オランダ映画一覧

オランダ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめオランダ映画から、最新映画まで様々なジャンルのオランダ映画を紹介しています。

「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」のネタバレあらすじ結末

ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式の紹介:2007年アメリカ,ドイツ,イギリス,オランダ映画。厳粛な葬儀の場で繰り広げられる大騒動を描くコメディ作品。父エドワードの葬儀が迫る中、長男で作家志望のダニエルは暗い気持ちを抱えていた。引越しを巡って妻ジェーンとは折り合いがつかず、作家として大成功を果たした弟ロバートとの再会にも気分が沈む。一方ダニエルの従妹マーサは婚約者サイモンを父ヴィクターに紹介しなければならず、そのことで頭がいっぱいだった。サイモンはマーサの弟トロイが持っていた幻覚誘発剤を誤って服用し、どんどん錯乱していく。そんな中、ハウエルズ家にエドワードの秘密を握る男性が現れた。
監督:フランク・オズ 出演者:マシュー・マクファディン(ダニエル)、キーリー・ホーズ(ジェーン)、アンディ・ナイマン(ハワード)、ユエン・ブレムナー(ジャスティン)、デイジー・ドノヴァン(マーサ)ほか

「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」のネタバレあらすじ結末

ようこそ、アムステルダム国立美術館への紹介:2008年オランダ映画。オランダが世界に誇る「アムステルダム国立美術館」の改築工事を巡り、関係者の悲喜交々を描くドキュメンタリー作品。2004年、アムステルダム国立美術館は、館長ロナルド・デ・レーウの指揮の下大規模な改築工事が行われることになった。しかし美術館を貫く通路が封鎖されることになり、改築後のデザインも気に入らないと市民が猛反発。その後も様々な問題が噴出し、関係者の苦悩は尽きないのだった。
監督:ウケ・ホーヘンダイク 出演者:ロナルド・デ・レーウ、タコ・ディビッツ、レイニエ・バールセン、ヴィム・デ・ベル、メンノ・フィツキ、ほか

「ザンガディクス」のネタバレあらすじ結末

ザンガディクスの紹介:1991年オランダ,アメリカ映画。不気味な神話と少女の初潮を絡めながら、邪神の恐怖を描いたホラー作品。母ビクトリアと共に暮らす13歳の少女エマリーは、夜毎見る悪夢に悩まされていた。7人の少年が殺人を犯し、その血を使って謎のシンボルを描くという気味の悪い夢だった。精神科医は、初潮がまだ来ていないことへの不安の表れだろうと診断する。同じ頃、悪魔学の権威ケラー教授はアマゾン奥地に住むマクチシュ族の貴重な資料を目にした。彼らの悪の神「ザンガディクス」には7人の息子がおり、彼らが実の妹に産ませた子は世界を永遠の闇にするという。ケラー教授はある精神科病院に収容された凶暴な七つ子こそがザンガディクスの息子だと考えた。ケラー教授がザンガディクスの企みを阻もうとする中、ついにエマリーが初潮を迎える。別題は「ザンガディクス/鮮血の悪夢」。
監督:ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ 出演者:エスミー・デ・ラ・ブレトニエール(エマリー・ルーカス)、モニク・ヴァン・デ・ヴェン(ビクトリア・ルーカス)、ケネス・ヘルディガイン(ケラー教授)、リック・バン・ウッフェレン(デグラフ)、オットー・スターマン(ヴェイダー・ケラー)ほか

「国葬」のネタバレあらすじ結末

国葬の紹介:2019年オランダ,リトアニア映画。1953年のヨシフ・スターリンの死に当たってソ連全土で、追悼行事や指導者を悼む人々の表情が撮影された。だがそれを素材とする映画『偉大なる別れ』は公開されることがなかった。ウクライナ出身のセルゲイ・ロズニツァは、200人弱の撮影者による合計37時間の、白黒フィルムだけでなくカラーフィルムも多く含む未公開フィルムと、国営ラジオ局の28時間に及ぶ音声アーカイヴを基に独裁者の国葬をドキュメンタリー映画として再現した。音楽も、スターリン追悼のためにその場で演奏された音源を使用している。映画の最後に字幕によって触れられるスターリンによる「粛清」という史実を知っているのに、市民たちのたたずまいや顔の美しさに心打たれます。
監督:セルゲイ・ロズニツァ 出演者:ゲオルギー・マレンコフ、ラヴレンチ―・ベリヤ、ヴァチェスラフ・モロトフ、ニキータ・フルシチョフ、周恩来、その他ソ連及び各国の要人、ソ連市民、ほか

「ポーズ!~マドンナのバックダンサーたち~」のネタバレあらすじ結末

ポーズ!~マドンナのバックダンサーたち~の紹介:2016年オランダ, ベルギー映画。90年代、マドンナのツアーでバックダンサーを勤めたメンバーたち。一度は離れてしまった彼らが当時の熱狂と自分たちがなしたLGBTのアイコンについて再び語る。
監督:エスター・グールド、レイエル・ズヴァン 出演:ケビン・ステア、カールトン・ウィルボーン、ルイス・カマチョ、ホセ・グティエレス、サリム・ガウルース、オリバー・クルムズ、ガブリエル・トルーピン、ほか

「コレクター 暴かれたナチスの真実」のネタバレあらすじ結末

コレクター 暴かれたナチスの真実の紹介:2016年オランダ映画。オランダのジャーナリスト、ハンス・クノープが第二次世界大戦中にナチス将校と結託してユダヤ人から財宝を巻き上げていた大富豪を追い詰めていく実話を基に制作された歴史サスペンスです。本国オランダではテレビのミニシリーズとして放映され、2017年オランダ映画祭でテレビドラマ部門の最優秀賞を受賞しています。
監督:ティム・オリーフーク 出演者:ヒィ・クレメンス(ハンス・クノープ)、アウス・フレイダヌス(ピーター・メンテン)、アリアン・フォッベン(若き日のピーター・メンテン)、ノーチェ・ヘルラール(ベティ・クノープ)、カリーヌ・クルツェン(メタ・メンテン)、カミラ・モイラー(エリザベス・メンテン)、ヴィンセント・リンソースト(ヘンク・デメスター)ほか

「BOYS/ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

BOYS/ボーイズの紹介:2014年オランダ映画。2020年日本公開。陸上部でリレーの選手として選ばれた高校生シーヘル。チャンピオンシップ大会の強化チームで同じく選手として選ばれた少年マークと出会う。チームのメンバーとして毎日接していくうちに、シーヘルの中にマークへの特別な感情が芽生えはじめる。思春期を迎えた少年たちの恋愛模様を描く。オランダでテレビ映画として製作され大反響を呼んだため急遽劇場公開された話題作。オランダ映画祭ではオランダ映画批評家賞と最優秀助演男優賞の2冠に輝いた作品。
監督:ミーシャ・キャンプ 出演:ヘイス・ブローム(シーヘル)、コ・サンドフリット(マーク)、トン・カス(シーヘルの父/テオ)、フェルディ・ストフミール(コーチ)、ジョナス・スムルデルス(シーヘルの兄/エディ)、ステイン・タヴェルネ(ステフ)ほか

「ビヨンド・ザ・スピード」のネタバレあらすじ結末

ビヨンド・ザ・スピードの紹介:2017年ベルギー,フランス,オランダ映画。『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)でパルム・ドールを受賞したアデル・エグザルコプロスと『リリーのすべて』のマティアス・スーナールツがダブル主演を務めた、ロマンス要素も加わったクライム・サスペンス作品です。女性レーサーが愛した自称・貿易商の男の正体は何とプロの強盗でした。男は彼女と結ばれるために次の仕事を最後に犯罪から足を洗うと誓いますが、その先には予想だにしない驚愕の展開が待ち受けていました…。劇中に登場するポルシェやアウディ、インプレッサなどのカーアクションにも注目です。
監督:ミヒャエル・R・ロスカム 出演:アデル・エグザルコプロス(ベネディクト・“ビビ”・デラニー)、マティアス・スーナールツ(ジノ・“ジジ”・ヴァノワビーク)、エリク・ド・スタエルケ(フレディ・デラニー)、ディミトリー・ルーブリー(マトン)、チャーリー・パストルーズ(コミセール・ド・クール)、ケレム・キャン(ベズネ)、サム・ルーウィック(刑務所長)ほか

「ナチスの愛したフェルメール」のネタバレあらすじ結末

ナチスの愛したフェルメールの紹介:2016年オランダ,ベルギー,ルクセンブルク映画。オランダに実在した、フェルメールの贋作家として名高い画家H・ファン・メーヘレン。自身の才能を認めようとしない批評家への復讐から贋作に手を染めた彼の「限りなく真実に近い」とされる生涯を描いた歴史ドラマ。
監督:ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ 出演:ユルン・スピッツエンベルハー(ハン・ファン・メーヘレン)、リゼ・フェリン(ヨーランカ)、ルーラント・フェルンハウト(テオ)、ほか

「オランダの光」のネタバレあらすじ結末

オランダの光の紹介:2003年オランダ映画。フェルメールやレンブラントに代表されるオランダ絵画の光の表現、それはどのように生み出されたのか定点観測を通じて、古今の光を考える。
監督:ピーター=リム・デ・クローン 出演者:ジャームス・タレル、ほか

「マスカラ」のネタバレあらすじ結末

マスカラの紹介:1987年オランダ映画。嫉妬に狂っていく異常な愛を、美しくもおぞましく描いたサスペンス作品。ギャビーとバートは互いに信頼し合う仲の良い姉弟。特にバートは姉を幸せにしようと常に心を砕いて来た。趣味のオペラ鑑賞に出かけた2人は、オペラ座の衣装デザイナー・クリスと知り合う。ギャビーとクリスが恋仲に発展すると、バートは次第に嫉妬に駆られ凶行に及ぶようになる。
監督:パトリック・コンラッド 出演者:シャーロット・ランプリング(ギャビー)、マイケル・サラザン(バート)、デレク・デ・リント(クリス)、ロミー・ハーグ(ラナ)、エヴァ・ロビンス(ペパー)ほか

「静かなる恐怖」のネタバレあらすじ結末

静かなる恐怖の紹介:2015年オランダ映画。20年前に起きた親友の失踪事件を追う女性が、当時の同級生の男性と関係を持ったことから、記憶の底に封印された真実が浮かび上がる。しかしその真実は再び沈められ、永遠の闇に葬られる。
監督:メノ・メイエス 出演:テクラ・ロイテン(サビーン)、ダーン・スクールマンス(オラフ)、Marie-Mae van Zuilen(若い頃のサビーン)、Daantje Idelenburg(イザベル)、ミーロン・ウォウツ(若い頃のオラフ)、ほか

「ロイヤル・コンセルトヘボウ」のネタバレあらすじ結末

ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来るの紹介:2014年オランダ映画。世界を巡るオランダ王室御用達のオーケストラ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。クラシックとは何か、音楽とは何か、彼らの自由な活動と共に見つめる。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団や、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と肩を並べる管弦楽団の、創立125周年記念である2013年に行われたワールドツアーの様子を映し出す。
監督:エディ・ホニグマン 出演:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

「ザ・バニシング 消失」のネタバレあらすじ結末

ザ・バニシング-消失-の紹介:1988年オランダ,フランス映画。ある日、旅行中に突然姿を消したサスキア。恋人のレックスは彼女を捜すうちに執念の虜になり次第に精神を追い詰められていく。一方、レイモンは自分の異常性と正常性を立証するために、ある「実験」を行う。2人の男が対峙し運命は絶望と恐怖へと導かれる。1993年には監督自身の手によりジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック主演でハリウッド・リメイクされている作品。日本ではこれまで劇場未公開だったが、2019年4月12日から劇場公開が実現した。
監督:ジョルジュ・シュルイツァー 出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー(レイモン・ルモン)、ジーン・ベルヴォーツ(レックス・ホフマン)、ヨハンナ・テア・ステーゲ(サスキア・ワグター)ほか

「ビッチ・ホリデイ」のネタバレあらすじ結末

ビッチ・ホリデイの紹介:2018年デンマーク,オランダ,スウェーデン映画。ギャングファミリーのボス・マイケルと愛人サーシャは、ファミリーとともにリゾート地でバカンスを過ごす。贅沢なヴィラに豪華なパーティ。サーシャには高価なプレゼントまで用意されたが、セレブレティな日々と引き換えに、マイケルから身体を弄ばれ、まるでモノのような扱いを受けている。拝金主義と暴力に支配されても人が羨むような贅沢な生活はやめられない。そこへふとしたきっかけで知り合った好青年トーマス。サーシャは次第に好意を抱くようになりマイケルとの関係に変化が出てくる。脚本家ヨハネス・オルグレンの実体験をもとにした物語。性と暴力に支配された拝金主義的な女性の行く末を描く。2018年サンダンス映画祭審査員大賞ドラマ部門にノミネートを果たした。
監督:イザベラ・エクロフ 出演:ヴィクトリア・カルメン・ソンネ(サーシャ)、ライ・イェダ(マイケル)、タイス・ローマー(トーマス)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑