オランダ映画一覧

オランダ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめオランダ映画から、最新映画まで様々なジャンルのオランダ映画を紹介しています。

「コレクター 暴かれたナチスの真実」のネタバレあらすじ結末

コレクター 暴かれたナチスの真実の紹介:2016年オランダ映画。オランダのジャーナリスト、ハンス・クノープが第二次世界大戦中にナチス将校と結託してユダヤ人から財宝を巻き上げていた大富豪を追い詰めていく実話を基に制作された歴史サスペンスです。本国オランダではテレビのミニシリーズとして放映され、2017年オランダ映画祭でテレビドラマ部門の最優秀賞を受賞しています。
監督:ティム・オリーフーク 出演者:ヒィ・クレメンス(ハンス・クノープ)、アウス・フレイダヌス(ピーター・メンテン)、アリアン・フォッベン(若き日のピーター・メンテン)、ノーチェ・ヘルラール(ベティ・クノープ)、カリーヌ・クルツェン(メタ・メンテン)、カミラ・モイラー(エリザベス・メンテン)、ヴィンセント・リンソースト(ヘンク・デメスター)ほか

「BOYS/ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

BOYS/ボーイズの紹介:2014年オランダ映画。2020年日本公開。陸上部でリレーの選手として選ばれた高校生シーヘル。チャンピオンシップ大会の強化チームで同じく選手として選ばれた少年マークと出会う。チームのメンバーとして毎日接していくうちに、シーヘルの中にマークへの特別な感情が芽生えはじめる。思春期を迎えた少年たちの恋愛模様を描く。オランダでテレビ映画として製作され大反響を呼んだため急遽劇場公開された話題作。オランダ映画祭ではオランダ映画批評家賞と最優秀助演男優賞の2冠に輝いた作品。
監督:ミーシャ・キャンプ 出演:ヘイス・ブローム(シーヘル)、コ・サンドフリット(マーク)、トン・カス(シーヘルの父/テオ)、フェルディ・ストフミール(コーチ)、ジョナス・スムルデルス(シーヘルの兄/エディ)、ステイン・タヴェルネ(ステフ)ほか

「ビヨンド・ザ・スピード」のネタバレあらすじ結末

ビヨンド・ザ・スピードの紹介:2017年ベルギー,フランス,オランダ映画。『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)でパルム・ドールを受賞したアデル・エグザルコプロスと『リリーのすべて』のマティアス・スーナールツがダブル主演を務めた、ロマンス要素も加わったクライム・サスペンス作品です。女性レーサーが愛した自称・貿易商の男の正体は何とプロの強盗でした。男は彼女と結ばれるために次の仕事を最後に犯罪から足を洗うと誓いますが、その先には予想だにしない驚愕の展開が待ち受けていました…。劇中に登場するポルシェやアウディ、インプレッサなどのカーアクションにも注目です。
監督:ミヒャエル・R・ロスカム 出演:アデル・エグザルコプロス(ベネディクト・“ビビ”・デラニー)、マティアス・スーナールツ(ジノ・“ジジ”・ヴァノワビーク)、エリク・ド・スタエルケ(フレディ・デラニー)、ディミトリー・ルーブリー(マトン)、チャーリー・パストルーズ(コミセール・ド・クール)、ケレム・キャン(ベズネ)、サム・ルーウィック(刑務所長)ほか

「ナチスの愛したフェルメール」のネタバレあらすじ結末

ナチスの愛したフェルメールの紹介:2016年オランダ,ベルギー,ルクセンブルク映画。オランダに実在した、フェルメールの贋作家として名高い画家H・ファン・メーヘレン。自身の才能を認めようとしない批評家への復讐から贋作に手を染めた彼の「限りなく真実に近い」とされる生涯を描いた歴史ドラマ。
監督:ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ 出演:ユルン・スピッツエンベルハー(ハン・ファン・メーヘレン)、リゼ・フェリン(ヨーランカ)、ルーラント・フェルンハウト(テオ)、ほか

「オランダの光」のネタバレあらすじ結末

オランダの光の紹介:2003年オランダ映画。フェルメールやレンブラントに代表されるオランダ絵画の光の表現、それはどのように生み出されたのか定点観測を通じて、古今の光を考える。
監督:ピーター=リム・デ・クローン 出演者:ジャームス・タレル、ほか

「マスカラ」のネタバレあらすじ結末

マスカラの紹介:1987年オランダ映画。嫉妬に狂っていく異常な愛を、美しくもおぞましく描いたサスペンス作品。ギャビーとバートは互いに信頼し合う仲の良い姉弟。特にバートは姉を幸せにしようと常に心を砕いて来た。趣味のオペラ鑑賞に出かけた2人は、オペラ座の衣装デザイナー・クリスと知り合う。ギャビーとクリスが恋仲に発展すると、バートは次第に嫉妬に駆られ凶行に及ぶようになる。
監督:パトリック・コンラッド 出演者:シャーロット・ランプリング(ギャビー)、マイケル・サラザン(バート)、デレク・デ・リント(クリス)、ロミー・ハーグ(ラナ)、エヴァ・ロビンス(ペパー)ほか

「静かなる恐怖」のネタバレあらすじ結末

静かなる恐怖の紹介:2015年オランダ映画。20年前に起きた親友の失踪事件を追う女性が、当時の同級生の男性と関係を持ったことから、記憶の底に封印された真実が浮かび上がる。しかしその真実は再び沈められ、永遠の闇に葬られる。
監督:メノ・メイエス 出演:テクラ・ロイテン(サビーン)、ダーン・スクールマンス(オラフ)、Marie-Mae van Zuilen(若い頃のサビーン)、Daantje Idelenburg(イザベル)、ミーロン・ウォウツ(若い頃のオラフ)、ほか

「ロイヤル・コンセルトヘボウ」のネタバレあらすじ結末

ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来るの紹介:2014年オランダ映画。世界を巡るオランダ王室御用達のオーケストラ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。クラシックとは何か、音楽とは何か、彼らの自由な活動と共に見つめる。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団や、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と肩を並べる管弦楽団の、創立125周年記念である2013年に行われたワールドツアーの様子を映し出す。
監督:エディ・ホニグマン 出演:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

「ザ・バニシング 消失」のネタバレあらすじ結末

ザ・バニシング-消失-の紹介:1988年オランダ,フランス映画。ある日、旅行中に突然姿を消したサスキア。恋人のレックスは彼女を捜すうちに執念の虜になり次第に精神を追い詰められていく。一方、レイモンは自分の異常性と正常性を立証するために、ある「実験」を行う。2人の男が対峙し運命は絶望と恐怖へと導かれる。1993年には監督自身の手によりジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック主演でハリウッド・リメイクされている作品。日本ではこれまで劇場未公開だったが、2019年4月12日から劇場公開が実現した。
監督:ジョルジュ・シュルイツァー 出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー(レイモン・ルモン)、ジーン・ベルヴォーツ(レックス・ホフマン)、ヨハンナ・テア・ステーゲ(サスキア・ワグター)ほか

「ブラックブック」のネタバレあらすじ結末

ブラックブックの紹介:2006年オランダ,ドイツ,イギリス,ベルギー映画。第二次世界大戦中のナチス占領下のオランダ。何者かの陰謀により家族を殺害され、レジスタンスの一員となったユダヤ人女性エリス。スパイとしてナチス党本部に潜入したエリスは陰謀に隠された真実を知る。「氷の微笑」のポール・バーホーベン監督が描くサスペンス映画です。
監督:ポール・バーホーベン 出演者:カリス・ファン・ハウテン(ラヘル・シュタイン/エリス・デ・フリース)、トム・ホフマン(ハンス・アッカーマン)、セバスチャン・コッホ(ルドウィグ・ムンツェ)、デレク・デ・リント(ヘルベン・カイパース)、ハリナ・ライン(ロニー)、ワルデマー・コブス(ギュンター・フランケン)、ミヒウ・ハウスマン(ロブ)、ドルフ・デ・ヴリーズ(公証人スマール)、ピーター・ブロック(ファン・ハイン)、ディアーナ・ドーベルマン(スマール夫人)、クリスチャン・ベルケル(カウトナー将軍)、ほか

「シー・トレマーズ」のネタバレあらすじ結末

シー・トレマーズの紹介:2010年オランダ,インドネシア映画。古生物学の研究者であるスカイラーは、船の所有者ジャックとともに北スマトラ沖へ新生物の発見のため向かっていた。ジャックの知人の性悪の男たちに働かされていたタマールを亡くなった娘に重ね、スカイラーは彼を救出しようとするが、謎の巨大生物が2人を襲う…。
監督:ブライアン・ユズナ 出演:マイケル・パレ(ジャック)、ジャナ・ファサート(スカイラー・シェーン)、フランシス・マギー(ジミー)、モニカ・サヤンバティ(タマール)、フランシス・バスコ(ハリス)、ヴェルディ・ソライマン(アンディ)、ほか

「悪魔の毒々おばあちゃん」のネタバレあらすじ結末

悪魔の毒々おばあちゃんの紹介:1988年ベルギー,フランス,オランダ映画。二人の老婆の誕生日パーティーが大きな屋敷で開かれることになり、大勢の親族が集まりました。みんな財産目当てで盛り上がっていた時、絶縁された家族からの贈り物が届き、箱を開けると老婆二人に悪魔が乗り移り、親族を次々殺し始めました・・・・という内容のスプラッターホラー映画です。ホラー全盛の80年代の作品で、低予算で過激な作品ばかり送り出していたトロマ社の配給映画です。
監督:エマニュエル・ケルヴィン 出演者:カトリーヌ・エイメリー(ヘレン)、カロリーヌ・ブラックマン(スージー)、ロバート・デュボア(司祭)、リシャール・コティカ(ギルバート)、ダニー・デイヴン(エリザベス)、パトリシア・ダヴィア(アリス)ほか

「フランコフォニア ルーヴルの記憶」のネタバレあらすじ結末

フランコフォニア ルーヴルの記憶の紹介:2015年フランス,ドイツ,オランダ映画。ルーヴル美術館の映画作成に想いを馳せるアレクサンドルは、ロシアからの目線でルーヴルと美術をめぐる歴史を俯瞰する。ルーヴル美術館に刻まれた芸術の歴史と人類の戦争に迫る。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:ルイ=ド・ドゥ・ランクザン(ジャック・ジョジャール)、ベンヤミン・ウッツェラート(ヴォルフ・メッテルニヒ伯爵)、ヴィンセント・ネメス(ナポレオン)、ジョアンナ・コータルス・アルテ(マリアンヌ)、ほか

「マゴニア」のネタバレあらすじ結末

マゴニアの紹介:2001年オランダ映画。マゴニアを舞台に、とある少年が父から聞かされる物語は、船乗りの縄結びのように自在に場所や人物が変化する。三つの物語と、少年と父の語らい。アルチュール・ジャピンが1996年に発表した短篇小説「マゴニア・ストーリーズ」を脚色して映画化。
監督:イネケ・スミツ 出演:ウィレム・フォーフト(息子)、ディルク・ローフトホーフト(父親)、ラムゼイ・ナスル(青年メメド)、ナト・ムルバニゼ(老師に仕える女イルクヌール)、ノダル・ムガロブリシヴィリ(老師アブドゥル・アブドラン)、アミラン・アミラナシヴィリ(公衆浴場の旦那/ハダス)、リンダ・ファン・ダイク(外交官の妻ゾエ)、テオフィル・ソウイエ(老人の息子アキム)、アダマ・クヤテ(老人)、ピーター・ボルフェイス(外交官サム)、アンチュ・ドゥ・ブック(ヨセ)、ヒールト・フーナーツ(若き設計士アレント)、フィリップ・ファン・デ・ブーガールト(オレ)、ヤック・ワウテルセ(酒場の店主)、ほか

「サイレントナイト」のネタバレあらすじ結末

サイレントナイトの紹介:2006年オランダ映画。7人の幼馴染の男女が、大人になり再会し旅行に行きました。途中の森でキャンプファイアーをしていると、狂暴な犬に襲われ、逃げ込んだ一軒家で恐怖の体験をするというオカルトホラー映画です。サム・ライミ監督の『死霊のはらわた』の影響を受けたという作品ですが、内容は別物です。
監督:アーヴィング・ヴァン・デン・エショフ 出演者:エベロン・ジャクソン・ホーイ(クリス)、ミカ・ハルショフ(ティム)、ヴィクトリア・コブレンコ(ローラ)、アニエック・フェイファー(バーバラ)、アラム・ヴァン・デ・レスト(ベン)、テレンス・シュレアース(ジョリーン)、マッズ・ウィターマンス(シ)、アルウェン・タルナー(メアリー)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑