Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

台湾映画一覧

台湾映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめ台湾映画から、最新映画まで様々なジャンルの台湾映画を紹介しています。台湾が舞台になっている作品も掲載しています。

「MR.LONG/ミスター・ロン」のネタバレあらすじ結末

MR.LONG/ミスター・ロンの紹介:2017年日本,香港,台湾,ドイツ映画。『ポストマン・ブルース』『天の茶助』などのSABU監督と『グリーン・デスティニー』『レッドクリフ』などの台湾の実力派俳優チャン・チェンがタッグを組んだハートウォーミング・バイオレンス映画です。日本での仕事に失敗して逃亡した台湾の殺し屋が、彼を迎え入れた田舎町の人々との交流を通じて人間らしさを取り戻していく様を描きます。
監督:SABU 出演者:チャン・チェン(ミスター・ロン)、青柳翔(賢次)、イレブン・ヤオ(リリー)、バイ・ルンイン(ジュン)、有福正志(平助)、諏訪太朗(忠雄)ほか

「花蓮の夏」のネタバレあらすじ結末

花蓮の夏の紹介:2006年台湾映画。恋なのか親友だからなのか、どちらのものとも分からない気持ちを抱えた青年2人と、2人を見守るようにそばにいる少女の物語です。彼らの何とも言いようのない感情を、柔らかく美しい情景と共に描いています。一風変わった恋模様が楽しめる台湾映画です。
監督:レスト・チェン 出演:ブライアン・チャン(ジェンシン)、ジョセフ・チャン(ショウヘン)、ケイト・ヤン(ホイジャ)、ほか

「先に愛した人」のネタバレあらすじ結末

先に愛した人の紹介:2018年台湾映画。先に愛した人の紹介:同性愛者の元夫が癌で亡くなったため、保険金を受け取ろうとすると、受取人は元夫の不倫相手の男性ジエになっていました。サンリェンは保険金を取り戻そうと奮闘するうちに、隠されていた真実がだんだんと明らかになっていきます。
監督:Chih-Yen Hsu、Mag Hsu 出演:ロイ・チウ(ジエ)、シェ・インシュエン(サンリェン)、ジョセフ・ホアン(チェンシー)、スパーク・チェン(ジェンユエン)、ほか

「絶命派対」のネタバレあらすじ結末

絶命派対 Invitation Only(原題:絕命派對)の紹介:2009年台湾映画。金持ちの青年実業家の運転手をするウエイドが、実業家からパーティへ代理で行ってくれと頼まれました。金も服も用意してもらって行ったパーティはセレブ達の集まりでした。気分よく楽しんでいたウエイドでしたが、やがてパーティは思わぬ方向に進み始めました・・・という台湾製『ホステル』というべく、拷問ホラー映画です。タイトルは日本語では絶命パーティーを意味します。
監督:ケヴィン・コー 出演者:ブライアン・チャン(ウエイド)、シュ・レイアン(ヒトミ)、ジェリー・ホアン(ヤン)、ヴィヴィ・ホー(ホー)、小澤マリア(DANA)、ほか

「ハーバークライシス 都市壊滅」のネタバレあらすじ結末

ハーバー・クライシス 都市壊滅の紹介:2014年台湾映画。ハイジャック事件解決でヒーローとなったウー刑事は、ハーバーシティで起こる連続自爆事件に巻き込まれ、若いチェン刑事と共に捜査を続けることになりました・・という台湾のCGを駆使したド派手アクション映画です。
監督:ツァイ・ユエシュン 出演者:マーク・チャオ(ウー・インション)、ケニー・リン(チェン・チェン)、ホアン・ボー(シュー・ダーフー)、チャン・チュンニン(ラン・シーイン)、シュウ・ジエカイ(ホァン)、テリー・クァン(シャオチン)、ツァイ・ユエシュン(ナイトウォーカー指揮官ラン・シーエン)ほか

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」のネタバレあらすじ結末

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。の紹介:2016年日本,台湾映画。Facebookを通じて知り合い、国際結婚をした台湾人女性と日本人男性カップルの実話をもとにした作品。台湾の人気女優ジエン・マンシューと個性派俳優中野裕太共演による国境を越えたピュアな恋愛映画です。
監督:谷内田彰久 原作:モギサン & モギ奥サン 出演者:ジエン・マンシュー(リンちゃん)、中野裕太(モギさん)、ワン・サイファー(リンちゃんママ)、リン・メイシウ(アケミちゃん)、蛭子能収(モギさんパパ)、大谷主水(ショウ)、岡本孝(コージ )、与座重理久(モギサン同僚 浅野 )、ほか

「南風(なんぷう)」のネタバレあらすじ結末

南風(なんぷう)の紹介:2014年日本,台湾映画。恋と仕事に行き詰った女性編集者が取材のため訪れた台湾でモデルになることを夢見る少女や日本人を父に持つ青年と出会い、心の交流を重ねていくサイクリングロードムービー。台湾の美しい景色をバックに若者達の国境を越えた友情を描いていきます。
監督:萩生田宏治 出演者:黒川芽以(風間藍子)、テレサ・チー(トントン)、郭智博(ゴウ)、コウ・ガ(ユウ)、ザック・ヤン、佐々木大介、ほか

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」のネタバレあらすじ結末

牯嶺街少年殺人事件の紹介:1991年台湾映画。クーリンチェ少年殺人事件の紹介:台湾の巨匠エドワード・ヤンの代表作で、1960年初頭の台湾の情勢と、それに影響を受けて奮闘する生徒の実話をもとに描かれた3時間56分の超大作です。台湾のみならず、海外の映画賞を多数受賞した話題作です。
監督:エドワード・ヤン 出演:チャン・チェン(シャオスー)、リサ・ヤン(シャオミン)、ワン・チーザン(ワンマオ)、クー・ユールン(フェイジー)、タン・チーガン(シャオマー)ほか

「ナイルの娘」のネタバレあらすじ結末

ナイルの娘の紹介:1987年台湾映画。『恋恋風塵』等で台湾ニューシネマの代表的存在となったホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督が、レコード会社の出資を受けてアイドル歌手ヤン・リン(楊林)を主演に起用。でも、日本の漫画『ナイルの娘』(=『王家の紋章』)を愛読するヒロインが暴力と隣り合わせの環境で夢を見、幻滅を味わうというアイドル映画らしからぬストーリー。
監督:ホウ・シャオシェン 出演者:ヤン・リン(シャオヤン)、ガオ・ジエ(シャオファン)、ヤン・ファン(アーサン)、シン・シューフェン(フェン)その他

「新・桃太郎」のネタバレあらすじ結末

新・桃太郎の紹介:1987年台湾映画。日本昔話の『桃太郎』を台湾独自の解釈でエンターティメント化したアドベンチャーコメディ作品です。『桃の国』の太陽の剣を奪い、世界制覇を続ける赤鬼大魔王を、桃仙人の息子である桃太郎が退治に向かうという内容です。
監督:チン・チュンリャン、チャオ・チュンシン 出演者:リン・シャオロウ(桃太郎)、リュー・ツーイー、キン・トー(おじいさん)、ヨー・ビホウ(おばあさん)、ウォン・チュウユウ、チャールズ・チェン、ほか

「共犯」のネタバレあらすじ結末

共犯の紹介:2014年台湾映画。登校途中の高校生3人が、飛び降り自殺した女子高生の遺体を発見しました。事情聴取を受け、カウンセリングを受けた3人は、自殺した女子高生のことを調べようという事になり、彼女の部屋に夜中に侵入し、彼女の自殺の原因を見つけ出そうとするが…という内容の、高校生を主役にした台湾のミステリー映画です。
監督:チャン・ロンジー 出演者:ウー・チエンホー(ホアン・リーファイ)、チェン・カイユアン(イエ・イーカイ)、トン・ユィカイ(リン・ヨンチュン)、ヤオ・アイニン(シャー・ウェイチャオ)、ウェン・チェンリン(チュウ・チンイー)ほか

「愛情萬歳」のネタバレあらすじ結末

愛情萬歳の紹介:1994年台湾映画。ヴェネチア映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した人間ドラマです。台湾・台北の高級マンションの一室を舞台に、それぞれ孤独を抱えた3人の男女が織りなす人間模様を冷徹なカメラワークで描きます。
監督:ツァイ・ミンリャン 出演者:ヤン・クイメイ(メイ)、リー・カンション(シャオカン)、チェン・チャオロン(アーロン)、ルー・イーチン(コーヒーショップのオーナー)ほか

「希望の国」のネタバレあらすじ結末

希望の国の紹介:2012年日本,イギリス,台湾映画。原発事故をテーマにした作品。日本のとある町で震災と原発事故が発生、小野家は道一つ隔てて避難区域外となる。そんな折、小野家の息子の嫁が妊娠、子を守りたい一心から放射能への恐怖を募らせていく。第37回トロント国際映画祭 最優秀アジア映画賞受賞。
監督:園子温 出演:夏八木勲、大谷直子、村上淳、神楽坂恵、清水優、梶原ひかり、菅原大吉、山中崇、河原崎建三、筒井真理子、でんでん、ほか

「あの頃、君を追いかけた」のネタバレあらすじ結末

あの頃、君を追いかけた の紹介:2011年台湾映画。台湾の人気作家ギデンズ・コーが、自伝的小説「那些年,我們一起追的女孩」を自らの監督・脚本で映画化した青春ドラマで、台湾や香港では記録的な大ヒット作となりました。1990年代の台湾中西部を舞台に、不真面目な男子高生と優等生の女子高生との馴れ初めを描きます。2018年には舞台を日本に置き換え、山田裕貴と齋藤飛鳥(乃木坂46)のダブル主演でリメイクされました。
監督:ギデンズ・コー 出演者:クー・チェンドン(コー・チントン(コートン))、ミシェル・チェン(シェン・チアイー)、スティーブン・ハオ(シエ・ミンハ)、ジュアン・ハオチュエン(ツァオ・グオション)、イエン・ションユー(シュー・ボーチュン)、ツァイ・チャンシエン(リャオ・インホン)、ワンワン(フー・チアウェイ)ほか

「台北の朝、僕は恋をする」のネタバレあらすじ結末

台北の朝、僕は恋をする の紹介:2009年台湾,アメリカ映画。台湾・台北を舞台に、パリにいる恋人に会いたい一心の主人公が、旅費を稼ぐために怪しげな小包を運ぶ仕事を引き受けたことから巻き起こる騒動を描いたラブストーリーです。
監督:アーヴィン・チェン 出演者:ジャック・ヤオ(カイ)、アンバー・クォ(スージー)、ジョセフ・チャン(チーヨン)、クー・ユールン(ホン)、カオ・リンフェン(パオ)ほか

1 2
TOP↑