渡哲也映画一覧

渡哲也が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「仁義の墓場」のネタバレあらすじ結末

仁義の墓場の紹介:1975年日本映画。少年時代に組の門を叩いた石川力夫は、成長するにつれ、兄貴分や親分の言う事を聞かなくなり、最後には親分に対して刃物で切り付けてしまい、10年間の関東所払いになりました。しかし1年足らずで東京に戻ってきた石川はヤク中になり、さらに狂暴になっていました…という、実在したヤクザ『石川力夫』の、義理も仁義も無視した半生を描いた実録物です。
監督:深作欣二 出演者:渡哲也(石川力夫)、梅宮辰夫(今井幸三郎)、多岐川裕美(石川地恵子)、芹明香(大阪の娼婦)、池玲子(今井照子)、山城新伍(田村卓司)、室田日出男(吉岡安夫)、成田三樹夫(梶木昇)、田中邦衛(小崎勝次)、ハナ肇(河田徹)、安藤昇(野津喜三郎)ほか

「新宿アウトロー ぶっ飛ばせ」のネタバレあらすじ結末

新宿アウトロー ぶっ飛ばせの紹介:1970年日本映画。死神の異名を持つ西神勇次が刑務所から出所すると、松方直という男が待っていました。直はヤクザにだまし取られた3000万円を取り戻すために、勇次に協力してほしいと頼みました…という内容の、青春アウトロー映画です。日活が渡哲也を主役にしたシリーズ作品の一本です。
監督:藤田敏八 出演者:渡哲也(西神勇次)、原田芳雄(松方直)、梶芽衣子(笑子)、成田三樹夫(サソリ)、今井健二(湯浅)、沖雅也(力哉)ほか

「東京流れ者」のネタバレあらすじ結末

東京流れ者の紹介:1966年日本映画。作曲者不詳の伝承歌『東京流れ者』をモチーフに、川内康範の原作・脚本で製作された任侠歌謡映画です。裏社会から足を洗おうと決心しながらもヤクザの世界から逃れられず翻弄され続ける男の生きざまを描きます。
監督:鈴木清順 出演者:渡哲也(本堂哲也)、松原智恵子(千春)、川地民夫(辰造)、二谷英明(相沢健次)、浜谷智子(睦子)、玉川伊佐男(梅谷)、江角英明(大塚)、日野道夫(吉井)、北竜二(倉田)ほか

「日本侠花伝」のネタバレあらすじ結末

日本侠花伝の紹介:1973年日本映画。大正時代を舞台に、男勝りの女侠客が幾多の男との出逢いを通じて激動の時代を激しくたくましく生き抜く姿をエロスも交えて二部構成で描いた大作任侠ドラマです。
監督:加藤泰 出演者:真木洋子(近藤ミネ)、渡哲也(田中清次郎)、藤原釜足(近藤鶴吉)、村井国夫(大浜実)、曽我廼家明蝶(長田金造)ほか

「嵐を呼ぶ男」のネタバレあらすじ結末

嵐を呼ぶ男の紹介:1957年日本映画。石原裕次郎の代表作のひとつで、主題歌も大ヒットを記録した作品です。ドラマーを目指す若者とその弟の恋愛や葛藤を描いています。後に渡哲也や近藤真彦主演でリメイクされています。
監督:井上梅次 出演者:石原裕次郎(国分正一)、北原三枝(福島美弥子)、芦川いづみ(島みどり)、金子信雄(左京徹)、青山恭二(国分英次)ほか

「長崎ぶらぶら節」のネタバレあらすじ結末

長崎ぶらぶら節の紹介:2000年日本映画。長崎県長崎市に伝わる民謡「長崎ぶらぶら節」を題材とした、なかにし礼の小説が原作。その民謡を研究する古賀と、それに協力する芸者愛八を中心とした物語。
監督:深町幸男 出演:吉永小百合(愛八)、渡哲也(古賀十二郎)、原田知世(梅次)、高島礼子(米吉)、永島敏行(三発山大五郎)、ほか

「男たちの大和 YAMATO」のネタバレあらすじ結末

男たちの大和 YAMATOの紹介:2005年日本の戦争映画で、終戦60周年を記念して制作されました。辺見じゅんよる『決定版 男たちの大和』を原作にとしています。太平洋戦争末期において、連合国軍による沖縄諸島侵攻を食い止めるための菊水作戦における戦艦大和の乗組員の生き様が描かれた作品です。
監督:佐藤純彌 出演: 反町隆史( 森脇庄八)、中村獅童(内田守)、松山ケンイチ(神尾克己)、内野謙太(西哲也)、渡哲也(伊藤整一)、余貴美子(サヨ)、鈴木京香(内田真貴子)、仲代達矢(現代:神尾克己)ほか

TOP↑