泣ける・感動映画一覧

「私の中のあなた」のネタバレあらすじ結末

私の中のあなたの紹介:2009年アメリカ映画。白血病の姉のドナーになるために生まれてきた主人公の姿を通して、命の重みや家族愛を描いた感動作。すれ違いながらも、お互いを思いあう家族の深い愛に涙がとまらなくなります。
監督:ニック・カサヴェテス 出演者:キャメロン・ディアス(サラ)、アビゲイル・ブレスリン(アナ)、ソフィア・ヴァジリーヴァ(ケイト)、ジェイソン・パトリック(ブライアン)ほか

「うさぎドロップ」のネタバレあらすじ結末

うさぎドロップの紹介:2011年日本映画。祖父の葬式に実家に帰って祖父に隠し子の6歳の女の子りんがいたことを知るダイキチ。親族は皆口々にその子のことを厄介そうに話す。いたたまれなくなったダイキチは自分が育てることにする。一人暮らしの会社員のダイキチが6歳の子を育てるのは生易しいことではなかったが、様々な問題を乗り越えて、りんとダイキチは絆を深めていく。
監督: SABU 出演:松山ケンイチ(河地ダイキチ)、香里奈(二谷ゆかり)、芦田愛菜(鹿賀りん)、桐谷美玲(河地カズミ)、キタキマユ(吉井正子)、佐藤瑠生亮(二谷コウキ)、木村了(鈴木雄一)、綾野剛(キョウイチ)、高畑淳子(杉山由美子)、池脇千鶴(後藤由起)、風吹ジュン(河地良恵)、中村梅雀(河地実)、

「ボーイズ・ドント・クライ」のネタバレあらすじ結末

ボーイズ・ドント・クライの紹介:1999年アメリカ映画。アメリカのネブラスカ州でブランドンティーナ氏が殺害された実際の出来事を元に映画化した作品で、出演したヒラリースワンクはアカデミー主演女優賞を獲得しました。
監督:キンバリー・ピアース 出演:ヒラリー・スワンク(ブランドン・ティーナ)、クロエ・セヴィニー(ラナ)、ピーター・サースガード(ジョン)ほか

「I am Sam アイ・アム・サム」のネタバレあらすじ結末

I am Sam アイ・アム・サムの紹介:2001年アメリカ映画。ショーンペンが知的障害者を演じた心温まる作品で、アカデミー賞にノミネートされるだけでなく、多くの映画賞を受賞していきました。
監督:ジェシー・ネルソン 出演:ショーン・ペン(サム・ドーソン)、ミシェル・ファイファー(リタ・ハリソン)、ダコタ・ファニング(ルーシー・ダイヤモンド・ドーソン)、ダイアン・ウィースト(アニー)、ロレッタ・ディヴァイン(マーガレット)、リチャード・シフ(ターナー)ほか

「レオン(オリジナル版)」のネタバレあらすじ結末

LEON レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。孤独な殺し屋と家族を失った少女の二人の間に生まれる純愛と、バイオレンス・アクションを描いた作品。日本でのキャッチコピーは「凶暴な純愛」。世界的に大ヒットとなり、リュック・ベッソン監督の代表作となりました。主演を務めたジャン・レノの出世作でもあり、この作品が映画デビューとなったナタリー・ポートマンも脚光を浴びました。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「八日目の蝉」のネタバレあらすじ結末

八日目の蝉(ようかめのせみ)の紹介:2011年日本映画。恋人の子供を誘拐してしまった希和子。誘拐犯でありながら子供を実の子のように愛情をかけ育て、子供もまた21年たってからその愛に気付く悲しい愛の物語。直木賞作家・角田光代のベストセラー小説が原作の映画です。キャッチフレーズは「どしゃぶりの雨の中で起きた誘拐事件。犯人は父の愛人。連れ去られたのは、私。私はその人を、本当の『母』だと信じて生きてきた」、キャッチコピーは「優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした」です。2012年第35回日本アカデミー賞最優秀作品賞・監督賞・主演女優賞ほか10部門を受賞した作品です。
監督:成島出 出演:井上真央(秋山恵理菜=薫)、永作博美(野々宮希和子)、小池栄子(安藤千草)、森口瑤子(秋山恵津子)、田中哲司(秋山丈博)、渡邉このみ(秋山恵理菜=薫(少女時代))、市川実和子(沢田久美(エステル))ほか

「世界の中心で、愛をさけぶ」のネタバレあらすじ結末

映画 世界の中心で、愛をさけぶの紹介:2004年日本映画。白血病を患わった女子高生とその恋人の、悲しい純愛を描いたラブストーリー。片山恭一のベストセラー小説が原作となっていますが、オリジナルストーリーも加えられているため、小説を読んだことのある人にも楽しめる内容となっています。
監督:行定勲 出演:大沢たかお(松本朔太郎)、柴咲コウ(藤村律子)、長澤まさみ(広瀬亜紀)、森山未來(サク・高校時代の朔太郎)、山崎努(重蔵)、宮藤官九郎(大木龍之介)、津田寛治(ジョニー)、高橋一生(高校時代の龍之介)、菅野莉央(少女時代の律子)、杉本哲太(亜紀の父)、古畑勝隆(高校時代のジョニー)ほか

「恋空」のネタバレあらすじ結末

恋空(こいぞら)の紹介:2007年日本映画。あの時出会わなければ、何事もなく過ぎるはずだった高校生活。一生一緒にいたいと決めたけれど、そう思った時には遅かった…。忘れることのできない恋を描いた物語。恋空は携帯Webサイトに掲載された小説が評判になり書籍化、そして映画化されました。女子高校生があらゆる壁を乗り越えながら、一人の男性を愛し続ける物語で、展開にスピード感があり、見ている方は終始ハラハラさせられる展開になっています。恋空は多くの女子高生が涙を流した映画とも言われています。
監督:今井夏木 出演:新垣結衣(田原美嘉)、三浦春馬(桜井弘樹 / ヒロ)、小出恵介(福原優)、香里奈(ミナコ)、臼田あさ美(咲)、中村蒼(ノゾム)、波瑠(亜矢)、深田あき(田原さおり)、山本龍二(桜井博一)、麻生祐未(桜井明美)、高橋ジョージ(田原勝治)、浅野ゆう子(田原安江)、ほか

「レオン 完全版」のネタバレあらすじ結末

レオン 完全版の紹介:1994年アメリカ映画。孤独な殺し屋レオンと家族の愛に飢えた少女が、少女の家族が麻薬密売組織に皆殺しにあったのをきっかけに知り合い、一緒に復讐への道を歩むうちに互いを大事な存在だと思うようになる。
監督:リュック・ベンソン 出演:ジャン・レノ(レオン)、ナタリー・ポートマン(マチルダ)、ダニー・アイエロ(トニー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンフィールド)ほか

「あらしのよるに」のネタバレあらすじ結末

あらしのよるにの紹介:2005年日本アニメ映画。あらしのよるには、木村裕一による絵本の題名または同作を端緒とするシリーズを原作とした映画です。構成は絵本の7エピソードから成り立ちます。登場人物はすべて動物ですが、人間らしい友情を動物に投影させて、みずみずしく描いている作品です。立場の違った者同志の友情は見ているものを時折涙させます。
監督:杉井ギサブロー 出演:中村獅童(ガブ)、成宮寛貴(メイ)、竹内力(ギロ)、山寺宏一(バリー)、加瀬康之(ガリー)ほか

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」のネタバレあらすじ結末

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~の紹介:2013年イギリス映画。主人公ティムは21歳を迎えると自分にタイムトラベル能力があることを知り、歴史は変えられないが自分の人生に起きることを変えることができる。タイムトラベルで何が自分にとって大切かを再確認していく物語。
監督:リチャード・カーティス 出演: ドーナル・グリーソン(ティム)、レイチェル・マクアダムス(メアリー)、ビル・ナイ(ティムの父親)、トム・ホランダー(ハリー)、マーゴット・ロビー(シャーロット)、リンゼイ・ダンカン(ティムの母親)ほか

「タイタニック」のネタバレあらすじ結末

タイタニックの紹介:1997年アメリカ映画。タイタニック号が沈没して84年の歳月が過ぎた。タイタニック号と共に沈んだとされるダイヤモンド「碧石のハート」の捜索のために、海底深く沈んでしまったタイタニック号の調査が行われていた。しかし、タイタニック号から出てきたのは皆が待ち望んだダイヤではなく、その身にダイヤを付けた女性の絵だった。この女性の絵画の発見をテレビを通して伝えると、一人の老女から「その絵のモデルは私よ」という連絡が入り、その老女の口からタイタニック沈没の過程にあった誰も知らない話が始まることとなる…。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)、ケイト・ウィンスレット(ローズ)、キャシー・ベイツ(モリー・ブラウン)、バーナード・ヒル(エドワード・J・スミス船長)、ヴィクター・ガーバー(トーマス・アンドリュース)、グロリア・スチュアート(ローズ・カルバート(現代))ほか

「ベンジャミンバトン 数奇な人生」のネタバレあらすじ結末

ベンジャミン・バトン 数奇な人生の紹介:2008年アメリカ映画。80歳の老人の状態で生まれたベンジャミンバトンは、年を追うごとに若返っていく数奇な運命を背負いながら、愛する人と逆向する時間を懸命に生きるという、ファンタジックなラブストーリードラマ映画です。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット(ベンジャミン・バトン)、ケイト・ブランシェット(デイジー)、ティルダ・スウィントン(エリザベス・アボット)、ジェイソン・フレミング(トーマス・バトン)、イライアス・コティーズ(ガトー)、ジュリア・オーモンド(キャロライン)、エル・ファニング(デイジー 幼少期)、タラジ・P・ヘンソン(クイニー)、フォーン・A・チェンバーズ(ドロシー・ベイカー)、ジョーアンナ・セイラー(キャロライン・バトン)、マハーシャラルハズバズ・アリ(ティジー)、ジャレッド・ハリス(マイク船長)、ほか

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のネタバレあらすじ結末

ダンサー・イン・ザ・ダークの紹介:2000年デンマーク映画。1960年代アメリカ。遺伝性の病気で視力が徐々に失われていく主人公が同じような病気になるかもしれない息子のために懸命に働き、手術代を稼いでいくという話。主人公セルマを演じるビョークの美しい歌声に対比するかのように畳み掛けるような不幸がセルマに降りかかるのが印象的な作品です。ダンサーインザダークでは歌手ビョークが主役をつとめ、その美しい音楽と、ストーリーの救いのなさ、衝撃的な結末ゆえに賛否両論が起きた問題作。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演者:ビョーク(セルマ)、カトリーヌ・ドヌーブ(キャシー)、デヴィッド・モース(ビル)、ピーター・ストーメア(ジェフ)、ヴラディカ・コスティック(ジーン)、ほか

「きみに読む物語(2004)」のネタバレあらすじ結末

きみに読む物語の紹介:2004年アメリカ映画。彼女を愛する一人の男の力によって病を克服する奇跡の愛の物語。1996年ニコラス・スパークスの小説を映画化。家族と夏を過ごすためノースカロライナにやって来たアリーはノアから熱烈なアプローチを受け、やがて愛し合うようになる。
監督:ニック・カサヴェテス 出演:ライアン・ゴズリング(ノア)、レイチェル・マクアダムス(アリー・ハミルトン)、ジーナ・ローランズ(アリー・カルフーン)、ジェームズ・ガーナー(デューク)、ジョーン・アレン(アン・ハミルトン)、ジェームズ・マースデン(ロン)ほか

1 2 3 4 5 6 7

キーワードから探す

TOP↑