映画

映画のあらすじと結末までのネタバレをまとめて解説している映画一覧です。作品に込められたメッセージや意味の紹介など、あらすじだけではなく解釈についての内容も含んでいます。シリーズ映画の復習や過去に見た映画だけどストーリーやラストを忘れてしまった時にダイジェストでご覧いただけます。映画のあらすじを結末まで解説していますのでネタバレに注意してご覧ください。

「宇宙からの脱出」のネタバレあらすじ結末

宇宙からの脱出の紹介:1969年アメリカ映画。人類の夢と希望を託し打ち上げられた宇宙船の故障で、宇宙に取り残された3人の宇宙飛行士たちの救出作戦の緊迫した様子や宇宙計画の非情な現実を描いています。ちなみに日本での公開直後、偶然にもアポロ13号(後に映画化)の事故が発生しています。監督は「大脱走」などで知られるJ・スタージェス。G・ペック、G・ハックマンなど、豪華はキャスティングです。第42回アカデミー特殊視覚効果賞を受賞。
監督:ジョン・スタージェス 出演者:グレゴリー・ペック(チャールズ・キース)、リチャード・クレンナ(ジム・プルイット)、デヴィッド・ジャンセン(テッド・ドゥハティ)、ジーン・ハックマン(バズ・ロイド)、ジェームズ・フランシスカス(クレイトン・ストーン)ほか

「ボーイズ・オン・ザ・サイド」のネタバレあらすじ結末

ボーイズ・オン・ザ・サイドの紹介:1995年アメリカ映画。人生をやり直すため西海岸へ向かう旅に出た女性達の友情を描いたロードムービー。人生に迷い、苦悩を抱える三人の女性がぶつかり合いながらも絆を深めていく様子が感動的に描かれた映画です。
監督:ハーバート・ロス 出演者:ウーピー・ゴールドバーグ(ジェーン)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ロビン)、ドリュー・バリモア(ホリー)、マシュー・マコノヒー(エイブ)、アニタ・ジレット(エレーン)

「アイヒマンを追え!」のネタバレあらすじ結末

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の紹介:2016年ドイツ映画。第2次世界大戦後戦後、海外逃亡したナチスの最も悪名高き大物戦犯アドルフ・アイヒマンに法の裁きを下すため、ユダヤ人検事長フリッツ・バウアーは執念の捜索を続けます。様々な困難にぶち当たりながらも、正義を貫くバウアーの姿を描いた実録ドラマです。バウアーを演じたB・クラウスナーの熱演が光ります。
監督:ラース・クラウメ 出演者:ブルクハルト・クラウスナー(フリッツ・バウアー)、ロナルト・ツェアフェルト(カール・アンガーマン)、ミヒャエル・シェンク(アドルフ・アイヒマン)、ゼバスティアン・ブロンベルク(ウルリヒ・クライトラー)ほか

「エンカウンター 地球外侵略者」のネタバレあらすじ結末

エンカウンター 地球外侵略者の紹介:2017年アメリカ映画。7歳の誕生日に行方不明になった母親は、UFOに誘拐されたのではないか?という体験をしたドキュメンタリー作家のクリスは、エイリアン誘拐の真意を確かめるために、UFOが多数目撃されてきたニューメキシコ州ロズウェを訪れます。UFOに否定的な意見を持つクリスは、取材を進めていく内に想像を絶する体験をします。WOWOWでの2017年12月放送が日本初公開となります。
監督:フルヴィオ・セスティート 出演者:ライアン・カーンズ(クリス・ノートン)、ジョーダン・ヒンソン(エミリー)、クロード・デュアメル(ブレント)、ピーター・ストーメア(ピーター・ノートン)、ディー・ウォーレス(ルシール)ほか

「幼な子われらに生まれ」のネタバレあらすじ結末

幼な子われらに生まれの紹介:2017年日本映画。重松清の同名小説を、かねてから映画化の約束をしていた荒井晴彦の脚本により映画化したヒューマンドラマです。子連れ再婚したバツイチ同士の夫婦とその前の家族との心の葛藤を描きます。
監督:三島有紀子 出演者:浅野忠信(田中信)、田中麗奈(田中奈苗)、宮藤官九郎(沢田)、寺島しのぶ(友佳)、南沙良(薫)ほか

「魔の刻」のネタバレあらすじ結末

魔の刻(とき)の紹介:1985年日本映画。北泉優子の同名小説の映画化作品で、禁断の関係に陥ってしまった母と息子の愛と葛藤を描いた衝撃作です。岩下志麻と坂上忍の濡れ場が話題となりました。
監督:降旗康男 出演者:岩下志麻(水尾涼子)、坂上忍(水尾深)、岡本かおり(葉子)、伊武雅刀(片貝)、岡田裕介(花井)ほか

「大学の若大将」のネタバレあらすじ結末

大学の若大将の紹介:1961年日本映画。加山雄三の代名詞「若大将シリーズ」の第1作です。すき焼き屋の御曹司である大学生で水泳部の若大将が、恋に友情に青春にと奮闘します。
監督:杉江敏男 出演者:加山雄三(田沼雄一(若大将))、星由里子(中里澄子)、田中邦衛(石山新次郎(青大将))、有島一郎(田沼久太郎)、飯田蝶子(田沼りき)ほか

「二階の他人」のネタバレあらすじ結末

二階の他人の紹介:1961年日本映画。多岐川恭の短編小説の映画化作品で、山田洋次監督のデビュー作です。一軒家を買った若い夫婦が、住宅ローン返済のために二階を間貸ししようとしたことによる騒動を描いています。
監督:山田洋次 出演者:小坂一也(葉室正己)、葵京子(葉室明子)、高橋とよ(とみ)、野々浩介(鉄平)、穂積隆信(信哉)ほか

「あゝ野麦峠」のネタバレあらすじ結末

あゝ野麦峠の紹介:1979年日本映画。山本茂実のノンフィクション小説を元に映画化されたもので、明治時代末期の製糸工場で過酷な環境の中働く女性工員の姿を描いた作品です。
監督:山本薩夫 出演者:大竹しのぶ(政井みね)、原田美枝子(篠田ゆき)、三國連太郎(足立藤吉)、西村晃(政井友二郎)、地井武男(政井辰次郎)ほか

「くちづけ」のネタバレあらすじ結末

くちづけの紹介:2013年日本映画。宅間孝行脚本の舞台劇を映画化した作品で、余命宣告をされた父と、心の成長が止まった娘の愛情を描いた人間ドラマです。
監督:堤幸彦 出演者:貫地谷しほり(阿波野マコ)、竹中直人(阿波野幸助/愛情いっぽん)、宅間孝行(うーやん)、田畑智子(宇都宮智子)、橋本愛(国村はるか)ほか

「ル・アーヴルの靴みがき」のネタバレあらすじ結末

ル・アーヴルの靴みがきの紹介:2011年フィンランド,フランス,ドイツ映画。北フランスの小さな港町ル・アーヴルの裏通りを舞台にした、心温まる映画です。「心をみがけば、奇跡はおこる。」というキャッチコピーで、ヨーロッパの移民問題を、庶民の人情と善意とが手繰り寄せる奇跡を、優しくまたユーモラスに紡いだ社会派ヒューマン・ドラマの傑作です。第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でプレミア上映され、FIPRESCI賞を受賞しました。
監督:アキ・カウリスマキ 出演:アンドレ・ウィルム(マルセル・マルクス)、カティ・オウティネン(アルレッティ)、ジャン=ピエール・ダルッサン(モネ警視)、ブロンダン・ミゲル(イドリッサ)、エリナ・サロ(クレール)、ほか

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」のネタバレあらすじ結末

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争の紹介:2016年メキシコ,アメリカ映画。第二次世界大戦の最中。アメリカ西海岸の漁村に住むペッパー・バズビー少年は身長が低いことに悩みながらも、父の背中を追いかけ、家族4人楽しく暮らしていた。兄ロンドンが徴兵検査でひっかかるまでは…。兄の代わりに戦場へと赴いた父を取り戻すため、ペッパーは行動に出る。
監督:アレハンドロ・モンテベルデ 出演:ジェイコブ・サルヴァーティ(ペッパー・フリント・バズビー / リトル・ボーイ)、エミリー・ワトソン(エマ・バズビー)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(ハシモト)、マイケル・ラパポート(ジェイムズ・バズビー)、デヴィッド・ヘンリー(ロンドン・バズビー)、エドゥアルド・ベラステーギ(クリスピン司祭)、ほか

「星の王子さま」のネタバレあらすじ結末

星の王子さまの紹介:1974年イギリス映画。サハラ砂漠に小型飛行機が墜落してしまう。水も底を尽きかけ焦るパイロットの元に、荒野の真ん中にいるはずのない幼い「王子さま」が現れた。金の髪を揺らし、王子さまはこう言った、「ねえ、ヒツジの絵を描いて!」。
監督:スタンリー・ドーネン 出演:リチャード・カイリー(パイロット)、スティーヴン・ワーナー(王子さま)、ボブ・フォッシー(ヘビ)、ジョス・アックランド(王さま)、クライヴ・レヴィル(ビジネスマン)、ドナ・マッケニー(ばら)、ジーン・ワイルダー(キツネ)、ほか

「悪魔の毒々モンスター」のネタバレあらすじ結末

悪魔の毒々モンスターの紹介:1984年アメリカ映画。街のいじめられっこのメルビンが、度重なるいじめにパニックになり、窓から飛び降りた下にあった、核廃棄物に飛び込んだことから、メルビンは無敵の化け物に変身し街の悪者を次々倒し、一躍ヒーローになるというスプラッターアクションホラー映画です。
監督:ロイド・カウフマン、マイケル・ハーツ 出演者:マーク・トーグル(メルヴィン)、ミッチェル・コーエン(毒々モンスター)、アンドリー・マランダ(サラ)、ジェニファー・バプティスト(ワンダ)、シンディ・マニオン(ジュリー)ほか

「レイチェルの結婚」のネタバレあらすじ結末

レイチェルの結婚の紹介:2008年アメリカ映画。姉レイチェルの結婚式に出席するため、依存症治療施設から妹キムが帰ってくることに。幸せな結婚式になるはずが、姉妹と両親の消したい記憶がふつふつと蘇ってくる…。
監督:ジョナサン・デミ 出演:アン・ハサウェイ(キム)、ローズマリー・デウィット(レイチェル)、ビル・アーウィン(ポール)、トゥンデ・アデビンペ(シドニー)、マーサー・ジッケル(キーラン)、アンナ・ディーヴァー・スミス(キャロル)、アニサ・ジョージ(エマ)、ほか

1 2 3 4 5 367
TOP↑