コメディ映画のネタバレ

「ダメ男に復讐する方法」のネタバレあらすじ結末

ダメ男に復讐する方法の紹介:2014年アメリカ映画。運命の相手かもしれないと思っていた恋人が実は既婚者!おまけにもう1人若い愛人がいた!そんな自分の男運の悪さに怒り爆発のキャリアウーマンが、恋人の妻、そして若い愛人と仲良くなって復讐に乗り出す。キャメロン・ディアス&レイチェル・マンのWヒロインによる大人のコメディ。シンガー/ラッパーのニッキ―・ミナージュ、人気モデルのケイト・アプトンらのコメディエンヌぶりも見どころ。
監督:ニック・カサヴェテス 出演:キャメロン・ディアス(カーリー・ホイットン)、レスリー・マン(ケイト・キング)、ケイト・アプトン(アンバー)、ニコライ・コスター=ワルドー(マーク・キング)、ドン・ジョンソン(フランク)、ほか

「曲がれ!スプーン」のネタバレあらすじ結末

曲がれ!スプーンの紹介:2009年日本映画。桜井米は幼いころから超常現象を信じているテレビアシスタント。ディレクターに命じられ本物の超能力者を探しに出た桜井が喫茶店「カフェ de 念力」で驚異の能力を持った者たちと出会う笑いと感動のコメディ映画です。
監督:本広克行 出演:長澤まさみ(桜井米)、三宅弘城(小山)、諏訪雅(河岡)、中川晴樹(筧)、辻修(椎名)、川島潤哉(井手)、志賀廣太郎(早乙女)、ほか

「釣りバカ日誌20 ファイナル」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌20 ファイナルの紹介:2009年日本映画。「釣りバカ日誌」映画シリーズの最終作品になります。「釣りバカ日誌」は日本人ならば最も安心してみれる映画シリーズとも言え、最終作品もシリーズらしく安心してクスクス笑えるような作品となっています。三国連太郎が品のある会長の役を最後まで全うして演じており、この映画の後事故で亡くなった谷啓の遺作となった作品でもあります。「老い」というテーマを加えていますが、明るく陽気に描いており、シリーズ最終作品にふさわしい内容です。
監督:前原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、松坂慶子(沢村葉子)、吹石一恵(沢村裕美)、塚本高史(久保俊介)、ほか

「釣りバカ日誌19」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様の紹介:2008年日本映画。ある日三課のハマちゃんのところに厚生課の派遣社員、河井波子がやってきた。ハマちゃんに健康診断の再検査の依頼をしに来たのだ。胃カメラを極端に嫌がるハマちゃんは断固として受けないと拒絶し波子を困らせる。そこへ同じ三課の高田大輔も説得に入るが拒み続ける。家族の説得もあり再検査に臨むハマちゃんだったが大暴れ。ある日社員旅行で波子の故郷、大分に行く事になった鈴木建設御一行。波子に恋をしているがうまくアピールできない大輔。大輔の恋の行方は…。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、常盤貴子(河井波子)、竹内力(河井康平)、山本太郎(高田大輔)、ほか

「釣りバカ日誌18」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束の紹介:2007年日本映画。会長に就任したスーさんが挨拶の時に頭が真っ白になり言葉が出なくなってしまう。認知症ではないかと落ち込むスーさんが、ある日散歩に行ったきり姿を消す。心配した妻が浜崎家に相談し、大体の居所がわかったハマちゃんが岡山に探しに行くことになる。岡山のお寺でお世話になっていたスーさんはハマちゃんと遭遇した。岡山で鈴木建設が行うリゾート施設建設の反対運動に巻き込まれてしまうハマちゃん。釣りバカのハマちゃんは黙っていられず鈴木建設社員ということを隠しながら反対活動に参加するのであった。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、檀れい(木山珠恵)、谷啓(佐々木次長)、星由里子(木山温子)、高嶋政伸(高原昌平)、ほか

「やじきた道中 てれすこ」のネタバレあらすじ結末

やじきた道中 てれすこの紹介:2007年日本映画。1802年から1814年にかけて初刷りされた、十返舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』を元に、「花のお江戸は毎日が愉快で大騒ぎ!」というキャッチコピーで、弥次さんと喜多さんの珍道中を映画したものです。弥次さんには十八代目・中村勘三郎、喜多さんには柄本明、二人と共に旅する花魁役には小泉今日子、そして脇役には多彩な出演者を配したハートフル・コメディ・時代劇映画です。

「釣りバカ日誌17」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!の紹介:2006年日本映画。ある日、鈴木建設の営業3課に再雇用された沢田弓子が入社してきた。弓子は離婚をし東京に一人戻ってきたのだ。兄に見合いを勧められるが過去のトラウマから縁談を断る弓子。ハマちゃんは仕事で石川県に来ていた。相変わらず目的は釣りだった。法事で石川県の実家に戻っていた弓子にばったり会う。満喫して東京に戻るハマちゃん。弓子の暮らすマンションの向かえに住む村井徹は美術講師で弓子に好意を抱いていた。そして船頭のハチもまた弓子に一目惚れをしていた。三人の恋の行方は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、石田ゆり子(沢田弓子)、中本賢(太田八郎)、道場六三郎(釣り人)、ダンディ坂野(市の職員)、ほか

「釣りバカ日誌16」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪の紹介:2005年日本映画。ある日ハマちゃんとスーさんは橋の連結式に参加するため長崎に向かった。そこで久保多工業の御曹司で鈴木建設の設計部久保多達也と再会する。達也の恋人の美鈴や軍人のボブと出会う。相変わらず釣り三昧のハマちゃん。そして美鈴の働く店でみんなで飲んだ。達也と美鈴は結婚を約束するが、美鈴の父に反対されてしまう。そんな時お酒でベロベロになったハマちゃんが失踪してしまい大騒ぎになります。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、伊東美咲(河口美鈴)、加藤武(秋山専務)、小野武彦(原口人事担当取締役)、鶴田忍(堀田常務)、ほか

「釣りバカ日誌15」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない !?の紹介:2004年日本映画。釣り好きのハマちゃんは隙を見ては釣りに出かけていた。ある日鈴木建設に経営コンサルタントの早川薫が来る。リストラの危機を抱える鈴木建設。そんな中リフレッシュ休暇を取るハマちゃんは秋田へ釣りに出かける。そこで薫と魚博士の福本哲夫に出会う。薫と福本は同級生だった。仲良くなった3人は福本の実家で飲むことになり、ハマちゃんは鈴木建設の現状を知る。相変わらずのん気なハマちゃん。今後の鈴木建設の行方は…薫と福本の関係は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、江角マキコ(早川薫)、筧利夫(福本哲夫)、ほか

「陽気なギャングが地球を回す」のネタバレあらすじ結末

陽気なギャングが地球を回すの紹介:2006年日本映画。成瀬(大沢たかお)、響野(佐藤浩市)、久遠(松田翔太)、雪子(鈴木京香)のそれぞれ特別な能力を持った陽気な4人がチームを組み銀行強盗を企てるが、別の窃盗グループに強盗した4千万を横取りされて一度はチームを解散します。しかし雪子の息子慎一が連れ去られ1億円の要求をされた成瀬は再度チームを結成し、新たな銀行強盗を実行します。成瀬と雪子の恋の行方とともに話は展開していきます。
監督:前田哲 出演:大沢たかお(成瀬)、鈴木京香(雪子)、松田翔太(久遠)、佐藤浩市(響野)、大倉孝二(地道)、加藤ローサ(祥子)、ほか

「ピンクの豹」のネタバレあらすじ結末

ピンクの豹の紹介:1963年アメリカ映画。ロマンティック・コメディ「ピンクパンサー」シリーズの記念すべき第1弾です。イタリアを舞台に、伝説のダイヤモンド“ピンク・パンサー”を巡って怪盗ファントムとクルーゾー警部が駆け引きを繰り広げます。
監督:ブレイク・エドワーズ 出演者:デヴィッド・ニーヴン(チャールズ・リットン卿)、ピーター・セラーズ(ジャック・クルーゾー警部)、ロバート・ワグナー(ジョージ・リットン)、キャプシーヌ(シモーヌ・クルーゾー)、クラウディア・カルディナーレ(ダーラ王女)ほか

「東京のえくぼ」のネタバレあらすじ結末

東京のえくぼの紹介:1952年日本映画。書類に判子を押すだけの、名ばかりの社長さんは毎日の業務にうんざりしていました。思い切って逃げ出してみても、すぐに見つかってしまい、あげくの果てにはスリに間違えられてしまいます。しかも、被害者の女性は新しく会社に入った社長秘書でした。
監督:松林宗恵 出演者:紀の國屋文太郎(上原謙)、河上伸子(丹阿弥谷津子)、河上大作(柳家金語楼)、巡査(小林桂樹)、婦人警官(高峰秀子)ほか

「亀は意外と速く泳ぐ」のネタバレあらすじ結末

亀は意外と速く泳ぐの紹介:2005年日本映画。平凡な毎日に飽き飽きしている主婦・雀は、ある日偶然「スパイ募集」の広告を見つけます。興味本位で応募してみると、あっさり合格してしまい、スパイとしての生活が始まるのでした。スパイになったことにより、雀の生活はどう変化するのでしょうか。
監督:三木聡 出演者:片倉スズメ(上野樹里)、扇谷クジャク(蒼井優)、クギタニシズオ(岩松了)、クギタニエツコ(ふせえり)、ラーメン屋のおやじ(松重豊)ほか

「ヒロイン!なにわボンバーズ」のネタバレあらすじ結末

ヒロイン! なにわボンバーズの紹介:1998年日本映画。「ヒロイン!」は1998年に関西テレビ40周年を記念に作成された室井滋主演の作品です。夫を亡くしてトラックでビール配達をしながら、一人娘を育てているなにわのど根性おばさんが、人情と愛情を何よりも大切にしながら頑張る物語です。ある日昔から鼻持ちならなかった元同級生とばったり出会うことから、ママさんバレーの世界へとのめり込んでいきます。このお金持ちの元同級生のママが、まるでお蝶夫人のように金持ちママさんバレーチームを率いています。このチームを負かすために主人公が急遽商店街のメンバーでバレーチームを結成し、勝負を挑みます。
監督:三原光尋 出演:室井滋(浜崎百合子)、中川杏奈(長峰紀子)、伊原剛志(大橋蔵之介)、逢坂じゅん(商店街会長)、ほか

「釣りバカ日誌14」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!の紹介:2003年日本映画。佐々木課長がめでたく営業本部次長に昇格。上海支社から新しく岩田千吉が課長に就任します。ハマちゃんを再教育しようとするがいつの間にかハマちゃんのペースに。リフレッシュ休暇を取ったスーさんはハマちゃんをお供に四国八十八箇所のお遍路の旅に出ます。そこでトラック運転手の中浜みさきと知り合います。みさきが上京して来た時、なんと岩田課長が恋をしてしまいます。果たして恋の行方はどうなるのか。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、高島礼子(中浜みさき)、加藤武(秋山専務)、國村隼(川島営業担当取締役)、三宅裕司(岩田千吉)、ほか

1 2 3 4 5 6 32
TOP↑