コメディ映画のネタバレ

「恋妻家宮本」のネタバレあらすじ結末

恋妻家宮本の紹介:2016年日本映画。「家政婦のミタ」などの人気脚本家・遊川和彦の初監督映画。重松清の小説「ファミレス」が原作で、子供が独り立ちして25年ぶりに2人きりになった夫婦が、周囲の人と関わる中で家族の在り方を見つめ直していく様子を描く。
監督:遊川和彦 出演:阿部寛(宮本陽平)、天海祐希(宮本美代子)、菅野美穂(五十嵐真珠)、相武紗季(門倉すみれ)、工藤阿須加(大学生の陽平)、ほか

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のネタバレあらすじ結末

破門 ふたりのヤクビョーガミの紹介:2017年日本映画。「疫病神」シリーズは現在6作あり、黒川博行の小説で2015年にドラマ化され、今回の作品「破門」は2014年2月に第151回直木賞を受賞しています。映画製作の出資金を持ち逃げされたヤクザと建設コンサルタントが、詐欺師を追い資金を回収する中、ヤクザの組同士のトラブルに巻き込まれていく様子を描く。
監督:小林聖太郎 出演:佐々木蔵之介(桑原保彦)、横山裕(二宮啓之)、北川景子(渡辺悠紀)、濱田崇裕(木下)、矢本悠馬(セツオ)、橋本マナミ(玲美/真鍋恵美)、ほか

「LOVE理論」のネタバレあらすじ結末

LOVE理論の紹介:2013年日本映画。どんな女でも落とせるという無敵の恋愛マスターが、モテない恋愛の落ちこぼれ達に独自の恋愛理論を指南する恋愛指南ドラマ。水野敬也の本が原作となっており、笑って楽しめる内容となっています。
監督:西古屋竜太 出演者:中村獅童(水野愛也)、浜野謙太(今田聡)、秋山竜次(西田明)、塩谷瞬(太田悠介)、橋本奈々未(新垣結美)、ほか

「大洗にも星はふるなり」のネタバレあらすじ結末

大洗にも星はふるなりの紹介:2009年日本映画。憧れのマドンナに恋い焦がれる男達5人が、マドンナをめぐって妄想バトルを繰り広げる様子をコミカルに描いた恋愛エンターテイメント・ドラマ。最後に発覚する思いがけない展開と、憎めない男達の友情に、どこか温かい気持ちになれる作品です。
監督:福田雄一 出演:山田孝之(杉本)、山本裕典(松山)、ムロツヨシ(猫田)、小柳友(仁科)、白石隼也(林)、ほか

「デンジャラス・ビューティー2」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・ビューティー2の紹介:2005年アメリカ映画。日本でも大ヒットしたデンジャラスビューティの続編です。デンジャラスビューティ2はあまり日本では知られていませんが、前作に負けず劣らず面白い作品です。サンドラ・ブロックの演技力もあり痛快さを感じることが出来ます。今回はどんなことがあっても自分らしく生きること、女性の友情をテーマに描いています。特に女性の友情は最初とても険悪で相性の悪い女性が登場しますが、彼女と真の友達になるまでの過程が興味深いです。女性が元気になれる良い映画と言えます。
監督:ジョン・パスキン 出演:サンドラ・ブロック(グレイシー・ハート)、サム・フラー(レジーナ・キング)、トリート・ウィリアムズ(コリンズ)、ヘザー・バーンズ(シュリル)、ウィリアム・シャトナー(スタン・フィールズ)、エリザベス・ローム(ジャネット)、アーニー・ハドソン(ハリー・マクドナルド)、ほか

「噂のモーガン夫妻」のネタバレあらすじ結末

噂のモーガン夫妻の紹介:2009年アメリカ映画。ニューヨークの大富豪として知られるポールとメリル夫婦。二人の名声とは裏腹に夫婦仲は危機を迎えていた。発端はポールの浮気。なかなか許すことの出来ないメリルはもはや彼への愛すら疑い始めていた。ある日二人は話し合いをするためレストランへ行った帰り殺人事件を目撃する。さらにその犯人にも顔を見られ二人は安全のためしばらくの間ニューヨークを離れることになった。数々のラブストーリーを手掛けてきたマーク・ローレンス監督作品。
監督:マーク・ローレンス 出演:ヒュー・グラント(ポール・モーガン)、サラ・ジェシカ・パーカー(メリル・モーガン)、サム・エリオット(クレイ・ウィーラー)、メアリー・スティーンバージェン(エマ・ウィーラー)、ほか

「猫侍 南の島へ行く」のネタバレあらすじ結末

猫侍 南の島へ行くの紹介:2015年日本映画。江戸時代を舞台に、強面で無双一刀流免許皆伝の剣客浪人・「猫侍」こと班目久太郎と白猫・玉之丞のコンビが評判を呼んだTVドラマ『猫侍』シリーズの劇場版第2作目です。今回のキャッチコピーは「さらば、サムライ」で、班目自身の運命を変えた白猫・玉乃丞を連れ、家族のもとに帰った主人公・班目が、仕官の口を求め、玉之丞を連れて南国土佐を目指す姿をコミカルに描いたハートフル・コメディ時代劇です。
監督:渡辺武 出演:北村一輝(斑目久太郎)、LiLiCo(お蓮)、高山善廣(青海信玄)、木下ほうか(忍者)、ほか

「地獄でなぜ悪い」のネタバレあらすじ結末

地獄でなぜ悪いの紹介:2013年日本映画。地獄でなぜ悪いの作品紹介:武藤組組長・武藤大三は、服役中の妻・しずえの夢であった娘・ミツコを主演にした映画を作る事を決意する。少年時代から自主映画を作り続けてきた青年・平田純と、通りすがりの青年・橋本公次を監督に、スタッフキャストは全員自分の組の子分達・やくざで構成した映画を撮り始める。さらには、対立する池上組まで巻き込んで、殴り込みをそのまま撮影する真の実録ヤクザ映画を撮り続けて行く……。
監督:園子温 出演:國村隼(武藤大三)、堤真一(池上純)、長谷川博己(平田鈍)、星野源(橋本公次)、二階堂ふみ(武藤ミツコ)、ほか

「ウォー・ドッグス」のネタバレあらすじ結末

ウォー・ドッグス(原題:War Dogs)の紹介:2016年アメリカ映画。イラク戦争中のアメリカで、お金のない若者が幼馴染と兵器ビジネスで富を得ていくアクションコメディ。
監督: トッド・フィリップス 出演: ジョナ・ヒル(デイビッド)、マイルズ・テラー(エフレム)、アナ・デ・アルマ(リズ)、ブラッドリー・クーパー(ヘンリー・ジラート)ほか

「ハリケーン・ビアンカ」のネタバレあらすじ結末

ハリケーン・ビアンカの紹介:2016年アメリカ映画。ゲイ差別の内容をコミカルだが深刻に訴えかけている作品です。ゲイを理由に教師の職を追放されたリチャード。しかし女装して同じ学校の教壇にビアンカという名前で復帰する。痛快な報復劇が始まる。
監督:マット・グーゲルマン 出演者:ロイ・ヘイロック《ビアンカ・デル・リオ》(リチャード・マルティネス)、ビアンカ・リー(カルマ)、レイチェル・ドラーチ(デボラ教頭)、ベイリー(ウィラム・ベリ)、ル・ポール(天気予報士)ほか

「モダン・タイムス」のネタバレあらすじ結末

モダン・タイムスの紹介:1936年アメリカ映画。チャップリン最後のサイレント映画。代表作のひとつとなっている。セリフはないが、音楽だけはサウンドトラックとして収録されており、「ティティーナ」と「スマイル」はスタンダードナンバーとして知られる。
監督:チャールズ・チャップリン 出演:チャールズ・チャップリン(チャーリー)、ポーレット・ゴダード(少女)、ヘンリー・バーグマン(カフェの主人)、チェスター・コンクリン(技師)

「本能寺ホテル」のネタバレあらすじ結末

本能寺ホテルの紹介:2017年日本映画。『プリンセストヨトミ』のキャスト、監督、脚本の相沢友子が再結集して、織田信長と元OLが「本能寺の変」前日に奇妙な遭遇をする歴史ミステリー。ヒロイン倉本繭子が婚約者の両親に会うため、京都で“本能寺ホテル”に泊まり、そこで本能寺の変直前に、織田信長と出会い、森蘭丸などと交流する様子を描く。
監督:鈴木雅之 出演:綾瀬はるか(倉本繭子)、堤真一(織田信長)、濱田岳(森蘭丸)、平山浩行(吉岡恭一)、風間杜夫(本能寺ホテル支配人)、ほか

「オケ老人!」のネタバレあらすじ結末

オケ老人!の紹介:2016年日本映画。杏の初主演映画として注目を集める『オケ老人!』。アマチュアオケの老人たちが、熱血高校教師のおかげで音楽に目覚めていく、元気と幸せと感動を与えてくれるエンターテイメント映画。
監督:細川徹 出演:杏(小山千鶴)、笹野高史(野々村)、坂口健太郎(坂下君)、光石研(大沢)、黒島結菜(野々村和音)ほか

「おかしなおかしな訪問者」のネタバレあらすじ結末

おかしなおかしな訪問者の紹介:1992年フランス映画。魔女のたくらみによって婚約者の父親を殺めてしまった中世の騎士。時を遡って惨事を食い止めようとするが、魔術師の手違いで20世紀に送られてしまい、元の時代に戻ろうと奔走する。
監督:ジャン=マリー・ポワレ 出演:ジャン・レノ、クリスチャン・クラヴィエ、ヴァレリー・ルメルシェ、マリ=アンヌ・シャゼル、イザベル・ナンティ、ほか

「しあわせへのまわり道」のネタバレあらすじ結末

しあわせへのまわり道の紹介:2014年アメリカ映画。突然夫に分かれを告げられた、書評家のウェンディ。免許を持っていない彼女は、夫が出ていった後、タクシー運転手に車の運転を習い出します。そんな彼女がタクシー運転手とのかかわりの中で少しずつ変わっていく物語です。
監督:イザベル・コイシェ 出演:パトリシア・クラークソン(ウェンディ)、ベン・キングズレー(ダルワーン・シン・トゥール)、ジェイク・ウェバー(テッド)、サリタ・チョウドリー(ジャスリーン)、ほか

1 2 3 4 5 6 18
TOP↑