コメディ映画のネタバレ

「ガンシャイ」のネタバレあらすじ結末

ガンシャイの紹介:2000年アメリカ映画。トラウマを抱えながらおとり捜査を続ける麻薬取締局の伝説的捜査官。死の恐怖に怯えながらも恋人やセラピー仲間の助けで切り抜けるまでを描いたコメディ。サンドラ・ブロックが製作・主演を兼ねる。
監督:エリック・ブレイクニー 出演:サンドラ・ブロック、リーアム・ニーソン、オリヴァー・プラット、ホセ・ズニーガ、リチャード・シフ、マイケル・デロレンツォ、ポール・ベン=ヴィクター、メアリー・マコーマック、ほか

「ヴィンセントが教えてくれたこと」のネタバレあらすじ結末

ヴィンセントが教えてくれたことの紹介:2014年アメリカ映画。酒とギャンブルが好きな上に偏屈な毒舌家のヴィンセントは、ひょんなことから隣に引っ越してきたシングルマザーの息子オリヴァーのシッターをすることになります。いじめられっ子のオリヴァーと嫌われ者のヴィンセントとの交流と成長をユーモラスに描いたハートウォーミング・ドラマ。
監督:セオドア・メルフィ 出演者:ビル・マーレイ(ヴィンセント)、メリッサ・マッカーシー(マギー)、 ジェイデン・リーベラー(オリヴァー)、ナオミ・ワッツ(ダカ)ほか

「コードネーム:ジャッカル」のネタバレあらすじ結末

コードネーム:ジャッカルの紹介:2012年韓国映画。ある日、伝説の殺し屋ジャッカルにトップスターのチェ・ヒョンが拉致されてしまいました。ジャッカルはチェ・ヒョンを殺そうとしますが、周囲の思惑など予測のつかない事態が次々起こり、事態は思わぬ方向に進んでいきます。JYJのジェジュンがチェ・ヒョンを演じ、女優のソン・ジヒョと共演しています。
監督:ぺ・ヒョンジュン 出演者:チェ・ヒョン(キム・ジェジュン)、ジャッカル / ボン・ミンジョン(ソン・ジヒョ)、マ班長(オ・ダルス)、シン警部(ハン・サンジン)、アンジェラ(キム・ソンリョン)ほか

「やるなら今しかない!」のネタバレあらすじ結末

やるなら今しかない!の紹介:2015年スペイン映画。アレックスは学生時代から好きだったエヴァとの結婚式のためスペインからイギリスへ家族と出発しようとしていたが、突然の空港ストライキを皮切りに想定外のトラブルに巻き込まれなかなかイギリスへ辿り着けない。すでにイギリスで式の準備を始めていたエヴァはアレックスの到着を待つが、エヴァにも想定外のトラブルが発生。2人は無事式を挙げることができるのか。
監督:クリスティーナ・コメンチーニ 出演者:ダニ・ロヴィラ(アレックス)、マリア・ヴァルヴェルデ(エヴァ)、ホーキン・ヌニェス(サンティアゴ)、アリシア・ルビオ(ベレン)、クララ・ラーゴ(タティアーナ(エヴァのいとこ))他

「神様はバリにいる」のネタバレあらすじ結末

神様はバリにいるの紹介:2014年日本映画。クロイワ・ショウ「出稼げば大富豪」を元としたバリ島に暮らしている日本人の大富豪が独創的な考え方で、嶋の人間や、周囲の人々の人生に影響していく。照川祥子が紺活ビジネスで失敗して借金を抱えてバリ島に逃げて来た時に、出会ったのが兄貴と呼ばれる怪しい男であった。しかし、兄貴は、バリ島の大富豪だった。彼のバリ島への愛と人間との係わり合いを見て、祥子の人生への考え方が変わっていく、人情コメディー映画。
監督:李闘士男 出演:堤真一(アニキ)、尾野真千子(照川祥子)、ナオト・インティライミ(杉田)、菜々緒(香奈)、玉木宏(リュウ)、ほか

「エイプリルフールズ」のネタバレあらすじ結末

エイプリルフールズの紹介:2015年日本映画。4月1日、エイプリルフールにいろんな場所でつかれた嘘が繋がって奇跡を起こします。戸田恵梨香、松坂桃李をはじめとする総勢27人の豪華な登場人物にも注目のエンターテイメントです。
監督:石川淳一 出演:戸田恵梨香(新田あゆみ)、松坂桃李(牧野亘)、ユースケ・サンタマリア(接客係)、小澤征悦(オーナーシェフ)、菜々緒(麗子)、戸次重幸(ある夫)、ほか

「新兵隊やくざ 火線」のネタバレあらすじ結末

新兵隊やくざ 火線の紹介:1972年日本映画。有馬頼義の小説「貴三郎一代」をベースにした「兵隊やくざ」シリーズ第9作目にして最終作ですが、前8作とは独立した内容です。中国大陸を舞台に、やくざ上がりの荒くれ兵士と名門出身のインテリ兵士が美貌の女スパイを巡って悪徳軍曹と対決します。
監督:増村保造 出演者:勝新太郎(大宮一等兵)、田村高廣(有田上等兵)、大楠道代(芳蘭)、大瀬康一(北井少尉)、宍戸錠(神永軍曹)ほか

「兵隊やくざ」のネタバレあらすじ結末

兵隊やくざの紹介:1965年日本映画。有馬頼義の小説「貴三郎一代」をベースに映画化された戦争映画です。太平洋戦争時代の満州国を舞台に、元やくざの用心棒の荒くれ兵士と名門出身のインテリ兵士の奇妙な友情を描いています。
監督:増村保造 出演者:勝新太郎(大宮貴三郎)、田村高廣(有田上等兵)、北城寿太郎(黒金伍長)、淡路恵子(音丸)、成田三樹夫(憲兵)ほか

「クレイジー・パーティー」のネタバレあらすじ結末

クレイジー・パーティーの紹介:2016年アメリカ映画。「アラフォー女子のベイビー・プラン」や「モンスター上司」などで共演し、コメディ界のナイス・コンビとの呼び声も高いジェニファー・アニストンとジェイソン・ベイトマン。彼らが再び共演を果たしたドタバタ・ストーリー。業績不振で閉鎖寸前の会社を救うため、支社長と部下が開いた盛大なクリスマス・パーティ。招待したのは、なんとか契約を取り付けたいクライアント候補。ところがそこへ、支社を閉鎖に追い込もうとする手ごわい女CEOが現れる。
監督:ジョシュ・ゴードン 出演者:ジェイソン・ベイトマン(ジョシュ)、ジェニファー・アニストン(キャロル)、オリビア・マン(トレイシー)、T・J・ミラー(クレイ)、ジリアン・ベル(トリーナ)、ケイト・マッキノン(メアリー)ほか

「ファング一家の奇想天外な秘密」のネタバレあらすじ結末

ファング一家の奇想天外な秘密の紹介:2016年アメリカ映画。「宇宙人ポール」や「モンスター上司」など、俳優&声優さらには監督と、大活躍中のジェイソン・ベイトマンによる監督・主演作品。エキセントリックな前衛芸術家を両親に持った2人の姉弟。そのあまりにも奇妙な子供時代は、彼らの人生に大きな影を投げかけていた。家族の再会を機に絆を取り戻そうと考える姉弟だったが、直後に両親が謎の事件で行方不明に…。クリストファー・ウォーケン、ニコール・キッドマンという大スターも共演している。
監督:ジェイソン・ベイトマン 出演者:ジェイソン・ベイトマン(バクスター・ファング)、ニコール・キッドマン(アニー・ファング)、クリストファー・ウォーケン(ケイレブ・ファング)ほか

「マドンナのスーザンを探して」のネタバレあらすじ結末

マドンナのスーザンを探しての紹介:1985年アメリカ映画。80年代半ば、歌手として人気の絶頂期にあったマドンナの初の映画出演作品。彼女が演じるセクシーで奔放なスーザンと、ロザーナ・アークエットが演じる真面目な主婦ロバータというダブル・ヒロインが、エジプトの秘宝をめぐって命を狙われるはめになるという奇想天外なコメディ&ラブストーリー。マドンナの古着ファッションやニューヨークのストリートなど、わくわくさせるような当時のポップ・カルチャーも見応えあり。
監督:スーザン・シーデルマン 出演者:ロザーナ・アークエット(ロバータ・グラス)、スーザン(マドンナ)、エイダン・クイン(デズ)、マーク・ブラム(ゲイリー・グラス)、ロバート・ジョイ(ジム)、ローリー・メトカーフ(レスリー・グラス)、ウィル・パットン(ウェイン・ノーラン)ほか

「なんちゃって家族」のネタバレあらすじ結末

なんちゃって家族の紹介:2013年アメリカ映画。しがないドラッグ・ディーラーの男が、メキシコからブツを運ぶ危ない取引に巻き込まれる。疑われずに国境を越えるには、怪しさ皆無のノーマル家族を演じるのが一番。そう考えた男は、知り合いのストリッパー、童貞少年、ホームレス少女の3人を金で雇い、善良な家族の振りをしてキャンピングカーで出発する。主人公には、アメリカで有名なコメディ俳優、ジェイソン・サダイキス。共演は、人気ドラマ「フレンズ」以降、コメディエンヌとして第一線で活躍し続けるジェニファー・アニストン。
監督:ローソン・マーシャル・サーバー 出演者:ジェニファー・アニストン(ローズ・オライリー)、ジェイソン・サダイキス(デヴィッド・クラーク)、エマ・ロバーツ(ケイシー・マシス)、ウィル・ボールター(ケニー・ロスモア)、キャスリン・ハーン(エディ・フィッツジェラルド)エド・ヘルムズ(ブラッド・ガ―ドリンガー)、パブロ・シャコン(トメル・シスレー)ほか

「あやしい彼女」のネタバレあらすじ結末

あやしい彼女の紹介:2016年日本映画。大ヒットした韓国映画「怪しい彼女」を舞台を日本に置き換えてリメイクしたコメディ映画です。73歳の老人がひょんなことから20歳の姿に若返ってしまったことから騒動に巻き込まれていきます。
監督:水田伸生 出演者:多部未華子(大鳥節子)、倍賞美津子(瀬山カツ)、小林聡美(瀬山幸恵)、北村匠海(瀬山翼)、志賀廣太郎(中田次郎)ほか

「家族はつらいよ2」のネタバレあらすじ結末

家族はつらいよ2の紹介:2017年日本映画。山田洋次監督の喜劇「家族はつらいよ」の続編。橋爪功、西村雅彦、妻夫木聡、蒼井優ら前作のキャストが再結集。高齢者ドライバーである平田周造は最近よく車に傷をつけてくる。周造に運転をやめさせようと家族会議が開かれることから、平田家の新たな大騒動が始まる。
監督:山田洋次 出演:橋爪功(平田周造)、西村雅彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(間宮憲子)、風吹ジュン(女将・かよ)ほか

「Viva!公務員」のネタバレあらすじ結末

Viva!公務員(別題:ビバ!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?)の紹介:2015年イタリア映画。子供の頃からの夢を叶えリストラの心配のない公務員になったキッコだが、突然発表された公務員の人件費削減という政府の方針でリストラの対象になってしまい、退職勧告されてしまう。退職を拒否するキッコにリストラ担当者は人事異動を告知。僻地で勤務させ、何とか自主退職の書類に署名させようとするが…。 2016年にイタリアで公開された、喜劇俳優のケッコ・ザローネが主演のコメディ映画。
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ 出演者:ケッコ・ザローネ(ケッコ)、エレオノーラ・ジョヴァナルディ(ヴァレリア)、ソニア・ベルガマスコ(シローニ女史)、マウリッツィオ・ミケーリ(ペッピーノ(ケッコの父親))、ルドビカ・モドゥーニョ(カテリーナ(ケッコの母親))ほか

1 2 3 4 5 6 23
TOP↑