ターミネーター:ニュー・フェイト(原題: Terminator: Dark Fate ダークフェイト)の紹介:2019年アメリカ映画。「審判の日」を回避したはずの世界で、未来の人類は新たな敵によって危機を迎えていた。アクション映画の革命作として世界を騒然とさせた『ターミネーター(1984年)』。 そして7年後、バージョンアップを遂げ社会現象を起こした『ターミネーター2(1991年)』。本作ニュー・フェイトはそのターミネーター2の正統な続編となる物語。今回の敵は予想をはるかに超える能力を備えた最新型ターミネーター“REV-9”、同じく未来から送り込まれてきた強化型兵士のグレースが加わり、驚愕のドラマが展開されていく。ターミネーターの生みの親、ジェームズ・キャメロンが製作に復帰し、リンダ・ハミルトンがサラ・コナー役として28年振りに出演、ジョン・コナー役のエドワード・ファーロングが出演することなどが話題になっている。
製作:ジェームズ・キャメロン 監督:ティム・ミラー  出演:リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、マッケンジー・デイヴィス(グレース)、ナタリア・レイエス(ダニー・ラモス)、ガブリエル・ルナ(REV-9)、ディエゴ・ボネータ(ディエゴ・ラモス)、エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)ほか