コメディ映画のネタバレ

「スラップ・ショット」のネタバレあらすじ結末

スラップ・ショットの紹介:1977年アメリカ映画。アイスホッケーを題材にした傑作コメディ。その暴力描写と下品な表現が当時話題となった。ジョージ・ロイ・ヒル監督が、「明日に向って撃て!」と「スティング」以降、唯一ポール・ニューマンと組んだ作品。
監督:ジョージ・ロイ・ヒル 出演:ポール・ニューマン(レジ)、マイケル・オントキーン(ネッド)、ジェニファー・ウォーレン、メリンダ・ディロン、ストローザー・マーティン、ほか

「マッキー」のネタバレあらすじ結末

マッキーの紹介:2012年インド映画。街一番の大富豪スディープはそのルックスからあらゆる女性を虜にしてきた。そしてまたある一人の女性をものにしようとしていた。しかし失敗をしらないスディープは一人の男により絶望を味わう。スディープが狙っていた女性ビンドゥはジャニという男に惹かれていた。その事実を知ったスディープはジャニを殺してしまう。しかしその時ジャニの身体に奇跡が起こった。インド発、ハエが主人公のアクションコメディ映画。
監督・S・S・ラージャマウリ 出演・スディープ(スディープ) ビンドゥ(サマンサ・ルス・プラブ) ジャニ(ナーニ)ほか

「M★A★S★H マッシュ」のネタバレあらすじ結末

M★A★S★H マッシュの紹介:1970年アメリカ映画。ロバート・アルトマンの出世作となったブラック・コメディ。舞台は朝鮮戦争時の移動米軍外科病院。ハチャメチャな軍医3人が規則を無視して奔放な行動を取る様子を描く。カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞。
監督:ロバート・アルトマン 出演:ホークアイ・ピアース(ドナルド・サザーランド)、トラッパー・ジョン・マッキンタイア(エリオット・グールド)ほか

「我が家の楽園」のネタバレあらすじ結末

我が家の楽園の紹介:1938年アメリカ映画。フランク・キャプラ監督がピュリッツァー賞受賞の戯曲を映画化。楽天的な作風が特徴のキャプラ監督の中でもとりわけオプティミズムを強調した内容になっている。アカデミー賞作品賞と監督賞を受賞。
監督:フランク・キャプラ 出演:トニー(ジェームズ・スチュワート)、アリス(ジーン・アーサー)ほか

「殿、利息でござる!」のネタバレあらすじ結末

殿、利息でござる!の紹介:2016年日本映画。貧困に喘ぐ宿場町を救うため東奔西走する庶民達の姿を、実話を元に描いた作品。1766年、仙台藩吉岡宿は貧しさから夜逃げが相次いでいた。何とか町の未来を繋ぎたい男達は、大金を藩に貸し利息を得るという前代未聞の奇策に出る。笑いあり、涙ありの人情時代劇。仙台市出身のフィギュアスケート選手羽生結弦が特別出演したことでも話題を集めた。
監督:中村義洋 出演者:阿部サダヲ(穀田屋十三郎)、瑛太(菅原屋篤平治)、妻夫木聡(浅野屋甚内)、竹内結子(とき)、寺脇康文(遠藤幾右衛門)、千葉雄大(千坂仲内)、羽生結弦(伊達重村)ほか

「ペントハウス」のネタバレあらすじ結末

ペントハウスの紹介:2011年アメリカ映画。ニューヨークのマンハッタンにある高級タワーマンションで従業員の年金を横領した富豪からお金を取り戻そうと奮闘する元従業員と泥棒のお話です。果たして無事に横領されてしまったお金を取り戻すことができるのでしょうか!
監督:ブレット・ラトナー 出演:ベン・スティラー(ジョシュ)、エディ・マーフィ(スライド)、ケイシー・アフレック(チャーリー)、アラン・アルダ(アーサー・ショウ)、ほか

「チャップリンの独裁者」のネタバレあらすじ結末

チャップリンの独裁者の紹介:1940年アメリカ映画。第一次世界大戦中、トメニアという国は独裁者・ヒンケルが独裁政権を誇っていた。ヒンケルに容姿がそっくりな、トメニアの二等兵・チャーリーは記憶を失い、床屋を営む。ヒンケルは国中のユダヤ人を迫害する。チャーリーはユダヤ人の女性・ハンナと恋仲に落ちる。しかし、ユダヤ人の迫害により、ハンナの家族は別国・オストリッチに亡命する。チャーリーは収容所へ送られるが、あまりにヒンケルに似ていたため、ヒンケルと間違えられて…。チャールズ・チャップリンがアドルフ・ヒトラーとナチスに対する社会批判をコミカルに、かつシリアスに描いた作品。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(ヒンケル・チャーリー 2役)、ポーレット・ゴダード(ハンナ)、レジナルド・ガーディナー(シュルツ中佐)、ヘンリー・ダニエル(ガーヴィッチ)ビリー・ギルバート(へリング元帥)、カーター・デ・ヘイヴン(バクテリア国大使)ほか

「たみおのしあわせ」のネタバレあらすじ結末

たみおのしあわせの紹介:2007年日本映画。「時効警察」になどに出演している岩松了監督の作品。演技力のある俳優さんばかりが出ているので、見ている方は誰かの日常を覗き見ているような気恥かしさを感じます。内容は題名とは違って結構どろどろしています。また哲学的でもあります。女性の怖さ、その怖さに対してどうすることもできない男性の弱さを描き、男女が根本的に違うという部分を私たちに見せてくれます。いろいろとありますが、父親と息子の絆の深さを描いているとも言えます。話は地味にどろどろと進んでいきますが、ラストシーンはそれらをふっとばすような勢いがある展開です。ラストシーンを演じるオダギリジョーと原田芳雄の演技力には感服します。
監督:岩松了  出演者: オダギリジョー(神埼民男)、麻生久美子(三枝瞳)、原田芳雄(神埼伸男)、大竹しのぶ(宮地雪江)、小林薫(神埼透)、忌野清志郎(変な男)、石田えり(宗形)、ほか

「お!バカんす家族」のネタバレあらすじ結末

お!バカんす家族の紹介:2015年アメリカ映画。チェビー・チェイス主演の「ホリデーロード」シリーズから30年、今度は成長した息子が家族を連れてバカンスの長旅に出発するが・・・。行く先々で災難に襲われるグリズワルド家の奮闘を描いたコメディ。
監督:ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー 出演:エド・ヘルムズ(ラスティ・グリズワルド)、クリスティナ・アップルゲイト(デビー・グリズワルド)、レスリー・マン(オードリー)、スカイラー・ギソンド(ジェームズ・グリズワルド)、スティール・ステビンズ(ケヴィン・グリズワルド)、クリス・ヘムズワース(ストーン)、ほか

「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」のネタバレあらすじ結末

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の紹介:2008年アメリカ映画。ある映画の撮影のためわがまま放題な豪華俳優陣を無理やりジャングルの奥地へと連れてきた監督。半ば強引にいざ撮影を開始したところで監督が地雷を踏み吹っ飛んでしまう。それも演出だと考える主演俳優であるタグはそのまま撮影を続行。しかしそこは謎のアジア人の集団がいる麻薬の密造所だった。コメディー俳優ベン・スティラーが主演と監督を務めるアクション・コメディ。
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー(タグ・スピードマン)、ジャック・ブラック(ジェフ・ポートノイ)、ロバート・ダウニー・Jr(カーク・ラザラス)、ブランドン・T・ジャクソン(アルパ・チーノ)、ジェイ・バルシェル(ケヴィン・サンダスキー)、ダニー・マクブライド(コディ)、ほか

「グッドモーニングショー」のネタバレあらすじ結末

グッドモーニングショーの紹介:2016年日本映画。テレビのワイドショーを舞台にしたコメディー映画。中井貴一演じる番組メインキャスターが巻き込まれる災難だらけの1日を、情報番組vs報道番組のいざこざや、激しい視聴率競争など、テレビ業界の裏事情を盛り込んで描かれる。
監督:君塚良一 出演:中井貴一(澄田真吾)、長澤まさみ(小川圭子)、志田未来(三木沙也)、池内博之(秋吉克己)、吉田羊(澄田明美)、松重豊(黒岩哲人)、時任三郎(石山聡)、ほか

「ファンタスティック Mr.FOX」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック Mr.FOXの紹介:2009年アメリカ,イギリス映画。『チャーリーとチョコレート工場』などの原作者ロアルド・ダールの児童文学を、ストップモーション・アニメで映画化。泥棒の父親ギツネ率いる動物たちと人間たちとの攻防を通して、自分らしく生きることの大切さ描く。
監督:ウェス・アンダーソン 声の出演:ジョージ・クルーニー(Mr.FOX)、メリル・ストリープ(Mrs.FOX)、ジェイソン・シュワルツマン(アッシュ)、ビル・マーレイ(バジャー)、ウォーリー・ウォロダースキー(カイリ)、ほか

「40歳の童貞男」のネタバレあらすじ結末

40歳の童貞男の紹介:2005年アメリカ映画。アニメのフィギュアやゲームのオタクであるアンディは、40歳の童貞。アンディは、自分が童貞であることを恥ずかしいことだと思っており、周囲には秘密にしていた。しかし、ある日、ひょんなことから童貞であることがバレてしまう。面白がった仕事仲間に童貞を卒業させようと街に連れ出されるのだが・・・
監督:ジャド・アパトー 出演:スティーヴ・カレル(アンディ)、キャサリン・キーナー(トリシュ)、ポール・ラッド(デビッド)、ロマニー・マルコ(ジェイ)、セス・ローゲン(キャル)、ほか

「後妻業の女」のネタバレあらすじ結末

後妻業の女の紹介:2016年日本映画。妻に先立たれた資産のある高齢者男性を獲物にする、後妻業の小夜子と結婚相談所所長の柏木。父の遺産をふんだくられた朋美は二人の悪事を暴こうとする。探偵の本多や小夜子の新たなターゲット舟山、金を巡る争いが始まる…。
監督:鶴橋康夫 出演:大竹しのぶ(武内小夜子)、豊川悦司(柏木亨)、尾野真千子(中瀬朋美)、長谷川京子(西木尚子)、泉谷しげる(樫本長次郎)、柄本明(桜田順)、笑福亭鶴瓶(舟山喜春)、津川雅彦(中瀬耕造)、永瀬正敏(本多芳則)、ほか

「守護天使」のネタバレあらすじ結末

守護天使の紹介:2009年日本映画。上村佑の第2回「日本ラブストーリー大賞」受賞作品小説を、『キサラギ』(2007年)の佐藤祐市監督が、映画化したものです。さえないサラリーマンが、落としたお金を拾ってくれた女子高校生に初恋し、彼女を世の中から守るために立ち上がるラブ・コメディ映画。
監督:佐藤祐市 出演:カンニング竹山(須賀啓一)、佐々木蔵之介(村岡昌志)、與真司郎(佐々木大和)、忽那汐里(宮野涼子)、寺島しのぶ(須賀勝子)、柄本佑(ハーベスト)、日村勇紀(ブッチャー)、佐野史郎(ホモ雑誌の編集長)、池内博之(牧瀬和彦)、大杉漣(豊川)、ほか

1 16 17 18 19 20 21 22 23 24 32
TOP↑