長谷川裕之ほか

「タリーと私の秘密の時間」のネタバレあらすじ結末

タリーと私の秘密の時間の紹介:2018年アメリカ映画。子育てに悩む母親、ささないことですぐパニックになる長男は学校から転校を勧告されます。さらに新しい子も生まれ母はストレスがたまる一方、そこへ謎の女性タリーが現れます。タリーは彼女の悩みを聞きストレスを解消する役を担いますが、映画の最後でタリーの謎が明かされます。『タリー』は育児と夫婦関係に悩むお母さんにおすすめの映画、批評家からも好意的に受け止められた映画です。
監督:ジェイソン・ライトマン 出演:シャーリーズ・セロン(マーロ)、マッケンジー・デイヴィス(タリー)、マーク・デュプラス(クレイグ)、ロン・リヴィングストン(ドリュー)、アッシャー・マイルズ・フォーリカ(ジョナ)、リア・フランクランド(サラ)、ほか

「カメラを止めるな!」のネタバレあらすじ結末

カメラを止めるな!の紹介:2018年日本映画。映画製作・俳優養成の専門学校「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾として製作された「カメラを止めるな!」は、当初わずか2館のみの公開ながら瞬く間に大反響を巻き起こした低予算インディーズムービーです。「37分間のワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル映画」を撮った人たちを、意表を突いた衝撃的な展開で描きます。
監督:上田慎一郎 キャスト:濱津隆之(日暮隆之)、真魚(日暮真央)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、長屋和彰(神谷和明)、細井学(細田学)、市原洋(山ノ内洋)、山﨑俊太郎(山越俊助)、大沢真一郎(古沢真一郎)、竹原芳子(笹原芳子)、吉田美紀(吉野美紀)、合田純奈(栗原綾奈)、岩地紗希奈(松浦早希)、秋山ゆずき(松本逢花)、山口友和(谷口智和)、藤村拓矢(藤丸拓哉)、イワゴウサトシ(黒岡大吾)、高橋恭子(相田舞)、生見司織(温水栞)ほか

「エブリシング」のネタバレあらすじ結末

エブリシングの紹介:2017年アメリカ映画。免疫系の難病のため17年間一度も外に出たことがない少女が、隣に越してきた少年と恋に落ち、危険を冒して外の世界へ踏み出した結果、驚くべき真実を知る。
監督:ステラ・メギー 出演:アマンドラ・ステンバーグ(マデリン)、ニック・ロビンソン(オリー)、アナ・デ・ラ・レゲラ(カーラ)、アニカ・ノニ・ローズ(ポーリーン)、ほか

「アンフォゲッタブル」のネタバレあらすじ結末

アンフォゲッタブルの紹介:2017年アメリカ映画。恋人との結婚を控えるヒロインが、恋人の前妻から執拗な嫌がらせを受けて窮地に追い詰められていく姿を描いたサイコ・スリラー作品です。
監督:デニース・ディ・ノービ 出演者:ロザリオ・ドーソン(ジュリア・バンクス)、キャサリーン・ヘイル(テッサ・コノーバー)、ジョフ・スタルツ(デイビッド・コノーバー)、イザベラ・ケイ・ライス(リリー・コノーバー)、アレックス・キハノ(ミゲル)ほか

「インターセクション」のネタバレあらすじ結末

インターセクションの紹介:2013年フランス映画。リュック・ベッソン製作によるフランス発サバイバル・サスペンスです。ひょんなことからモロッコの砂漠で大事故に巻き込まれ、取り残された訳あり男女6人の運命をまさかのどんでん返しを交えて描きます。
監督:デイビット・マルコーニ 出演者:ジェイミー・アレクサンダー(テイラー・ドーラン)、フランク・グリロ(スコット・ドーラン)、ロシュディ・ゼム(サレイ)、マリ=ジョゼ・クローズ(オードリー)、ムーサ・マースクリ(オマール)、チャーリー・ビューリー(トラヴィス)ほか

「T.R.Y. トライ」のネタバレあらすじ結末

T.R.Y. トライの紹介:2002年日本,中国,韓国映画。原作は横溝正史ミステリ大賞を受賞した井上尚登のベストセラー小説。この映画は、日中韓の合作です。上海で暗躍する日本人ペテン師の伊沢が、中国人革命軍のために武器を手に入れようと画策する物語。ラストは想像を超えるどんでん返しの連続です。
監督:大森一樹 出演者:織田裕二(伊沢修)、黒木瞳(喜春)、邵兵(関飛虎)、孫暢敏(パク・チャイク)、楊若兮(丁愛鈴)、ピーター・ホー(肖丁)、今井雅之(東謙介)、市原隼人(陳思平)、渡辺謙(東正信)

「インビジブル・ゲスト」のネタバレあらすじ結末

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明の紹介:2016年スペイン映画。 不倫相手の殺人容疑がかけられている青年起業家ドリアは、3時間後に裁判に控え、有能な女性弁護士グットマンを呼びます。裁判を有利にするため、グッドマンはドリアから事件の詳細を聞き出します。容疑者と弁護士の息詰まるやり取りから、驚愕の事実が浮かび上がります。
監督:オリオル・パウロ 出演者:マリオ・カサス(ドリア)、アナ・ワヘネル(グッドマン)、ホセ・コロナド(トマス・ガリード)、バルバラ・レニー(ローラ)、フランセスク・オレーリャ(レイバ弁護士)ほか

「レッド・スパロー」のネタバレあらすじ結末

レッド・スパローの紹介:2018年アメリカ映画。『ハンガーゲーム』で世界的スターとなったジェニファー・ローレンスが『ハンガーゲーム』でタッグを組んだ監督のフランシス・ローレンスと共に挑んだ人気同名小説「レッド・スパロー」の実写映画化作品。足の故障により夢を断たれたバレリーナが持病を持つ母の治療の為、自身の身体と巧みな心理操作術を武器にロシア情報庁の指示で諜報活動を行うスパイ映画。モグラと呼ばれるロシア情報庁内のスパイを突き止めるため、過酷なスパイ訓練を受けたスパローとしてロシアとアメリカの思惑に巻き込まれていく。
監督:フランシス・ローレンス 出演:ジェニファー・ローレンス(ドミニカ・エゴロワ)、ジョエル・エガートン(ネイト・ナッシュ)、マティアス・スーナールツ(ワーニャ・エゴロフ)、シャーロット・ランプリング(監督官)ほか

1 2 3 4 5 9
TOP↑